料理の知恵

「料理の知恵」の記事一覧

スキレットのシーズニングのやり方!正しい手順と注意点

アウトドアの料理の際に活躍する、ちょっとおしゃれな雰囲気のスキレット。重みのある雰囲気が渋く、調理後にお皿に移さずそのまま食卓に出せるのでとても便利です。しかし、スキレットはアルミ製やテフロン加工のフライパンと違い、すぐに使えるわけではありません。購入したら、「シーズニング」という作業が必要になります。そこで、スキレットのシーズニングのやり方について、詳しく解説します。

レンジでラップを使う理由とは!不要な場合やする時の注意点

電子レンジで温めるときにラップを使う理由をご存知ですか?電子レンジで温めるときには、とりあえず何でもラップをしてしまいがちですが、温めるものによってはラップを使用しない方が料理が美味しくなる場合もあります。今回は電子レンジでラップを使う理由と不要の場合と電子レンジでラップを使うときの注意点を紹介します。是非、参考にしてみてください。

生姜ひとかけ(一片)の量とは?分かりやすい目安の大きさ

生姜を使う料理のレシピに、「生姜ひとかけ」という表現で分量が記載されていることってよくありますよね。しかし、生姜ひとかけの具体的な分量がわからずに困ってしまった...という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、生姜ひとかけの分量の目安から切り方、保存方法まで、わかりやすく解説していきたいと思います。

紙皿を電子レンジで温めてはいけない理由!

紙皿を電子レンジで気軽にチンしていましたが、紙皿のつるつるした面が無くなってザラザラしているのに気がついて調べてみたところ、紙皿は電子レンジがNGでした!理由は電子レンジで加熱した後、紙皿のつるつるがなくなったことにありました。紙皿を安全に使うために電子レンジで紙皿を温めるとどうなるかをご紹介したいと思います

電子レンジとオーブンレンジの正しい選び方!おすすめ商品40選

人気の白物家電である電子レンジやオーブンレンジは、年々調理機能が高度化し、驚くほど魅力的な商品が次々と販売されています。たくさんの製品の中から、自分にあった製品を選ぶために、最低限抑えてもらいたいポイントについて解説します。

大さじと小さじの測り方!覚えておくと役立つ分量と代用品

お料理のレシピでたびたび登場する「大さじ」と「小さじ」。正しい分量はご存じですか?何となく量があっていそうだから、小さじならティースプーン、大さじならスープスプーンなどで代用している人も多いでしょう。ですが、塩や砂糖はたったの1gでお料理の味が大きく変わってしまいます。調味料はきっちり計量して入れるべきです。今回は、計量スプーンに入れた調味料がどのくらいの分量入っているのかや測り方などを紹介します。また、手元に計量スプーンが無い時の代用品も参考にしてください。

ガスコンロのおすすめと選ぶときのチェックポイント!

ガスコンロは毎日使うものなので、女性にとって、大切なアイテムですよね。楽しくお料理をするために、家族に美味しく食べてもらうために、自分に合った、こだわりのガスコンロを選びたいと考えていらっしゃるのではないでしょうか。機能性に優れたガスコンロ、デザイン性に優れたガスコンロ、人気のガスコンロ、安価で購入しやすいガスコンロなど、ガスコンロを選ぶときのチェックポイントを解説しています。ぜひ、ご参考くださいね。

缶コーヒーを温め方3つ!湯せんや電子レンジなどを使った正しい方法とNG行為

自動販売機やコンビニで温かい缶コーヒーを買っても、すぐに飲まないと冷めてしまいますよね。冷めてしまった缶コーヒーを正しく温める方法をご存知ですか。缶なので温め方によっては、危ないこともありますが、正しく温めれば買った時のような温かさで美味しく飲むことができます。自宅でできる簡単な温め方や、外出先でも使える便利なグッズなどご紹介します。

調味料入れの選び方!素材と形と使いやすさがポイント

調味料入れを選ぶ時には、見た目のデザインはもちろんのこと、サイズ・デザイン性・利便性、そして詰替えやすさや清潔感などを考えて選ぶことがポイントです。100均をはじめとしたリーズナブルなスパイスボトルや、こだわりのあるスタイリッシュな調味料入れなど、見ているだけで楽しくなるバリエーションに富んだ調味料入れをご紹介していきます。

揚げ物はフライパンで手軽に!揚げ物をするメリットと注意点

自宅で揚げ物をする時、たいていの人は「天ぷら鍋」を使うかと思われます。しかし、天ぷら鍋を用意して、たっぷりの油を使うとなると、なかなか面倒ですよね。揚げ物は大好きだけど、準備や片付けが面倒でなかなか自分ではやらないという人も、きっと少なくないはず。そこで今回おすすめするのは、天ぷら鍋ではなく「フライパン」を使った方法。では、なぜフライパンがおすすめなのでしょうか? 気になる方はぜひご一読ください!

冷蔵庫は米びつの最高の保管場所!おすすめの米びつも必見!

日本人の食卓に欠かせない「お米」。炊き立てのほくほくご飯はどんな香りよりも食欲をそそられますよね。しかし、そんな我々の主食であるお米の「正しい保存方法」はご存じですか?実はお米って、湿気・温度・日光や風によって劣化してしまう結構デリケートな食品です。

正しい和食の並べ方と一汁三菜の配置

和食の基本となるのが一汁三菜です。健康的な食事として世界からも注目されていますが、こだわりたいのは食事の献立だけではありません。一汁三菜には配膳の決まりがあり、日本人としては正しい並べ方を知っておきたいものです。そこで今回は正しい和食の並べ方、基本的な一汁三菜の配膳や配置などについて調べてみました。

お米の計量カップがないときの計り方と水加減

「お米を炊きたいのに計量カップがない」そんな時、どうしたらいいか困ってしまう人が多いのではないでしょうか。適当な水加減で失敗してしまうのは嫌だし、だからといってお米を炊かないわけにはいきませんよね。計量カップがなくても、美味しくお米を炊くことができます。そこで今回は、計量カップがない時の、お米の計り方と水加減について紹介します。

米びつで鮮度と美味しさを保とう!使いやすくおしゃれな米びつ5選!

米びつは米の品質を保つことができます。米は空気に触れると劣化します。空気に触れる期間が長くなると、美味しさが落ちてしまいます。米びつは密閉性に優れているので、美味しく米を味わうには必須の道具です。今回は、おすすめの米びつをいくつか紹介していきます。米びつには機能性や使い勝手を重視したもの、見た目やデザイン性が際立つものがあります。自分の好みやスタイルに合ったタイプを選ぶとよいでしょう。

料理酒は飲むものではありません!日本酒の違いや理由を解説

昔から日本人に親しまれて使われている調味料の「料理酒」ですが、たまに日本酒を入れるレシピを見かけませんか?「それって、この二つのお酒のに大きな違いがないって事?」「ならどちらも晩酌として飲めるって事…?」今回は、飲むために作られたお酒と調理用に作られたお酒の違いやそれぞれのメリットデメリットについて見ていきましょう。

下ごしらえ冷凍のススメ!時短料理でおかずを美味しく仕上げるコツ

「下味ごしらえ冷凍」ってご存知ですか?買ってきた食材に調味料で味付けをし、それを冷凍するだけで難しい作業はありません。肉もお魚も下味がしっかり浸み込んで、驚くほど美味しくなります。共働きのご家庭も、小さいお子さんがいて調理に時間をかけられないご家庭も、下味ごしらえをした食材を冷凍保存しておくと短時間で簡単にごはんが出来ちゃいます。下味ごしらえ冷凍レシピで日々の暮らしを楽にしちゃいましょう。

レンジで使えるタッパーの耐熱温度と安全な使い方

ご飯やおかずなどを便利に保存できるのがタッパーという製品ですが、レンジで温める場合は注意するポイントがいくつかあります。特に、ふたをつけたまま、レンジで温めるのは危険を伴う場合があるので気をつけなければいけません。こちらでは、レンジで加熱する場合の危険性や安全な使い方と、ふたつきでも問題なくレンジで利用できるタッパーの紹介をしたいと思います。

揚げ物をする油の適正温度は?簡単な確認方法と料理別の温度

お店で食べるのもいいけれど、やっぱり家でも作りたい「揚げ物」料理。慣れてくるとどんどんバリエーションが増えて、楽しくなっちゃうんですよね。ですが揚げ物は、初心者にはなかなか難しくてハードルが高いイメージもあります。実際、高熱の「油」を扱うわけですから、自分一人では怖くて出来ないと思っている方もいることでしょう。そこで今回の記事では、揚げ物をするときの適正温度について取り上げていきたいと思います。正しい知識を身につけて、ぜひ揚げ物に挑戦してもらえれば幸いです。

揚げ物油の適切な量は?油が少量で済む!フライパンで揚げ物をするコツ5つ

揚げ物を家でしようと思うと、かなりの手間がかかります。また、揚げ物をする手間の他にも、油を大量に使うということもあります。しかし、少量の揚げ物であれば、鍋ではなくフライパンを使うことで、少ない油で揚げ物をすることができます。

揚げ物油を再利用する方法と廃棄する目安

大量の油を使う揚げ物ですが、1回使ってすぐ棄ててしまうと予想外にコストが掛かってしまいます。なんとかあの油を無駄なく使いたいと思う事はないでしょうか?では具体的にどのくらい再利用ができるのか?再利用した際の注意点や問題点はどこにあるのか?それら揚げ物の油を無駄なく安全に使うためのポイントをまとめてご紹介します。