コートをクリーニングに出すときの疑問を全て解消!料金・頻度・注意点

コートは冬シーズン中お世話になる一着。暖かくなれば衣替えで押入れにしまうことになりますが、人によってはクリーニングに出しますよね。では、コートは毎回シーズンごとにクリーニングするべきなのでしょうか? 今回は、そんな疑問もふまえつつ、コートをクリーニングに出す際の注意点やポイントを取り上げていきます。料金相場やクリーニングに出す頻度についても紹介するので、大切なコートを長く使うためにも、ぜひ読んでみてください。

コートはクリーニングに出すべきなの?

たくさんのコート

コートをクリーニングに出す人は毎シーズン定期的に行いますが、人によっては滅多なことではクリーニングに出さないかもしれません。

気温が暖かくなったら、そのまま衣装ケースにしまって衣替えするという人は、決して少なくありません。果たしてコートは、クリーニングに出すべきなのでしょうか?

クリーニングには出すべき!

結論から言うと、コートを長持ちさせたいなら、クリーニングはしたほうがいいでしょう。なぜなら、1シーズン着まわしたコートは、たとえ大切に着ていても、目には見えない様々な汚れが付着しているからです。

内側には汗や皮脂や体臭が付いていますし、表面側はホコリや砂、雨雪の汚れがべっとり付着しています。これらの汚れを来シーズンまで放置していると、コートの痛みを進行させてしまいます。

1シーズンのうちに何度もクリーニングに出す必要はありませんが(むしろかえって痛みやすくなってしまいます)、シーズンが終わって衣替えするタイミングで最低でも1度はクリーニングしたほうがいいです。

クリーニングに出すべきコート

では、一般的に「コート」と呼ばれるアウターは、すべてクリーニングに出さなければならないのでしょうか? お金に余裕があるなら、そうしたほうがいいでしょう。しかし、経済的にちょっと負担がかかりますので、数あるコートの中でも、優先的にクリーニングに出したほうがいいタイプを紹介します。

クリーニングすべきコート

水洗い不可のコート

その代表例が、「水洗い不可」のタイプです。こちらは当然ですが自宅で洗えないので、クリーニング屋さんに「ドライクリーニング」をお願いしたほうがいいですね。クリーニングに出したいコートの洗濯表示を確認してみてください。

型崩れが心配なコート

型崩れなどの心配があるコートもクリーニング屋さんに任せるべきです。自分で手入れして形が悪くなってしまうのであればプロに任せるのが無難でしょう。

高価なコート

高価なタイプは、取り扱いに注意するべき素材が使われているので(ファーなど)、こうした類のものは、プロにクリーニングを頼みましょう。

アイロンがけに自信が無いコート

また、アイロンがけを失敗すると素材が溶けて「てかり」が生じてしまうので、一般の服よりもコートのアイロンがけは難易度が高いです。たとえ自宅で水洗い可能なコートでも、アイロンがけに自信がないなら、クリーニング屋さんにすべてお願いしたほうが得策だといえます。

コートのクリーニング代の料金相場や日数

電卓とお金

では、実際にコートをクリーニングに出すと、いくらくらいかかるのでしょうか?コートの形や生地の種類によって値段が変わってくるのでしょうか?

料金相場が2,000円前後のコート

  • ロングコート
  • ハーフコート
  • ニットコート
  • トレンチコート

これらは2000円前後と、コートの中でも比較的手ごろなクリーニング料金です。

料金相場が3,000円前後のコート

  • 中綿の入っているダウンコート
  • 中綿の入っているベンチコート

これらはやや高めの値段が設定されています。クリーニング相場はだいたい3000円前後ですね。コートの材質や高価なタイプは、より専門的な技術を要する場合もあるので、クリーニング屋さんによっては、想定される相場よりも高くなるケースがあるので、注意してくださいね。

コートは何日で返ってくる?

クリーニングから乾燥までの行程を考えると、コートはYシャツのクリーニングに比べてやや時間がかかります。仕上がりを想定するなら、おおよそ5日~7日くらいかかると見込んだほうがいいでしょう。

また、汚れ具合や、使用されている素材によってはもう少し時間がかかることもあり得ます。クリーニングにコートを持ち込んだ際、店の人がどれくらいの期間で仕上がるかを予想してくれるので、応相談です。仕上がりの目安は、あくまでも目安でしかありません。仕上がりまでの日数は、コートの汚れ具合、お店の込み具合などもふまえて決まるものです。

シーズンを外せば割安で済むこともある

お店にもよりますが、コートのような「冬物」がクリーニングに殺到する衣替えシーズン、つまり3月~4月の時期はクリーニング料金の値段が上がり気味です。

しかし、あえて冬物のシーズンを外して夏頃にクリーニングに出せば、割安で済むこともあります。もしも、目立つような汚れがなく、多少時間を置いても良いというのなら、夏場にコートのクリーニングを出すのもひとつの手ですね。

クリーニングに出すタイミングと頻度

クリーニング屋さん

コートをクリーニングに出す頻度については、先程も折に触れたように、「1シーズンに1度」が基本と考えてください。もともとコートは、そう何度も洗いにかけるようなつくりをしていません。あまり頻繁にクリーニングすると、生地を傷めてしまうので注意が必要です。

手入れをすれば頻度も減る

とはいえ、シーズン中に着まわしていると、雨雪や砂埃で多少なりともコートは汚れてしまいます。ですから、日頃から自分でこめまに手入れをするように心がけましょう。それを意識するだけでも、かなり違ってくるはずです。

コート用の防水スプレーをかけたり、雨雪をはらったり、内側には消臭除菌スプレーをかけてあげましょう。ブラッシングは毛並みに沿って丁寧に行ってください。

クリーニングに出し忘れたらどうするの?

コートのクリーニングは年中受け付けているので、衣替えの時期に出し忘れても問題ありません。上述したように、夏場でもOKです。コートをクリーニングにいつ出すかは、自分の都合のタイミングで構いません。

夏が終わり、数か月後にいよいよ本格的なコートの季節になることを見込んでクリーニングに出す人もいますし、冬物の季節が終わったタイミングでクリーニングする人もいます。

コートをクリーニング出す時の注意点

トレンチコート

高級なコートは相場よりも料金が高くなる可能性がある

高価なコートは、たいてい表や裏地の部分に高級な生地を使用していますので、一般のコートよりも取り扱いが難しく、専門技術を要します。その分だけ料金に上乗せされますので、結果的には想定されていた相場よりも高くなるケースも十分あり得ます。

また、コートの一部に高級素材や洗いの難しい素材(ファー・ボア・高級ウール・アンゴラ・毛皮など)を使用している場合も料金が高めになることがあります。

インナー部分がどんな素材かによって料金が左右されることもあるので、ケースバイケースで高級コートのクリーニングに長けている店を選ぶことをオススメします。

コートの襟汚れなどは別料金で値段が発生する場合もある

襟についた汚れは、「染み抜き」をする必要がありますので、染み抜き料金として別途の料金が発生することもあります。その点もふまえて店の人と相談してください。

クリーニングによる色落ちのリスクはあらかじめ店の人に確認しておく

クリーニングによってコートの色落ちが起こるリスクは常に念頭に置いておきましょう。色落ちが心配なら、クリーニング屋さんとよく相談して、その店に任せるかどうかを判断したほうがいいです。

高級生地を得意とする専門クリーニング業者もあるので、そこで相談するなどして判断材料を集めておくことをオススメします。

ポケットにモノが入っていないかを確認する

クリーニング屋さんも、もちろんポケットの中を確認してはくれますが、その前に自分でもしっかり確認しておきましょう。クリーニング屋さんがポケットの確認を見落とす場合も十分考えれます。

トラブルを無くすためにクリーニング前のコートの状態を確認する

クリーニングによってコートが傷み、ほつれや、薄汚れがついてしまうこともあります。クリーニングに出す前に、コートがどんな状態なのかを入念に確認しておきましょう。

コートのクリーニング後の収納の方法

ハンガーにかけられたコート

クリーニング後は、ビニールを外して付属品やほつれの有無、型崩れなどをくまなくチェックしましょう。特に問題がなければ、防虫対策をしてクローゼットに大切に保管すればOKです。

コートを自宅でクリーニングする方法

洗剤ボトル

ドライニング 衣類用液体洗剤 ドライマーク・ウールの衣類・おしゃれ着洗い 本体 500ml

水洗いが可能なコートであれば、家でセルフクリーニングすることもできます。以下に、洗い方の手順をまとめてみました。

  1. バケツや風呂桶に水を入れて、そこに適量の洗浄液(洗剤)を投入します。
  2. 洗浄液をつくったら、コートの汚れた部分を浸します。ゴシゴシこするのは生地を傷めるのでNGです。洗浄液にギュッと押し付けるようにしてください。
  3. 別のバケツや風呂桶に普通の水を入れて、そこでコートについた洗剤をすすぎ落とします。
  4. 洗濯機で脱水します。
  5. 型崩れを防ぐために、大きめのハンガーにかけて陰干しします。

宅配クリーニングを利用する利点

クリーニング業者っぽい画像

もしもクリーニングしたいコートを複数持っているなら、まとめてクリーニングに預ける「宅配クリーニング」がオススメです。

一点ずつクリーニングに出すのに比べ、複数で一律料金が設定されているので安いし経済的です。宅配クリーニング用の袋に詰めれらる量なら、すべて一律料金というサービスもありますので、WEBで調べて業者を吟味してみましょう。

最後に

3種類のコート

コートはシーズン中、雨雪や砂埃に晒され、皮脂や汗を吸い込んでいます。冬物の季節が終わったら、最低でも一度はクリーニングに出すことをオススメします。

こうした目に見えない汚れを放置しておくと、せっかくのいいコートでも長持ちしなくなってしまいます。長く着ていたいなら、1シーズンに1度のクリーニングをするようにしましょう。

白いコート

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる