布団カバーの洗濯方法!頻度や洗い方から干し方まで

布団カバーはどれくらいの頻度で洗濯するのか?布団カバーの洗濯方法、みんなどうしてるのだろう?など、布団カバーの洗濯方法や洗濯する頻度って、よく議論になりますよね。健康にも美容にも質の良い睡眠が大事と言いますが、まずは眠る場所が整っていなければ意味がありません。布団カバーは常に清潔にしておきたいですね。布団カバーの正しい洗濯方法と手順、洗濯する頻度、干し方についてご紹介したいと思います。

布団カバーの正しい洗濯方法と手順

洗濯かごに入った布団カバー

手順①布団カバーについたホコリや糸くずや髪の毛を取り除く

布団カバーには、ホコリや糸くずや髪の毛などが付着しています。そのまま洗濯機の中へ入れてしまうのは何だか躊躇してしまいませんか?洗濯機の詰まりや故障の原因になってしまうこともあります。コロコロ(粘着テープ)を使って取り除いても良いですし、ベランダや庭で叩いて払い落としても良いですし、できる限り取り除いておくと良いです。

手順②布団カバーを裏返しにする

洗濯カバーの肌触りを保つため、裏返しにしてから洗濯するのがおすすめです。私も以前は表のままで洗濯していたのですが、毛玉ができやすく、擦れて傷みやすかったです。裏返しにしてから洗濯するようになってからは、買ったばかりの頃のような肌触りを少しでも長く保つことができていると思います。

手順③布団カバーをたたみ、洗濯ネットに入れる

布団カバーのタグに書かれている洗濯表示をご確認ください。“洗濯ネット使用”と書かれている場合には必ず洗濯ネットに入れて洗濯します。たたんでから洗濯ネットに入れて洗濯すると、より傷みを軽くすることができます。洗濯ネットを使用しなくても洗濯が可能な布団カバーもありますが、絡まってしまうことや擦れてしまうことを防ぐため、やはり洗濯ネットに入れて洗濯するのが良いです。

手順④中性洗剤を使って洗濯する

私のおすすめは、おしゃれ着洗い専用の洗濯洗剤です。手洗いで洗濯するのか、洗濯機で洗濯するのか、どちらを選んでも構いません。事前に布団カバーのタグに書かれている洗濯表示をご確認ください。素材によっては洗濯機で洗濯することができないものもあります。

手順⑤優しく洗う

手洗いで洗濯する場合は、押し洗いや優しくもみ洗いをするのがおすすめです。洗濯機で洗濯する場合は、ドライコースや手洗いコースを選択するのがおすすめです。脱水は1分から2分ほどの短時間で済ませるのがおすすめです。

おすすめする理由は、シワを予防することができるからです。シワになってしまったらアイロンをかけるのは面倒ですよね。かと言って、シワシワの布団カバーを使うのも嫌ですよね。洗い方ひとつでシワも予防することができるのです。

布団カバーを洗濯する頻度はどれくらい?

布団とカバーをそれぞれ干している

「理想は週1回だ」という方がほとんどなのではないでしょうか。しかし、忙しくてなかなか洗濯する時間がなかったり、日曜日に洗濯したいけどお天気が悪くなってできなくなってしまったり、上手くいかないものですよね。

私たちは眠っている間にコップ一杯(約200ml)ほどの汗をかいているとされています。湿気はカビやダニや雑菌の繁殖や増殖の原因になります。定期的に洗濯をして清潔を保ちたいものです。

夏と冬では布団カバーを洗濯する頻度が違う

寝汗をかきやすい夏も布団カバーを洗濯する頻度は一般的には週1回だという方がほとんどでしょう。ごくわずかですが、夏の間は布団カバーを毎日取り換えている、という方もいらっしゃるようです。

冬も布団カバーを洗濯する頻度は一般的には週1回のようですが、二週間に1回(月2回)や月1回だという方も多いようです。汚れやニオイが気になったら洗濯するという方もいらっしゃるようですし、夏と比べると頻度は少なくなる傾向にあります。

布団カバーの干し方

干している布団カバー

物干し竿1本に布団カバーをかけて干すという方がほとんどなのではないでしょうか。実はもっと効率よく早く乾かすことができる方法があります。物干し竿を2本使って、布団カバーがM字の形になるように干すという方法です。

布団カバーは風通しの良い場所で陰干しをするのがおすすめです。直射日光に当てて干すと色褪せてしまい、布団カバーの繊維を傷めてしまいやすいので注意が必要です。また、布団カバーは風に煽られて飛んでしまいやすいので、洗濯ばさみでしっかりと固定しましょう。洗濯ばさみの跡がついてしまうのは嫌ですので、優しく挟んでくれるものを選ぶと良いです。

まとめ

布団カバーをかぶった女性

布団カバーを清潔に保ちたいのであれば、週1回の洗濯が理想的です。布団カバーを複数枚用意しておけば、もっと頻繁に取り換えることもできますよね。見た目には汚れていないように見えても、寝汗によって湿気が多くなってしまっていたり、カビやダニや雑菌が大量に繁殖してしまったりしているかもしれません。定期的にお手入れしたいですよね。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる