食材辞典

食材全般に関する記事一覧です。食材全般のお悩みを解消するための情報、お役立ち情報をお届けいたします!|シュフーズ

「食材辞典」の記事一覧

白菜の正しい洗い方!鍋や漬物など用途別の切り方から保存方法まで

冬野菜の定番、白菜。丸ごとの白菜は大きくて、扱いづらいという点もありますが、白菜の正しい洗いかたを知っていますか?土や農薬がついているのが気になるという人には、おすすめの洗い方もあります。また、料理によって切り方を変えると色々な食感で楽しめるのも白菜の魅力の1つですね。白菜について、洗いからから保存方法までご紹介します!

玄米の効果5つ!正しい炊き方や食べ方で効率よく栄養を摂ろう

ダイエット法や健康法の一部に玄米が効果的であると言われています。玄米という食材自体は一般家庭に広く知られていますが、細かな栄養価や正しい炊き方などはあまり知られていません。また、メリットだけが先行して注目されがちですが、効果が大きい反面デメリットもいくつかあります。この記事では、玄米に含まれる栄養価やメリット、デメリットなどをまとめています。

みかんは冷蔵庫に保存してはいけない?正しい方法について

冬には安く出回るためついつい大量購入しがちなみかん。こたつで寛ぎながら食べる物として欠かせない冬の醍醐味ですが、全部食べきる前にカビが生え始めてしまった経験はありませんか?みかんはあまり保存方法について語られることが無いもの。そこで今回はみかんを少しでも長持ちさせる保存方法についてご紹介したいと思います。

甘酒の賞味期限はどのくらい?開封後の保存法から期限切れの活用方法まで

甘酒は飲む点滴とも呼ばれ、美肌効果も見込めることで幅広い年齢層の女性たちから高い人気を誇っています。酒と名前についていますが、米麹を原料としたものはアルコール成分を含まないためお酒が苦手な人でも飲むことができます。一度にたくさん飲めるものではないので、どのように保存すればいいのか、どれくらい日持ちがするのか気になる人もいるのではないでしょうか。それでは甘酒の賞味期限や保存法を紹介していきましょう。

節分の豆の数は何個?正しい数え方と食べる意味について

節分の豆まきの後、まいた豆を食べる習慣がありますが、その時の食べる豆の正しい数え方をご存知ですか?年齢の数だけ食べる、というのが一般的ではありますが、意味があって年齢の数を食べる風習があります。地域によって異なる点もありますが、豆を食べる数や、その由来などご紹介します。

節分そばの由来や食べる理由、入れる具材から作り方まで

節分と言えば、豆まきをして年の数だけ豆を食べたり、恵方巻きを食べたりするのが、主流ですが、節分に節分そばを食べる風習があったということご存知ですか。節分そばとはどのような由来で、どんなおそばなのでしょうか。気になりますよね!現在では全国的な風習ではありませんが、節分そばについてご紹介します。

缶詰の温め方は湯煎がおすすめ!正しいやり方とおいしく仕上げるコツ

ちょっとしたお酒のおつまみや、ごはんの時のおかずに便利な缶詰は、温めて食べると更においしいです。しかし、温め方によって加熱時間やおいしさが異なる為、おいしく食べられる方法を見つけて試してください。また、絶対に試してはいけない温め方もあるため、それ以外の方法で温めましょう。覚えておくだけでおかずのレパートリーが広がります。

ハマグリの保存は冷凍で!賞味期限から美味しく食べられる解凍方法まで

ぷりっとした大きな身と濃厚な旨味が魅力のはまぐりですが、鮮度が落ちるのが早いため、買ってきてから冷蔵庫に放置しておくと旨味成分が少なくなるだけでなく、貝類独特の臭みも出てきます。そこでおすすめするのがはまぐりを冷凍保存する方法です。貝類を冷凍するのは意外だと感じる人もいるかもしれませんが、上手に冷凍することではまぐりを手軽に楽しむことができます。

食パンの冷蔵庫保存はNG!常温と冷凍はどちらが美味しく食べられる?

食パンを冷蔵庫に保存して、パサパサになって味も悪くがっかりした経験はありませんか?食パンは水分が多いので、特に夏はカビの心配もあり、ついつい冷蔵庫に入れたくなってしまいますが、実は冷蔵庫保存はNGなのです。食パンは常温保存もしくは冷凍保存がおすすめです。その際の注意点を知って、美味しく頂く方法をマスターしましょう。

お米を冷蔵庫に保存して甘みを逃がさない!上手に保管する方法

お米を冷蔵庫や野菜室に保存すると甘みが逃げないのでおすすめです。お米の袋はかさばるのでいったいどうやって冷蔵庫にいれるのか考えてしまうかと思いますが、お米を冷蔵庫に保存する方法はとっても簡単です。お米を冷蔵庫で保存するとどんな良いことがあるのか?、お米の冷蔵庫の保存方法は?、冷蔵庫に入らないときはどうすればいいのか?などの答えをご紹介したいと思います。

ヨーグルトは温めよう!メリットや作り方、効果的な飲み方まで

ヨーグルトが体に良いことは随分と前から知られていますが、最近では温めて食べることでより高い効果が得られることに注目が集まっています。ヨーグルトを温めて食べることのメリットやその方法、食べるのにおすすめの時間帯などの情報について解説していきます。ヨーグルトはコンビニやスーパーで買えるので、誰でもすぐに始めることが出来ます

らっきょうダイエットの効果効能6つ!やり方からおすすめレシピまで

らっきょうは、体に良さそうなイメージはありますが、実はダイエットに有効な成分が豊富に含まれていると、最近とても注目をされています。普段の食事で食べる機会はそう多くないと思いますが、らっきょうの持っているダイエット効果を知れば、積極的に取り入れたくなるはずです。らっきょうダイエットのやり方やおすすめレシピをご紹介しますね!

よもぎ茶の効能と効果8つ!正しい作り方からおすすめの飲み方まで

よもぎは野原や河川の土手などに自生していて、私たちにとってとても身近な植物です。草餅も人気の和菓子ですよね。そんなよもぎですが、女性に嬉しい効能が色々と詰まっていることご存知ですか。よもぎ茶として飲むと、カラダに取り入れやすく、日々の健康・美容に役立てるのに最適です。よもぎ茶の効能や作り方などご紹介します!

鶏肉を洗うのはNG!食中毒を防ぐ扱い方と正しい下処理

調理前の生の鶏肉を洗うのはNGです!鶏肉の鮮度には関係なく買ってきた鶏肉にはカンピロバクター菌という病原菌が付着しています。鶏肉を洗うことでカンピロバクター菌が飛沫して二次感染をおこす可能性があります。ここでは鶏肉の水洗いがダメな理由や、菌を死滅させる方法、二次感染の防止方法などをご紹介したいと思います。

大葉の長期保存!鮮度と風味を長持ちさせるコツ

大葉の保存は冷蔵庫ですか?冷凍庫ですか?大葉はすぐシナシナになってしまうのが残念なところですが、保存方法によっては最長3ヶ月ほど保存することができるんです。今回は大葉の保存方法を冷蔵庫・冷凍庫・常温に分けてご説明したいと思います。また保存方法ごとに賞味期限もご紹介させていただきますので大葉の使い方にあわせて保存しましょう。

餅で太る理由3つ!太りにくい食べ方と食べ合わせを教えます

お雑煮で食べる、お正月には欠かせない餅ですが、食べ過ぎて太ってしまったという声をよく聞きますよね。お雑煮以外にも、おしるこやきな粉餅など、食べ方によってはおやつ感覚でも食べられるので、餅は太りやすいというイメージを持っている人も多いと思います。本当に餅は太るのでしょうか。餅が太ると言われている理由や、太りにくい食べかたなどをご紹介します。

チーズを上手に冷凍!美味しさを保つおすすめ保存方法

チーズは冷凍には適さないと言われていますが、正しい冷凍方法さえわかればチーズも冷凍で保存できますし、美味しく料理に使用できます。チーズの美味しさを保つ冷凍方法や、チーズの種類別の冷凍方法、解凍方法などをご紹介したいと思います。また冷凍したチーズを使ったレシピもつけましたのでぜひ作ってみてください。

雑穀米に期待できる効果5選!種類や栄養成分、おいしい炊き方まで

雑穀米は健康や美容に良い効果があるとよく耳にしますが、「雑穀米って何?」という方も多いのではないでしょうか。雑という漢字が含まれているくらいだから、いろんなものが複雑に混ざり合っている、なんてイメージをされる方もいらっしゃるかもしれません。雑穀米とはどういったもののことを言うのか、どういった種類があって、どんな栄養素が含まれているのか、詳しくご紹介したいと思います。また、雑穀米の美味しい炊き方についてもご紹介しますので、ぜひ召し上がってみてはいかがでしょうか。

味噌は冷凍保存しても大丈夫!凍らないからすぐに使えます

毎日使ったとしても、1日に使う味噌の量はそう多くないですよね。なので、使いきるのに時間のかかり、風味がかわってしまったかな、と感じたことはありませんか?スーパーなどでは味噌は常温で売られていますが、実は、味噌を自宅で保存する場合、開封後は冷凍保存がおすすめなのです。その理由と冷凍保存するメリットなどご紹介します!

炭酸水の飲み過ぎ注意!腹痛や下痢や貧血の原因になる可能性あり

炭酸水を1日1L以上飲んだら飲み過ぎ注意。炭酸水をごくごく飲むとのどがピリピリしてきますので一度に大量に飲むことはあまりないと思いますが、炭酸水の飲み過ぎは胃痛、腹痛、下痢、貧血を引き起こす可能性があります。まさかと思うような危険もありますので、炭酸水の飲み過ぎによる症状や原因、炭酸水の正しい飲み方などをご紹介したいと思います。