食材辞典

食材全般に関する記事一覧です。食材全般のお悩みを解消するための情報、お役立ち情報をお届けいたします!|シュフーズ

「食材辞典」の記事一覧

鶏肉を洗うのはNG!食中毒を防ぐ扱い方と正しい下処理

調理前の生の鶏肉を洗うのはNGです!鶏肉の鮮度には関係なく買ってきた鶏肉にはカンピロバクター菌という病原菌が付着しています。鶏肉を洗うことでカンピロバクター菌が飛沫して二次感染をおこす可能性があります。ここでは鶏肉の水洗いがダメな理由や、菌を死滅させる方法、二次感染の防止方法などをご紹介したいと思います。

大葉の長期保存!鮮度と風味を長持ちさせるコツ

大葉の保存は冷蔵庫ですか?冷凍庫ですか?大葉はすぐシナシナになってしまうのが残念なところですが、保存方法によっては最長3ヶ月ほど保存することができるんです。今回は大葉の保存方法を冷蔵庫・冷凍庫・常温に分けてご説明したいと思います。また保存方法ごとに賞味期限もご紹介させていただきますので大葉の使い方にあわせて保存しましょう。

餅で太る理由3つ!太りにくい食べ方と食べ合わせを教えます

お雑煮で食べる、お正月には欠かせない餅ですが、食べ過ぎて太ってしまったという声をよく聞きますよね。お雑煮以外にも、おしるこやきな粉餅など、食べ方によってはおやつ感覚でも食べられるので、餅は太りやすいというイメージを持っている人も多いと思います。本当に餅は太るのでしょうか。餅が太ると言われている理由や、太りにくい食べかたなどをご紹介します。

チーズを上手に冷凍!美味しさを保つおすすめ保存方法

チーズは冷凍には適さないと言われていますが、正しい冷凍方法さえわかればチーズも冷凍で保存できますし、美味しく料理に使用できます。チーズの美味しさを保つ冷凍方法や、チーズの種類別の冷凍方法、解凍方法などをご紹介したいと思います。また冷凍したチーズを使ったレシピもつけましたのでぜひ作ってみてください。

雑穀米の効果まとめ!種類や栄養成分、おいしい炊き方まで

雑穀米は健康や美容に良い効果があるとよく耳にしますが、「雑穀米って何?」という方も多いのではないでしょうか。雑という漢字が含まれているくらいだから、いろんなものが複雑に混ざり合っている、なんてイメージをされる方もいらっしゃるかもしれません。雑穀米とはどういったもののことを言うのか、どういった種類があって、どんな栄養素が含まれているのか、詳しくご紹介したいと思います。また、雑穀米の美味しい炊き方についてもご紹介しますので、ぜひ召し上がってみてはいかがでしょうか。

味噌は冷凍保存しても大丈夫!凍らないからすぐに使えます

毎日使ったとしても、1日に使う味噌の量はそう多くないですよね。なので、使いきるのに時間のかかり、風味がかわってしまったかな、と感じたことはありませんか?スーパーなどでは味噌は常温で売られていますが、実は、味噌を自宅で保存する場合、開封後は冷凍保存がおすすめなのです。その理由と冷凍保存するメリットなどご紹介します!

炭酸水の飲み過ぎ注意!腹痛や下痢や貧血の原因になる可能性あり

炭酸水を1日1L以上飲んだら飲み過ぎ注意。炭酸水をごくごく飲むとのどがピリピリしてきますので一度に大量に飲むことはあまりないと思いますが、炭酸水の飲み過ぎは胃痛、腹痛、下痢、貧血を引き起こす可能性があります。まさかと思うような危険もありますので、炭酸水の飲み過ぎによる症状や原因、炭酸水の正しい飲み方などをご紹介したいと思います。

鮭の旬は「秋から冬」!種類による違いと栄養成分まで

鮭の旬は基本的に秋です。しかし、鮭はスーパーに買い物に行くとオールシーズンいつでも売っているので一体鮭の旬っていつなんだろう?ってわからなくなってしまいますよね。実際に売っている鮭を見てみると銀鮭、紅鮭、秋鮭、トラウトサーモン、アトランティックサーモンなどさまざまな種類があることに気がつきます。実は、鮭の旬は種類によって微妙に異なるのです。一口に鮭と言ってもこれだけの種類があるのですから、今回はその違いと鮭の本来の旬についてご紹介します。

カレーを冷蔵庫に保存する正しい方法と日持ちさせるコツ

カレーを冷蔵庫に保存した時の消費期限はどのくらいだと思いますか?カレーは一晩寝かせるとさらに美味しくなるといわれていますが、実は二日目のカレーから食中毒になることがあるんです。冷蔵庫にカレーを保存する際、方法を誤ると菌を増殖させてしまいます。大好きなカレーを安全に美味しく食べるために、カレーを冷蔵庫で保存する正しい方法や、カレーを安全に冷蔵庫に保存する手順などをまとめました。食中毒にならないためにも参考にしてください。

イカの旬は一年中?産地、種類別のおいしい時期がこれでわかります

普段から刺し身やお寿司、天ぷら、塩辛、パスタ、煮物などの料理で一年を通して食べる機会が多いイカですが、旬の時期がいつなのか知っていますか?今回は口にする機会の多いイカの旬や種類、旬のイカを楽しむレシピまでご紹介します。

いわしの旬はいつ?庶民に親しまれる魚の時期は種類によって様々なんです

大きな群れで日本周辺の海を回遊する魚の「いわし」。古くから庶民に親しまれてきた魚です。いわしは実は全国各地で水揚げされる魚で、日本で一番良く獲れる魚です。漢字でみると鰯と書くように「魚」偏に「弱」文字があてられているように、水揚げするとウロコが落ち、外圧にも弱いためにすぐ死んでしまうほど弱い魚というところからきています。そんないわしの旬について調べましたので、旬のいわしを楽しむレシピと共に紹介します。

金目鯛をおいしく食べる「旬」っていつ頃?

鮮やかできれいな真っ赤な魚で大きな金色の目をしている金目鯛。鯛という漢字が付いていますが実は鯛の仲間ではないのです。「キンメダイ目キンメダイ科」の深海魚です。脂がのっていて、甘くて肉厚の高級魚で、お刺身、煮つけ、焼き魚、どの料理でもとってもおいしくいただけます。今回は、そんな金目鯛の旬をしらべてみましたので紹介します

かぶの栄養と効果!茎や葉に隠された驚きの効果

かぶは茎や葉の方が根より栄養価が高いことをご存知でしょうか。かぶの葉や茎には葉酸や鉄分も多く含まれていますので妊婦さんにとっても最適な野菜の1つです。また、発がん物質の毒性を解毒する成分も含まれていると言われていますので栄養価の高さには驚きます!今回はかぶをテーマに、かぶの葉、茎、根の栄養成分や効能、栄養を逃がさない食べ方などをお話しますね。

セロリの栄養はお肌を整えて美しいカラダを作るんです

クセが強く青臭い独特の香りで子供だけじゃなく大人でも好き嫌いがハッキリと分かれてしまう野菜のセロリですが、じつは栄養満点で健康と美容に様々な効能があり女性の美にとっても役に立つ野菜なのです。今回はセロリの栄養と効能そして健康効果、セロリの栄養を活かす効果的な食べ方までご紹介します!

サンチュの栄養の効果効能5選!吸収率を高める意外な方法

サンチュの栄養は焼肉と一緒に食べることで優れた効果を発揮します。サンチュの栄養には油と相性が良い成分が含まれていますので焼肉とサンチュは最強のコンビです。また、カロリーの高い焼肉を食べているのにコレステロールを抑えてくれるなんて嬉しい効果ですね!今回はサンチュの栄養と効果効能、栄養を活かす食べ方をご紹介いたします。

きびなごの旬は年2回!美味しい食べ方をご紹介!

きびなごは年2回、旬の時期があります。1回目の旬は5月~6月(春~初夏)、2回目の旬は12月~2月の冬になります。旬によって美味しさの特徴に違いがありますので、きびなごの旬の味の違いや美味しい食べ方などをご紹介いたします。

うどの栄養と効能!二日酔いに抜群の効果が!抵抗力UPで疲労回復

うどの独特の香りと山菜の風味は天ぷらにしても和え物にしても癖になる一品ですよね。実はうどには二日酔いを防いでくれる栄養成分がふくまれていますのでお酒のおつまみにおすすめです!今回はうどの栄養の効果や効能や栄養を活かす効果的な食べ方などを調べてみました。

ヘチマの栄養と効果!化粧水やタワシだけじゃない女性の味方なんです

ヘチマの栄養と効果効能が実はたくさんあったのを知っていましたか?ヘチマと聞いて一番先に思い浮かぶものは、やはり化粧水やタワシになってしまいますよね?「えっ、ヘチマって食べられるの?」と思ってしまう人も多いかと思いますが、鹿児島県では「イトウリ」や沖縄県「ナーベーラー」と呼ばれて、夏野菜として食卓に上がります。今回はそんなヘチマに含まれている栄養と効能、おいしく食べるレシピを紹介します!

パプリカの栄養と美容効果!色ごとの違いやレシピ紹介

パプリカの栄養について考えたことはありますか?赤・黄・オレンジのカラフルなパプリカには、ビタミンCやビタミンEなどさまざまな栄養が含まれています。さらにパプリカは色によって栄養価が違います。赤パプリカのビタミンCはピーマンの2倍以上あり、β-カロテンは黄パプリカの5倍もあるのです。この記事では、パプリカの栄養成分や効果効能、色ごとの違いから栄養を効果的にとりいれる調理法などをご紹介します。

クスクスの栄養と効果!モデルに人気の栄養成分4選

クスクスは栄養が豊富で、美容やダイエットにも効果があるので、世界の有名モデルや女優が食べていることで一躍人気になりましたね。クスクスとは、小麦が原料の粒状の粉食で丸めてそぼろ状にしたパスタ料理です。今回はクスクスが持つ栄養成分と、その栄養から得られる効果効能や栄養が逃げない食べ方をご紹介したいと思います。