布団のお手入れ・洗い方

「布団のお手入れ・洗い方」の記事一覧

布団を干さないダニ・カビ対策!布団乾燥機の使い方や室内干しの効果

布団を干さない方、必見です!今回は布団を天日干しせずに、ダニ・カビ対策をどうしたらよいのかをご紹介します。眠りを妨げたり、不衛生にならないように布団の湿気を放湿、乾燥させる方法はいくつかあります。面倒なうえに天候に左右されがちな天日干しをしなくても、室内干しや布団乾燥機を活用して布団をふわっと気持ちよく乾かしてみましょう。

敷布団の洗濯方法おすすめ4選!自宅やコインランドリーでの洗い方もチェック

敷布団には、汗や汚れがたまりダニがつきやすく、定期的に洗濯した方がよいといわれています。敷布団を自宅の浴槽で洗濯する方法、コインランドリーで洗濯する方法について解説します。便利な宅配クリーニングの相場や業者選びのポイントもご紹介します。

布団のダニ対策!繁殖時期と退治方法

布団のダニ対策は万全ですか?どこの家庭の布団にも住みついているダニですが、除去するだけでなく、新たなダニの繁殖を防ぐことも必要になってきます。ダニの温床となりやすい布団を常に清潔に保つためには、掃除機で吸い取る方法や、丸洗い、乾燥機の使用など、健康への影響がでる前に対処しなくてはいけません。ご紹介する退治方法で快適な眠りを手にいれましょう。

羽毛布団のお手入れ方法!正しい干し方からしまい方まで

毎日使う羽毛布団だからこそ、干し方からしまい方まで正しいお手入れ方法を再確認しておきたいものです。「軽」「柔」「暖」と一度使ったら手放せないよいことづくしの羽毛布団ですが、汗や皮脂が蓄積されるとふくらみが減り、その機能を失ってしまいます。ですが、きちんとケアすることで長い間使い続けることができるのです。そこで今回は、日々のケアから定期的におこなうケアまで、羽毛布団をより長く快適に使い続けるお手入れ方法をお届けします。

布団をコインランドリーで洗濯する方法!メリットと注意すべき点や時間と料金

みなさんが、日頃愛用している布団ですが、気持ちよく寝るために晴れた日など定期的に干して、殺菌を行ったり湿気などを取り除いたりしますよね。ちなみに、丸々洗ったりはしていますか?家で洗濯する人、クリーニングに出す人、大きいので洗えない、洗わない人さまざまでしょう。いまはコインランドリーの機械もだいぶ進化していて、実は布団を洗濯できます。今回は、布団の洗い方から注意点までご説明します。

布団についた生理の血の落とし方!時間が経った汚れの対処法から予防まで

「やば!生理中に布団を汚してしまった!」「血液汚れって一度付いたら二度と落ちないかな…」慌てなくても大丈夫!確かに血液は普通の汚れと違って落としにくいですが、落とし方のコツを抑えれば簡単に落ちます。そこで今回は、布団について間もない血液の落とし方と長時間放置してシミになった血液を落とす方法、あらかじめ布団を汚さない対応策を紹介します。女性はこの悩みを一生抱えて生きていきます。少しでも対処が楽になって欲しい。参考になって欲しいなと思います。

羊毛布団を自宅で洗濯する方法と注意点!

他の繊維に比べて保温性や湿気の吸放湿性が優れている羊毛布団。長期間使用することで、羊毛の独特の臭いや汗や体臭によって丸洗いしたい!という方も多いのではないでしょうか。クリーニングに出す方も多いと思いますが、自宅でも洗濯できるかどうか気になりますよね。結論から申し上げると、自宅でも洗うことはできます。しかし、素材の特性上、羊毛は水と摩擦に弱いため様々な注意点があります。洗濯の仕方を誤ると、縮んでしまったりゴワゴワになってしまう恐れもありますので、洗濯する前には必ず洗濯表示を確認するようにしてくださいね。自宅で洗濯する方法と、その注意点について、紹介します。

正しい布団の洗濯方法!自宅で洗う方法とコインランドリーの使い方!

「布団を洗いたいけど、クリーニングに行く暇がない!」「家で洗いたいけど、自宅で洗濯しても大丈夫なのかな?」シャツやズボンと違って、布団は頻繁に洗うものではありませんよね?衣類なら見た感じで洗濯機に対応できるかわかりますが、布団は色んな素材が使われているので、洗濯機に入れていいのかどうか迷います。しかし梅雨に入ると、天日干しできるタイミングもなくなるし、クリーニング店やコインランドリーは利用者が増えてしまいます。早めに動くのが吉です!そこで今回は、自宅やコインランドリーで布団を洗う方法や、乾燥の方法、素材別の洗濯方法をご紹介します。

掛け布団の洗濯方法!ふかふかになる干し方とコツ

毎日のように使う掛け布団。湿気がこもった状態のままで放置しておくと、ダニやカビの繁殖場所になってしまいます。掛け布団の洗濯方法について、家で洗う方法からコインランドリーやクリーニング店を利用する方法までを紹介します。季節が変わって布団を入れ替える時に、きれいに洗濯した状態で保管しておくと、いつでも気持ちよく使うことができます。

布団を部屋干しする方法!室内で効率よく乾かす簡単アイデアとおすすめグッズ

布団は一般的に日光に当てて干す物とされていますが、室内干しとどのくらい違いがあるのかは詳しく知られていませんよね?外だと鳥の糞、ベランダの手すりの汚れ、持っていくまでの労力など状況によっては大変だったりします。そこで室内干しはどのくらい効果があるのか、天日干しの代わりになり得るのかを除菌防ダニなどの面からも解説します。

布団を天日干しする効果はあるのか?乾燥機やファブリーズとの違い

1日の終わりを快適にする寝具。その中でも布団はその性質上、寝汗や垢で汚れやすいという面を持っている。洗濯機にも入れづらいサイズ感のため、どうすれば手入れできるかわからずにそのままにしている人も少なくありません。ここでは布団を手入れするために天日干しの効果をご紹介するだけでなく、天日干しの際の注意点もご紹介していきます。

座布団の洗濯方法!失敗の少ない洗い方から干し方まで

座布団を洗濯する機会は、衣類を洗濯する機会よりも圧倒的に少ないです。大きいですし、一回使ったからと言って洗濯する訳にもいきません。ただ、汁物をこぼすなど座布団の中まで汚れるような事態となれば洗濯の必要性が出てきます。座布団を洗濯すると言っても、その方法や干し方に注意点があるので、それらを紹介していきます。

布団を干す適切な頻度や時間とは?干しすぎるとどうなる?

ダニの繁殖を防ぐために布団やマットレスは定期的に干して起きたい所ですが、実は干しすぎるのも良くない事をご存知ですか?また天日干しや乾燥機の頻度、時間といったものは素材の違いでも変わってきます。気持ちの良いフカフカのお布団で寝ることは疲れの取れやすい質の高い睡眠のためにも必要不可欠。そこでそのための最適な頻度と時間をご紹介したいと思います。

羽毛布団が臭う原因とは?ニオイの取り方から対策まで

羽毛布団が臭い原因はいくつかあり、中には洗濯したことでよけい臭ってしまうケースもあります。原因によって対処方法も違ってきますが、臭いに敏感な人は羽毛布団選びの段階から臭いが出にくいタイプを注意して選ぶ必要があり、保管方法によっても臭う度合が違って来ることから、購入後のケアにも気を遣うことが大事です。

こたつ布団はコインランドリーで洗おう!乾燥時間や料金、洗い方から注意点まで

こたつ布団の洗い方で迷っているなら断然コインランドリーをおすすめします!冬をあたたかく快適にしてくれるこたつですが、こたつ布団が汚れやすいのが悩みどころですよね。自分もつい飲み物をこぼしてしまったり、子供がチョコレートをつけてしまったり、ホコリもつきやすいです。シーズン中に何度も洗うことはしませんが、シーズンが終わったらしっかりキレイに洗ってから片付けたいですよね。こたつ布団をコインランドリーで洗う方法について、メリット・時間・料金・注意点などご紹介しましょう。

布団の気になる臭いの取り方!原因や予防対策、いい匂いにする方法まで

みなさんのお布団は、いい匂いがしますか?カバーは柔軟剤のいい匂いがするけれど、お布団そのものはちょっと臭いが気になる、なんてことありませんか?お布団のお手入れを毎日しっかり行っているという方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、あまりにもお手入れをサボっていると、気になる臭いの原因が発生してしまいます。汗臭いような、カビ臭いような、皮脂臭いような、そんな臭いのするお布団では寝たくないですよね。今回は、お布団の臭いの原因・取り方・予防対策などご紹介しましょう。

布団カバーの洗濯方法!頻度や洗い方から干し方まで

布団カバーはどれくらいの頻度で洗濯するのか?布団カバーの洗濯方法、みんなどうしてるのだろう?など、布団カバーの洗濯方法や洗濯する頻度って、よく議論になりますよね。健康にも美容にも質の良い睡眠が大事と言いますが、まずは眠る場所が整っていなければ意味がありません。布団カバーは常に清潔にしておきたいですね。布団カバーの正しい洗濯方法と手順、洗濯する頻度、干し方についてご紹介したいと思います。

こたつ布団の洗濯方法!自宅でも洗濯は可能です

こたつ布団の洗濯ってちゃんとしてますか?キレイに見えても食べ物や飲み物をこぼしてしまったり、汗を吸っていつのまにか汚れて臭いが気になってしまうことがあります。こたつを出し始める季節が来る前に1度こたつ布団の状態を確認して汚れていたらキレイに洗濯をしてからこたつを使いたいものです。今回はこたつ布団の洗濯方法を紹介します。