食材辞典

食材管理は料理をする上でとても大切なことです。きちんと食材を管理できることは、無駄を出さすに済み節約にもつながりますね。買う時の見分け方や保存方法、下処理方法などが分かる食材辞典は大いに役立つでしょう。食材に関するお役立ち情報やお悩み解消情報など盛りだくさんにご紹介しています。

「食材辞典」の記事一覧

豆腐が酸っぱい!食べても大丈夫?傷む原因や食べた時のリスク、消費期限について

豆腐を食べるときに、酸っぱいと感じたことはありませんか?豆腐は手軽に色々な料理で使うことができるので、まとめて買って冷蔵庫に入れてうっかり賞味期限が過ぎていたという経験がある方も少なくないと思います。今回は豆腐が酸っぱいときに食べても大丈夫か?豆腐が酸っぱい原因や酸っぱい豆腐を食べた時のリスクに関して紹介します。

みかんを甘くする方法6選!酸っぱいみかんの美味しい食べ方まで解説

みかんを甘くする方法6選をご紹介します!秋から冬にかけて旬を迎えるお馴染みの果物ですが、時に酸っぱくて甘くないみかんに当たることがありますよね。今回はそんな酸っぱいみかんを甘くする簡単な方法と美味しい食べ方まで解説します。難しくはありません!手軽で即効性のある方法を試して冬場の健康維持に活かしてみましょう!

コーヒーは腐るとどうなる?見分け方や注意点とは

コーヒーが腐るときの見分け方にはどんな方法があるのでしょうか?長く保存できると思われがちなコーヒーですが、実は傷んで腐ることもあるんです。コーヒーは袋を開封したときから酸化が進み、豆や粉の新鮮さが徐々に失われていきます。コーヒーが腐るとどうなるのか、その見分け方や日持ちの期間、保存する時の注意点など、調べたことをまとめてみました。

ビーツってどんな味?似てる味や食感は?品種の特徴やおすすめ調理法・食べ方まで

ビーツってどんな味がする野菜なのかわかりますか?ビーツという野菜は使うことが少ないので、馴染みがなく名前はわかるけどよく知らないという方も多いのではないでしょうか?今回はビーツがどんな野菜の味に似ているかどのような食感か?食べる輸血と言われているほど栄養価の高いビーツや味に関して詳しく紹介します。

夜のアイスは太る?食べるならおすすめのアイスとは

風呂上がりなど夜にアイスを食べたくなったことはありませんか?でも夜にアイスを食べると太ってしまうのでは?とも考えてしまいますよね?今回は夜にアイスを食べると体にどのような影響が出てしまうのかという話と、アイスが食べたい場合のおすすめのアイスの種類やアイスがダイエットに良いという噂に関して紹介します。

干し椎茸の賞味期限は?未開封と開封後の戻し方のポイントとコツ

干し椎茸の賞味期限は保存状況で異なります。未開封で賞味期限が切れた干し椎茸と、開封後で賞味期限が切れた干し椎茸は、賞味期限が切れてから、どれくらいまでなら食べることができるのか。干し椎茸の賞味期限は、パッケージに明記するように義務付けられていますが、保存状況が良ければ、表示されている賞味期限が切れてしまっていても、問題なく食べることができます。干し椎茸の賞味期限、保存方法、正しい戻し方と間違った戻し方、干し椎茸の種類、早く戻す方法などご参考いただけます。

里芋の賞味期限は3日から数ヶ月!保存方法から作り置きレシピまで

今日の主役は「里芋」!賞味期限の目安、正しい保存方法、簡単な作り置きレシピをご紹介します。里芋は秋から冬にかけて旬を迎えます。まさに、これからが里芋の美味しい季節です。空気が冷たくなり、肌寒い季節になりますから、里芋を使った温かいお料理が食べたくなりますよね。里芋は賞味期限の見極めが難しく、芽が出たり、カビが生えたり、腐ってしまいやすいです。正しく保存すれば長持ちしますし、作り置きしておけば、無駄にしてしまうこともありません。

ディルの代用はスーパーで買える!代用品と使い方からレシピまで

ディルの代用は、スーパーで簡単に手に入ります。ディルが売られているお店って、身近にはあまりないかもしれません。そんなときは、ディルの代用となる優秀な食材を使ってみましょう。ディルは料理のスパイスとして使われるハーブの一種です。葉や茎には甘味と爽やかな香り、種には刺激的な香味があります。そんなディルにも似た、代用となる食材を5つご紹介します。ディルや代用品の使い方とおすすめレシピもぜひご参考ください。

食べてはいけない『ネギ』の特徴3選

副菜として、汁物の具材として、さまざまな調理方法が可能なネギは便利ですよね。栄養価も高いので、積極的に摂取したい食材でもあります。そんなネギが腐ってしまった場合、どのような特徴が出るのでしょうか。今回は食べてはいけないネギの特徴と共に、栄養素や賞味期限なども解説していきます。

調味料の糖質量一覧!注意が必要なものや、糖質制限におすすめの調味料を紹介

ダイエットや糖質制限をしていると調味料に含まれる糖質も気になりますよね。気をつけているのに思うように効果を実感できないのは調味料から糖質を摂りすぎているからかもしれません。低カロリーな野菜サラダに糖質たっぷりの調味料をかけて食べるなんてことはありませんか?調味料の糖質量と低糖質な調味料についてまとめました。ぜひお役立てください。

シチューの味が薄い時の対処法!味の調整方法やとろみの付け方について

具材から出た水分によってシチューが薄くなってしまうことがあります。ホワイトシチューならホワイトソース、ビーフシチューならカレーのルーがよく合います。しかし、食べたい時に買うことがほとんどですよね。今自宅にある物でも対応することができます。シチューが薄い時の対処法、とろみをつける方法、隠し味におすすめの食材や調味料をご紹介します。

シュトーレンの値段が高い理由!相場や選ぶ時のポイントとは

クリスマスの定番シュトーレンの値段がなぜ高いのか、その理由を調べてみました。本場ドイツでは、一切れずつ食べてクリスマス当日までの4週間を過ごすのが伝統となっています。シュトーレンの値段は材料によっても変わります。この記事ではシュトーレンの値段の相場や選ぶ時のポイントについても紹介しますので、バリエーション豊富なシュトーレンを買う時の参考にしてみましょう!

数の子の塩抜きに失敗した時のリカバリー方法!苦味の消し方とは

おせち料理に欠かせない数の子の塩抜きに失敗した時、どうリカバリーしたら良いのでしょうか。ぷりぷりした食感がたまらない数の子を食べると子沢山になると、古くから愛されてきた食材ですが、塩抜きの方法を失敗すると数の子本来の苦味を強く感じてしまいます。上手に塩抜き出来なかった時の対処方法や、苦味の消し方、失敗しない数の子の塩抜き方法を紹介しますので参考にして美味しく食べてくださいね。

たけのこのあく抜きに失敗!えぐみを消すリカバリー方法5選

たけのこのあく抜きにどうして失敗したのか理由をご存知ですか?たけのこのあく抜きに失敗する理由のほとんどは、茹でる時期、方法の間違いです。この記事では、たけのこのあく抜きの失敗理由、あく抜きを失敗したたけのこのリカバリー、正しいたけのこのあく抜きの方法を説明します。あく抜きに失敗した方もぜひ役立ててくださいね。

お好み焼きを生焼けにしないコツ!焼け具合の見分け方や対処方法について

お好み焼きを焼いて食べようとしたら生焼けだったという経験はありませんか?今回はお好み焼きを生焼けにしないためのコツや焼け具合の見分け方や生焼けだった場合の対処法を紹介します。お好み焼きを生焼けの状態で食べたときに起きる症状についても紹介します。お好み焼きはしっかり火を通して美味しく食べましょう。

ポップコーンがはじけない原因!上手にはじかせる作り方や不発の豆の再利方法

ポップコーンを家で作った時には、はじけてポップコーンにならずにはじけない豆の状態で残ってしまうことがあります。きれいに全部はじけたら気分も上がりますが、最後に豆の状態で残っているのを見ると何だか失敗した気分になってしまいます。今回はポップコーンがはじけない原因と上手にはじかせる作り方を紹介します。

ハンバーグが固い原因5つ!リメイク方法と美味しく作るコツとは

ハンバーグは柔らかくとてもジューシーで多くの人が喜んで食べてくれるものですが、実際に作るとハンバーグが固いという経験はありませんか?簡単そうに思えても意外と難しいものなのです。今回はハンバーグが固くなってしまう原因と固いハンバーグをリメイクするアイデアから美味しいハンバーグの作り方を紹介します。

シュトーレンが日持ちする理由とは!賞味期限や正しい保存方法を解説

ドイツ発祥のシュトーレンが日持ちする理由、皆さんご存知ですか?シュトーレンは冷蔵庫のなかった時代からクリスマスのまでの4週間前、少しずつ切り分けて食べる伝統的な菓子パンだからこそ、日持ちさせるためのいくつかの秘訣があるのです。そこで今回は、シュトーレンが日持ちする理由や賞味期限、どのような保存方法が正しいのかについて解説していきます。

スパムってそのまま食べれる?生で食べる際のおすすめの食べ方や簡単な調理方法

スパムはそのまま食べていますか?それとも加熱調理していますか?スパムは豚肉を使って作られたランチョンミートの缶詰で、長期間保存できる便利な食べ物です。ソーセージと同じように、スパムはそのまま食べることもできますので、今回は生でそのまま美味しく食べる方法や加熱調理して美味しく食べる方法、正しい保存の方法を紹介します。

ニラは腐るとどうなる?傷んだ時の見分け方とサイン、保存方法と傷むまでの期間について

ニラが腐ったらどうなるか知っていますか?ニラは傷みやすい食材で、腐った状態を知らないと体調を崩してしまう可能性も。ニラは腐ったときに必ず表れる兆候があります。その兆候を見逃さないようにすれば、腐ったニラを食べてしまうことはありません。そこでこの記事では腐ったニラの見分け方や温度別の保存方法について紹介します。