食材辞典

食材管理は料理をする上でとても大切なことです。きちんと食材を管理できることは、無駄を出さすに済み節約にもつながりますね。買う時の見分け方や保存方法、下処理方法などが分かる食材辞典は大いに役立つでしょう。食材に関するお役立ち情報やお悩み解消情報など盛りだくさんにご紹介しています。

「食材辞典」の記事一覧

アップルパイの賞味期限と正しい保存方法!常温保存はNG?

アップルパイは市販品だけでなく、手作りのお菓子としても人気の焼き菓子ですが、アップルパイの賞味期限はどれくらいなのでしょうか。また食べきれなかったアップルパイはどのようにして保存すれば風味を落とさず美味しく食べられるのかについてご紹介します。

さつまいもの堀りたては甘くない?美味しくする収穫後の処理を解説

さつまいもは堀りたてよりも時間を置いた方が甘みが増して美味しくなります。デンプン質が多い野菜は、「追熟」と言って収穫してから数日置くことで、デンプン質が糖分にかわるのです。堀りたてさつまいもをすぐに食べたい気持ちをグッと抑えましょう!同時に我慢できない方には、すぐに堀りたてさつまいもを食べても美味しいレシピを紹介します。

舞茸の臭いの原因!酸っぱい時は食べない方がいい?

舞茸が臭いと感じたことはありませんか?舞茸は独特の香りがしますが、その正体はベンゾチアゾールという舞茸に含まれる臭気成分です。ただし、臭いの種類によっては腐っている可能性があります。この記事では、腐った舞茸の見分け方や舞茸が臭い理由、舞茸の臭いを抑える方法などをご紹介します。

れんこんが紫色になる理由とは?変色を防ぐコツや保存方法も解説

タンニンという成分をご存じですか?れんこんが紫色に変色するのはれんこんに含まれるタンニンという成分が原因です。タンニンはポリフェノールの一種で、空気や鉄分に触れると化学反応をおこして変色するという性質があります。タンニンが反応する理由はさまざまですが、今回はれんこんが紫色になる仕組みや紫にならないための方法、正しいれんこんの保存方法をくわしく説明します。

プリンを冷凍保存すると美味しいの?冷凍保存の手順と注意点

そのまま食べても十分に美味しいプリン。スーパーでも3パック100円ほどで購入できる、子供が大好きなおなじみのスィーツです。賞味期限内に食べきれそうにない時は冷凍保存したくなりますが、果たしてプリンを冷凍保存すると美味しくいただくことができるのでしょうか?そこで今回は、プリンを冷凍保存する際の手順と注意点、解凍方法、美味しく食べられる保存期間についてご紹介します。

キッシュの冷凍保存方法!向かない野菜や美味しく解凍するコツとは

サクサクのパイ生地と濃厚な具材がマッチしたキッシュの冷凍保存方法と解凍するコツをご紹介します。キッシュを余らせたり作り置きしたい時には冷凍保存が可能なキッシュですが、中には冷凍保存に向かない野菜もあるようです。この記事では、ホームパーティなどのおもてなしにも喜ばれるレシピや、賞味期限についても触れていますので参考にしてみてくださいね。

チューブわさびは体に悪いの?食べ過ぎるとどうなる?

チューブわさびは体に悪いので食べ過ぎない方がいいと言われたことがありましたが、本当に体に悪いのでしょうか?確かにチューブわさびでツンと鼻の奥や目が刺激で痛くなったことはありますが、体に悪いというほどのことではないと思っていました。でも、ツンとくる辛み成分が体に悪いこともあるようです!今回はその話をしますね。

おでんのお肉は牛すじ以外でもOK?代用となるもの12選!

牛すじはおでんの定番具材の人気ランキングで上位に入ります。おでんの肉具材は牛すじ以外の肉でもOKです。牛すじ以外でよく使われるのはウインナーソーセージや肉団子豚肉のブロックなどですが、他にもたくさんあります。今回はおでんの肉具材として牛すじ以外の肉を12種紹介しますが、気になる肉具材がありましたらぜひ食べてみてください。

じゃがいもの芽の伸びすぎは食べたら危険?!どこまで取り除けばいい?

じゃがいもの芽や根本には天然毒素のソラニンやチャコニンという成分が含まれていますが、それを食べるのはとても危険です!ただし、じゃがいもの伸びすぎた芽と根本をしっかり取り除けば食べることができます。今回は、芽が伸びすぎたじゃがいもが危険な理由やじゃがいもの芽の正しい取り方と毒素を減らす方法を紹介します!

アメリカンチェリーの保存は常温が基本?美味しさを保つコツとは

アメリカンチェリーの保存方法で一番重要なのは温度と湿度の変化です。アメリカンチェリーは常温保存が基本ですが、店頭でどのような環境で販売されていたかによっても保存方法は変わります。アメリカンチェリーはデリケートで傷みやすいフルーツですので、正しい保存方法や長持ちさせるコツをご紹介します。

栗は冷凍するとぶよぶよになる?美味しさを保つ保存・解凍方法とは

冷凍した栗がぶよぶよになっているのを見て「なぜ?」と首を傾げたことはありませんか?硬い鬼皮と渋皮の二つの皮に包まれている栗は常温保存でも長持ちしそうですが、美味しさを保つには正しい方法で保存し、上手に解凍する必要があるんです! この記事では冷凍するとぶよぶよになる原因、美味しさを保つ保存・解凍方法、そして冷凍栗を使ったおすすめレシピを紹介します!

ポン酢の開封後の賞味期限とは?メーカー別の賞味期限もご紹介

開封後のポン酢はどこに保管していますか?ポン酢には酢が入っているので賞味期限が長いと考えているかもしれませんが、実は開封したポン酢の賞味期限は思ったほど長くありません。今回はポン酢の開封後の賞味期限や正し保存方法、メーカー別・商品別の賞味期限を調べてみました。

ベーグルが固い原因!固い時の温め方やふんわり感を出す作り方のコツ

ニューヨークでおなじみのパンといえば「ベーグル」ですが、固くなっていることってありますよね?もちもちとした食感とドーナツに似た丸い形、バターや牛乳、卵を使わないヘルシーさが人気のベーグルは、日本でも今や身近なパンの一つでしょう。この記事では固い原因について、そして固い時の温め方やふんわり感を出す作り方のコツを調べて紹介していますので、参考にしてくださいね!

生しらすの食べ方は洗うのが正解?正しい洗い方とは

新鮮な生しらすはぷりぷりして美味しいですよね!生しらすの食べ方は洗うのが正しいのか、洗わない方がいいのか、どちらでしょう?それは、スーパーなどで販売されている生しらすと、漁港などで水揚げしたばかりの生しらすでは異なりますが、基本的に生しらすは洗うことをおすすめします。なぜ洗うのかや生しらすを洗う方法を紹介します。

じゃがいもがぶよぶよになる原因としわの取り方!

いろんなジャンルの料理に大活躍のじゃがいもは家庭料理に欠かせない食材です。常にストックしているというご方も多いことでしょう。ですが時にぶよぶよになっていることがあります。今回はじゃがいもがぶよぶよになる原因と皮に寄ったしわの取り方について紹介します。ぶよぶよになっているだけなのか、腐っているのかを正しく見極めて、無駄なく美味しくいただくことを心がけましょう!

カット野菜のデメリットとは?安心して食べることはできる?

カット野菜は一度で食べきれる量を安く買えて、下準備や後片付けの必要がないなど大きなメリットがありますよね。いつでも手軽に野菜が摂れると人気のあるカット野菜ですが、その一方でデメリットとは何でしょうか?カット野菜は食べない方がいいなんて話もありますが、安心して食べることができるのかなど、カット野菜について詳しくお伝えします!

芽キャベツはまずい?苦みがやわらぐ下処理のコツとは

付け合わせやシチューなどに使われる「芽キャベツ」は、品種改良により小型化されたキャベツです。「キャベツ」とはいうものの形も味も違っていてオシャレな食材のイメージがありますよね。ところがキャベツにはない苦味があり芽キャベツはまずい?と思っている方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、まずいと感じる理由や保存方法、苦みがやわらぐ下処理のコツを紹介したいと思います。

芽が出たじゃがいもを植えることはできる?必要なものと植え方手順!

芽が出たじゃがいもを植えて育てることはできるのでしょうか?家にあるじゃがいもに芽が出たからといって捨ててしまうのはもったいないですよね。種いもとして庭やプランターに植えて栽培してみてはいかがでしょうか。この記事では必要なものと植え方や手順について解説しますので育てる楽しみ、収穫する楽しみ、調理して食べる楽しみを満喫してください!

ゆで卵はすぐ冷蔵庫に入れるのも常温保存もNG?正しい保存方法とは

作りたてのゆで卵はすぐ冷蔵庫に入れた方が長持ちするという話を聞いたことはありませんか?実は、ゆでたての熱いゆで卵をすぐ冷蔵庫に入れるのはNGです!ゆで卵はしっかり冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。今回は、作り終わったゆで卵をすぐ冷蔵庫に入れる問題点やゆで卵の正しい保存方法などを紹介しますので参考にしてください。

紫キャベツは炒めてはいけない理由とは?

紫キャベツを炒めてはいけないと言われる理由をご存じですか?それは他の食材も紫色になってしまうからです。紫色になったら見た目が変わって美味しそう見えない料理もありますよね。例えば、紫色のご飯、紫色の焼きそばなど。そもそも紫キャベツはどうして紫なんでしょうか?今回は紫キャベツが紫の理由や炒める時のポイントなどを紹介します。

ページ 11234次ページ>>