電子レンジとオーブンレンジの正しい選び方!おすすめ商品40選

人気の白物家電である電子レンジやオーブンレンジは、年々調理機能が高度化し、驚くほど魅力的な商品が次々と販売されています。たくさんの製品の中から、自分にあった製品を選ぶために、最低限抑えてもらいたいポイントについて解説します。

選び方を知る前に!「電子レンジ」と「オーブンレンジ」の種類を知ろう

Microwave icon. Microwave Vector isolated on white background. Flat vector illustration in black. EPS 10

家電の中でも必要不可欠な電子レンジやオーブンレンジの買い換えを検討しようとしたとき、その種類や機能に驚く方も多いのではないでしょうか。

この記事では、電子レンジやオーブンレンジの選び方について、12のポイントをご紹介します。

またオーブンと電子レンジの違いや容量について、さらに、暖め機能やグリル機能についても合わせて説明しますので、購入に向けた比較検討の参考にしてください。

単機能電子レンジ

レンジ・オーブンの選び方で最も注目してもらいたいのが、4つの機能の種類です。

はじめに紹介する「単機能電子レンジ」は、名前のとおり温めに特化した電子レンジで、クッキーやグラタンなどを作るために必要なオーブン機能はついていません。価格も安いので冷めた食事の温め機能あれば十分という、ひとり暮らしの学生やサラリーマンの方に人気があります。

また、機能が限られているため操作ボタンも少ないので、年齢を問わず簡単にご使用いただけます。機能的には、食品に含まれる水分と電波がぶつかることで食品が発熱し温まる「マイクロ波加熱方式」という仕組みを使っています。

オーブンレンジ

レンジ・オーブンの選び方で最も注目してもらいたい、4つの機能の種類の二つ目は「オーブンレンジ」です。

オーブンレンジとは、電子レンジの「温め機能」に、クッキーやパンを焼く「オーブン機能」と、焼き魚やビザなどを高温でこんがり焼く「グリル機能」がついたものです。

食事を温めるだけでなく、さまざまな料理にも挑戦したい方におすすめといえます。

機能的には、庫内にめぐらせた電熱線に電気して温め、その熱が庫内の食品に伝わる「ヒーター加熱方式」という仕組みを使っています。「ヒーター加熱方式」では温度が最大250~300℃くらいにまでになるため、焼き料理が可能となります。

スチームオーブンレンジ

レンジ・オーブンの選び方で最も注目してもらいたい、4つの機能の種類の3つめは「スチームオーブンレンジ」です。

スチームオーブンレンジは、スチームを使って調理するオーブンレンジです。スチームで乾燥を防ぐことで食材の水分蒸発を防ぎ、さらに高温の蒸気を使うため、オーブンレンジよりも早く調理できるという特徴があります。

また、オーブンレンジではできない蒸し料理もつくれますし、蒸気を利用した再加熱も可能ですので、料理の幅が広がるというメリットがあります。さらに、スチームオーブンレンジは肉などの脂を適度に落としてくれるので、ダイエット中の人にとっては心強いレンジなのです。

過熱水蒸気スチーム搭載オーブンレンジ

レンジ・オーブンの選び方で最も注目してもらいたい、4つの種類の最後は「過熱水蒸気スチーム搭載オーブンレンジ」です。

過熱水蒸気スチーム搭載オーブンレンジは、過熱した高温の水蒸気を放出するため、スチームによる温めと蒸しに加え、食材を焼くという調理方法も可能です。

高温の水蒸気の力で焼き上げ脂分や塩分を落としてくれるので、ダイエット中の方や生活習慣病が気になる方にとっては、心強いレンジとなります。また温め機能もラップなしても大丈夫で、たとえば冷凍ごはんもしっとりふっくらと仕上がります。

スチームオーブンレンジのさらに上位版ととらえていただくとよいでしょう。

「電子レンジ」と「オーブンレンジ」の容量の違い

Person Removing Prepared Food

続いてはオーブンレンジの選び方のひとつである、電子レンジとオーブンレンジの大きさについてです。

大きさには、設置場所を決める際に参考とする外寸サイズと、調理できる容量の決め手となる庫内容量がありますが、ここでは庫内容量についてご紹介します。

家族の人数や作りたい料理や温める食材のサイズによって、必要な庫内容量もかわってきますので、生活にあった容量のレンジを選ぶ際の参考にしてください。

20L以下の場合

レンジ・オーブンの容量の一つ目は、20L以下のサイズです。

20L以下の商品は、ひとり暮らしの方におすすめです。ひとり暮らしの方はコンビニやスーパーのお弁当など、比較的大きなものを温める機会が多いのですが、20Lあればたいていのお弁当は温められます。

20~25Lの場合

レンジ・オーブン容量の二つ目は、20~25Lのサイズです。

20~25Lの商品は、ふたり暮らしの家庭におすすめです。コンビニやスーパーのお弁当についても、大きなサイズも温められ、ターンテーブルタイプであっても20L以上あれば十分といえます。

25~30Lの場合

レンジ・オーブンの容量の3つ目は、25~30Lのサイズです。

25~30Lの商品は、3~4人家庭におすすめです。オーブン機能でまとめて調理したい場合には、3~4人家族であれば25L以上が必要といえます。また、ピザなど大きめの料理をしたいときも、25L以上はあった方がよいでしょう。

30L以上の場合

レンジ・オーブンの容量の最後は、30L以上のサイズです。

30L以上の商品は、4人以上の家庭におすすめです。30Lあればお弁当も2つ同時に温めることもできます。

オーブン機能でまとめて調理したい場合には、4人家族であれば30L以上必要といえます。また、鶏の丸焼きやシフォンケーキなど高さのある料理をしたいときも、30L以上はあった方がよいでしょう。

「電子レンジ」と「オーブンレンジ」の温め機能の違い

Using microwave oven, close up photo, shallow dof

電子レンジとオーブンレンジには、さまざまな温め機能がついています。

何を温めるのに、どの機能を使うとおいしく仕上がるのか、理解して使っている方は少ないのではないでしょうか。同じ温めでも機能により自動調節の精度に差がありますので、オーブンレンジの選び方の重要なポイントでもあります。

ここでは、電子レンジとオーブンレンジに付いている温め機能について、それぞれの特徴と使い分けの仕方をご紹介します。

手動

レンジ・オーブンの温め機能の一つ目は手動タイプです。加熱時のパワーである500W、600Wなどを手動で選択し、温め時間をダイヤルタイマーなどで設定します。中には、加熱時のパワーを強・中 ・ 弱・ 解凍などわかりやすくしたものもあります。

重量センサー

レンジ・オーブンの温め機能の二つ目は重量センサータイプです。

重量センサーは、庫内に置いたものの重量で加熱時間を判断するというシンプルな仕組みの温め機能です。ターンテーブル式の電子レンジに搭載されることが多いので、ターンテーブル式のレンジは重量センターと考えてよいでしょう。

温める食品に対し器が重いと必要以上に加熱時間が長くなってしまったり、冷凍食品だと温め時間が足りないといったデメリットがあります。自動温め機能がついていたとしても、細かな調節は自分で行う必要があるのです。

温度センサー

レンジ・オーブンの温め機能の3つ目は温度センサータイプです。

温度センサーは、庫内の温度を測る機能です。電子レンジの機能ではなくオーブン機能として使われるもので、庫内の温度管理制御を行うことで、設定温度に保つことができます。

パンやケーキなどをちょうどよい焼き上がりに仕上げるために必要な機能といえます。

蒸気センサー

レンジ・オーブンの温め機能の4つめは蒸気センサータイプです。

蒸気センサーは、主に電子レンジで使われる機能で、温め中の蒸気を検知して温め時間を判断します。温度センサーでネックとなっていたお皿の重さは関係なくなりますが、食品に含まれる水分の量や、ラップをかけて水蒸気が逃げづらくなっていると必要以上に加熱時間が延びてしまうといったデメリットがあります。

赤外線センサー

レンジ・オーブンの温め機能の4つ目は赤外線センサータイプです。

赤外線センサーは、食品そのものの温度を検知することで、ちょうどよい温度まで加熱できます。手動設定機能も、ワット数や温め時間の指定ではなく、食品の仕上がり温度を指定するので、かなりお好みの温かさに仕上げられます。

最近ではこの赤外線センター機能が主流で、高機能オーブンレンジにはほぼこちらの機能がついています。デメリットを挙げると、庫内に熱が残っていると食品温度を正確に判断できなくなることです。そのため、オーブン機能を使った後に電子レンジ機能を使う際には注意した方がよいでしょう。

「電子レンジ」と「オーブンレンジ」のグリル機能の違い

Microwave oven on the table

電子レンジとオーブンレンジのグリル機能はどう違うのでしょうか。

実は電子レンジにはグリル機能はなく、グリル機能のついた電子レンジがオーブンレンジです。そのため、ここからはオーブンレンジのヒーター機能の種類とその特徴を紹介します。

ヒーターとは、パンを焼くときに使うトースターに付いている真っ赤に光るヒーターのことです。このヒーターには、2種類があり「管ヒーター」と「フラットヒーター」があります。

オーブン機能に注目した選び方でチェックが必要ですので、それぞれのヒーター機能のメリットとデメリットについてご紹介します。

管ヒーターの場合

オーブン機能に注目してチェックした場合の一つ目は管ヒータータイプです。

管ヒータータイプの商品は、庫内の天井に管が複数設置してあり、オーブン機能を使うと、天井の管が加熱され、その熱によって食品を焼き上げます。

ヒーターが露出していて直接食品を温めるので、加熱が早いというメリットがあります。その反面、食品から跳ねた油などの汚れなどがこびりつき、手入れがしづらいのがデメリットです。また、ヒーターの位置が固定されているので、焼きムラができやすいというデメリットも挙げられます。

埋め込みフラットヒーターの場合

オーブン機能に注目してチェックした場合の二つ目は埋め込みフラットヒータータイプです。

埋め込みフラットヒーターは、庫内の天井にヒーターが埋め込まれています。天井全体がヒーターになっているので、均一にむらなく焼き上がります。また、天井に凹凸がないので手入れもしやすく、見た目もすっきりしています。

その反面、管ヒーターと比べると温度が上がるのに時間がかかります。また、構造が複雑なため、価格も高価になります。

「電子レンジ」と「オーブンレンジ」の選び方

オーブン・レンジ

ここまでは電子レンジとオーブンレンジの機能について、どのようなものがあるか見てきました。

ここからは、実際に電子レンジとオーブンレンジを選ぶときにチェックしてもらいたい選び方の12のポイントについてご紹介します。

容量で選ぶ

レンジ・オーブン選び方の一つ目のポイントは「庫内容量」です。

庫内容量は電子レンジの中の大きさのことで、一度に温められる食品の量やサイズと関係します。家族の人数に応じて大きいものが適しているといえますが、それ以外に、レンジやオーブンで何をしたいかという目的も考慮してください。

複数のお弁当を同時に温めたい、鶏の丸焼きなど高さのある料理にも使いたい、といった場合は、大きめのサイズを選ぶ必要があります。また、庫内容量に比例して本体サイズも大きくなります。どこに配置するかも考慮し、本体全体の寸法にも気をつけてください。

掃除のしやすさで選ぶ

レンジ・オーブン選び方の二つ目のポイントは「掃除のしやすさ」です。

掃除のしやすさという面でチェックしてもらいたいのが、「テーブルはターンテーブルかフラットテーブルか」と「ヒーターが管ヒーターかフラットヒーターか」という2点です。

ターンテーブルは掃除の時にテーブルを外す必要があるので、手間がかかります。また、管ヒーターは食品の油などがヒーターにこびりつきやすいので掃除が大変です。

掃除のしやすさでえらぶのであれば、庫内ができるだけフラットなものをおすすめします。また、機能として掃除モードや消臭モードが付いているものもあります。こういった機能も掃除のしやすさの面ではポイントが高くなるので、チェックしてみてください。

使用用途で選ぶ

レンジ・オーブン選び方の3つめのポイントは「使用用途」です。

お弁当やお総菜の温めのみであれば電子レンジで十分ですが、パンやクッキーを焼いたり、鶏の丸焼きなどのグリル料理にも使いたい場合はオーブン機能付を選んでください。

さらに、過熱水蒸気スチームを搭載したオーブンレンジであれば、温めるだけでなくおいしく調理してくれるので、料理のレパートリーを広げたい方にもおすすめといえます。

家族構成で選ぶ

レンジ・オーブン選び方の4つめのポイントは「家族構成」です。

電子レンジでの温め、オーブン機能をつかった調理の両方とも、人数に比例してサイズは大きいものを選ぶことをおすすめします。また、サイズだけでなく、ひとり暮らしやご高齢の世帯であれば、電子レンジの温め機能だけのシンプルなものでよいかもしれません。

扉の開き方で選ぶ

レンジ・オーブン選び方の5つめのポイントは「扉の開き方」です。

扉の開き方には、「横開き」と「縦開き」の2タイプがありますが、設置場所に応じて、扉を全開できる十分なスペースを確保できるタイプを選んで下さい。

また、縦開きは取り出した食材を置いておけるというメリットがありますが、高いところに設置する場合は逆に食材を取り出しにくいというデメリットがあるため気をつけてください。

スペースで選ぶ

レンジ・オーブン選び方の6つめのポイントは「スペース」です。

スペースは、レンジやオーブンを物理的に設置できるかということはもちろん、扉の開閉ができるかという点も考慮する必要があります。また、設置する場所が高所の場合は、設置するスペースのことだけでなく、取り出しの面で支障がないかも考えてください。

機能で選ぶ

レンジ・オーブン選び方の7つめのポイントは「機能」ですが、特に温め機能に注目してください。

温め機能の差は搭載されているセンターによって決まります。自分で出力と時間を設定して、好みの熱さに温めるのであれば重量センターでよいのですが、ボタン一つで好みの熱さに温めたいのであれば赤外線センサーがおすすめです。

最高温度で選ぶ

レンジ・オーブン選び方の8つめのポイントは「最高温度」です。

最新の機種には「業界最高350°Cなど謳われている商品もあります。最高温度は、自動車でいうと最高速度のようなものです。最高時速の速い車はスムーズに加速するので高速運転が安定するように、オーブンの場合も最高温度が高いと余熱が早く高温調理が安定します。

高温で焼き上げるフランスパンでも200°C程度なので350°Cは必要ないように思えますが、よりおいしく料理を仕上げることができるので、料理好きの方はチェックしてみてください。

メニュー数で選ぶ

レンジ・オーブン選び方の9つめのポイントは、「オートメニュー」の数です。

マイコンが搭載されている場合は、オートメニュー機能が搭載されています。スチームオーブンレンジなどでは50種以上のメニューが用意されています。

焼き魚、カレー、ノンオイルの唐揚げなどの定番料理も温度や湿度を自動で調整し、おいしく仕上げてくれますので、オートメニュー機能に注目するのもよいでしょう。

2段調理の有無で選ぶ

レンジ・オーブン選び方の10番目のポイントは「2段調理機能の有無」です。

オーブンは上下からの加熱が中心となるため、真ん中には熱が伝わりづらいです。2段調理可能なものは、真ん中にも熱が伝わるように設計されています。1段が2段になるので、一度にたくさん焼くことができます。

3人以上の家族で、パンやケーキ、グラタンなどをオーブン調理したい場合には、2段調理が付いていた方がベターです。

値段で選ぶ

レンジ・オーブン選び方の11番目のポイントは「値段」です。

電子レンジの値段は、種類や機能によって価格帯がるので、大まかな価格帯をご紹介します。一番の安価は単機能電子レンジで、安いものは7,000円台からあります。

単機能電子レンジに蒸気センターが付いたものは、ワンタッチの自動温め機能搭載するので、この13,000円前後の商品が多いです。オーブン機能付き電子レンジになると20,000円以上です。

このタイプは赤外線センサーが付いたものが多く、オート調理メニューが豊富です。温め機能だけでは物足りない方におすすめです。さらに、過熱水蒸気スチーム機能付くと25,000円以上になります。

ここから先は、オート調理機能の充実度によりさまざまなタイプの商品があります。40,000円程度の商品であれば、かなり高機能ですが、さらに本格的な料理をしたいのであれば100,000円前後のものもあります。

メーカーで選ぶ

レンジ・オーブン選び方の最後のポイントは「メーカー」です。

各メーカーで独自の特色がありますので、主なメーカー4つの特色をご紹介します。

シャープは「ヘルシオ」ブランドです。加熱水蒸気調理機能による減塩、減油、低酸素調理でヘルシーで栄養要素をキープできる調理機能が得意です。また、高温と低温を組み合わせた「あぶり豊潤焼き」という新たな調理方法も搭載しています。

東芝は「石窯ドーム」ブランドです。火力が強く遠赤外線で中までしっかり加熱します。オーブン調理を楽しみたい方におすすめです。

パナソニックは「ビストロ」ブランドです。「ワンボウルメニュー」機能では、下ごしらえした材料をガラス製ボウルに入れるだけで、パスタやシチューさらに中華など自動調理する機能が人気です。

日立は「ヘルシーシェフ」ブランドです。食パンが、ねりから焼きまでオートで90分程度で焼き上がる「オートベーカリー」機能が人気です。

単機能電子レンジのおすすめ10選

Modern kitchen interior with new oven

電子レンジの選び方、オーブンレンジの選び方について説明してきましたが、ここからは、おすすめの商品のご紹介です。

まずは、単機能電子レンジのおすすめ商品を10選ご紹介します。

家庭用電子レンジとは食品を温めるものですので、温め機能のみで十分という方は電子レンジ選び方の参考にしてください。

COMFEE’ 電子レンジ 単機能 17L

COMFEE’ 電子レンジ 単機能 17L【1年保証】CFM-BM172

シンプルでスタイリッシュな外観が人気の電子レンジ商品です。スタートボタンを押すだけで簡単に温めできるので、とにかく簡単な操作がよいという方におすすめです。また、コンパクトサイズのわりに、庫内は広々しているので、25cmのビザの温めも可能です。


アイリスオーヤマ 電子レンジ 17L

アイリスオーヤマ 電子レンジ 17L【東日本/50Hz】PMB-T176-5

温め、解凍とも、ダイヤルボタンで簡単に操作できるシンプルデザインの電子レンジです。ディスプレィを見ながらのボタン操作が苦手な方におすすめです。また、ターンテーブルには、25cmのピザも入ります。


山善 電子レンジ 17L ターンテーブル 出力3段階切替

[山善] 電子レンジ 17L ターンテーブル 出力3段階切替 MRB-207

弁当、総菜、解凍などの用途によって出力を3段階で切り替えすることができます。出力、タイマーともダイヤル操作なので、年齢を問わず誰でも簡単に操作できます。また、コンビニなどのお弁当もしっかり入る便利な商品です。


日立 電子レンジ 単機能 22L ターンテーブル LEDタイマー表示

日立 電子レンジ 単機能 22L HMR-ET22-Z5

庫内容量が22Lあるので、大きめのコンビニ弁当も温め流ことができます。また、レンジ出力は600W/500W/解凍200W/100Wの4段階で切り替えられるので、温めたいものに合わせて調節できます。ダイヤルボタン操作ですが、LEDディスプレィに残り時間が表示される点も使いやすいです。


シャープ 単機能 電子レンジ 東日本 50Hz専用 20L

シャープ 単機能 電子レンジ 東日本 50Hz専用 20L RE-T2-W5

「光るデカタイマー」でのダイヤル操作なので、簡単に時間合わせできます。また、最高出力700Wあるので短時間で一気に加熱できる点がポイントです。解凍機能はグラムセットで温めるタイプなので、時間調整を気にする必要がなく、簡単にちょうどよい解凍が可能です。


アイリスオーヤマ 電子レンジ 18L

アイリスオーヤマ 電子レンジ 18L 全国対応 IMB-FV1801

外観がミラーデザインなので、スタイリッシュでおしゃれなキッチンにぴったりです。自動温めメニュー機能があるので、ごはん・のみもの・お弁当はボタンひとつで温めできて便利です。テーブルのないフラットタイプなので、掃除の手間が省けます。また、ヘルツフリータイプなので、東日本・西日本を問わずに使えます。


ハイアール 東日本専用 50Hz 電子レンジ 17L

ハイアール 【東日本専用・50Hz】電子レンジ 17L ブラックHaier JM-17H-50-K

機能はシンプルで、出力とタイマー設定のダイヤルを回すだけで温めできます。また、出力が700Wのハイパワーなので、手早く簡単にお弁当なの食品を温めたい方におすすめです。


ツインバード 電子レンジ50Hz専用 DR-D419W5

ツインバード 電子レンジ50Hz専用 ホワイト DR-D419W5

シンプルで使いやすさを追求した商品です。ダイヤルボタンは大きく、文字も大きく見やすく工夫されています。また、よく使う5分以下が細かく設定されているので、時間調節もしやすい商品です。


東芝 電子レンジ 17L ホワイトTOSHIBA ER-SM17-W

東芝 電子レンジ 17L ホワイトTOSHIBA ER-SM17-W

フラットタイプでターンテーブルが回らないので、17Lですが大きなお弁当も温られます。また、操作はダイヤルを回すだけの簡単操作なので、誰でも簡単に使えます。また、転勤や引越しの際も安心なヘルツフリータイプです。


ZEPEAL 単機能電子レンジ ヘルツフリー 庫内容量18L

ZEPEAL 単機能電子レンジ ヘルツフリー 庫内容量18L DR-G1818F

光でか文字タイマーで、1分以内は20秒刻みでタイマー設定可能です。出力も用途に合わせて煮込み/解凍/弱/中/ 強の5段階で設定できるので、温めるものにあった選択ができます。また、お知らせブザーを消音できるので、時間帯を気にせず使えます。

オーブンレンジのおすすめ10選

オーブンレンジを使うイメージ

続いては、電子レンジ機能にオーブン機能がついた家庭用オーブンレンジのおすすめ商品10選をご紹介します。

「オーブントースターがあれば単機能電子レンジで十分」と考える方もいますが、最近のオーブンレンジは電子レンジ機能だけでなく、オーブン機能も充実していますので、多機能レンジに興味のある方は参考にしてみてください。

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 15L MO-T1501-W

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 15L ホワイト MO-T1501-W

レンジ機能は8種類のメニューを選んでスタートボタンを押すだけの簡単操作です。オーブン機能は、上下のヒーターでしっかり温めるので、中はふっくら、外はカリッと焼き上がります。グリル機能は上下ヒーターで両面同時に焼き上げます。また、食パンも同時に2枚まで焼くことができます。


パナソニック オーブンレンジ 26L フラットテーブル NE-MS265-K

パナソニック オーブンレンジ 26L フラットテーブル NE-MS265-K

冷凍ひき肉を下ごしらえしやすい状態にする「全解凍」機能や、週末にまとめて作っておける「つくりおき」メニューもあります。また、庫内容量が26Lと大きめなので、3,4人家族でも十分なサイズですし、家族やシーンに応じて「自動メニュー人数設定」ができるので、ファミリー向けのオーブンレンジです。


日立 オーブンレンジ 23L レッド MRO-HE4V R

日立 オーブンレンジ MRO-HE4V R 23L フラット庫内 シンプル操作

温めや解凍およびトーストなどの毎日使うメニューは、オートメニューで簡単操作です。グリル調理やパンなどのオーブン調理は手動調理ですが、スマホで簡単検索できるWEBレシピが充実しているので、料理好きの方におすすめです。また、背面や壁にぴったりおける設計なので、設置場所を選びません。


アイリスオーヤマ オーブンレンジ 18L フラットテーブル MO-F1805-W

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 18L MO-F1805-B

11種類のオートメニューが付いていて、食パンなら最大2枚まで一度にトーストできます。レンジ機能は4段階出力なので、温めから解凍まで便利です。オーブン機能とグリル機能は、上下のヒーターでしっかり焼き上げるので、料理がおいしくできあがります。


山善 オーブンレンジ 16L ターンテーブル KRC-160VEB

[山善] オーブンレンジ 16L ターンテーブル ブラック KRC-160VEB(B)

操作パネルはシンプルでわかりやすいので、誰でも簡単に温めからオーブン料理まで楽しめます。センターは、重量センサーと温度センターの2種類なので、10種類ある自動メニューもおいしく仕上がります。また、食パンのトーストも両面一気に焼けるグリル機能で簡単に焼き上げてくれます。


シャープ オーブンレンジ 15L RES-A50-AB

シャープ センサーオーブンレンジ 15Lタイプ ホワイト RE-S50B-W

ターンテーブルの庫内容量15Lと小さめですが、オーブンやグリル機能も付いているので、お菓子作りやグリル料理にも挑戦したいひとり暮らしの方におすすめです。

「あたためワンキー」で、ごはんやおかずをボタンひとつで温めできます。また、「さっくり解凍」機能は、包丁で切れる状態まで解凍し、使う分だけサックリ切って残りは再び冷凍できます。


シャープ オーブンレンジ ターンテーブル 20L RE-S70A-W

シャープ オーブンレンジ 1段調理 ターンテーブル 20L ホワイト RE-S70A-W

おいしくてヘルシーな鶏の唐揚げなどのノンオイル調理が簡単にできますし、解凍機能は用途に合わせて、サックリ解凍と全解凍の2方法を使い分けできます。また、自動トースト機能もあり、中はしっとり外はこんがりおいしく焼き上げてくれます。


COMFEE’ オーブンレンジ 16L 重量センサー CFM-BA161

COMFEE’ オーブンレンジ 16L 重量センサー  CFM-BA161

コンパクトなサイズなので、設置スペースを選ばず、ひとり暮らしにぴったりです。重量センサー付なので、自動加熱調理が可能で、ちょうどよい温かさに仕上げてくれます。自動メニューも12種類ついていてとても便利な商品です。


ツインバード センサー付フラットオーブンレンジ 18L TWINBIRD DR-E852W

ツインバード センサー付フラットオーブンレンジ 18L ホワイトTWINBIRD DR-E852W

赤外線センサー搭載なので、料理や分量ごとに時間を設定する必要がなく、自動でちょうどよい温かさに温めることができます。庫内は掃除のしやすいフラットタイプで、扉が手前に開くので、設置場所を選びません。コンパクトサイズで、見た目もスタイリッシュなので、インテリアにこだわるひとり暮らしの方におすすめです。


バルミューダ 18L フラット庫内オーブンレンジ BALMUDA The Range

バルミューダ 18L フラット庫内オーブンレンジ BALMUDA The Range(ホワイト)

シンプルなデザインとちょうど良い大きさで、とてもおしゃれなデザインの商品です。お任せ自動温めモードでは、ごはんやおかずおよびお弁当を簡単に温めることができます。また、オーブンは深さ4cmの深角皿なので、料理の幅も広がります。

スチームオーブンレンジのおすすめ10選

Microwave stove on grey gradient background 3d render

電子オーブンレンジにスチーム機能のついたスチームオーブンレンジのおすすめ10選を紹介します。

このスペックになると、電子レンジのオーブン機能というよりは、本格的なオーブンにも匹敵してきます。スチームオーブンレンジは、スチームを使うことで、調理が難しいメニューも、オート調理機能でおいしく仕上げることができます。

ですので、スチームオーブンレンジの選び方のポイントは、オート料理機能に注目してみてください。

アイリスオーヤマ スチームオーブンレンジ 24L MS-Y2403

アイリスオーヤマ スチームオーブンレンジ 24L タンク式 フラットテーブル ヘルツフリー MS-Y2403

44種類の自動調理メニューがあり、メニューに合わせて加熱モードと調理時間を自動で調節します。

自動解凍機能に優れていて、刺身モード、薄切り肉モード、ブロック肉モードなど食材にあった解凍でおいしさ、柔らかさを損なわない解凍ができます。価格も10,000円台で人気のスチームオーブン機能が搭載されている人気の商品です。


パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ 26L NE-BS605-W

パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ 26L ヘルツフリー ホワイト NE-BS605-W

レンジ×ヒーター×スチームの合わせ技で、外はこんがり、中はしっかりあたためる「パンのあたため」が搭載されています。

また、「低温オーブン機能」では、コンフィやドライフルーツを作れるので、料理のレパートリーがさらに広がります。さらに、「ビストログリル皿」は遠赤ヒーターとビストログリル皿で上下から加熱するので、グリル料理の裏返す手間がかからずおいしく仕上がります。


シャープ スチームオーブン ヘルシオ 18L AX-CA400-R

シャープ スチームオーブン ヘルシオ(HEALSIO) 18L 1段調理 レッド AX-CA400-R

人気のヘルシオブランドですので、18Lのコンパクトサイズですが、焼き料理や蒸し料理も簡単に調理できます。

減塩や脱油はもちろん、細胞破壊を押さえたり、抗酸化作用のある栄養素をキープするなど、体にうれしい機能も備えています。また、火加減や加熱時間が異なる食材も一度に調理できる点も魅力の商品です。ひとり暮らしでも食事にはこだわりたい方におすすめです。


山善 スチームオーブンレンジ 25L YRK-F251SV

[山善] スチームオーブンレンジ 25L フラットタイプ 自動メニュー搭載 YRK-F251SV

19種類の自動メニューが搭載されていて、カレーや煮物およびクッキー作りまで対応します。スチーム機能では、蒸し物はもちろん、ケーキ作りも可能です。

蒸気で潤いを与え、余分な塩分や脂質をカットするので、ヘルシーな食事作りも可能です。また、フラットタイプなので、掃除も拭くだけの簡単仕様です。


東芝 スチームオーブンレンジ 石窯ドーム 26L ER-SD70

東芝 スチームオーブンレンジ 「石窯ドーム」 (26L) ER-SD70

庫内を高精度に検知する「スイング赤外線センサー」と「温度センサー」のダブルセンターを搭載しているので、はじけや飛び散りを防いだり、肉の表面が硬くなるのを防ぐことができます。

また、熱対流にこだわった「石窯ドーム構造」なので、オーブン料理もプロ並みのできあがりが期待できます。さらに、スキーム機能では、茶碗蒸しなどの蒸し料理もできます。


パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ 30L NE-BS2600-K

パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ 30L 2段調理 ブラック NE-BS2600-K

「ワンボウル中華」「ワンボウルフレンチ」や、ヨーグルトや甘酒が手作りできる「発酵」機能まで搭載せいています。「チタンコートグリル皿」と独自のマイクロ波制御機能を搭載し、グリル調理がオーブン調理と比べ約30%の時短を実現しています。また、無線LAN対応「キッチンポケット」アプリと連携させれば、毎日の献立のサポートもしてくれます。


山善 スチームオーブンレンジ 25L YRK-F250SV

山善 スチームオーブンレンジ 25L フラットタイプ 自動メニュー搭載 角皿付き YRK-F250SV

最大出力1000Wで自動メニューも19種類搭載しており、グラタンや茶碗蒸しさらにシュークリームの調理が可能です。また、スチームの力で、食材に潤いを与え、余分な塩分や脂質をカットして調理します。焼き魚やローストビーフさらに唐揚げなども調理できます。


シャープ スチームオーブンレンジ 1段調理 26L RE-V90A-W

シャープ スチームオーブンレンジ 1段調理 26L ホワイト RE-V90A-W

赤外線・絶対湿度・温度のトリプルセンサーを搭載しているので、あらゆる食品をおいしく温めることができます。自動メニュー数は73もあり、コンビニ弁当温めから、グラタンやトーストまで幅広く利用できます。使いやすいダイヤル設定なので、設定も迷わず簡単にできます。


東芝 23L 角皿式スチームオーブンレンジ 石窯オーブン ER-T60-W

東芝 23L 角皿式スチームオーブンレンジ 石窯オーブン ER-T60-W グランホワイト

人気の「石窯オーブン」機能搭載で、高温が必要な調理を得意とします。ノンフライ調理で油を使わずに鶏の唐揚げや海老フライなどを調理できます。

また、鍋を使わずにパスタやマカロニをゆでられる「らくらくパスタ」機能を搭載しています。23Lのフラットタイプですが、間口が広々39cmなので出し入れがしやすく、毎日の調理にぴったりです。


日立 スチームオーブンレンジ 23L ヘルシーシェフ MRO-SS7

日立 スチームオーブンレンジ 31L トリプル重量センサー MRO-TS8 R

塩鮭などの定番から、茶碗蒸しやマカロニグラタンなど60種類のオートメニューがあるので、料理のレパートリーが広がります。スチーム機能では、ノンフライ料理も可能となります。

過熱水蒸気スチーム搭載オーブンレンジのおすすめ10選

New household appliance microwave oven on wooden tabletop in modern white kitchen. Clean and cozy minimalistic kitchen interior.

続いて、スチームオーブンレンジの上位機能の加熱水蒸気スチーム搭載オーブンレンジのおすすめ10選を紹介します。

過熱水蒸気スチーム搭載のオーブンレンジは、高温の水蒸気を放出することで、温めと蒸しに加えて食材を焼くという調理方法もできます。外側はふっくら、内側はしっとりとした仕上がりが可能で、食材の脂を落とすこともできます。

価格は高めとなりますが、肉料理やお菓子作りを本格的に行いたい方におすすめです。

シャープ 過熱水蒸気 オーブンレンジ 2段調理 31L RE-SS10-XW

シャープ 過熱水蒸気 オーブンレンジ 2段調理 31L ホワイト RE-SS10-XW

主菜1品と副菜2品を同時に調理できるので、バランスのとれた食事を短時間で流来ることができます。

2段熱風コンべくション機能で、ローストチキンなどの大物も焼きムラを押さえておいしく焼き上げます。スポンジケーキはスチームで加熱するので、生地がしとりしあがります。また、手軽にヘルシーなノンフライ調理も楽しめます。


日立 スチームオーブンレンジ 31L トリプル重量センサー MRO-TS8 R

日立 スチームオーブンレンジ 31L トリプル重量センサー MRO-VS8 R

日立独自の「食品の重さ」と「表面温度」をはかるWスキャンで、加熱のパワーや時間を自動管理してくれます。温めや解凍はもちろん、火加減の難しい料理もおいしく仕上げます。オートメニューは125種類と豊富で、焼物や煮物から揚げ物やパスタまで幅広い料理に対応しています。


アイリスオーヤマ 過熱水蒸気 スチームオーブンレンジ 24L MO-F2402

アイリスオーヤマ 過熱水蒸気 スチームオーブンレンジ スチームカップ付き 24L ホワイト MO-F2402

グリルやオーブンなどのヒーター加熱時にスチームカップを一緒に入れるだけで、適度なスチームが発生し、料理をしっとりおいしく仕上げることができます。

素材の水分を適度に残したまま余分な油と塩分をカットするので、健康を気づかう方におすすめです。オートメニューは11種類あり、メニューに合わせて自動で加熱モードと調理時間を調節してくれます。高機能でありながら、価格帯も安いのが魅力です。


東芝 スチームオーブンレンジ 30L グランレッドTOSHIBA 石窯ドーム ER-TD3000-R

東芝 スチームオーブンレンジ 30L グランレッドTOSHIBA 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-TD3000-R

ムラを抑えて広範囲に加熱できます。また、業界最高350°Cの高火力で、肉料理をこんがり焼き上げ、パンがふっくら膨らみます。

グリル調理では食材をこんがり焼き上げることができますし、冷凍食パンもトーストできます。さらに、アイスクリームを食べ頃にしたり、バターをやわらかくするなど、細やかな温めが可能な商品です。


日立 スチームオーブンレンジ 30L MRO-W1X W

日立 スチームオーブンレンジ 30L ダブル高速ヒーター300℃熱風2段オーブン MRO-W1X

重さと温度をはかって分量にあわせた火加減ができる「Wスキャン調理」機能があり、クックぱっとの殿堂入り30レシピをお任せで手軽に調子してもらえます。300℃熱風2段オーブンなので、余熱も短時間で、スイーツ作りもはかどります。


東芝 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム 26L ER-SD200

東芝 スチームオーブンレンジ 30L グランホワイトTOSHIBA 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-SD3000-W

業界トップクラスの325種類の自動メニューなので、料理のレパートリーが劇的に広がります。また、オーブンでは270°Cの高火力でクリスピーピザもおいしく焼き上げます。サイズはコンパクトですが、ワイド&フラット庫内なので、料理の出し入れがラクラクできて便利です。


シャープ 過熱水蒸気 オーブンレンジ 23L RE-SS8-XW

シャープ 過熱水蒸気 オーブンレンジ 2段調理 31L ホワイト RE-SS10-XW

スチームカップに水を入れてセットするだけで、ラップなしでもごはんをしっとり温めることができます。「スチームdeレンチン」機能では、肉料理や魚料理を10分程度で簡単に作ることができますし、4人分のおかずをさっと作れる「5分おかずや」など忙しい方に力強い味方となる商品です。


東芝 30L 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-SD100-W

東芝 スチームオーブンレンジ 30L グランホワイトTOSHIBA 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-SD3000-W

焼き物・煮物・蒸し物から、パン・スイーツまで、自動メニューが90種類もあります。「混ぜて、丸めて、焼き上げ約1時間」のお手軽パン機能は忙しいけどできるだけ手作りにこだわりたい方におすすめです。また、大火力石窯ドームヒータ―搭載なので、秋刀魚であればまるごと4匹焼こともできるので、家族向けの商品といえます。


日立 スチームオーブンレンジ 22L 過熱水蒸気 MRO-VS7 R

日立 スチームオーブンレンジ MRO-VS7 R 22L 過熱水蒸気 ヘルシーメニュー フラット庫内 お手入れ簡単

チキン南蛮やポテトコロッケ、さらに青椒肉絲といった本格的な料理をオートメニューで作ることができます。もちろん過熱水蒸気をつかって調理するので、健康面でもヘルシーです。また、少人数ボタンもあるので、従来の商品だと加熱しすぎてしまっていたひとり分であってもオート調理が可能です。


日立 過熱水蒸気スチームオーブンレンジ MRO-RY3000 S

日立 過熱水蒸気スチームオーブンレンジ ヘルシーシェフ シルバー MRO-RY3000 S

食材の重さを計る3か所の「トリプル重量スキャナー」があり、さらに、食材の表面温度を計る「センター赤外線スキャナー」が搭載されているので、加熱時間が適温になるよう制御され、加熱ムラが抑えられます。

また、マイクロ波で発熱する「グリル皿」と、蒸気を閉じ込める「スチームふた」を搭載しているので、スチームグリル調理も可能です。

ヘルシーな炒め物料理や、火加減の難しい焼き蒸し調理、さらに、ビタミンCを守る調理など、96種類のオートメニューが魅力です。

電子レンジオーブンレンジおすすめブランド5選

modern microwave oven installed in the kitchen

電子レンジやオーブンレンジは各メーカーから特色ある商品が販売されています。メーカーごとにコンセプトをもったブランドがありますので、各メーカーの特徴についてご紹介します。

迷ったときには、メーカーの切り口で商品選びをするのもよいので、参考にしてください。

シャープ

シープは「ヘルシオ」ブランドで有名です。機能的には、一般的な過熱水蒸気オーブンは、スチームとヒーター加熱の組合わせで調理するのですが、ヘルシオだけは、過熱水蒸気だけで調理できます。

これは、100°Cを越える気体になった水蒸気で調理できる「ウォーターヒート技術」というシャープの特許技術なので、他のメーカーはまねできないからです。そのため、食材の酸化や細胞膜破壊まで抑えることができるので、ヘルシーで栄養価たっぷりな調理が可能なのです。

東芝

東芝は「石窯ドーム」が有名で、業界最高温度350℃が出る東芝の過熱水蒸気オーブンレンジで、まるで本物の石窯で焼いたような外はパリッ、中はモチッとしたピザを焼くことができます。パンやピザを焼くことが好きな方におすすめといえます。

バルミューダ

バルミューダは、革新的な機能とスタイリッシュなデザインで人気のメーカーです。

シンプルで飽きの来ないデザインので、インテリアにこだわるひとり暮らしやふたり暮らしの方におすすめです。オーブンレンジについては2019年時点で1機種のみですので、バルミューダのブランドコンセプトに共感する方におすすめです。

パナソニック

パナソニックは、オーブン料理が得意な「BISTRO(ビストロ)」を搭載した機種が人気です。

「BISTRO(ビストロ)」は、フライパンで調理するように肉や魚に焼き目が付くので、プロのような焼き上がりになります。また、パンやスポンジケーキも得意です。ワンランク上の料理を目指したい方におすすめです。

日立

日立は、「ヘルシーシェフ」という、自動調理機能が人気です。

特に解凍機能が充実していて、レンジ内に入れると重さや温度を自動で計り、肉と魚のうま味成分を引き出しながら、解凍ムラを抑えた解凍が得意です。冷凍食品をよく利用する方にはおすすめです。

選び方のポイントをおさえてレンジとオーブンを購入しよう!

家庭用オーブンレンジ

電子レンジ・オーブンの機能や選び方、さらに具体的な商品をご紹介してきました。

10,000円未満のものから、100,000円以上のものまでありますが、何を目的に買うのか目的を明確にし、あとは、サイズや価格を比較検討して選んでください。

「あったらいいな」くらいの機能は使わないことが多いので、本当に必要な機能に絞って検討することをおすすめします。

Image of the microwave oven on a white background

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる