野菜の知識

「野菜の知識」の記事一覧

人参から芽が出たらどうすればいい?食べることはできる?

にんじんの芽や根には毒がないので、除去せずに通常通り食べることができます。ですが、芽が出た人参はおいしくありません。むしろ、ニンジン臭が強く、味も落ちているので不味いです。

舞茸が水っぽいのは腐っている?!パックのまま保存するのはNG?

舞茸が水っぽいけど食べても大丈夫かな?と思った時はすでに腐り始めのサインですので食べるのはやめておきましょう。舞茸は傷んでくると内部から水分を出して水っぽくなりますが、完全に腐っていなくても細菌や微生物が繁殖している可能性があります。水っぽい以外に舞茸が腐るとどうなるのか、舞茸が水っぽくならない保存方法などを紹介します。

なすが苦い原因とは?あく抜きをすれば苦みが無くなる?

なすが苦いのは腐っているから?いいえ!なすが苦い理由は腐ったからではなくアクに含まれる苦味成分が原因です。それはクロロゲン酸という苦味成分でポリフェノールの一種です。ただ、苦いとなすの旨味が激減してしまいますし、料理の味が苦みで変わってきます。そのためになにをすればいいのでしょうか?この記事にまとめました。

山芋の食べ過ぎによるデメリットはある?1日の摂取目安量はどの位?

とろろにしてサラサラっと食べられる山芋ですが、食べ過ぎによるデメリットはあるのでしょうか?体調の回復にもつながる栄養食として昔から好まれている山芋は、たくさん食べても良さそうな気がしますよね。今回は栄養成分や効果的な食べ方、食べ過ぎると体に悪い影響があるのか、また1日の摂取目安量はどの位かについて紹介していきます!

新玉ねぎなのにからい!美味しく食べるための辛みの抜き方

玉ねぎを加熱せずに生で食べると辛くえぐみを感じることがあります。収穫からしばらく寝かせた一般的な玉ねぎは、このような辛味を出すことがありますが、新玉ねぎは一般的にからくはないと言われているはずなのに、辛いものがあるようです。今回は、新玉ねぎと普通の玉ねぎとの違いや、辛味の抑え方、栄養価などについて、ご紹介します。

人参がふにゃふにゃになった時の対処法!復活させる方法はある?

人参は乾燥しやすい野菜です。水分が出てしまい、ふにゃふにゃの状態のものであれは、食べても問題ありません。今回はふにゃふにゃになった人参はどうすればよいか、その対処法や賞味期限、買うときの選び方などについてご紹介します。

さつまいもの堀りたては甘くない?美味しくする収穫後の処理を解説

さつまいもは堀りたてよりも時間を置いた方が甘みが増して美味しくなります。デンプン質が多い野菜は、「追熟」と言って収穫してから数日置くことで、デンプン質が糖分にかわるのです。堀りたてさつまいもをすぐに食べたい気持ちをグッと抑えましょう!同時に我慢できない方には、すぐに堀りたてさつまいもを食べても美味しいレシピを紹介します。

芽キャベツはまずい?苦みがやわらぐ下処理のコツとは

付け合わせやシチューなどに使われる「芽キャベツ」は、品種改良により小型化されたキャベツです。「キャベツ」とはいうものの形も味も違っていてオシャレな食材のイメージがありますよね。ところがキャベツにはない苦味があり芽キャベツはまずい?と思っている方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、まずいと感じる理由や保存方法、苦みがやわらぐ下処理のコツを紹介したいと思います。

紫キャベツは炒めてはいけない理由とは?

紫キャベツを炒めてはいけないと言われる理由をご存じですか?それは他の食材も紫色になってしまうからです。紫色になったら見た目が変わって美味しそう見えない料理もありますよね。例えば、紫色のご飯、紫色の焼きそばなど。そもそも紫キャベツはどうして紫なんでしょうか?今回は紫キャベツが紫の理由や炒める時のポイントなどを紹介します。

きゅうりの中が茶色い原因!食べてはいけない場合の見分け方

見た目は問題ないのに、きゅうりを切ったら中が茶色くなっていたことありませんか?きゅうりの中が茶色くなる原因はさまざまですが、腐っていなければ食べることもできます。今回は、きゅうりの中が茶色くなる原因や食べることができる場合と食べてはいけない場合のきゅうりの状態、茶色くならない保存方法を紹介します。

スナップエンドウを食べ過ぎるとどうなる?腹痛の原因になる?

さやごと食べることができるシャキシャキとした食感のスナップエンドウ。甘くて美味しいのでついつい手がでてしまいますが、食べ過ぎると腹痛の原因になるのでしょうか?絹さややグリーンピースの一種を食べやすく改良したスナップエンドウは、輸入やハウス栽培などで1年中食べられるようになりました。そんなスナップエンドウの栄養成分や調理法なども含め紹介しますので参考にしてみてください!

大根を下茹でするのはなぜ?アク抜きは本当に必要?

おでんやブリ大根など大根の煮物系レシピを見ると、あらかじめ大根を下茹ですることを勧めていますが、そもそもなぜ大根を下茹でする必要があるのでしょうか?大根を下茹でする主な目的は大根のアクや苦みやえぐみを取り除くことです。他にも大根をなぜ下茹ですると良いのかの理由がありますので。正しい下茹での仕方と合わせて覚えてくださいね。

らっきょうはいつ食べるのが効果的?タイミングと食べ方

らっきょうはいつたべるのが効果的でしょうか?答えは食前です!らっきょうを食前に食べるのが効果的な理由はらっきょうが血糖値の上昇を抑えるからです。糖や脂肪の吸収がゆるやかになりますのでダイエット効果が期待できます。らっきょうを食べるタイミングや一日の摂取量、ダイエット効果やそれ以外の効果効能を確認しましょう。

しいたけが赤いのはカビ?食べても大丈夫?

しいたけの傘の裏や石づき、カットした断面などが赤いのはカビではありませんし、腐っているわけでもありませんので食べても大丈夫です。しいたけが赤いのはしいたけに含まれるチロシンという成分が原因です。チロシンとはどのような成分なのか、赤いしいたけを食べても良い理由や食べてはいけないしいたけの見分け方をお話します。

栗が水に浮く理由とは?虫がついていた時の対処法

栗は「水に浮くもの」と「水に沈むもの」に分かれる理由とは何でしょうか?また、山で拾った栗や無農薬の栗は殺虫剤処理をしていないため、中に虫が入っているものが多いようです。この記事では、虫食い栗を見分ける方法と処理方法をご紹介します。

とろろを冷凍するとまずいと感じる理由!おいしさを保つコツとは

冷凍したとろろはまずいと言われます。確かに冷凍や解凍の方法を間違えると、とろろから水分が抜けてしまい、パサパサした食感になり、まずいと感じます。また、冷凍したとろろがまずいと感じるのは、味や歯ごたえが損なわれてしまうからです。冷凍してもとろろを美味しく食べるための方法をまとめましたので、参考にしてください。

エゴマとシソの違いとは?見分け方やそれぞれの特徴をご紹介

エゴマとシソは、一見すると区別がつかないほど似ています。しかし、エゴマとシソは、葉の輪郭で見分けることができます。エゴマの葉は丸みを帯びた輪郭をしていますが、シソの葉はギザギザで葉先が尖っています。見た目の違いはそれだけではありません。エゴマとシソには多くの違いがあり、それぞれの違いを特徴として比較してみた。

長芋を酢水で下処理する手順!さらす時間はどの位?

長芋を酢水にさらす理由は「変色を防ぐ」「痒くなるのを防ぐ」「アク抜き」の3つです。特に、変色を防ぐために酢水にさらす人が多いようです。今回は、長芋を酢水にさらす方法、アク抜きの手順、正しい保存方法についてご紹介します。

もやしが臭い原因!ニオイを消す方法や長持ちさせる保存方法

買ったばかりのもやしが臭い!もやしは腐っていなくても臭いことがありますよね。もともともやしのニオイは特有で青臭いニオイがします。このニオイの元は根っこにあります。なぜ根っこが臭いのか、臭くても食べることができるもやしと食べてはいけないもやしの違いや、臭いもやしのニオイを取る方法をご紹介しますので参考にしてください!

ブロッコリースプラウトは二回目の収穫ができない!栽培のコツ

ブロッコリースプラウトは二回目の収穫ができません。かいわれ大根のように辛味は強くないので食べやすく、普通のブロッコリーよりも栄養価が高いスプラウトが、最近話題になっていますよね!ご家庭で栽培すれば、取れたての新鮮なブロッコリースプラウトたくさん食べられますね。今回は栽培方法やコツなどをご紹介しますので、挑戦してみませんか!

ページ 11234次ページ