食材辞典

食材管理は料理をする上でとても大切なことです。きちんと食材を管理できることは、無駄を出さすに済み節約にもつながりますね。買う時の見分け方や保存方法、下処理方法などが分かる食材辞典は大いに役立つでしょう。食材に関するお役立ち情報やお悩み解消情報など盛りだくさんにご紹介しています。

「食材辞典」の記事一覧

バニラエッセンスの上手な使い道!長持ちさせる保存方法

バニラエッセンスと言えば、アイスクリームなどお菓子作りなどに欠かせない調味料です。バニラエッセンスがあるのと無いでは、風味も全く違ってきます。ただ1~2滴ほどしか使わない分、一度購入するとなかなか減らず、気付いた時には賞味期限切れということも起こり得ます。今回はバニラエッセンスの上手な活用方法や正しい保存方法などについて調べてみました。

コーンスターチの代用と使い方!片栗粉との性質の違い

「片栗粉」は唐揚げの衣や料理のとろみをつけるのによく使われています。しかし、プリンやカスタードクリームなどお菓子のレシピでは、材料に「コーンスターチ」が使われ、片栗粉はあまり見かけません。片栗粉とコーンスターチには、いったいどのような性質の違いがあるのでしょうか。コーンスターチの代用になるものについても見ていきましょう。

ゴーヤの保存方法!長持ちさせるコツと賞味期限!

夏の野菜の中でも人気のあるゴーヤ。暑さを防ぐ日よけとしてプランターでも栽培されています。しかし、育てやすいのでたくさんのゴーヤが収穫できてしまい、食べきれずに処分してしまうこともあるようです。せっかくのゴーヤを保存するには、どうしたらいいでしょうか。そこで、ここではゴーヤの保存方法や賞味期限などについて紹介していきます。

合わせ味噌の作り方とおいしい食べ方や賞味期限

大豆にはタンパク分解酵素阻害因子やキレートといった物質が含まれていますが、味噌は発酵させてあるので良い成分だけが摂取できます。市販品の味噌は十分に美味しいものの、より安全なものを求めて手作りする家庭もあります。自分で作った味噌はきっと格別に美味しいでしょう。作り方などを紹介するので、ぜひ挑戦してみてください。

とうもろこしの正しい保存方法と保存期間の目安

とうもろこしは意外と店頭に並ぶ機会も少なく、常に置いてあるわけではないので見かけた時はつい買ってしまったりしませんか?それだけに多めに買ってしまったり、思ったように消費できず残ってしまったりすることがあります。なので、そんな時のためにとうもろこしの正しい保存方法や、いつまで美味しく食べられるかなどを調べてみました。

奈良漬を洗うメリットと洗わないメリット!正しい保存方法と賞味期限

「奈良漬を人からいただいたけど、家族があまり食べたがらない・・」でもそのまま賞味期限が過ぎて捨てる、というのはもったいない!奈良漬はそのまま食べるのが一番とよくいわれますが、あの独特な香りが苦手という人はついつい水で洗ってしまいがちですよね?しかし水で流すと奈良漬の良いポイントは全て無駄になります。ちょっとした方法で、奈良漬が苦手な人でもおいしく食べることができます。今回は、奈良漬を洗うメリットとデメリット、正しい保存方法と賞味期限、そして奈良漬が苦手な人のために、奈良漬アレンジ料理をいくつかご紹介します!

玉ねぎの鮮度を保つ保存方法と長持ちさせるコツ!

毎日の料理で欠かせない食材といえば玉ねぎですよね。春になるとご近所さんなどからたくさん貰う機会も増えてくるのではないでしょうか?しかし、たくさんもらったのは良いものの、量が多すぎて腐らせてしまったという経験がある方は少なくないと思います。実は玉ねぎを美味しく長く保存する方法があります。今回は温度別の玉ねぎの保存方法と冷凍するコツ、賞味期限、注意点、美味しい玉ねぎの見分け方までご紹介します。ぜひ参考にして玉ねぎを上手に保存できるようになりましょう。

牡蠣の正しい洗い方3選!調理の方法で洗い方を変えてみましょう

海のミルクとも呼ばれる程の栄養豊富な美味しい牡蠣(カキ)。積極的に摂りたい食品のひとつですね。そんな「生牡蠣むき身」を、いつもより美味しく楽しむための下処理として、3種類の簡単な方法があります。調理の仕方によって洗い方を選んで、牡蠣(かき)の旨味を逃がすことなく、安心して食べられるように洗い方をマスターしてみましょう。

ごぼうの保存方法や保存期間の目安

きんぴらやサラダ、炊き込みご飯など、ごぼうは色々な食べ方ができる便利な食材。また食物繊維がかなり豊富で、栄養面から見てもぜひ積極的に食べたい野菜です。そんなごぼうですが、長持ちさせられるか否かは保存の場所や方法によって決まります。ごぼうのベストな保存場所・保存方法とは?質の良いごぼうの選び方などと合わせてご紹介します。

溶かしバターの作り方と作る時の注意点

バターは料理やお菓子作りによく使われる食材ですが、使い方は作るものによって異なります。特にお菓子作りで使われるのは溶かしバターですが、正しい作り方はご存知でしょうか。また、溶かし方にもいくつかの種類があり、風味や色合いも異なります。そこで、美味しくお菓子を作るための溶かしバターの作り方や、作る時の注意点についてご紹介しましょう。

イースト菌とは!特徴と酵母菌の違い

ホームベーカリーが手軽に手に入ることから、ご家庭で焼き立てパンを楽しんでいるという人も多いのではないでしょうか。パン作り経験者にとってはお馴染みかもしれませんが、パンを作るためにはイースト菌が欠かせません。そこで今回は、意外と知らないイースト菌について、その特徴と酵母菌との違いなどをわかりやすくお伝えします。

オイスターソースと中濃ソースの違い!それぞれの代用方法

スーパーなどでは様々な種類のソースを売っていますが、全ての種類を常備している人はあまりいないでしょう。レシピを見ているとオイスターソースを使っているときもあれば、中濃ソースと記載されているときもあって、色々な料理を作るには全部揃えないとだめなのかと悩む人もいます。まずはソースの違いを理解した上で、代替できる可能性があるかを確認してみましょう。

グレープフルーツジュースの効果と効果的な食べ方

甘酸っぱくて、少し苦味がある爽やかなグレープフルーツ。多くの国々で作られており、近年は輸入物のおかげでとても手に入りやすくなりました。コンビニやスーパーでも簡単に手に取れるため、健康や美容にいいと口にすることが多くなった方もいるでしょう。そのグレープフルーツのよさを最大限、効果的に得られる食べ方をご紹介します。

コンソメキューブ1個に対する分量と固形と粉末の違い!

カレーや洋風のスープを作る際に、コンソメスープの素を使う方は多いと思います。けれどもコンソメスープの素には、コンソメキューブや粉末状となったもの以外にも洋風料理では聞くことが多いブイヨンなどがあり、違いがよく判らないという方も多いのではないのでしょうか。 今回はそんなコンソメスープの素について解説していきたいと思います。

こんにゃくの保存方法!賞味期限から選び方まで

こんにゃくは値段も安く、賞味期間も長い優れた食材ですが、パックで買うとひとかたまりは意外と大きいので使いきれずに残ってしまうこともありますよね。安い食材ですけれども、使い残ったからといって捨てずにきちんと全部使ってしまいたいものです。そんな場合のこんにゃくの保存方法はどうしたらよいのか、保存期間はどれくらいなのかをまとめました。

ハラペーニョとは唐辛子の品種の1つ!特徴と辛さの比較!

「ハラペーニョ」という言葉をスーパーやコンビニ、レストランなどで目にしたことはありませんか?ハラペーニョとは唐辛子の一種です。そう聞くと「辛そうだな」というイメージを持つかもしれませんが、実はタバスコやハバネロと比べると辛さは控えめで、辛いものが苦手な方でも挑戦しやすいものなのです。今回は、そんなハラペーニョについて詳しく紹介していきます!

もやしを美味しく保存する方法!長持ちさせるコツと保存期間の目安!

もやしは野菜炒めやナムル、スープなど、色々な料理に活用できる便利な食材です。しかし、安売りの時に多めに購入して、使い切れずに腐らせてしまったことはありませんか。もやしは腐りやすいので、長持ちさせるためには上手に保存する必要があります。そこで、もやしを美味しく保存する方法や、長持ちさせるコツなどをご紹介しましょう。

ほうれん草の保存方法と保存期間や新鮮なほうれん草の選び方

ほうれん草は日常のキッチンや食卓等では、よく見慣れた野菜の1つかもしれません。ほうれん草を美味しく食べるには、まず鮮度をいかに保つのかが重要になります。しかし意外にも、保存の仕方や期間などについては、知らない方も多いようです。そこで、ほうれん草の保存方法や保存期間、あるいは選び方や食べごろなどについて、ここでは詳しく見ていくことにしましょう。

野菜の冷凍保存マニュアル!種類別に適した方法や期間、解凍の仕方まとめ

スーパーで特売の国産野菜を買いだめすることもありますよね。使い切れず傷んでしまう可能性が高い場合は、冷凍保存しておくのも一つの方法です。下ごしらえして冷凍しておけば、さっとカレーなどの煮込み料理を作れます。また、冷凍によって美味しくない状態になっても餃子などに使えば美味しく消費できます。ここでは、野菜ごとの冷凍保存方法を解説していきま

豆腐は洗うべき?豆腐パッケージの水の役割

晩酌のつまみやお鍋の具材に無くてはならない豆腐ですが、皆さんは豆腐を食べる前に水で洗いますか?「洗った方が清潔」「洗わない方が美味しい」と様々な意見がありますが、実は食品メーカーによると豆腐は洗うべきではないそうです。洗うべきではないのは、パックに入った水に栄養が含まれているからなのだろうか?と思われがちですが、パックの水は栄養とは関係ありません。豆腐の栄養素は種類によって大きく変わり、味や調理法にも違いがあります。今回は豆腐を洗うべきではない理由と、木綿豆腐と絹ごし豆腐それぞれの特徴や栄養素、パックに入った水の意外な役割についてご紹介します!