食材辞典

食材管理は料理をする上でとても大切なことです。きちんと食材を管理できることは、無駄を出さすに済み節約にもつながりますね。買う時の見分け方や保存方法、下処理方法などが分かる食材辞典は大いに役立つでしょう。食材に関するお役立ち情報やお悩み解消情報など盛りだくさんにご紹介しています。

「食材辞典」の記事一覧

ハーブソルトに虫がわく!やりがちな失敗事例から原因・予防法を解説

ハーブソルトには食品害虫と呼ばれる虫がわくことがあります。ハーブソルトに虫がわく原因はさまざまですが、開封後に常温で長期保存しておいたことが主な原因です。ハーブソルトにわく虫の種類、やりがちな保存方法の失敗例、侵入を防ぐ方法など分かりやすく解説します。ぜひ、お役立てください。

アスパラガスの賞味期限!おすすめの保存方法は冷凍・冷蔵どっち?

シャキシャキとした食感が人気のアスパラですが、賞味期限や正しい保存方法についてご存知ですか?涼しい環境を好むアスパラは温度が高いと腐りやすいため、常温保存よりは冷蔵保存に向いています。今回は新鮮なアスパラの見分け方や腐るとどうなるのかも解説してありますので、アスパラの賞味期限や日持ちさせる保存方法を確認して、新鮮なうちに美味しくいただきましょう!

マヨネーズは腐る?見た目や味・匂いでの見分け方と保存方法について

マヨネーズは腐りにくい食品です。ただし、未開封であっても正しく保存されていない場合には腐ることがあります。開封後は冷蔵庫で保存されていると思いますが、開封後のマヨネーズが日持ちする期間は意外と短いです。腐ったマヨネーズの見分け方・正しい保存方法・どれくらい日持ちするのかなど分かりやすく解説します。

ブロッコリースプラウトにカビが生えた?白い毛の正体と水耕栽培時にカビるのを防ぐ育て方

買ったばかりのブロッコリースプラウトに白いカビのようなものを発見してもすぐに捨てないでください。ブロッコリースプラウトに生える白い毛の正体はカビではありません!カビではないことを見分ける方法があります。また、ブロッコリースプラウトにカビが生えることを防ぐためにできることがあります。白い毛の正体・カビを見分ける方法・賞味期限の目安など詳しく解説します。

七味唐辛子に虫が!なぜわくの?対処方法と保存方法、食べた場合の害

七味唐辛子に虫がわくことがあります。七味唐辛子に含まれる栄養価の高い種子を好み、未開封であっても侵入することができてしまう厄介な虫です。七味唐辛子だけではなく、どの家庭にもある食品の多くにわくことがあります。七味唐辛子に虫がわいた時の対処法、虫がわかない保存法、虫がわいた七味唐辛子を食べてしまった場合の健康被害など詳しく解説します。

パイナップルにカビが生えた!皮・根・葉が白い時の見分け方、食べ方や保存方法について

パイナップルにカビが生えることはありますがブルームと間違えやすいです。皮・根・葉など表面にできる白い粉状のブルームという物質はパイナップルを守るために形成されるものです。白カビではなく天然物質です。パイナップルのカビの見分け方、表面にカビが生えても果実を食べることはできるのか、カビてしまわない保存方法など分かりやすく解説します。

キウイで舌がピリピリするのはどうして?対処法はある?

キウイを食べると舌がピリピリして痛く感じたことはありませんか?今回はキウイを食べた時に舌がピリピリと痛く感じる理由やアレルギーでは無いのか?という疑問やキウイを食べて舌がピリピリしたときの対処の方法や舌がピリピリしないキウイの選び方や舌がピリピリしてしまうキウイの活用方法について詳しく紹介するので参考にしてください。

栗は消化にいいか?悪いか?食べすぎNGの理由と体に嬉しい効果・効能を解説

栗は消化にいいです!胃腸の働きを良くする酵素が含まれています。糖の吸収が緩やかで腹持ちのいい食材でもあります。だからと言って食べ過ぎてはいけません。食べ過ぎると胃腸が張るような痛みが起こったり、便秘になってしまうことがあります。栗が消化にいい理由、どれくらいの量なら食べ過ぎにならないのか、栗の栄養素や効能など分かりやすく解説します。

おにぎりは前日に作り置きして大丈夫?お弁当でも美味しく・腐らない作り方

おにぎりは前日に作り置きしても大丈夫です。傷んで腐らないための方法があります。分かりやすく詳しく解説しましょう。おにぎりを前日に作り置きするためのポイントは「衛生」です。手を洗わずにおにぎりを前日に作ってしまえば、雑菌が繁殖してしまうことはお分かりいただけていると思います。腐らないおにぎりを前日に作る方法や保存方法など、ぜひお役立てください。

スープジャーの味噌汁が腐る原因とは?温度を保てば大丈夫?

スープジャーに味噌汁を入れてお弁当と共に持っていったら味噌汁が腐っていたということがあります。今回はスープジャーに入れた味噌汁が腐る原因と腐ってしまったときの見分け方や腐るのを防ぐためのコツを紹介します。これらの記事を参考にしてお弁当を食べるときに安全に温かくて美味しい味噌汁を食べられるようにしてください。

松前漬けの賞味期限と保存方法!腐った時の見分け方もご紹介

松前漬けの賞味期限はわかりますか?正月のお節料理の中にも入っている松前漬けですが、松前漬けがたくさんあった場合、1度では食べきることができないのでいつまで日持ちするのか気になりますよね?今回は松前漬けの賞味期限と腐ってしまった時の見分け方と正しい保存方法を詳しく紹介するので参考にしてください。

さつまいもの黒い点は食べてOK?変色を防ぐ方法とNGな場合とは

さつまいもについている黒い点は食べてOKなのかどうか、気になったことはありませんか?さつまいもの皮についている黒い斑点や、両端の切り口にかさぶたのような黒いものが付いているのを見て、腐っていると思った方もいるかと思います。今回はさつまいもの黒い点の原因と、さつまいもの黒い点は食べて大丈夫なのかの見極め方、さつまいもの変色を防ぐ方法、さつまいものNGな場合などについて詳しく解説します!

もち米の賞味期限とは?見分け方や古くなっても美味しく食べるコツ

もち米は白米と違いあまり使うことが無いので賞味期限がわかりづらいものです。一般的にもち米は日持ちの良い食材と言われています。今回はもち米の賞味期限がどれくらいなのか、賞味期限を過ぎてもまだ食べることができるかもう食べられないのか見分ける方法や古くなったもち米を美味しく食べる方法を紹介します。

レタスがピンク色になる理由とは?変色を防ぐ方法もご紹介

レタスの芯がピンク色に変色している!と気づいたことはありませんか?はたしてこのピンク色部分を食べても問題ないのでしょうか?じつはこれ、悪くなっているわけではないんです。新鮮なレタスだからこそピンク色になってしまうその理由と、変色を防ぐ方法をまとめてみました。この記事で、レタスがピンク色に変色するメカニズムについて一緒に見ていきましょう!

玉ねぎの冷凍はまずくてにおう?美味しく冷凍保存する方法とコツ

玉ねぎは冷凍すると食感が悪くなりまずいと感じてしまったり、臭いが強くなってしまいます。玉ねぎは常温保存することが一般的ですが、正しい保存方法で冷凍すると料理を作るときに時間短縮もできておすすめできます。今回は玉ねぎを美味しく保存する正しい方法と使いやすくするためのコツやおすすめの使い方を紹介します。

ホンビノス貝が開かない時の対処法!加熱時間を長くすると開く?

ホンビノス貝は、はまぐりとよく似た見た目の貝ですが加熱調理をしてもはなかなかホンビノス貝が開かないという声をよく聞きます。ホンビノス貝は、はまぐりと比較すると安価なので料理に取り入れたい食材ですが、ホンビノス貝が開かないとその貝は死んでしまっているのか不安になります。今回はホンビノス貝が開かない時の対処方法や下処理の方法を詳しく紹介します。

白菜は腐るとどうなるの?黒い斑点は食べても大丈夫?

白菜は腐るとどうなるのか、見分けがつきますか?たとえば、黒い斑点が出てきた葉を捨てたことはありませんか?実は、白菜の黒い斑点は腐っているからではありません。白菜が腐るとどのような状態になるのか、それが分かればまだ食べることができる白菜を無駄に捨てることはありませんよね。今回は腐った白菜の見分け方や、白菜を腐らせない保存方法などを紹介します。

マフィンとカップケーキの違いとは?見た目や材料、食感も違う!

見た目が似ているマフィンとカップケーキにはどんな違いがあるのでしょうか?カフェに行くと軽食用として売られているのがマフィン、パン屋さんやスーパーのケーキ売り場に色とりどりに並んでいるのがカップケーキと、そんなイメージですよね?どちらもカップケーキの型に入っていて、味も似ているように思えるのですが・・・今回はそんな二つの見た目や材料、食感の違いについて解説します。

作り置きは一週間で腐る?日持ちさせるためのポイントとは

作り置きした料理は一週間で腐るのでしょうか?一週間分のおかずを作り置きしてする人がいますが、どうして腐ることなく一週間も日持ちするのでしょうか?肉や野菜など、いつもの手慣れた食材を使って一度にたくさん作り置きしておくことで、調理時間や光熱費が節約できるのも大きなメリットですよね。今回は美味しい作り置きおかずを一週間腐ることなく日持ちさせるための簡単なポイントをご紹介します。

たけのこの酸っぱい風味の原因は?腐った時の見分け方とは

さまざな料理に幅広く使えるたけのこの、酸っぱい風味の原因はなんでしょうか?生のたけのこの旬の時期は春ですが、水煮のたけのこは1年中手に入り面倒な下処理も必要ありません。しかし、いざ調理しようとしたときに酸っぱい風味がすることがあります。今回の記事では、賞味期限や腐った時の見分け方、保存のための酸味料が気になる場合の対処法などをまとめてみました!