大根おろしの汁は危険なの?空腹時を避ければ大丈夫?

大根おろし

大根をおろしたときに出る汁をギューッとしぼって捨てていませんか?大根おろしを空腹時に食べると腹痛や吐き気をもよおすので危険だとも言われていますが、実際にはどうなのでしょうか?焼き魚など他の料理に添えて一緒に摂取すると消化吸収を助けてくれるはずの大根おろしの汁。空腹時を避けて飲むと大丈夫なのか?そして大根おろしの効果と使い道について解説します!

大根おろしの汁は危険?

大根おろし

大根おろしの汁を危険だと思う理由

大根おろしの汁を危険だと言う人の話を聞いてみると、「大根おろしの汁を飲んだ後、胃に刺さるような痛みを感じた」「胃がムカムカしてくる」「胸がピリピリしてくる」などの症状があるため、大根おろしの汁は危険だと感じたそうです。

なぜ、このような症状が出たのでしょうか?実は、それには理由があるんです!

大根には、「アミラーゼ(ジアスターゼ)」、「プロテアーゼ」、「リパーゼ」といった酵素が豊富に含まれていて、大根おろしの汁を飲むとこれらの消化酵素が活発に働き過ぎて、胃液が発生しやすくなります。

そのため、空腹時に大根の汁を飲むと胃酸が多く出過ぎて胃壁を傷めてしまい、結果、胃に違和感が表れ、時には腹痛や吐き気を感じるというわけです。

特に、「アミラーゼ(ジアスターゼ)」という酵素と、「辛味成分」が急に空腹の胃に入ると貧血のような状態になり、ひどい場合は意識を失った人もいるほどです。

大根おろしの汁は他の食べ物と一緒に食べると体に良い効果が得られるのですが、「空腹時に飲むと危険」と言うのはあり得る話です。

くれぐれも空腹時だけは大根おろしの汁を飲まないようにした方がよさそうですね。

《 ポイント 》

  • 胃に刺さるような痛みを感じたりムカムカしてくる。
  • 豊富に含まれている消化酵素が活発に働き過ぎて胃酸が多く出る。
  • 貧血のようになり、ひどい場合は意識を失う人もいる。

大根おろしの汁が体に危険でない取り入れ方

大根おろし

大根おろしの汁は危険ではありませんが、飲むタイミングはどうでしょうか?

空腹時は避けて何か食べた後に飲む

大根おろしの汁を飲むタイミングはいつがいいのでしょうか?

先ほどお伝えしたとおり、お腹がからっぽの時に大根おろしの汁を飲むのはNGです。胃酸が出過ぎて胃が痛くなってしまいますので、空腹時を避けて食事の合間に少しずつ飲むようにしましょう。

他の食べ物を食べている時に摂取すると、大根に含まれている栄養素の効果絶大ですよ。

1日の中で飲むタイミングはいつがいい?

大根おろしの汁を効果的に摂取するためには、朝食の時が良いとか夕ご飯の時が効果的だとか、これといったおすすめのタイミングは特にありません。

ただ、すりおろす手間がかかるので、時間のない時間帯に無理やり調理する必要はありません。朝・昼・晩と1日3回飲んでも問題ないので、無理のないタイミングで行ってくださいね。

すりおろしたらできるだけ早めに飲む

大根をすりおろすと時間の経過とともに栄養素がどんどん減少していきます。アミラーゼ(ジアスターゼ)も数十分で減少し、ビタミンCも酸化してしまいます。

また、がん予防などに効果が期待できるイソチオシアネートは揮発性なため、すりおろした時点からおよそ15分で半減してしまいます。

以上のことを踏まえて、健康効果を期待するのであれば、作り置きするのではなく食べる直前に準備して早めに摂取するようにしてくださいね。

《 ポイント 》

  • 空腹時に大根おろしの汁を飲むのはNG。
  • 1日の中で飲むタイミングは朝・昼・晩いつでも問題ない。
  • 時間の経過とともに栄養素がどんどん減少していく。

大根おろしの汁を飲むメリット

398164199

大根おろしの汁にどれだけ栄養素と健康効果が凝縮されているかわかれば、大根おろしの汁に危険がないこともわかると思います。

大根おろしの汁には、酵素・ビタミンC・イソチオシアネートなどがたっぷり含まれていますので、それを一つずつ解説しましょう。

大根の皮に豊富に含まれている「ビタミンC」

大根おろしの汁に含まれているビタミンCは、とりわけ大根の皮の部分 と 根に近い所に多く含まれています。大根おろしは「皮ごと」すると良いと言われますが、皮の部分には大根の中心に比べて約2倍のビタミンCが含まれているのだとか。

ビタミンCは、ストレスから守る、活性酸素を除去して免疫を高める、ウイルスへの抵抗力を高める、シミやシワ、そばかすを防ぐなどの効果を大いに期待できる栄養素です。

生きていくために必要な「酵素」

私たちが生きていくためには「酵素」が必要不可欠です。体内でも酵素を作ることはできますが、その量はわずかなので元気に生きていくためには食べ物から酵素を摂り入れなければいけません。

大根には炭水化物を分解する「アミラーゼ(ジアスターゼ)」、脂肪を分解する「リパーゼ」、たんぱく質を分解する「プロテアーゼ」など、それぞれ役割のちがう酵素が豊富に含まれています。体の中で働く酵素は食べた食品を消化する働きの他に、代謝においても重要な役割を果たしています。

大根おろしの汁を飲んで消化酵素を補給すれば、新陳代謝が促進されて健康維持に役立つことでしょう。

消化を促進して胃腸の負担を軽減する

大根おろしの汁に含まれている主な成分は、消化活動を活発にする消化酵素でしたね。消化を促して、二日酔いや胃もたれ、食べ過ぎによる胸やけなどの症状を和らげ、胃腸の負担を軽減させてくれるでしょう。

大根をおろしたときに作られる「イソチオシアネート」

大根の辛み成分であるイソチオシアネートは、根に近い部分を使った大根おろしの中に多く含まれていて、その量は葉に近い部分の約10倍とも言われています。

健康効果が抜群なことから注目されているイソチオシアネートは、大根に最初から含まれている成分ではありません。大根を切ったりおろしたときに破壊された細胞が酵素と反応して作り出される成分なのです。

特に、根に近い部分を使って、大根の繊維を断ち切る方向でおろすと細胞壁がこわれやすくなって、イソチオシアネートがより多く作られます。

ありがたいことに、ドロドロになった血をサラサラにする効果があり、がんや動脈硬化の予防、免疫力や抗酸化、抗菌、解毒、代謝を高めるなど健康効果が満載です。

ただし、イソチオシアネートがたくさん含まれている大根おろしの汁はとても辛く、ストレートで飲むのは大変なことです。

風邪・喉の痛みに効果的

イソチオシアネートに殺菌や抗菌作用があるということは、喉の痛みや喉がれを緩和する効果も期待できます。

子どもの頃、咳がひどいときに、水で薄めた大根おろしの汁でうがいをしたり、ハチミツを混ぜたものを飲んだという記憶が残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ダイエット中の方におすすめ

大根おろし自体が低カロリー、低脂肪、低糖質、そして食物繊維が豊富なのでダイエット中の方でも安心ですよね。

《 ポイント 》

  • 皮には大根の中心に比べて約2倍のビタミンCが含まれている。
  • それぞれ役割のちがう酵素が豊富に含まれている。
  • 二日酔いや胃もたれ、食べ過ぎによる胸やけなどの症状を和らげる。
  • イソチオシアナートはドロドロになった血をサラサラにする。
  • 喉の痛みや喉がれを緩和する。
  • 低カロリー、低脂肪、低糖質で食物繊維が豊富。

大根おろしの汁の活用法

はちみつ

健康効果抜群のイソチオシアネートが豊富に含まれているということは、それだけ「辛い」ということですが、大根おろしの汁に危険はないことはわかりましたね。

とは言え、そのまま飲むのは大変なので、辛い大根おろしの汁を美味しく飲むための簡単な方法や活用法をご紹介します。

ハチミツを混ぜる

300gの大根おろしを作るためには、6~8cmくらいの大根が必要です。出来上がった300gの大根おろしをしぼると100g程度の汁になりますので、その中へスプーン1~2杯のハチミツを加えてよく混ぜます。

ほんのりと甘みがありとても飲みやすくなりますので、風邪のひきはじめに飲むとのどの炎症をおさえてくれますよ。

果汁100%ジュースを混ぜる

果汁100%のジュースを大根おろしの汁に加えると、これだけで格段と美味しくなり飲みやすくなります。りんごジュースでもぶどうジュースでも構いませんので、お好みの果汁100%のジュースを入れたおろし汁を試してみてはいかがでしょうか。

スジの多い硬い肉を柔らかくする

大根おろしの汁は飲むだけでなく、その消化酵素の働きを利用することもできます。嚙み切るのが大変そうなスジの多い硬い肉を大根のおろし汁に漬け込むと、タンパク質や脂質を分解して柔らかくしてくれます。

お肌のケア

殺菌成分でもあるイソチオシアネートが含まれているということは、洗顔後の化粧水の代わりに使うとニキビや吹き出物に効果的です。殺菌作用や抗菌作用を期待するのであれば、おろした直後の汁使うことが重要なポイントでしょう。

コットンに含ませた大根の汁で優しくパッティングして肌になじませると、アクネ菌をやっつけて肌を守ってくれますよ。

たけのこのアク抜き

たけのこのあく抜きをする際、お米の研ぎ汁に漬けたり煮出したりするのが一般的ですよね。ところが、お米のとぎ汁の代わりに大根のおろし汁を使うと、手間をかけずにアクを早く抜くことができるんです。

アク抜き用の水がうっすら白く濁る程度に大根おろしの汁を加えて、約1時間置きましょう。その後軽く水洗いするだけですぐに調理することができますので、時短にもなります。

《 ポイント 》

  • おろした汁100gにハチミツをスプーン1~2杯加える。
  • 果汁100%のジュースを加えると格段と美味しくなり飲みやすい。
  • スジの多い硬い肉をおろし汁に漬け込むと柔らかくなる。
  • 手間をかけずにたけのこのアク抜きができる。

最後に

大根おろし

大根おろしの汁を飲むと胃がムカムカするのは、消化酵素が強く働きすぎるのが原因でした。そのため、大根おろしの汁は危険だと思い込んでいる人がいるのでしょう。

その一方で、大根おろしの汁の中には、健康維持には欠かせないビタミンC、消化酵素、イソチオシアネート、といった栄養素がぎっしり凝縮されていて「医者いらず」とも言われています。

大根おろしの汁はそれ自体が身体に悪いわけではなく、空腹時を避けさえすればなんの問題もありません。他にも

  • イソチオシアネートは根に近い部分の大根おろしに多い。
  • 大根おろしの汁は作ったら早めに飲む。
  • ハチミツや100%ジュースを混ぜて飲みやすくする。

など、ちょっとしたヒントを参考にして、健康効果が満載の大根おろしの汁を飲んで元気な毎日を送ってくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする
大根おろし

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る