羽毛布団が臭い!その原因と対策や予防方法

羽毛布団が臭い原因はいくつかあり、中には洗濯したことでよけい臭ってしまうケースもあります。原因によって対処方法も違ってきますが、臭いに敏感な人は羽毛布団選びの段階から臭いが出にくいタイプを注意して選ぶ必要があり、保管方法によっても臭う度合が違って来ることから、購入後のケアにも気を遣うことが大事です。

羽毛布団が臭い原因

羽毛布団とベッド

羽毛布団の臭いがきつくなる原因は、羽毛に元々付着している油脂分が高い温度や湿度によって徐々に溶け出して来るためです。

羽毛布団の製造過程で余分な油脂分の大半は洗浄によって取り除かれますが、洗浄が不十分なまま出荷された羽毛が使われている布団は、高温多湿によって臭いが発生しやすくなると考えられています。

油脂分を完全に除去すると羽毛が割れて保温力が低下してしまうため、ある程度は致し方ない面があります。羽毛布団は温度の高い密封されたトラックなどで運ばれてますので、油脂分が多く溶け出し、よけいに臭いが増している可能性があります。

洗うタイプの羽毛布団が臭い

洗濯機の中

洗えるタイプの羽毛布団の場合はきれいに洗って干すため、臭いの心配がないという印象があります。しかし洗濯後に特に臭いがきつくなるというケースもあり、メーカーへのクレームも多いと言われています。

洗濯後に臭う原因も羽毛に付着している油脂分にあり、洗濯後の乾燥が不十分なままで湿気によって臭いが増してしまうためです。

洗えるタイプの羽毛布団は、あらかじめ何度か洗浄されることを想定して羽毛の油脂分を多めに残して製造されている物もあるため、そういった配慮が裏目に出て洗濯後の臭いの元になっていることもあります。

羽毛の種類によって臭いが違う

羽毛のイメージカット

臭いに敏感な人の場合、羽毛布団を購入する際に臭いが出やすい製品なのかどうかをチェックしておく必要があります。

羽毛の種類には大きく分けてグースとダックの2種類があり、臭いがきつくなりやすいのはダックから採取された羽毛とされ、臭いにくい羽毛布団を購入したい場合はグースが使われた製品を選んでおけば安心です。

水鳥の飼育期間も臭いの原因に少なからず関わっているとされ、一般的に若鳥から採取された羽毛の羽軸には栄養成分が多く残っているため、それを洗浄し切れず臭いの元になってしまう可能性が高まります。

採取時期によっても臭いに違いがある

羽毛の採取時期も大事で、梅雨時など湿気の多い時期に採られた羽毛は油脂分が多く、洗浄し切れないまま製品化され臭いやすくなってしまうことも指摘されています。

根本から臭い対策をしたい人は信頼できるメーカーの質の高い羽毛布団を購入する必要があり、洗えるタイプの羽毛布団は洗濯後に臭いが出るリスクが高いことを認識しておくことが大事です。

羽毛布団の臭いの発生を抑える方法

コインランドリー

洗えるタイプの羽毛布団を使用中で臭いに困っている場合は、コインランドリーの乾燥機で内部までしっかりと乾燥させることで臭いの発生を抑えることができます。

高温多湿が臭いの元ということで保管方法にも気を遣う必要があり、ビニール等で密封せず通気性の良い専用ケースや風呂敷に入れ、すのこの上などに載せて保管することが大事です。

臭いが強いからと消臭スプレーを多用するのは逆効果で、どうしても利用したい場合は本体にかけず布団カバーにスプレーしておきます。

臭う羽毛布団を乾燥させることが一番の対策!

干された羽毛布団

洗えるタイプの羽毛布団が臭いからと何度も洗うと羽毛本来の保温力が低下して、せっかくの羽毛の良さが損なわれてしまうこともあり、どうしても気になる場合は面倒でもコインランドリーを利用し、しっかり乾燥させることが大事です。

湿気が臭いの最大原因ということで、羽毛を傷めないようカバーをして定期的に天日干しをすることが最良ということになります。