料理の苦手意識を克服する方法!レシピや調理方法、モチベーションの保ち方まで

料理をする主婦

皆さんは普段料理はしていますか?実は料理が苦手で困っている……という方も多いかもしれません。今回は、「どうにかして料理の苦手意識を克服したい!」と思っている方のために、苦手意識を克服する方法や簡単に楽しく料理ができる工夫を紹介します。自分に合った克服法を実践してみてください。

料理の苦手意識を克服する方法

料理が苦手な女性

苦手なことを克服するには、まずその理由を知ることが大切です。ここからは料理に苦手意識を感じる理由や苦手意識を克服する方法について紹介します。

なぜ苦手意識を持つのか、その理由を探ってみましょう。

料理に苦手意識を感じてしまう理由

料理に苦手意識を感じる理由として、代表的なものは以下の3つです。

理由①:レシピ通りに作るのが難しい

料理が嫌いな方は、レシピの細かい指示通りに作るのは面倒くさいという気持ちを持ってしまうようです。レシピ通りに作るのが難しく、途中でアレンジをしてしまうことによって、美味しくできるはずの料理が微妙な味になってしまいます。

理由②:調理するのが苦手

中には調理が苦手という方もいるでしょう。下処理や火加減の調節などが不得意で、後片付けなどの手間を考えると億劫になり、結局料理が嫌いになるパターンです。

理由③:モチベーションが維持できない

料理は毎日しなければならないことなので、モチベーションが大切です。どんなに克服しようと思っても、「おいしい料理を手間暇かけて作りたい」という気持ちを維持できないと長続きしません。

毎日続けることにストレスを感じていてはおいしい料理を作ることができず、苦手意識が強くなってしまいます。

《 ポイント 》

  • 苦手意識を感じる理由は3つ
    「レシピ通りがめんどくさい」
    「調理中や調理後の手間が億劫」
    「毎日続けられない」

料理の苦手意識を克服するには?

苦手意識を克服するためには、以下の3つを意識してみましょう。

  • レシピを簡単にする
  • 調理の工程を少なくする
  • モチベーション維持の方法を知る

これらを意識することによって、苦手意識は無くなっていき、徐々に克服することができます。以下では3つのポイントを具体的に説明していきます。

《 ポイント 》

  • 工夫することで苦手意識を克服できる

簡単レシピで料理する

料理サイトを参考にしている主婦

まずはレシピ通りに作るのが得意ではない方向けに、どのようにレシピを工夫すれば料理が好きになれるか解説していきます。

簡単料理のレシピ本を参考にする

初めて料理をする方で、豪華な料理を作ろうと考えてしまう方は少なくありません。しかし、豪華な料理ほどレシピが難しい傾向にあります。

まずは、簡単で初心者でも作りやすいものを参考しましょう。書店やネットショップで、簡単でなおかつ写真映えするようなレシピ本がたくさん売っています。真似して作ってみましょう。

《 ポイント 》

  • 簡単に作れるレシピ本がたくさんある

料理が苦手な人のレシピを参考にする

世の中には料理が苦手な方向けに、レシピをブログSNSで紹介している方がたくさんいます。苦手な方の気持ちを理解してレシピを作ってくれていることが多く、調理工程が少ないのが特徴です。

たくさんのブログSNSを見て、興味のあるものから実際に作ってみましょう。

《 ポイント 》

  • 料理が苦手な人のことを考えてレシピが作られている
  • 調理工程が少ない

一週間分のレシピを事前に決めておく

料理が苦手な方の中にはレシピを毎日考えるのが苦痛と思っている方もいるでしょう。そんな方は、1週間分のレシピを事前に考えておくことをおすすめします。

以下の手順で考えてみてください。

  1. 5日分の主菜を考える
  2. 主菜に合う汁物と副菜を考える
  3. 残り2日は在庫整理日としてとっておく

主菜から決めることで、副菜を決めやすくなります。レシピサイトなどを参考にしてみましょう。副菜を考えるときは、作り置きできるものにしておくと毎回作らなくて済みます。

考えてもメモを取って置かなければ忘れてしまうこともあるので、スケジュール帳やメモアプリなどで管理しておきましょう。

《 ポイント 》

  • 主菜から決める
  • 副菜は作り置きできるものがおすすめ

調理方法を工夫する

調理に自信がなかったり、苦手意識があったりする方は料理方法を工夫してみましょう。苦手克服の方法をいくつか紹介していますので、試してみてください。

冷凍食材や総菜を活用する

冷凍食材は、レンジ加熱が可能なので調理の手間を減らすことができます。また、何品も作るのが大変だと思う方は、総菜を取り入れてみるのもおすすめです。

総菜はすでにできているので手を加える必要がなく、お店の味を知ることができるので、料理のヒントを与えてくれます。

今では、家庭の味を再現されて作られた料理がたくさんあります。自分で作るのが苦手であれば、惣菜や冷凍食材を少しアレンジして家族に食べてもらいましょう。

買ってきたものをお皿によそうだけですが、苦手意識を克服するためには大事な1歩です。

《 ポイント 》

  • 冷凍食材や惣菜を取り入れれば簡単に調理できる
  • 家庭の味を再現された冷凍食品も多数ある

下処理された食材を購入する

包丁を使うのが苦手な方は、あらかじめ下処理された食材を活用しましょう。例えば、カット野菜や下処理済みの魚・肉です。

切る手間と時間が省けるので、自分の時間が増えるメリットもあります。スーパーに行くとカット野菜はサラダ用だけでなく、炒め用や煮物用もあるので、活用してみてください。

また、魚・肉も下味がついているものも多く売っているので、献立に合わせて選んでみるのもおすすめです。

《 ポイント 》

  • カット野菜や下処理済みの魚・肉を活用する
  • 下処理された食材は種類がたくさんある

合わせ調味料を活用する

調味料を量って入れるのが苦手な方は、合わせ調味料を使ってみてください。合わせ調味料とは、あらかじめ料理に必要な調味料が混ざっている商品です。

合わせ調味料を使うと、食材を準備するだけで簡単におかずができます。まずは合わせ調味料を使って料理に慣れ、オリジナルの味にしていきたいと思ったら自分で調味料を調整していきましょう。

《 ポイント 》

  • 合わせ調味料を使うと具材を準備するだけでおかずができる

便利な調理グッズで楽をする

便利グッズで料理を楽にしてしまうのも1つの手です。今では、あげものの際に油ハネを防ぐカバーが売られていたり、火を使わなくてもレンジで簡単に調理できたりするグッズがたくさんあります。

それらをうまく活用して、料理を簡単に楽しくできるように工夫しましょう。そうすることで、調理に対する苦手意識を無くしていくことができます。

《 ポイント 》

  • 調理を楽にするグッズを使うと楽しく調理することができる

料理するモチベーションを維持する

料理を笑顔で作る主婦

料理に対する苦手意識を克服するためには、モチベーションの維持はとても重要です。以下ではどのようにモチベーションを維持していくべきか解説します。

おしゃれな食器や道具を買ってモチベーションアップ

まずキッチンに自分好みの道具や食器を並べましょう。好きな物があることによって、楽しい気持ちで料理をすることができます。

統一感のある調理道具や食器を選ぶと見た目もすっきり。調理していない時間でもキッチンがおしゃれで楽しい空間になりますね。自分の心に響くグッズを見つけましょう。

《 ポイント 》

  • お気に入りの食器や道具を使うと楽しい気持ちで料理できる
  • 統一感のあるものをそろえることでキッチンをおしゃれで楽しい空間にしよう

作った料理を褒めてもらう

人は褒めてもらうことでやる気が起き、もっと練習して成長することができます。ですから、頑張って作った料理を褒めてもらうのはとても大切です。

あまり褒めてもらえない方は、食べる人に「今日は料理頑張ったから褒めて!」と直接頼んでみましょう。

《 ポイント 》

  • 褒めてもらうことで成長できる
  • 食べてくれる人に直接「褒めて」と頼んでみよう

最初から完璧を求めないようにする

料理は難しいもので、料理人でも失敗することはあります。

プロでも失敗することはあるので、初心者が失敗するのは当たり前です。初めから100点を目指すのではなく、60点ぐらいできたらOKだと思って料理しましょう。

とくに初めての料理にチャレンジする場合は、薄味の味付けからはじめ、味見しながら少しずつ好みの味に近づけていくのが上手くできるコツです。

焦ってもうまくいかないので、気長にマイペースに料理の苦手意識を克服していってください。

《 ポイント 》

  • 初めから満点を目指すのではなく、60点を目指す

まとめ:自分の苦手を知って、料理嫌いを克服しよう!

/料理する手

今回は、料理の苦手意識を克服する方法について紹介しました。苦手意識を克服するには、まずは自分がなぜ料理が苦手なのか知ることが重要です。

今回は料理を簡単に楽しくできる工夫もいくつか紹介したので、ぜひ試してみて下さい。この記事を参考に、少しでも料理の苦手意識を克服してくださいね。

料理をする主婦

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる