料理の知恵

「料理の知恵」の記事一覧

手作りケーキの日持ちは種類で違う!それぞれの賞味期限と保存のコツ

自宅で手作りするケーキは、合成保存料を使わないのでヘルシーで、甘さも自分好みに調整できるのが最大のメリットですが、どのくらい日持ちするのでしょうか。今回は、ケーキの種類別の賞味期限と保存方法についてご紹介します。

冷凍ご飯をレンジ以外でも解凍できる?おいしく食べる方法とは

冷凍ご飯を解凍する方法はレンジだけではありません。蒸し器、鍋、せいろ、フライパン、保存袋など、レンジ以外にさまざまな方法で冷凍ご飯を解凍することができます。今回は、それぞれの解凍方法について、解凍手順やコツ、注意点などをご紹介します。

カスタードクリームが固まらない原因とは!復活させる方法もご紹介

カスタードクリームは、シュークリームやパイ作りに欠かせない存在です。簡単そうに見えますが、一歩間違えるとクリームが固まらないことも。今回は、カスタードクリームが固まらない原因や復活方法、復活できないときのアレンジ方法などをご紹介します。

油を固める方法4つ!凝固剤の代用として使える身近なもの

凝固剤が手元にない場合は、油を固める身近なもので代用することができます。油を固めるのに使える代用品は、小麦粉、片栗粉、重曹、パン粉などです。これらの代用品を使った油の固め方と、凝固剤がない場合の油を固めずに捨てる方法についてご紹介しますので、参考にしてください。

餃子がパサパサになる原因とは?ジューシーにする5のコツ

餃子がパサパサする最大の原因は、水分の不足です。ジューシーな餃子の秘密は、肉ではなく、野菜の水分にあるのです。餃子がパサパサしてジューシーにならない、皮がくっつかない、皮がパリッと焼けない、そんな悩みを解決する餃子の作り方、包み方、焼き方のコツを紹介します。

カレーに合う味噌汁の選び方!塩分過多にならない組合せとは

カレーを食べるとき、カレーに合う味噌汁やスープがあると、栄養のバランスもよく、満足度の高い献立になります。普段の食事に味噌汁を組み合わせているご家庭もかなり多いのではないでしょうか。今回は、カレーに合う味噌汁の選び方や、和風から中華まで、付け合せによって塩分の摂り過ぎにならないような組み合わせを紹介します。

蟹の味噌汁が臭い!臭みを抑える方法とおいしく作るためのポイント

市場で買った新鮮な蟹で味噌汁を作りましたが、生臭く、蟹の風味やうまみが消えてしまった感じでした。蟹の味噌汁の臭みは、蟹から出るトリメチルアミンが原因ですが、その臭みを消す方法を調べてまとめました。どの方法が一番臭みを消してくれるのか、ぜひ試してみてくださいね。

クッキーに焼き色がつかない原因6つ!ムラなく美味しく焼くコツとは

上手に焼いたクッキーは、バターが香ばしく焼き上がり、ほんのり焼き色がついています。しかし、焼き色が付かなかったり、見た目が薄くて白っぽかったりする場合は、クッキーの中がきちんと焼けていない可能性があります。そこで今回は、クッキーの焼き色が付かない理由を6つご紹介します。

雪平鍋を揚げ物に使うのは危険?アルミなら大丈夫?

雪平鍋は軽くて使いやすく、短時間で加熱できるため、短時間で料理を作ることができるのが特徴です。味噌汁などの汁物や煮物などを手早く調理するのにとても重宝します。ただし、残念ながら雪平鍋で揚げ物をするのは不向きです。また、雪平鍋で揚げ物をするのは危険です。今回は、雪平鍋が揚げ物に向かない理由と、揚げ物に適した鍋をご紹介します。

にんにくのホイル焼きでにおいを抑えるコツ!

にんにくを使った料理は、食べた後、口の中のにおいが気になりますが、とても美味しく感じます。にんにくは肉や魚、他の野菜と組み合わせてもとても美味しいですが、にんにくを美味しく食べる調理法として人気なのがホイル焼きにすることです。今回は、にんにくのホイル焼きをにおいを気にせず調理して食べるコツをご紹介します。

フライパンのサイズの測り方!どこからどこまでを測るのが正しい?

新しいフライパンを買うときに、用途によってサイズを指定して購入することもあるかと思いますが、正しいフライパンのサイズの測り方を皆さんはご存じでしょうか?今回は、フライパンのサイズはどこからどこまでを測ればよいかなど、正しい測り方についてご紹介します。

ホットワインにしてもアルコールは残っている!作り方や注意点

フルーツやスパイスを入れて飲むホットワイン。温めた後もアルコールは残っているのでしょうか?日本では常温か冷やして飲むことが多いワインですが、北欧をはじめとしたヨーロッパでは寒い冬こそおやすみ前のドリンクとして飲まれています。今回はホットワインのアルコール度数、そして作り方や注意点について解説してありますので、体も心も心地よく温めてみませんか!

バッター液のデメリットはカロリーが増えること?3つのメリットとは

上手に揚げ物ができる「バッター液」にもデメリットがあるのを知っていますか?天ぷらや唐揚げなどの揚げ物がサクサク、中身はジューシーに仕上がり、時短にもなる便利な衣なのですが、油の吸収率が高くカロリーが増えてしまうことがネックでしょう。そこで今回は、バッター液の作り方を始め、メリット3つとデメリットについて解説します!

シフォンケーキが割れない原因!キレイな花割れにするコツとは

シフォンケーキの焼き上がりの表面がキレイに割れない原因は大きく分けて3つあります。材料の配分、混ぜ方、焼く温度などが間違っているとシフォンケーキはキレイに割れません。この記事では、シフォンケーキが割れない時や、さまざまな失敗の原因と対策を詳しく説明します。これからシフォンケーキを作る方もぜひ参考にしてくださいね。

味噌汁に白い膜が!正しい対処法は?カビじゃなくても捨てるのが正解

一晩おいた味噌汁に白い膜がはっていたことはありませんか?その正体は白カビでは無く、産膜酵母の可能性があります。カビは体に害がありますが、産膜酵母は毒性が無く無害です。でも!だからと言って食べてもいいと言うことではありません。今回は味噌汁に白い膜ができていた場合の対処法やカビとの見分け方、腐った味噌汁の特徴やカビが生えにくい保存方法などをご紹介します。

カレーご飯の量は何グラムが一般的?炊く量の目安とは

カレーご飯の量は人によって差はありますが、お家カレーの場合はだいたい200~250gが一般的です。では、カレー専門店のご飯の量はどのくらいあるのでしょうか?また、市販のカレールー1箱分に対してご飯の量は何合炊けばいいと思いますか?今回はカレーご飯の量やご飯を炊く時の目安、カレーの量を多くするメリット・デメリットなどもご紹介したいと思います。

焼きそばがべちゃべちゃになる原因とパリッとさせるコツ!

ご家庭で作った焼きそばがべちゃべちゃに仕上がってしまったらどうしますか?麺とソースがセットになった焼きそばを買って来て、書いてある通りに作ったのになんだか水っぽくて残念に思う時があります。今回はなぜ焼きそばがべちゃべちゃになってしまうのかその原因とパリッとさせるコツ、そしてアレンジレシピも紹介しますので参考にしてみてくださいね。

テフロン加工で揚げ物はNG?OK?絶対守るべき注意点とは

テフロン加工のフライパンや鍋で揚げ物をしていますか?テフロン加工で揚げ物をすると危険だとか壊れるだとか良くない噂がありますが本当なら心配ですよね。今回はテフロン加工のフライパンや鍋で揚げ物ができるのか、本当に危険はないのか調べてみました。

ビーフシチューが薄い!コクやとろみを出す方法

ビーフシチューの味が薄い原因は水分量の間違い、野菜から出る水分が多い、煮込み時間が足りないなどがありますが、対処法もいろいろありますので慌てなくても大丈夫です。例えば、ビーフシチューの薄い時の対処法として良く使われるのはケチャップやソースですが、他にも意外なものを使って味を濃厚にすることができます。また、薄い味付けになってしまわない方法もありますので参考にしてください。

炊き込みご飯が薄い!味を調える裏技と調整する時の注意点

炊き込みご飯が薄い時の対処法としては、塩や醤油やだしの素などの調味料を足すのが手っ取り早いですね。でも、身近な食品を使って炊き込みご飯の薄い味を調整したり風味を加えることができるんです。炊き込みご飯の味が薄い時に足す調味料や食品、炊き込みご飯が薄くならないコツなどをご紹介します。味の調整は簡単ですので美味しい炊き込みご飯を食べてくださいね。

ページ 1123456次ページ