マフィンの賞味期限はどの位?日持ちさせる保存方法は?

マフィン

マフィンの賞味期限が実際のところどのくらいかわかりますか?マフィンはスーパーやカフェなどで購入するほかにも、手作りして楽しむ人も多くいます。今回はマフィンの賞味期限と多く勝ってきた場合や大量に作ってしまった場合などで、日持ちさせるための保存方法と保存後に美味しく食べる温め方を詳しく紹介します。

マフィンの賞味期限

マフィン

マフィンの賞味期限は手作りのマフィンと市販のマフィンで異なります。

市販のマフィンには保存料が入っているため未開封の場合で賞味期限は3日~4日です。マフィンは開封すると常温ではほとんど日持ちしないので、できるかぎり賞味期限内に食べるようにしましょう。

手作りのマフィンは保存料が入っていないためあまり日持ちはしません。手作りのマフィンの賞味期限は市販のマフィンよりも短くなり1日~2日となるので早めに食べるようにしましょう。

《 ポイント 》

  • マフィンは手作りのマフィンと市販のマフィンでは保存料を使用しているか使用していないかの違いで賞味期限が異なる。
  • 市販のマフィンの賞味期限は3日~4日で、手作りのマフィンの賞味期限は1日~2日です。

マフィンを日持ちさせる保存方法

マフィン

マフィンの賞味期限をのばす保存方法は、常温保存、冷蔵保存、冷凍保存の方法があり、それぞれの方法で保存する時の注意点があります。

常温保存の場合

マフィンを常温で保存する場合には以下のことに注意しましょう。

  • マフィンは風通しの良い場所で保存すること
  • マフィンは密閉できる袋や容器に入れて保存すること

マフィンは高温多湿な状態にならない時期で、直接日光が当たらない比較的涼しく感じることができる場所では常温保存することができます。食感や風味を考慮すると、マフィンには常温での保存が1番適しています。

先程注意点で挙げた直接日光が当たらない風通しの良い場所で保存することと、ラップに包んでからビニール袋に入れて保存するなど密閉できる袋や容器に入れて乾燥させないように保存することで、食感や風味を落とさず保存することができます。

但し、マフィンの中に生クリームや生のフルーツが入っている場合は、常温保存では傷みやすくなるので、冷蔵庫で保存する方が安全で安心できます。

冷蔵保存の場合

マフィンを冷蔵保存する場合には以下のことに注意しましょう。

  • マフィンをひとつずつラップで包んで密封できるジップ付きの保存袋に入れること
  • マフィンは長期保存をしないこと。

マフィンを冷蔵保存する場合には、冷蔵庫は乾燥しやすい環境になのでマフィンが固くパサパサとした食間になってしまうので、マフィンをひとつずつ出来るかぎり空気を入れない状態でラップで包んで密封できるジップ付きの保存袋に入れて保存し、できるだけ早くマフィンの賞味期限内に食べるようにしましょう。

マフィンにクリームを乗せていたりフルーツが入っている場合には冷蔵保存がおすすめです。マフィンを冷蔵保存することで、市販のマフィンでおよそ1週間、手作りのマフィンで3日~4日ほど日持ちします。但し時間の経過とともに食間や風味が落ちてしまうので、できるかぎり早くマフィンの賞味期限内に食べるようにしましょう。

冷凍保存の場合

マフィンを冷凍保存する場合には以下のことに注意しましょう。

  • マフィンをひとつずつラップで包んで密封できるジップ付きの保存袋に入れる。
  • マフィンはラップのみですと冷凍焼けやにおい移りの可能性がある。

マフィンを冷凍保存する場合には、冷蔵保存をするときと同じように、マフィンをひとつずつ出来るかぎり空気を入れない状態でラップで包んで密封できるジップ付きの保存袋に入れて保存しましょう。

マフィンをラップのみで冷凍保存をすると冷凍焼けやにおい移りをしてしまう可能性があります。マフィンの風味や食感がおかしくなってしまうので、マフィンは個別にラップをして必ずジップ付きの保存袋に入れましょう。マフィンの生地が凍ることで劣化しにくくなるので、冷蔵で保存をするよりも美味しく保存をすることができます。

マフィンは冷凍保存をすることで約1ヵ月日持ちしますが、長期保存をすると冷凍焼けやにおい移りをしてしまう可能性があるので、できるだけ早くマフィンの賞味期限内に食べるようにしましょう。

《 ポイント 》

  • マフィンは常温保存、冷蔵保存、冷凍保存といった方法で保存することができる。
  • マフィンの中身や季節によって保存方法を変えて上手に保存して賞味期限内に美味しく食べられるようにする。

マフィンを美味しく食べるポイント

トースター

冷凍保存していたマフィンを美味しく賞味期限内に食べるには、解凍方法や温め方にコツがあります。

ポイント①:自然解凍してオーブントースターで焼く

マフィンをパサつかせずに美味しく賞味期限内に食べる解凍方法は自然解凍です。

食べる前日に冷凍庫から冷蔵庫に移動して解凍させる方法か、時間がない場合は常温の直射日光の当たらない場所で2時間ほどかけて自然解凍をさせます。

マフィンをゆっくり長い時間をかけて解凍することで生地の品質の劣化を防げるので、パサパサ食感にならず、美味しくマフィンを賞味期限内に食べることができます。

冷凍庫で保存していたマフィンには霜が付いてしまっている場合があります。霜が付いている状態で自然解凍をしてしまうと、マフィンが水っぽくなってしまうだけではなく、冷凍庫の匂いもマフィンに移ってしまいます。霜が付いていた場合は霜を取り除いてから解凍するようにしましょう。

マフィンを解凍させたら、マフィンのカップをはずしてオーブントースターで2分程度焼きます。マフィンのカップを付けたままの状態でオーブントースターで焼いてしまうとカップが焦げてしまうので必ずはずしてからオーブントースターに入れましょう。

オーブントースター焼くと中はふわふわ触感のまま外側がカリっとした食感のマフィンになるのでマフィンを賞味期限内に美味しく食べることができます。

ポイント②:冷凍状態でオーブントースターで焼く

冷凍保存をしたマフィンを、自然解凍させずにオーブントースターで焼く場合は、まずマフィンのカップをはずしてアルミホイルで包みます。それをオーブントースターで15分ほど焼きます。試しにマフィンに串を指してみてスッと抵抗感なく串が入ればうまく温められている証拠です。

マフィンに串が入らなければ、マフィンを焼く時間を増やして対応してください。マフィンをより短時間で早く温めて食べたい場合はアルミホイルで包む前にマフィンを半分のサイズに切ってから、マフィンをアルミホイルで包んでオーブントースターで焼きましょう。

ポイント③:電子レンジで温める

冷凍したマフィンは個別のラップに包んである状態で電子レンジで1分ほど加熱して温めてから食べましょう。マフィンを電子レンジで加熱した場合は蒸しケーキのような食感になり、マフィン本来の触感とは異なりますが、マフィンを手軽に美味しく賞味期限内に食べることができます。

冷凍したマフィンがパサパサで乾燥した状態になっていたら、マフィンに霧吹きで少し水分を補充してから温めることでふっくら食感で温めることができます。

《 ポイント 》

  • マフィンを冷凍保存した場合は、マフィン本来の美味しさを求めるならば、マフィンを自然解凍させてからオーブントースターで温める。
  • マフィンを手軽に食べたい場合には冷凍マフィンは、ラップで包んで個別包装した状態のまま電子レンジで加熱して食べる。

食べないほうがいいマフィンの状態とは

マフィンの臭いを嗅ぐ女性

マフィンは焼き菓子なので比較的日持ちするものですが、賞味期限内でも食べないほうがいいマフィンの状態はどのようになってしまうのか、傷んでしまったマフィンの見分け方を理解しておきましょう。

  • マフィンの表面にカビが生えている
  • マフィンを少し食べてみると味がおかしい
  • マフィンのにおいがおかしい
  • マフィンの表面にぬめりがある

マフィンが上記のような状態になっていたら、そのマフィンは傷んでいるので、賞味期限内でも食べないほうがいいマフィンです。

プレーンやチョコのマフィンは比較的日持ちしますが、中にフルーツを入れたマフィンは傷みやすく中に入っているものによっても、賞味期限が異なります。マフィンに、においや味に違和感を感じた場合は、賞味期限内でも食べるのをやめましょう。

《 ポイント 》

  • マフィンは比較的日持ちするものですが、表面にカビが生えてしまっていたり、味やにおいに違和感を感じた場合は、マフィンが傷んでいる証拠となるので賞味期限内でも食べるのはやめる。
  • マフィンの日持ちは種類によって賞味期限は異なるので注意する。

最後に

2種のマフィン

マフィンの賞味期限は保存料が含まれている市販品か保存料のない手作り品か、生クリームや生のフルーツを使用しているか使用していないかによって異なります。

マフィンを作りすぎてしまったり、大量に買ってきて食べきれない場合には、賞味期限内に食べる切れる日をよく考えて冷蔵保存をするか冷凍保存をするのか選択して、いつでも美味しいマフィンが賞味期限内に食べられるようにしましょう。

マフィン

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる