賞味期限(その他)

「賞味期限(その他)」の記事一覧

ゆで卵は何日で腐る?賞味期限や長持ちさせるコツとは

幅広く使われているゆで卵が腐る前の賞味期限はどれくらいなのでしょうか?実は、ゆで卵は生卵よりも賞味期限が短く腐りやすいんです!安くて常備してある生卵をまとめて茹でておきたいところですが、ゆで卵が腐ることのないように長持ちさせるコツはあるのでしょうか。そこで今回はゆで卵が腐る原因やゆで卵が腐った時の見分け方、ゆで卵の保存方法や保存期間の目安についてお伝えしますので、ゆで卵を上手に作り置きしてみましょう!

もち米の賞味期限とは?見分け方や古くなっても美味しく食べるコツ

もち米は白米と違いあまり使うことが無いので賞味期限がわかりづらいものです。一般的にもち米は日持ちの良い食材と言われています。今回はもち米の賞味期限がどれくらいなのか、賞味期限を過ぎてもまだ食べることができるかもう食べられないのか見分ける方法や古くなったもち米を美味しく食べる方法を紹介します。

作り置きは一週間で腐る?日持ちさせるためのポイントとは

作り置きした料理は一週間で腐るのでしょうか?一週間分のおかずを作り置きしてする人がいますが、どうして腐ることなく一週間も日持ちするのでしょうか?肉や野菜など、いつもの手慣れた食材を使って一度にたくさん作り置きしておくことで、調理時間や光熱費が節約できるのも大きなメリットですよね。今回は美味しい作り置きおかずを一週間腐ることなく日持ちさせるための簡単なポイントをご紹介します。

手作りタルタルソースの日持ちは短い?市販品の賞味期限はどの位?

家庭でも美味しく作れる手作りタルタルソースですが日持ちは短いようです。タルタルソースはエビや白身魚のフライ、肉の揚げものと相性がよく比較的簡単にできるので、その都度タルタルソースを手作りしている場合も多いことでしょう。今回はタルタルソースの日持ち期間と正しい保存方法、そして手作りのタルタルソースと市販品のタルタルソースではどれくらい賞味期限が違うのか、注意点も含めて解説します。

お刺身の賞味期限はいつまで?日持ちの目安や保存方法による違い、期限切れの対策について

お刺身の賞味期限は1日~3日程度です。魚によっては賞味期限よりも早くお刺身本来の旨味が失われてしまうことがあります。お刺身の賞味期限は加工を行った店や業者や人が決めるため、独自に賞味期限が設定されていることがほとんどです。十分な余裕を持って設定されていますが、表示されている賞味期限よりも早くお刺身が傷んでしまう可能性も考えられます。

筋子の賞味期限はどのぐらい?冷凍・生など保存方法別による違い、食べられる期間について

筋子の賞味期限は当日中~90日程度です。保存状態や保存方法によって大きく変わります。そして、商品や販売者によって賞味期限の設定が大きく違います。また、筋子は鮭(サケ)や鱒(マス)の魚卵のことを言います。卵巣に入った状態の未成熟の魚卵で、卵巣膜で繋がっています。未加工であると「生筋子」、塩漬けであると「筋子」と呼ばれます。そして、成熟卵を「いくら」と呼びます。

海ぶどうの賞味期限はどのぐらい?正しい保存方法や期限切れの見分け方

海ぶどうの賞味期限をご存知ですか?食べきれなかった海ぶどうはどうやって保存すると良いのか?など健康に良いと言われプチプチとした食感が美味しくて楽しい海ぶどうですが、取り扱いに関して知らないことが結構ありますね。今回はそんな疑問にお答えすべく海ぶどうの賞味期限や正しい保存の方法を詳しく紹介します。

チーズは腐るとどうなる?臭い・味・色での見分け方、賞味期限や保存方法について

チーズが腐ると、どう変化するのでしょうか?チーズは発酵食品なので腐るといってもピンとこないかもしれませんが、腐ったチーズを食べると食中毒を起こす可能性もあります。今回は、腐ったチーズの特徴や腐る原因、チーズの正しい保存方法をご紹介。腐ったチーズを食べたときに起こりやすい体調の変化や、対処法についてもまとめています。

きな粉の賞味期限はどのぐらい?期限切れを見分ける方法、正しい保存方法について

きな粉の賞味期限はご存知ですか?きな粉は買って1度で使う量もあまり多くないので残った場合には保存しておくことになります。今回はきな粉の賞味期限について詳しく紹介します。賞味期限が切れてしまったきな粉はどのような状態になってしまうのか、賞味期限が切れても食べることができるきな粉の見分け方、きな粉の正しい保存方法なども詳しく紹介します。

豆腐が酸っぱい!食べても大丈夫?傷む原因や食べた時のリスク、消費期限について

豆腐を食べるときに、酸っぱいと感じたことはありませんか?豆腐は手軽に色々な料理で使うことができるので、まとめて買って冷蔵庫に入れてうっかり賞味期限が過ぎていたという経験がある方も少なくないと思います。今回は豆腐が酸っぱいときに食べても大丈夫か?豆腐が酸っぱい原因や酸っぱい豆腐を食べた時のリスクに関して紹介します。

シュトーレンが日持ちする理由とは!賞味期限や正しい保存方法を解説

ドイツ発祥のシュトーレンが日持ちする理由、皆さんご存知ですか?シュトーレンは冷蔵庫のなかった時代からクリスマスのまでの4週間前、少しずつ切り分けて食べる伝統的な菓子パンだからこそ、日持ちさせるためのいくつかの秘訣があるのです。そこで今回は、シュトーレンが日持ちする理由や賞味期限、どのような保存方法が正しいのかについて解説していきます。

マフィンの賞味期限はどの位?日持ちさせる保存方法は?

マフィンの賞味期限が実際のところどのくらいかわかりますか?マフィンはスーパーやカフェなどで購入するほかにも、手作りして楽しむ人も多くいます。今回はマフィンの賞味期限と多く勝ってきた場合や大量に作ってしまった場合などで、日持ちさせるための保存方法と保存後に美味しく食べる温め方を詳しく紹介します。

油揚げの賞味期限が切れた!まだ食べられる?見極め方と保存方法について

油揚げの賞味期限が切れてガッカリしていますか?まだ食べられるかもしれないと考えていますか?もし、賞味期限が切れてしまっていても、今すぐにガッカリする必要はありません。油揚げは賞味期限が切れてからも数日は安全に美味しく食べることができます。しかし、条件もあります。いつまでなら食べられるのか、食べられるかどうかを見極める方法、油揚げの正しい保存方法、余った油揚げを使い切るためのレシピなどをご参考いただけます。

牛脂の賞味期限や保存方法、代用品とは?ラードとの違いも解説

牛脂の賞味期限や保存方法について意識してみたことはありますか?牛脂使うとコクがアップするのでステーキやすき焼料理に使っている方も多いことでしょう。そして生ものである牛脂には、なぜ賞味期限が表示されていないのかも気になるところです。他にも牛脂の代用品となるものは何か?そしてラードとの違いも詳しく解説します。

おにぎりの日持ちはどの位?長持ちさせるコツや注意すべきこと

おにぎりの日持ちが実際にはどの位なのかわかりますか?同じおにぎりでも作り方や中に入れる具材や保存の方法によってその日持ちは大きく異なります。今回はおにぎりを長持ちさせるためのコツや注意すべきことを紹介します。また傷んで腐ってしまったおにぎりの見分け方も紹介しているので参考にしてください。

サーターアンダギーの賞味期限はどの位?長持ちさせる保存方法とは

サーターアンダギーの賞味期限はどのくらいなのかご存知ですか?沖縄に旅行にでかけた同僚からお土産にサーターアンダギーをいただいたとき、賞味期限がわからず調べてみました。今回はサーターアンダギーの賞味期限と保存の方法、数日経過して味が落ちてしまった場合の復活方法や同じ味で飽きてしまった場合のアレンジ方法を紹介します。

冷凍食品に賞味期限はある?主な賞味期限と手作りする際の注意点5つ

冷凍食品はいつまでも保存しておけると思っている人がいます。しかし、冷凍食品にも賞味期限はあります。また、冷凍保存をしていても、食品が傷んでしまうこともあります。そのため、冷凍食品や冷凍保存について、正しい知識を持っておくようにしましょう。

油の賞味期限についての基礎知識8つ!活用方法や処分の方法もご紹介

油は家庭でも毎日のように使われています。毎日使うのであまり油の賞味期限について気にしないという人もいます。しかし、油にも賞味期限はあり、パッケージにしっかりと記載されています。賞味期限を切らさないように油の正しい保存方法と扱い方を知っておきましょう。

干物の賞味期限は長い?冷凍保存の仕方と干物に適した海産物5選

干物というと保存食のイメージがあります。干物といっても色々な種類がありますが、全般的に見て、賞味期限は長いのでしょうか。そうした疑問に答えるのがこの記事です。干物を食卓に取り入れるとグッと料理の幅が広がります。賞味期限や保存方法を知りましょう。

海苔は賞味期限が切れても大丈夫?パリパリを保つコツとは

焼き海苔は乾物なので、すぐに使わなくても日持ちします。海苔には賞味期限が設定されていますが、保存状態が良ければ賞味期限が切れても食べることができます。ただし、開封した海苔や未開封でも保存状況によっては、湿気てパリパリが無くなってしまいます。海苔の賞味期限を延ばす方法やパリパリを保つコツ、湿気た海苔の復活させる方法などご紹介します。

ページ 112次ページ