洗濯

洗濯全般に関する記事一覧です。洗濯全般のお悩みを解消するための情報、お役立ち情報をお届けいたします!|シュフーズ

「洗濯」の記事一覧

パンプスの洗い方!臭いや汚れの落とし方やお手入れ方法

パンプスは素材によって洗い方が違いますが、自宅でも簡単に洗えます。家での洗い方を覚えれば、湿気がこもりやすく、臭いも気になる内側も清潔に保てますね。キレイに使えばお気に入りのパンプスも長く愛用できます。パンプスの洗い方を素材別にご紹介します。

油汚れのシミ抜き方法!家庭で簡単にできる落とし方

油汚れのシミは落ちない…と、諦めていませんか?シミ抜きしてみたけど落ちなかったという経験から、油汚れのシミは落ちないものだと思い込んでいるのかもしれません。油汚れのシミは油溶性のシミですので、水には溶けません。ですので、どんなに洗濯機で洗ってもゴシゴシ手洗いしても落ちないのです。文字通り油に溶ける性質であるシミなので、油分の多いものを使ってシミ抜きをします。油汚れのシミ抜き方法と手順や道具などをご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

アセテートの洗濯方法!シワの残らない上手な洗い方のコツ

絹のような張りと美しい光沢が魅力のアセテートですが、どのように洗濯したら良いのかわからないという方がとても多いようです。洗濯方法がわからないどころか、洗濯しても良い素材なのかな?という印象ですよね。アセテートはデリケートな素材なので、自宅で洗濯する際はシワにならないように注意しながら洗濯する必要があります。水に弱いため、サッと短時間で洗濯を済ませるようにします。アセテートのシワにならない洗濯方法についてご紹介しましょう。

コインランドリーの使い方をマスターしよう!初めての人も簡単安心!

コインランドリーの使い方はとっても簡単!コインランドリーはおうち洗いの流れとほぼ同じですので使い方は1回でマスターしちゃいます。大量の洗濯物も洗濯から乾燥までノンストップでやってくれますし、お布団やカーテンなどの大型の洗濯物のやってくれます。今回はコインランドリーの使い方や自分にあった洗濯機の選び方、コインランドリーの使用料金などを初心者でも完全に分かるようご紹介したいと思います。

ポリエステルの洗濯方法!失敗しない正しい洗い方とコツ

ポリエステルの衣類の正しい洗濯方法をご存知ですか?ポリエステルは軽くて丈夫でシワになりづらく、型崩れもしづらい素材なので洗濯時の扱いも比較的簡単ですが、汚れがたまりやすく、毛玉もできやすく、静電気も起きやすいといったデメリットもあります。このデメリットは洗濯をする時のちょっとしたコツを覚えておくだけで気にせず洗濯する事ができます。

こたつ布団の洗濯方法!自宅でも洗濯は可能です

こたつ布団の洗濯ってちゃんとしてますか?キレイに見えても食べ物や飲み物をこぼしてしまったり、汗を吸っていつのまにか汚れて臭いが気になってしまうことがあります。こたつを出し始める季節が来る前に1度こたつ布団の状態を確認して汚れていたらキレイに洗濯をしてからこたつを使いたいものです。今回はこたつ布団の洗濯方法を紹介します。

洗濯機に柔軟剤の投入口がある理由と水がたまったときの掃除方法

洗濯機の柔軟剤の投入口に柔軟剤を入れるタイミングをご存知でしょうか?最初から洗濯洗剤と柔軟剤を一緒に入れて洗濯をしている方がいらっしゃるようですが、柔軟剤と洗濯洗剤を混ぜるのはNGです。今回は洗濯機の投入口に柔軟剤を入れるタイミングや洗濯機の柔軟剤の投入口の掃除方法、投入口掃除の問題点などをご紹介したいと思います。

バスタオルが臭い!洗濯しても消えない原因と簡単に落とす方法

太陽をあびて乾かしたふかふかなバスタオル。お気に入りの柔軟剤の香りがするはずが、なぜかぞうきんの臭いがする!その臭いは雑菌が原因だってご存知でしたか?雑菌が増殖する時に出す雑菌臭なんです。一度ついてしまった雑菌臭は取れません。今回はバスタオルの臭いの原因、バスタオルの臭いを消す対処方法や防止についてご紹介したいと思います。

洗濯機のかさ上げをするメリットとDIYで安く済ませる方法!

洗濯機のかさ上げは洗濯機を自宅に設置する際に排水口との排水ホースの関係で設置が出来ない場合や漏水の原因になる排水ホースの破損をさせないようにするだけではなく、色々なメリットがあるのを知ってますか?そこで今回は洗濯機のかさ上げをすることのメリットとDIYで自分でかさ上げをする際の手順と業者にかさ上げを依頼した場合との違いを紹介します。

洗濯物が臭い!雑菌臭を取り除く6つの方法

洗った洗濯物が臭い!キレイにしたはずの洗濯物から雑巾臭や生乾き臭がしてガッカリしたことありませんか?その洗濯物の臭いの原因は「雑菌」です。洗ったのになぜ雑菌が発生するのでしょうか。今回は菌が繁殖して洗濯物を臭くする原因や、洗濯物の臭いの落し方、臭いをつけないための対処方法などをご紹介したいと思います。

帽子やキャップの正しい洗い方!型崩れしない洗濯法方とコツ

帽子の正しい洗い方をご存知ですか?ほとんどの帽子やキャップはおうち洗いができますが、帽子の洗い方を間違えるとせっかくの帽子が型崩れや色落ちでダメになる可能性があります。今回は、型崩れしない帽子の洗い方やコツ、帽子の正しい干し方、日頃のケアをご紹介したいと思います。帽子やキャップの洗い方はとても簡単ですので、汚れが気になっている帽子がありましたらすぐ洗ってみたらいかがでしょうか?

ぬいぐるみの洗濯方法!自宅でふわふわに仕上げてダニ退治まで

ぬいぐるみの洗濯はしていますか?ぬいぐるみは定期的に洗濯をしてあげないと目に見えないホコリやダニがたまってしまいます。汚れていると抱っこしたり触ったりもしづらくなってしまいぬいぐるみが何だか可哀想…そこで今回は自宅でできるぬいぐるみの洗濯方法からダニ退治の方法まで詳しく紹介します。定期的に洗濯してぬいぐるみをキレイに清潔にしてあげましょう!

マフラーの洗濯方法!失敗しない素材別の便利なコツ

ふわふわのマフラーを洗濯したらごわごわに!マフラーも色々な素材がありますが、カシミヤ、アクリル、ウール、どれもおうち洗いができるのをご存知でしょうか?素材によって洗い方が少し違いますので、今回はマフラーの素材の特徴、マフラーの素材別の正しい洗濯の方法や干し方、日頃のケアなどをお話したいと思います。

スラックスをおうちで洗濯!型崩れしない方法と注意ポイント

スラックスをおうちで洗濯したいと思ったことありませんか?スラックスの洗濯で心配なのは型崩れやシワ。だからこそクリーニングに出すと言う方が多いと思いますが、実はおうち洗いでも型崩れやシワがつかない洗濯法方や干し方があるんです。今回はスラックスの型崩れを防ぐ洗濯法方やシワをつけない干し方やコツ、スラックスの日頃のケアをご紹介したいと思います。

カーディガンのお洗濯!襟や袖をよれよれにさせないコツ

カーディガンを洗ったらよれよれになってしまった経験ありませんか?洗い方ひとつで二度と着ることができなくなってしまうこともあります。カーディガンにもいろんな素材が使われていて、レーヨンやアクリルやウールなどがあります。ですので、素材によって洗い方を変えなければならないのです。カーディガンは洗濯機で洗っても良いのか手洗いでなければならないのか、洗い方や正しい手順などご紹介します。

サンダルの洗い方!臭いや足跡汚れを上手に落とす

熱い季節には欠かせないサンダルですが、素足で履くことも多いため、外側も内側も汚れが気になりますよね。サンダルの素材も様々なので、洗いたくても正しい洗い方が分からないという人も多いと思います。履きなれたサンダルは、汚れや臭い対策を行って、少しでも長く履き続けたいですよね。素材別の洗い方や、臭いの取り方を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

墨汁の染み抜き方法!家庭でできる裏ワザ

墨汁の染み抜きって厄介なものですよね。小学生になると書道の授業があるので、制服に墨汁を染み込ませて帰って来ることがあるのではないでしょうか。私は子供の頃に書道教室に通っていたのですが、先生に教えていただいた墨汁の染み抜き方法は「乾かないうちに洗う!」でした。今回は、服についてしまった墨汁の染み抜きについて、家庭でできる簡単な裏ワザをご紹介したいと思います。

ズボンの洗濯方法!正しい手順でシワや型くずれを防ぐ

ズボンは形もいろいろ素材もいろいろ、どれも同じ洗濯方法で良いはずがないのですが、つい洗濯機にポンッと投げ入れて洗っていませんか?型崩れをしてしまったり、シワシワになってしまったり、洗濯してしまったことで二度と履けない状態にまで傷んでしまったりすることがありますよね。ズボンを洗うときの正しい洗濯方法と手順についてご紹介したいと思います。ズボンを洗濯する頻度や干し方についても一緒に考えてみましょう。

朱肉の落とし方!服に付いたときの染み抜き方法

服についてしまった朱肉は落とし方を間違ってしまうと、さらに厄介な落ちにくい汚れになってしまいます。基本的には落とすのが難しい汚れではありますが、正しい落とし方であれば意外と簡単にスルッと落とせてしまうこともあります。正しい落とし方で焦らず丁寧に根気強く落としていく必要があります。服についてしまった朱肉の落とし方をいくつかご紹介しますが、服の生地を傷めてしまう可能性もありますので、決して無理はせず、クリーニングに出すことも検討してみましょう。

カレーのシミの正しい落し方!紫外線で完全に落す裏ワザ

カレーのシミの正しい落し方は、インド人に聞くのが一番!日光にあてて紫外線を当てればOKです。本当にそれだけ?と驚く方も多いと思いますが、カレーのシミの正体はが分ければ、なぜ日光で消えるのかが分かります。今回はカレーのシミの正しい落し方と裏わざ、日光当てられないもののシミの落し方などをお話したいと思います。