食材辞典

食材管理は料理をする上でとても大切なことです。きちんと食材を管理できることは、無駄を出さすに済み節約にもつながりますね。買う時の見分け方や保存方法、下処理方法などが分かる食材辞典は大いに役立つでしょう。食材に関するお役立ち情報やお悩み解消情報など盛りだくさんにご紹介しています。

「食材辞典」の記事一覧

松茸の中に虫がいたらどうすればいい?正しい虫出し方法

松茸の中に虫がいたという経験はありませんか?松茸は秋の味覚の王様で高級食材なので虫がついていた場合はショックですが、正しい虫だしをすれば食べることができます。今回は松茸に虫食いができてしまう理由や虫だしの方法や虫だし後のおすすめの食べ方や購入時に虫がついてしまった松茸を見分ける方法を紹介します。

サラダ油とキャノーラ油の違いと特徴とは!それぞれ代用はできる?

サラダ油とキャノーラ油の違いってわかりますか?どちらも見た目には大きな違いが無いので健康のためにはどちらの油を使うことが良いのでしょう?買うときにどちらを選んで買うのが良いのか迷ってしまいます。今回はサラダ油とキャノーラ油の違いと特徴や代用することができるのか詳しく紹介するので、参考にしてください。

正しいお米の研ぎ方!美味しさと風味を逃がさないコツ

お米の研ぎ方ひとつでお米の美味しさが変わるのをご存知でしょうか?ふかふかもっちりしたお米にするためには、最初のお米の研ぎ方がとても重要になります。お米の研ぎ方にはコツがあります。今回は美味しく仕上がるお米の研ぎ方やコツ、やってはいけないお米の研ぎ方をご紹介したいと思いますのでこの記事を参考にして正しいお米の研ぎ方で美味しいお米を食べましょう。

ポテチの保存方法!常温・冷蔵・冷凍した場合の違いや保存期間、湿気った際の対処法まで

開封後のポテチの保存方法、保存期間、湿気ったポテチをパリパリにする対処法を詳しく解説します。ポテチは常温・冷蔵・冷凍で保存することができますが、しっかりと密封することが重要です。湿気ったポテチは自宅で簡単に元のパリパリの状態に復活させることができます。食べきれなかった時、大袋のポテチを買った時などぜひお役立てください。

トマトがぶよぶよになった時の美味しい食べ方!柔らかくなる原因とは?

トマトは保存しているとぶよぶよの柔らかい状態になってしまうことがあります。このようになったらトマトは美味しく食べることができるご存じですか?今回はトマトがぶよぶよになった時の美味しい食べ方と柔らかくなってしまう原因と腐ってしまったトマトの見分け方やぶよぶよにならない保存方法を詳しく紹介します。

しらたきを食べ過ぎとどうなる?体調不良になる原因や1日の適正量について

しらたきを食べ過ぎると腸に詰まってしまい、腸閉塞になる可能性があります。しらたきはお腹いっぱいになりやすく、グルコマンナンと呼ばれる食物繊維が主成分で食事制限中やダイエット中にも好まれる人気の食材です。しかし、食べ過ぎは体調不良の原因になりやすいです。しらたきを食べ過ぎると起こる体調不良の症状と原因、適切な摂取量についてまとめました。

ブロッコリーにカビが生えた!白・黒に変色しても食べられる?見分け方や保存方法を紹介

カビが生えたようにブロッコリーが白くなってしまうことがありますが、これはミネラル分であるため問題なく食べることができます。ただし、ブロッコリーは傷みやすく、正しく保存されていなかった場合には、白や黒のカビが生えることがあります。カビの見分け方、ブロッコリーをカビから守る正しい保存方法など詳しく解説します。

筋子の賞味期限はどのぐらい?冷凍・生など保存方法別による違い、食べられる期間について

筋子の賞味期限は当日中~90日程度です。保存状態や保存方法によって大きく変わります。そして、商品や販売者によって賞味期限の設定が大きく違います。また、筋子は鮭(サケ)や鱒(マス)の魚卵のことを言います。卵巣に入った状態の未成熟の魚卵で、卵巣膜で繋がっています。未加工であると「生筋子」、塩漬けであると「筋子」と呼ばれます。そして、成熟卵を「いくら」と呼びます。

じゃがいもにえぐみがあるのは危険?原因や取り方、食べてしまった時の対処法

じゃがいものえぐみの原因は様々ですが、少し手間をかけてあげれば取り除き食べることができます。すぐに捨ててしまってはもったいないです。えぐみの取り方をお教えしますのでぜひお試しください。じゃがいものえぐみの原因、取り方、えぐみのあるじゃがいもを食べてしまった場合の対処法など詳しく解説します。

ごぼうはどの位で腐る?腐っているか見分けるポイントや保存方法

ごぼうが腐るとどうなるのか見分け方をご存知ですか?ごぼうに限らず、食物には腐ると外見や感触、ニオイや味が変わります。一見腐っているように見えても実際は食べることができるものもありますので、この記事でごぼうが腐るとどうなるのかを確認し、ごぼうの正しい保存方法、美味しいごぼうの見分け方などを参考にしてくださいね。

生姜に生えたカビは取り除けば食べられる?見分け方から対処方法まで

生姜にカビが生えてしまっていたという経験はありませんか?生姜は1回の料理で少量しか使わないことが多いので、余った部分を保存している内にカビが生えてしまっていたということがあると思います。今回は生姜にカビが生える原因からカビの種類や生姜の正しい保存の方法を詳しく紹介するので、参考にしてください。

鶏肉がうっすらピンクは大丈夫?火が通っているか確認する方法

加熱した鶏肉にうっすらピンク色が残っていて大丈夫…なんて経験ありませんか?鶏肉はもも肉、ささみ、手羽元など各部位によって食感や味わいが異なり、いろいろと楽しめる料理ですが、鶏肉は加熱した後でもうっすらピンク色の部分が大丈夫なのと気になるときがあります。この記事では生焼けか火が通っているのかを確認する方法や、鶏肉を調理するときの注意点を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

雑炊の保存方法!冷蔵・冷凍の手順、日持ちする期間や注意点について

余った雑炊は翌日に食べるのであれば冷蔵保存で十分です。水炊き・もつ鍋・キムチ鍋などの残りで作る雑炊ですが大量に余るわけではないので翌日には食べきれることがほとんどです。正しく冷蔵保存する方法、保存できる期間、冷凍保存する時の注意点、常温で保存できるのか?など詳しく解説します。

マグロ漬けの日持ちは何日くらい?保存方法や作り方まで解説

マグロ漬けの日持ちはどのくらいかわかりますか?マグロの刺身を買ってきて食べきれないときには日持ちさせつつ美味しく食べようとマグロ漬けにすることがあると思います。でもマグロ漬けにした場合どのくらい日持ちするものなのか正確にはわかりませんよね?今回はマグロ漬けの日持ちや保存方法や作り方を詳しく紹介します。

海ぶどうの賞味期限はどのぐらい?正しい保存方法や期限切れの見分け方

海ぶどうの賞味期限をご存知ですか?食べきれなかった海ぶどうはどうやって保存すると良いのか?など健康に良いと言われプチプチとした食感が美味しくて楽しい海ぶどうですが、取り扱いに関して知らないことが結構ありますね。今回はそんな疑問にお答えすべく海ぶどうの賞味期限や正しい保存の方法を詳しく紹介します。

ひき肉の賞味期限が短い理由とは?期限切れが危険な理由

ひき肉は、お肉の中でも傷みにくい食材です。どうしてひき肉は傷みやすいのか、理由を解説。賞味期限や消費期限の違いも、見てみましょう。ひき肉が傷んでいるときのサインや、消費期限が切れたひき肉を食べるリスクについてもまとめています。正しいひき肉の保存方法も紹介しているので、上手にひき肉を保存してお料理に役立てましょう。

豚汁の保存方法!日持ちする作り方と温める時のコツもご紹介

豚汁は保存方法や作り方、保存場所によって美味しく食べられる期間が異なります。傷みやすいメニューなので、気を付けて保存していても傷むこと。傷んだ豚汁に見られる特徴も併せてチェックしてみましょう。温めるときのコツについても紹介しているので、最後まで美味しく豚汁を食べたい人必見です。

桃が渋い原因!渋みを抑える対策方法、甘い桃の見分け方を解説

桃は基本的に甘くて美味しいのですが、稀に渋いと感じる桃もあります。今回は甘いはずの桃が渋くなってしまう原因と渋かったももを美味しく食べる方法や桃を購入する時の美味しい桃の選び方を詳しく紹介します。少し食べて渋いからと言って捨てるのはもったいないので、ひと手間加えて美味しく食べるようにしましょう。

餅に生えたカビの取り方は?食べないほうがいい理由や防止策

餅にカビが生えてしまったという経験は誰でもあるかと思います。餅にカビが生えた場合は、カビを取り除いたら食べても体に害はないのでしょうか?今回は餅にカビが生えた場合の取り方やカビを取り除けば食べても問題が無いのか、食べない方がいいのか、餅に生えるカビの取り方と種類や正しい餅の保存方法からカビが生えにくくなる裏技を紹介します。

大寒卵のご利益や食べる理由、購入方法まで解説!

大寒卵を食べるとどんなご利益があるのでしょうか?正月三が日を過ぎると、今度は「寒の入り」という言葉を耳にするようになります。これは一年で最も寒い時期、いわゆる「大寒」の時期にあたり、この日に産まれた大寒卵を食べると金運と健康運が宿ると言われているんです!この記事では、大寒卵を食べる理由や購入する方法まで詳しく解説していきましょう!