下着の種類別の洗濯の方法!長持ちさせるための正しい洗い方

ふだん何気なく洗濯している下着ですが、実は正しいやり方があるのをご存知ですか?毎日着るものなのでついつい雑に扱っている方も多いですよね。大切な下着をきれいに維持させるためにも今回は種類別洗濯方法やコツ、種類別の干し方をご紹介していきます。ぜひ参考にして長く着られるようにしましょう。

下着の種類別の洗濯の方法

干されているショーツ

ここからは種類別の洗い方をご紹介します。ご自分のもので試してみてくださいね。

ブラジャー

手洗い

  1. ブラが入るくらいの入れものに水と少量のオシャレ着用洗剤を入れる
  2. 軽く振り洗いする
  3. 汚れが気になる場合はつかみ洗いをする
  4. しっかりすすぐ
  5. タオルで水分を拭く

ブラを手洗いするときはあまり力を入れすぎないようにしましょう。ブラは思っているよりもデリケートです。優しくていねいに洗うようにしてください。めんどくさいと感じる方も多いと思いますが、手で洗った分きれいに落ち、またそれ自体も長く着られるのでおすすめです。

洗剤はおしゃれ着用でも良いですが、市販のランジェリー用洗剤もあります。自分の好みに合ったものを使ってみてください。ドラッグストアで購入することができます。

また、ブラを洗うときは振り洗いをしましょう。振り洗いとはブラの端を掴んで水の中でフリフリと揺するやり方を言います。繊細な生地によく使われる方法です。ブラの汚れが気になるときはつかみ洗いも効果的です。桶の中で握ったり離したりしながら洗います。

電気洗濯機

  1. ネットにホックを付けて入れる
  2. 洗濯はまたはドライを選ぶ
  3. 電気洗濯機のスイッチを入れる

手洗いで洗うよりも電気洗濯機のほうがネットに入れてスイッチを押すだけなので簡単です。電気洗濯機の手洗いなどは人間の手洗いを再現しているので汚れをしっかり落として、なおかつ形を保ったまま洗うことができます。

また、洗濯ネットはできるだけブラ用のものを使いましょう。普通のネットは周りの衣類と混ざるのは防げますが、脱水の際の遠心力でブラが押しつぶされてしまう可能性があります。ブラ用の洗濯ネットなら骨組みが入っているので、まわりの衣類に潰されることなく洗うことができます。

ショーツ

  1. 洗濯ネットに1枚ずつ入れる
  2. オシャレ着用洗剤を入れる
  3. 洗濯はドライを選ぶ
  4. 電気洗濯機のスイッチを入れる

ショーツも必ず洗濯ネットに入れて洗濯するようにしましょう。そのとき何枚もネットに入れてしまうとショーツ同士が擦れて生地を傷つけあってしまいます。ショーツをきれいに保つためにも必ず1枚ずつ入れるようにしてください。

血の付いたショーツはそのまま電気洗濯機に入れるのではなく、血のついている部分を水で洗い流して、漂白剤をかけてから電気洗濯機に入れるようにしてください。そのまま入れたり、漂白剤をそのままかけてもきれいに落ちるとは限らないので注意しましょう。

専用洗濯ネット

ダイヤ ランドリーネット apexドーム型ブラジャーネット 直径約18cm×高さ約12cm

ブラトップ

レック CX ブラトップ & ブラジャー用ネット (細目) 洗濯ネット W-453
  1. ブラトップ用のネットに入れる
  2. オシャレ着用洗剤を入れる
  3. 洗濯はドライを選ぶ
  4. 電気洗濯機のスイッチを入れる

現在はブラトップ専用のネットが売っています。選ぶ際は必ず立体のものを選ぶようにしましょう。ブラトップはタンクトップ感覚で着られてついつい雑に扱ってしまいがちですが、丁寧に洗ってあげると型崩れすることなく洗うことができます。

下着の洗濯をするときのコツ

洗濯物を入れている様子

必ずネットを使用する

洗濯ネットは、まわりの洗濯物から中に入っている洗濯物を守る役割があります。ネットに入れずに洗濯をすると、まわりの洗濯物と絡まってしまい、ゴムの部分が伸びてしまったりします。

せっかく買った大好きな下着が傷んで着られなくなったら悲しいですよね。きれいに維持させるためにもちゃんとネットを使いましょう。

オシャレ着用洗剤を使用する

洗濯するときは必ずオシャレ着用洗剤を使いましょう。汚れを落とす際はアルカリ性の洗剤をよく使いますよね。しかし、汚れを落としたいからと言ってアルカリ性の洗剤を使うと生地を傷めてしまう可能性があります。

また、オシャレ着用洗剤は色落ちを予防したり、多少の型崩れを補正する役割も持っています。オシャレ着用洗剤を使えばきれいな状態で維持させる事ができるのでおすすめです。

電気洗濯機は手洗いまたはドライを使う

電気洗濯機で洗うときは必ず手洗いまたはドライを選ぶようにしましょう。標準のコースで洗ってしまうと水流が強すぎて型崩れしてしまう原因になります。ドライだと人間の手洗いを再現して洗ってくれるので、汚れをちゃんと落としつつ形はきれいに保ってくれます。

下着を洗濯したときの種類別の干し方

干されているブラ

洗濯物を干すときにもちょっとしたコツがあります。干し方一つで下着の持ちが変わってしまうので気をつけて干すようにしましょう。

ブラジャー

  1. カップの形を整える
    干すときはまずはカップを整えましょう。カップを整えないまま干してしまうと型が崩れていた場合、そのままの形で乾いてしまいます。そのままで乾いてしまうと、元のきれいな形には戻すことができないので必ず最初に整えておきましょう。
  2. カップ下を洗濯バサミで挟む
    洗濯バサミで挟んで干す場合は、伸びにくいカップの下の部分をピンチで挟んで干すようにしてください。肩紐に挟んでしまうと水分の重さでストラップが伸びてしまいます。伸びると長く着ることは難しくなってしまうので必ず下の方で干すようにしてください。
  3. 風通しのいいところに干す
    最後に風通しのいいところに干して完了です。ブラは乾きにくいと言われていますが、きちんと間隔を開けて風通しを良くして干せば乾きます。

ショーツ

  1. シワにならないよう手で広げる
    ショーツは洗濯物から出すと丸まっていることが多いです。そのまま軽く広げて干してもいいですが、乾いたときにシワになってしまいます。できれば干す前に手で叩いてシワを伸ばしてから干すようにしてください。
  2. ウエストゴムのところをピンチで挟む
    ショーツを干すときはウエストゴムのところで干すようにしましょう。ゴムの部分が上にあることで乾きやすくなるのでゴムが伸びることなく乾かすことができます。
  3. 風通しのいいところに干す
    最後に風通しのいいところに干して完了です。

ブラトップ

  1. 胸下のところで折って干す
    ブラトップはハンガーにかけて干しましょう。そのままハンガーにかけると肩の部分が伸びてしまい、着れなくなる原因になります。長く着るためにも胸の下のところで折って干すようにしましょう。
  2. 風通しのいいところに干す
    最後に風通しのいいところに干して完了です。

下着をきれいに維持させる方法

柔軟剤を入れている様子

洗剤にこだわる

下着は毎日身につけるもの。しかも、肌に直接触れるものなので肌触りは良くしたいですよね。なので洗うときは少し洗剤に気を遣ってみましょう。

タグの素材を確認して、その素材に合った洗剤を選ぶときれいに維持することができます。また、柔軟剤を使うことで肌触りも香りも楽しむことができます。好きな柔軟剤を使って好きな香りを身にまとうのもいいのではないでしょうか。

保管するときはふんわり並べる

保管するときは必ずふんわり並べるようにしましょう。ギチギチに詰めてしまうと型崩れの原因になります。どこに何をしまったのかもわからなくなってしまうので、ちゃんと揃えてタンスに入れるようにしてください。

下着専用収納ケースを使ってみるのはいかがでしょうか。

収納ボックス 収納ケース 引き出し仕切り 仕切りボックス 下着収納 4点セット 不織布 折りたたみ式

最後に

保管されている下着

今回は下着をきれいに維持させる洗濯の方法についてご紹介しました。大好きな下着は今回紹介した適切な洗濯の方法をして、型崩れをしないように干して保管すればフィット感や肌触りをそのままに愛用できます。少し手間がかかるものもありますが、この手間ひとつできれいに維持できます。この記事を参考に洗ってみてください。

黒い下着

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる