食材辞典

食材管理は料理をする上でとても大切なことです。きちんと食材を管理できることは、無駄を出さすに済み節約にもつながりますね。買う時の見分け方や保存方法、下処理方法などが分かる食材辞典は大いに役立つでしょう。食材に関するお役立ち情報やお悩み解消情報など盛りだくさんにご紹介しています。

「食材辞典」の記事一覧

豆苗の正しい保存方法!長持ちする冷凍保存の仕方から賞味期限まで

いつでも価格が安定していて安価な豆苗は、家計の強い味方ですよね。味噌汁の具や炒め物、肉料理の付け合わせなど用途も様々。しかも切り落とした根元を水につけておくと、再び芽が出て食べられるというお得な野菜です。でもそのままだと傷みやすい豆苗、どうすれば長く保存できるでしょうか。ここでは豆苗の正しい保存方法と、それぞれの賞味期限について解説します。

おにぎりの冷凍保存で時短になる!冷凍期間や解凍方法、おすすめのアレンジレシピまで

美味しいだけでなく、小腹がすいたときにパクッと食べることができる「おにぎり」ですが、実は冷凍保存できることを知っていましたか?今回は「自然解凍でいいの?」「使用する容器は?」など冷凍おにぎりに対する疑問の答えや、大葉やもち麦を使ったおにぎりのアレンジレシピ、さらに冷凍焼きおにぎりの作り方までご紹介します。

ポップコーンの栄養素とは?主な成分や効果、カロリーからおすすめ商品まで

ポップコーンはスーパーに売られていたり、映画館や遊園地などの施設で看板メニューになっていたりすることもあり、馴染みが深いという人も多くいます。わずかな量のトウモロコシから大量に生産することができて、作る光景や食べる時の音などが魅力の食べ物です。そんなポップコーンですが、栄養やカロリーに関してはどうなのでしょうか。詳しく紹介していきます。

魚の正しい冷凍方法とコツ!下処理から解凍まで

生で購入した魚を冷凍したい場合、味と鮮度を落としたくないのなら、正しい方法を知っておく必要があります。特に下処理と解凍のやり方で、味も鮮度も大きく変わってしまうため、美味しく食べたいならばコツを理解しておきましょう。正しい冷凍方法が分かれば、家庭用の冷蔵庫でも、魚の美味しさを落とさずに保存ができます。

肉の冷凍保存まとめ!正しい方法や賞味期限、解凍する手順まで

肉を冷凍しておくといざという時に便利です。肉巻き、鳥のから揚げなど、おかずレシピを冷凍保存すれば、解凍してそのまま調理することができます。しかし、保存の仕方が悪いと食中毒細菌が増殖してしまい、古い冷凍肉を食べると場合によっては食中毒になってしまうことも。そうならないために、今回は、肉の正しい冷凍保存の方法や解凍する方法などを紹介します。

クロワッサンを冷凍保存する方法!解凍のコツや焼き方、レシピまで

クロワッサンを冷凍保存して美味しく焼く方法を知っていますか?いろいろなスーパーでクロワッサンを10個入りなどまとめて販売している店舗も増えてきました。まとめて購入するお得な値段になので、ついつい購入してしまうのですが、よく考えると賞味期限は焼きあがった日から2日ほどなので食べきれません。そこで今回はクロワッサンの冷凍保存の方法とおいしく焼く方法を紹介します。

トマト缶が危険だと言われる理由と体への影響の研究結果

トマト缶は危険だと噂されている理由をご存知ですか?トマト缶が危険だと言われる原因はトマト缶の「缶」と「トマト」に問題があったようです。ミネストローネやトマトパスタが大好物な私はトマト缶をかかしたことはありませんので噂を聞いたときはウソっ!と慌てましたが…。噂は本当なのでしょうか?今回はトマト缶の危険性にスポットをあて、トマト缶が危険とされる原因や実態をご紹介したいと思います。

パプリカとピーマンの違い6選!意外と知らない栄養価や異なる調理法

皆さんはパプリカとピーマンの違いをご存知でしょうか?両方ともよく見かけることの多い野菜です。しかし、形がよく似ていることは知っていても具体的な違いを知らない方は多いのではないでしょうか?今回は、パプリカとピーマンの違いを栄養価や調理法など、具体的に紹介します。

春菊の冷凍保存方法!解凍の仕方や保存期間まで

春菊は鍋物やかきあげなどバリエーションが多いだけでなく、栄養面ではベータカロテンや鉄分などを豊富に含んでいます。特に花粉症など免疫系で体調を崩しやすい時期にはうってつけの食材なのです。ただ葉物野菜に共通することとして、実際に美味しく食べられる期間というのが短いです。そこで春菊のおいしさを保つために、春菊の冷凍保存方法と解凍方法などの豆知識を紹介します。

びわ茶に期待できる効果7つ!主な栄養から副作用まで

びわの葉療法など、古くから万能薬として珍重されてきたびわですが、近年は健康や美容のためにびわ茶を飲む人が増えています。びわ茶には多くの効能があり、飲むだけで良いという簡単な健康法であるのもウケている理由でしょう。そこで、これからびわ茶を飲んでみたいという人のために、効能や主な栄養素、副作用など魅力的な効果をご紹介しましょう。

卵の正しい保存方法!冷凍活用法から賞味期限を延ばす裏ワザまで

料理の主役から脇役までこなす万能食材「卵」。超簡単な卵かけご飯から、お子さんも大好きなオムライスやカツ丼、そぼろにしてサラダの彩りにも使えます。味の染みた煮卵やふわふわの出汁巻は、おつまみにも最高ですよね。そんな便利な卵も保存方法を誤ると、ダメにして処分してしまったり、食べると食中毒の原因にもなります。正しい保存方法を知って上手に卵を使いましょう。

賞味期限切れのお菓子はいつまで食べられる?

賞味期限切れのお菓子、どうされていますか?賞味期限切れになってから数日では、捨ててしまう人は少ないのではないでしょうか。賞味期限切れであっても、未開封のお菓子なのであれば、状態や味を確認してみますよね。問題がなければ食べるという人がほとんどかと思います。子供たちには食べさせないようにしていますが、状態や味に異常がなければ私や主人で食べています。賞味期限切れのお菓子は、食べても大丈夫なのか?ということについて、様々な視点からご紹介したいと思います。

りんごの皮は栄養満点!皮ごと食べる効果とオススメの食べ方

あなたはりんごがお好きですが?今回ご紹介したいのはそう、りんご。美味しいし好きでよく食べている、という人でも、皮ごと食べている、という人は少ないのではないでしょうか。ですが実はりんごは、皮といっしょでも美味しく食べられるし、栄養もさらにたくさん摂れるのです。今回は、りんごを皮ごと食べるメリットをご紹介します。

かまぼこは冷凍できる?保存方法や解凍の仕方、おすすめレシピまで

お正月やお祝いの時に活躍するかまぼこですが、あまり日持ちがしないため余らせてしまうことありますよね。かまぼこというと板にのっている紅白のかまぼこが代表的ですが、なるとやちくわもかまぼこ製品です。魚の美味しさがそのまま凝縮されて、食べやすいかまぼこは、冷凍保存ができるととても便利ですよね。かまぼこを上手に冷凍保存する方法や解凍の仕方などご紹介します。

刺身は冷凍しても大丈夫?正しい保存方法から解凍の仕方まで

刺身は、新鮮な状態が最も美味しいことは、誰でも分かっていることですよね。買ってきたら、早目に食べることが一般的です。ただ予定が変わって、余ってしまったり、食べきれない時などもありますよね。そんな時、保存できれば捨てずにすみます。刺身の状態や魚の種類によっては、冷凍保存で一定期間は保存ができます。正しい冷凍保存の方法や解凍方法をご紹介します。

魚の正しい保存方法まとめ!必要な下処理から期間、種類別のコツまで

スーパーで新鮮な魚や旬の魚を見つけると、美味しそうでどれも買いたくなってしまいますよね。魚は鮮度が重要なので、美味しく食べるには新鮮な状態で食べることが大切ですが、食べきれない魚も、正しく保存すれば、美味しさを保ったまま保存することができます。保存方法は切り身魚や一尾魚など、状態によっても変わってきます。正しい保存方法を覚えて、いつでも魚を美味しく食べましょう!

新玉ねぎの旬の時期と選び方のコツ

春になるとスーパーで見かけるようになる、皮が白っぽい玉ねぎは、新玉ねぎと呼ばれているものです。通常の皮が茶色の玉ねぎとは、色や形も少し異なります。見た目の違いだけでなく、通常の玉ねぎより生で食べても辛みも少ないものが特徴です。そんな新玉ねぎは、1年を通して手に入る通常の玉ねぎと違い、買うことができる期間は限られています。新玉ねぎの旬の時期や選び方のコツをご紹介します!

食パンの保存方法と美味しく焼くコツ

買ってきた食パンの保存はどのようにしていますか?常温保存で売られていますので、自宅でも常温保存するのが一般的だと思います。すぐに食べきってしまう場合は、常温保存がおすすめですが、開封後すぐに食べきれない時は、冷蔵庫で保存するか、冷凍庫で保存するか、どちらが美味しく食べられるのでしょうか。食パンの保存方法と美味しく焼くコツをご紹介します。

納豆は冷凍保存がおすすめ!冷凍しても納豆菌は生きています!

納豆を冷凍?とびっくりする方も多いようですが、納豆は冷凍保存がおすすめです!納豆に記載されている賞味期限は1週間程度で意外と短いですよね。納豆の賞味期限が短い理由は納豆菌の性質によります。今回は納豆の冷凍保存の方法と解凍方法、賞味期限、冷凍保存の納豆菌への影響や冷凍納豆を使ったレシピなど幅広くご紹介したいと思います。

水菜を冷凍保存!食感を保つ方法とコツ

シャキシャキした触感から、生で、または鍋物で、さっとくぐらせてシャキシャキの状態でいただくイメージの多い水菜だと思います。実は水菜は冷凍保存が可能な野菜なのです。菜まではすぐに傷んでしまう水菜を冷凍保存して、日々のお料理に活用する方法について、今回がご紹介したいと思います。腐らせずに無駄なく水菜を使う方法で毎日のお料理を工夫してみてください。