料理の知恵

「料理の知恵」の記事一覧

シフォンケーキが膨らみすぎる!失敗の原因と対処方法、上手に作るコツを紹介

シフォンケーキを作る際の成功の目安は、膨らみ具合が重要なポイントになります。膨らまない膨らみすぎる失敗もありますので今回は膨らみ過ぎたシフォンケーキの原因や上手に作るコツについてご紹介したいと思います。

生チョコとトリュフの違いとは?それぞれの特徴と作り方、おすすめ商品の紹介

生チョコとトリュフの主な違いは「ガナッシュ(生チョコ)」であるか「チョコレート菓子(トリュフ)」であるかです。チョコレート好きにはどちらも最高の美味しさで味わってもらいたいので、生チョコとトリュフの特徴・材料・作り方・手作りの難易度など違いを解説します。チョコレートを贈りたい時の生チョコとトリュフのおすすめ商品もご案内しますのでぜひお役立てください。

チーズケーキが生焼けか見分ける方法!失敗の原因から正しい対処法まで解説

自宅で作ったチーズケーキが生焼けで失敗したという方は割と多いと思います。私も焼くタイプのベイクドチーズケーキを作った際、最後は生焼けでリメイク方法も分からず途方にくれた経験があります。その時の経験とチーズケーキが生焼けか見分ける方法や失敗してしまった際の対処法を解説します。

お好み焼きが上手く固まらない!失敗する理由と対処法、簡単レシピ・アレンジ方法まで

お好み焼きが固まらない理由は主に水分です。お好み焼き粉と水を合わせて生地を作りますが、具材から出る水分によって緩くなり過ぎてしまい、上手く固まらないことがあります。水を一度に全部入れてしまうのもお好み焼きが固まらない原因になりやすいです。お好み焼きが上手く固まらない理由・固めるポイント・簡単レシピ・アレンジ方法など解説します。

酢キャベツがまずい!正しい作り方とアレンジ方法、ダイエット効果と成功させるポイントを解説

酢キャベツがまずいとダイエットも長続きしないですよね。痩せている人は食事を楽しんで美味しく食べているから美しい体型を維持することができているんです。まずい酢キャベツを無理に我慢して食べてダイエットしようとすると必ずリバウンドします。酢キャベツがまずい時や飽きてしまった時はアレンジして構いません。酢キャベツダイエットのポイントと美味しい作り方を解説します。

カレーの具を炒めるのはなぜ?煮る前に炒める理由、炒め方の手順や時間の目安

カレーライスやシチューなど、はじめに具を炒める理由は主に「水っぽくならないように」です。特別なスパイスがなくてもカレーの具を炒める手間を惜しまないだけでお店で出されるような本格的なカレーを作ることができます。カレーの具の正しい炒め方と時間の目安、炒めた具と炒めない具の味の違い、カレーの具を炒める理由をより詳しくわかりやすく解説します。

ビーフシチューの酸味が強い!酸っぱくなる原因・消し方、美味しく作るコツまで解説!

ビーフシチューに赤ワインを入れ過ぎると酸味が強くなります。レシピの分量の通りに入れたのに出来上がったビーフシチューが酸っぱく感じることもありますよね。ビーフシチューの酸味を消す方法や美味しく作るコツなど解説します。酸味が強くなってしまった時は今自宅にある調味料を使って消すことができます。ぜひお試しください。

お腹に優しい外食のメニュー!消化の良い食べ物の選び方

外食でも選ぶメニューによってはお腹に優しい外食料理を食べることがきます。日常で外食が避けられない時って意外とあるものですが、そんな時に体調がイマイチだったら困ってしまいますよね。そのためには胃腸に負担をかけないお腹に優しい外食メニューを出しているお店選びが重要になってきます。この記事ではお腹に優しい外食のメニューやコンビニで買える消化の良い食べ物の選び方を紹介します。

炊飯器ケーキが生焼けに!原因から焼き直し方法も解説

最近では炊飯器で焼くケーキのレシピはよく見かけますが、果たしてレシピのように上手に焼けるのでしょうか…。筆者は何度か既に失敗していますが、そのほとんどは生焼け。生焼けで出来上がってしまった炊飯器ケーキ、捨てるのはあまりにももったいないですので、炊飯器ケーキで生焼けになってしまった際の対処法をご紹介します。

料理酒のアルコールを飛ばすために必要な時間はどのくらい?

料理酒のアルコールを飛ばす方法や時間について悩んだことはありませんか?料理をする際に重要なポイントになる料理酒はアルコールのにおいを飛ばして取り除くことで旨みが強くなり風味よく仕上げられます。今回は和食で使われる「煮切り」やアルコールが子供や妊婦さんにどんな影響を及ぼすのかについてもご紹介します。

レバーの焼き加減の見分け方!目安になる温度と時間とは

レバ30は生焼けだと食中毒が心配、でも焼きすぎるとぼそぼそする。レバーのちょうどいい焼き加減は、厚生労働省の公式サイトで紹介しています。レバーを安全に食べるための焼き加減の基本や注意点、生焼けの見分け方や正しい焼き方を紹介します。

カレーが酸っぱい理由!腐っていないのに酸味が強い時の対処法

腐っていないのにカレーが酸っぱく感じる理由、そして酸味が強い時の対処法について解説します。調理したらすぐ食べるに越したことはありませんが、カレーは大量に煮込んで翌日以降も食べることが多い人気のメニューです。今回は手作りスパイスカレーが酸っぱい原因や、味を調整して酸味を和らげる方法について書いてありますので参考にしてくださいね。

野菜炒めの具材を炒める順番と正しい作り方!失敗しないコツとは

お馴染みの家庭料理のひとつ、「野菜炒め」の正しい作り方をご存知ですか?野菜炒めで具材それぞれの旨味と歯ごたえを残すためには、炒める順番を守る必要があるんです!野菜炒めが水っぽくなる、お肉がパサパサして固くなるなどの原因を解決するためには、ちょっとした順番やコツを把握することで失敗せずに野菜炒めを美味しく仕上げられるんです。では早速、その順番やコツを探ってみましょう。

卵焼きは前日の夜に作り置きして大丈夫?お弁当でも美味しく・傷まない作り方

卵焼きは前日の作り置きが可能です。翌日のお弁当作りや朝ごはん作りを時短することができて便利です。傷みにくい卵焼きの作り方のポイントは5つあります。前日に作り置きしたい時、卵焼きが日持ちする目安は冷蔵保存した場合と冷凍保存した場合で異なります。前日に作っても傷みにくい卵焼きのレシピもご紹介しますのでぜひお役立てください。

生焼けはのししゃもは食べても大丈夫?焼き加減の目安から加熱方法まで解説

生焼けのししゃもを食べても危険性は低いです。ただし、乾燥と生とでは大きく違います。乾燥されたししゃもを生焼けで食べるのと生のししゃもを生焼けで食べるのとでは、生の方には危険が伴う恐れがあります。生焼けのししゃもを食べても良い場合、食中毒の危険はどれくらいあるのか、ししゃもの焼き加減を見極める方法など詳しく分かりやすく解説します。

珪藻土スプーンが砂糖にはNGな理由!固まった砂糖を戻す方法

シュガーポットに入れてある珪藻土スプーンが原因で、中の砂糖が固まってしまった経験はありませんか?湿気によって固まりがちな塩などの調味料に優れた効果を発揮する珪藻土スプーン、実はコレ、砂糖にはNGなんです!今回は、珪藻土スプーンで砂糖が固まってしまう理由と、砂糖をもとのサラサラの状態に戻す方法を解説してありますので、珪藻土スプーンを使ってみようかなっと思っている方は参考にしてみてくださいね。

パクチーの食べ過ぎに注意!腹痛・吐き気をおこす原因、安全な量の目安や栄養・効能を解説

パクチーの食べ過ぎに要注意!腹痛・下痢・吐き気などの副作用を引き起こすことがあります。パクチーの成分による良い働きが過剰に発揮されてしまうためです。パクチーを食べ過ぎると起こる体調不良の原因、食べ過ぎにならない適度な量、パクチー本来の効能や栄養素についてまとめました。

天ぷらの温め直し方おすすめ5選!サクサク感を復活させるコツ!

一日たった天ぷらをサクサクに復活させる温め方があることをご存知ですか?天ぷらは色んな食材を使えますので、ついつい作り過ぎてしまいますが、一日たった天ぷらがベチャっとしているのを見ると作りすぎを後悔してしまいます。私の天ぷらの温め直し方はオーブントースターですが、他にもサクサク、ジューシーに復活させる温め方があるんです。今回は天ぷらの温め直しをまとめましたのでご紹介いたします。

ハンバーグのタネがゆるい!失敗の原因は?対処法や上手に作るコツを解説

タネがゆるいハンバーグになって困ったことはありませんか?人気定番メニューのハンバーグを美味しく作るにはちょっとした「コツ」があるんです。タネのゆるいハンバーグをこのまま焼いていいものかどうか悩む前に、まずは失敗の原因は何か?タネがゆるいハンバーグを防ぐ、対処法や上手に作るコツをわかりやすく解説してありますので、ふっくらジューシーに仕上げるタネ作りに挑戦してみましょう!

レアチーズケーキが固まらない!原因と対処法からアレンジする方法まで

レシピ通りに作ってもレアチーズケーキが固まらないことがあります。原因と対処法、固まらなかったレアチーズケーキをアレンジして食べる方法をご紹介します。また、失敗しにくい簡単レアチーズケーキの作り方もご紹介しますので、ぜひご参考ください。レアチーズケーキが固まらない原因のほとんどは、ゼラチンの使い方にあります。ゼラチンを正しく溶かして使えば、もう二度と失敗しないはずです。

ページ 11234次ページ