洗濯

洗濯物は「洗って、干して、畳む」以外にも、洗濯槽の掃除やアイロンなど日々やることは色々あります。素材によっては、洗剤や洗い方を変えなくてはいけません。梅雨の季節は部屋干しが多くなりニオイ対策も必要になりますね。カーテンやラグマットなどの大きな洗濯物も、正しい洗い方をすれば自宅で洗うことができます。洗濯に関するお役立ち情報やお悩み解消のための情報をご紹介しています。

「洗濯」の記事一覧

ポリエステルコートのメリット・デメリット!毛玉の取り方や洗濯方法

ポリエステル素材のコートはお持ちですか?冬のアウターとして多く使われている素材なので皆さんおなじみの身近なコートです。今回はポリエステルの特徴とメリット・デメリットを調べてみました。暖かさや機能性、毛玉の取り方や洗濯方法などのコツをご紹介します。

柔軟剤スプレーのデメリットとは?使う前に知っておくべき注意点

柔軟剤スプレーは、スプレーボトルに柔軟剤を薄めて作ったものです。柔軟剤スプレーは香水代わりや静電気防止など柔軟剤の特徴を生かしたさまざまな使い道やメリットがありますが、デメリットもあります。例えば、使い方を間違うと臭くなったり、スメハラになったり、汚れが落ちにくくなったり…他にも柔軟剤スプレーにはデメリットがあります。

オキシクリーンで靴を洗うと失敗する?使える素材・NGな素材とは?

泥だらけになった白い運動靴をオキシクリーンに一晩浸けて洗ったら真っ白に戻ってびっくり!それ以来オキシクリーンは手放せませんが、全ての靴がキレイになったわけではありません。オキシクリーンで洗ってはいけない靴もありますので、今回はオキシクリーンで靴を洗って失敗した原因と失敗しない洗い方やコツをお話します。

もちもちクッションは洗濯できる?!正しい洗濯の手順と注意点

ちもちクッションのいいところは洗濯もできるところ。もちもちクッションのもちもち&ふわふわ感は手放せません。だから、洗濯してもちもち感がなくなるのか気になりますよね。でも大丈夫です。もちもちクッションの正しい洗い方をすればもちもち感はなくなりません。今回はもちもちクッションの洗い方や注意点などを説明しますので参考にしてくださいね。

オキシクリーンで洗濯機は壊れる?ドラム式がNG?正しい使い方とは

オキシクリーンでオキシ漬けすると洗濯機が壊れるという口コミを目にしましたが、実際に壊れたケースがあるようです。と言っても、全ての洗濯機が壊れるわけではありません。正しいやり方でオキシ漬けすれば洗濯機が壊れることはありませんので、この記事でオキシクリーンの正しい使い方を知って洗濯機をピカピカにしてくださいね。

柔軟剤を混ぜるのは大丈夫?注意点とポイントとは

柔軟剤の香りの種類は香水のようにたくさんありますね。スウィート系、フローラル系、フルーティ系、ベリー系、グリーン系、シトラス系、ウッディ系など。これだけたくさんの香りがあると、混ぜて自分だけの香りを作りたくなりますよね。でも、柔軟剤を混ぜることで何か問題はおきないのでしょうか?その質問の答えや柔軟剤を混ぜるレシピも合わせて紹介します。

過炭酸ナトリウムで洗濯する手順!毎日使っても大丈夫?

過炭酸ナトリウムを毎日の洗濯に使う方が増えているようですね。毎日の洗濯に使うほどの魅力はなんでしょうか?それは過炭酸ナトリウムの漂白力がバツグンだからです。おまけに体にも環境にも優しい。そんな過炭酸ナトリウムを使う洗い方の手順や注意点を詳しく説明します。これから過炭酸ナトリウムで洗濯して効果を見たい方はぜひ参考にしてくださいね。

トレーナーの油染みはクレンジングオイルで落ちる?注意点とは

トレーナーに飛んだ油が落ちない!トレーナーなど衣類についた油染みはやっかいで、いつもの洗濯では落とせないことが多いですね。油染みが落ちないのは油が水に溶けない性質だからですが、どのご家庭にもある身近なものを使って落とすことができるんです。トレーナーについた油染みを取りたい方はこの記事を参考にしてくださいね。

洗濯機で脱水してもびしょびしょになっている原因と対処法!

洗濯機で脱水したのにびしょびしょ!その理由をご存じですか?洗濯機で脱水してもびしょびしょになっている原因とチェック項目を6つまとめました。びしょびしょになった理由、脱水の問題、洗濯物の量、洗濯機や洗濯槽の問題、さまざまな問題と対処法をまとめました。ご自宅の洗濯機で該当する項目がありましたら参考にしてください。

ドラム式洗濯機に柔軟剤はいらない?使わないでもフワフワにするコツ

少ない水で洗濯できる「ドラム式洗濯機」は、柔軟剤がいらないのでしょうか?最近はニオイに敏感な人や肌がかゆくなるなどのトラブルを抱えている人が増えつつあり、柔軟剤なしでもフワフワに仕上げられるちょっとしたコツを実践しているのだとか。今回はドラム式洗濯機で柔軟剤がいらない理由、柔軟剤使うメリット、デメリットをはじめ、使わなくても洗濯物をふんわり柔らかにする方法をお伝えしたいと思います。

臭くなった靴を復活させる方法!正しい洗い方からNG行為まで

靴が臭くなったときが買い替えるタイミングなのでしょうか?いえいえ、臭くなった靴を復活させる方法があるんです!臭くなってしまう原因は雑菌の繁殖なので使用後の高温多湿の状態のまま靴を放置するのはNG!この記事では臭くなった靴を復活させる方法、汗や皮脂、汚れがついた靴の正しい洗い方からNG行為まで詳しく解説します!

エアリズムは乾燥機にかけても大丈夫?やっぱり縮む?

ユニクロのエアリズムを洗濯する際に、乾燥機にかけても縮んだり伸びたりしたことは無いので問題ないと思っていましたが、本当はどうなんだろう?と思って調べてみました。今回はエアリズムを乾燥機に入れる際の注意点や正しい洗濯方法なども合わせてご紹介します。

アイロンでしてはいけない『NG行為』3選!間違ったかけ方やダメな素材を解説

アイロンがけというと、家事の中でも難しい部類としてとらえがちです。アイロンは使用するときにチェックしべきことがあるため、簡単な家事とはいえません。アイロンの使い方を間違えてしまうと、生地に負担をかけて最悪の場合は穴をあけてしまうかも!今回は、アイロンを使うときに注意すべきNG行為をご紹介します。

柔軟剤と洗剤を間違えた時にすべきこと!投入口が分かれている理由とは

柔軟剤と洗剤を間違えた!それぞれに分かれている洗濯機の投入口に間違って逆に入れたり、一緒の投入口にいれてしまったことはありませんか?洗濯機の投入口に、柔軟剤と洗剤は一緒に入れてはだめだと言われています。今回は、洗濯機の柔軟剤と洗剤用のそれぞれの投入口にうっかり間違えて入れてしまった時の対処法や、なぜ柔軟剤と洗剤を一緒に入れてはダメなのかについて、ご紹介します。

ビーズクッションはダニが繁殖しやすい!退治方法と普段のお手入れ

ビーズクッションはダニが繁殖しやすい条件が揃っているのをご存知ですか?今座っているビーズクッションにもダニがいる可能性がとても大きいです。今回はビーズクッションにダニが繁殖する理由やダニを退治する方法、ダニを繁殖させないための方法などをまとめましたので早速あなたのビーズクッションを確認してみてください。

コーチジャケットの洗濯方法!正しい洗い方・乾かし方、よくある失敗など注意点まで解説

コーチジャケットは洗濯機で水洗いできます。そのまま洗濯機に入れても良いですが、洗濯ネットに入れておしゃれ着洗いやドライなどの機能を選択して洗った方がダメージを抑えることができます。コーチジャケットの裏側のタグに洗濯表示があります。基本的には表示に従ってください。コーチジャケットの特徴・洗い方・乾かし方・注意点を解説します。

ジャージを乾燥機にかけると縮む!原因と正しい乾かし方

ジャージを乾燥機にかけるのはNG!タグを確認すると“乾燥機にかけてはいけない”という洗濯マークが表示されています。ドラム式洗濯機やコインランドリーの乾燥機でジャージを乾かすと縮んでしまいやすいです。ジャージを乾燥機にかけると縮む原因と正しい乾かし方、ジャージを乾燥機にかけても縮まなかった事例や方法を解説します。

毛布を洗濯機で洗うと何キロの容量になる?洗い方のポイントは?

毛布を洗濯機で洗ったことはありますか?毛布を洗濯機で洗うときには洗濯機の容量は何キロ必要になるのかよくわからないと思います。そこで今回は毛布を洗濯機で洗う場合何キロの容量が必要になるのか?毛布を洗濯機で洗うときに確認すること洗うときの手順と効率的な干し方を紹介するので参考にしてください。

ティッシュを一緒に洗濯してしまった時の対処法7選!

ティッシュも一緒に洗濯しちゃった…せっかく洗濯した洋服にティッシュのカスがこびりついて途方にくれたことありませんか?私は何度もやっちゃいまして、黒いトレーナーにやっちゃった時に、どうやったら簡単にティシュのカスが取れるかを調べまくりました。もし私と同じ目にあっている方はぜひ読んでみてくださいね。

トイレマットの洗濯方法!洗う頻度とおすすめグッズを紹介

トイレマットの洗濯って、どうしていますか?我が家は毎日トイレマットの洗濯をしています。男の子が二人いるので、すぐに汚れてしまうのです。洗わないでいるとニオイの原因にもなりますし、衛生的にもよくないですよね。トイレマットの正しい洗濯方法、洗濯する頻度、便利なトイレマットについてご紹介します。また、トイレマットは敷いた方が良いのかということについてもお話したいと思います。

ページ 11234次ページ>>