座布団の洗濯方法!失敗の少ない洗い方から干し方まで

座布団を洗濯する機会は、衣類を洗濯する機会よりも圧倒的に少ないです。大きいですし、一回使ったからと言って洗濯する訳にもいきません。ただ、汁物をこぼすなど座布団の中まで汚れるような事態となれば洗濯の必要性が出てきます。座布団を洗濯すると言っても、その方法や干し方に注意点があるので、それらを紹介していきます。

座布団は洗濯機でも洗える!でも注意が必要

洗濯機で洗っている様子

座布団が洗濯機に入ることが大前提となりますが、一応洗濯機で洗えます。しかし、全ての座布団が洗濯機で洗える訳ではなくポリエステル100%の座布団限定です。

ポリエステルは座布団だけでなく多くの衣類にも使われていて、乾きやすくて丈夫という特徴があります。問題は座布団に綿が使われている場合で、洗濯機を使用してはいけません。洗濯機は強烈な遠心力がかかるので、どうしても綿が片寄っていびつな形になってしまいます。

それだけでなく、綿が硬くなって座り心地にも悪影響を及ぼすかもしれないのです。事前に座布団に使われている生地を調べて、洗濯機で洗えるか否かの判断を間違えないようにします。

座布団には「手洗い」がおすすめ

手洗い

洗濯機が使えないとなると、風呂場で一つ一つ洗うことになります。

浴槽に少し湯を入れて、洗濯用洗剤を溶かしたところに座布団を浸します。浸け置きではなく、手や足で座布団を押して中まで均等に洗剤が行き渡るようにしてください。なお、汁物をこぼしてひどく汚れている場合は、ある程度汚れを落としてから浴槽内に入れると良いです。

座布団を手や足で押す時は、乱暴にならないように注意します。いくら水の中とは言っても乱暴に扱えば状態は悪くなりますし、洗濯機を使わず一つ一つ洗うメリットを最大限に生かせません。

座布団を風呂場で洗う時は一つだけでなく複数を一気に洗うケースも多いと思われます。その場合は、面倒でも汚れた湯を一回流してからまた新しい湯を溜めるようにします。座布団を洗っていなかった期間にもよりますが、一枚洗うだけでも大量の汚れが浮かび上がってくるからです。

汚れた湯のまま次の座布団を浸しても、逆に汚れを付着させるだけになってしまいます。それなりに時間がかかるので、休日など時間を使える時に洗うのがベストです。

座布団の適切な干し方

洗剤

浮かせて天日干しがコツ

座布団の適切な干し方としては、地面と接するのではなく何らかの方法で浮かせて干す必要があります。地面と接しているとスムーズに干せないですし、湿った状態が続けばカビが発生する原因にもなります。それに、一日や二日で完全に乾くとは言えないのでしばらく晴天が続くような時に洗って干すのが理想です。

平干しをするべき

座布団を干す時は、傾けて干すのではなく平行になるように干します。中身が片寄ってしまうと座り心地が悪くなりますし、片寄ったまま硬くなってしまうと戻すのが大変です。物干し竿を平行に並べてそこに座布団を置くなどの方法が望ましく、洗濯バサミで吊るすような干し方は避けます。

ストーブで乾かすのも◎

天日干しで乾かすのがベストではありますが、急な雨や曇り空で乾かない場合はストーブを利用してなるべく早く水分を飛ばしたいものです。一日中干せば水分が飛んだと思いがちになりますが、内部はまだ湿っている可能性が高いので注意が必要です。

座布団の洗濯は慎重にやろう

和室の座布団

座布団は、高級なものだと一枚数万円するので洗濯をするのが怖いという気持ちになっても不思議ではありません。不安が大きければ、座布団を洗ってくれる業者に頼むのがベストではあります。

ただ、洗濯機で洗えるかを確かめて慎重に扱えば何も問題はありません。洗うのは確かに座布団へダメージを与える行為ですが、洗わないと清潔な状態を維持できません。

お金と衛生面を考慮し、なるべく自身の手で洗えるといいですね。