揚げ物はフライパンで手軽に!揚げ物をするメリットと注意点

フライパンをもつ女性

自宅で揚げ物をする時、たいていの人は「天ぷら鍋」を使うかと思われます。しかし、天ぷら鍋を用意して、たっぷりの油を使うとなると、なかなか面倒ですよね。揚げ物は大好きだけど、準備や片付けが面倒でなかなか自分ではやらないという人も、きっと少なくないはず。そこで今回おすすめするのは、天ぷら鍋ではなく「フライパン」を使った方法。では、なぜフライパンがおすすめなのでしょうか? 気になる方はぜひご一読ください!

揚げ物はてんぷら鍋よりもフライパンがおすすめな理由

フライパンに油を注ぐの図

なぜフライパンがいいの?そのメリットとは

揚げ物をする時は、たいてい「天ぷら鍋」を使いますよね。天ぷら鍋は底が深いので、たっぷりの油で食材をカラッと揚げることができます。他の調理法としてフライパンで揚げ物をするという方法もあります。なぜフライパンで揚げ物をするのでしょうか?

実はそこにはメリットがあるのです。まず第一に、フライパンは天ぷら鍋に比べて口径が広い構造をしているため、食材を揚げやすいという点が挙げられます。また、フライパンは底が浅いため、天ぷら鍋に比べて揚げ上がりを目視で確かめやすいという点も見逃せません。

他にもメリットはあります。フライパンは天ぷら鍋よりもコンパクトで扱いやすいということ。そして、天ぷら鍋には大量の油を使わなければなりませんが、フライパンなら少量の油で済みます。油が少ないので、洗う時もラクラクですよね。これらのことから、あえて天ぷら鍋よりもフライパンを使う方が揚げ物を気楽に作ることが出来そうですね。

揚げ物を美味しく仕上がるコツ

フライパンは天ぷら鍋よりも底が浅いですから、揚げる食材は小さめのほうがいいですね。大きいとフライパンに一度に投入できる量が限られてしまいます。

また、食材が小さければ火の通りも良くなるので、サッ揚げるにはちょうどいいでしょう。揚げ物の形にこだわりがないのであれば、揚げるネタは小さめに刻んでおくことをおすすめします。

フライパンで揚げ物をするときの注意点

フライパンと温度計

温度を一定に保ちにくいので温度管理には注意しよう

天ぷら鍋の利点は、油の量が多くて温度を一定に保ちやすいということです。

一方でフライパンは、少量の油で揚げることができるので、手間や調理後の処理も簡単というメリットがありますが、油の量が少ないので温度変化しやすいというデメリットもあります。

フライパンを使いこなして上手に揚げ物をするには、少しずつ食材を投入することが大事です。温度計を使って火加減にも注意するようにしましょう。

油ハネで火傷しないようにしよう!

フライパンは間口が広いかわりに底が浅いので、油ハネにはくれぐれも注意してください。また、油の量が少ないのでフライパンはとても軽いです。何かのはずみでフライパンがひっくり返らないように気を付けてください。

揚げ物中は、フライパンから手を離さないようにするのがポイントです。必ず片手でフライパンを固定するように心がけてくださいね。

テフロン加工されたフライパンはNG!

すっかり認知度の高まった「テフロン加工」には、「フッ素」を表面にコーティングすることで、食材がフライパンにこびりつかなくなるというメリットがあります。

多くの方が、テフロン加工されたフライパンを使っているのではないでしょうか。パスタを炒めたりする時にとても便利なんですよね。しかし、くれぐれも注意していただきたい点があります。

それは、テフロン加工されたフライパンは揚げ物に使えないということです。なぜならテフロン加工されたフライパンは、加熱が200度以上になると人体に悪影響のある化学物質が溶け出してしまうからです。

揚げ物は、200度以上になることもあります。つまりテフロン加工されたフライパンとの相性は最悪なのです。もしフライパンで揚げ物をする場合は、鉄製のものが一番安全だと言えます。

鉄のフライパンで揚げ物をする際の注意点

鉄のフライパンは、熱の電導効率が非常に高いので、火傷に注意しなければなりません。また、鉄のフライパンは通常の天ぷら鍋に比べて「厚み」がないため、油が冷めやすく、温度変化がしやすいということには留意してください。使用する油の量が少ないので、なおさらです。

小さいフライパンで揚げ物をする際の注意点

小さいフライパンは、大きいフライパンに比べて油の温度管理がより一層難しくなります。もちろん、揚げ物は可能ですが、すぐに温度が変化するので、上手に揚げるには難易度は高いと言えるでしょう。

揚げ物がフライパンにくっつく場合の注意点

フライパンで揚げ物をする時は、油の量が少なくなりますので、食材がフライパンにくっついてしまうトラブルにしばしば見舞われてます。だからといって油の量を増やすのは危険なのでNG。

ではどうすればいいのかというと、食材を小さめに刻んでおくのが一番です。食材が大きすぎたり、たくさん入れすぎると、フライパンにくっつきやすくなります。

揚げ物におすすめのフライパン

ティファール 26cm IH対応 マルチパン

ティファール 26cm IH対応 マルチパン出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B07X4QS3V2/

ティファール(T-fal) フライパン ブラウン 26cm IHカフェモカ マルチパン G25177

底の深いフライパンですので、揚げ物をする時に最適です。温度も安定しやすいと評判なので、ぜひ使ってみてはいかがでしょう。

京セラ 20cm セラブリッド IH対応 フライパン

京セラ 20cm セラブリッド IH対応 フライパン出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B07VRDSC3Z/

京セラ フライパン マットグレー 20cm セラブリッド IH対応 CF-20B-WMGY

熱伝導率の高い京セラのフライパンです。色合いがとてもお洒落で、台所の雰囲気にもマッチします。こちらも底が深めなので、揚げ物と相性がバッチリ。

まとめ

天ぷら

フライパンは、天ぷら鍋よりも油が少量で済むので手軽に揚げ物が出来るというメリットがあります。

大きい食材で揚げ物をする際は天ぷら鍋のほうが良いですが、ちょっとだけ揚げ物を夕食のおかずに添えたい、小さい食材を使って揚げ物をしたい、という方にはかなりおすすめです。

調理後の油の処理もラクラクで、手間がかかりません。しかし、フライパンは底が浅く、油の量が少ないということで、温度管理には注意が必要です。天ぷら鍋よりも油の温度変化が著しいので、温度計などを使って管理するようにしましょう。

フライパンをもつ女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる