豆乳は腐るとどうなる?開封後の保存期間は2~3日って本当?

豆乳とバナナといちご

豆乳は腐るとどうなるのでしょうか?最近ではバナナ味やいちご味に加工された、バリエーション豊かな豆乳飲料が発売されていますが、開封後は日持ちしないので冷蔵庫に入れたまま放置しているとあっという間に腐らせてしまいます。そこで今回は、開封した豆乳の保存期間や腐る時の状態、大量消費するためのレシピなどをまとめました。

豆乳は何日で腐る?

豆乳と大豆

豆乳は美容や健康のために女性はもちろんのこと、男性も積極的に摂りたい食材のひとつです。いったん開封した豆乳が腐る前の2~3日中に飲みきるようにすることが賞味期限の目安となります。

また、冷蔵庫で保存していたとしても、季節や保存環境によっても賞味期限が変わってきます。

豆乳のパッケージに記載されている賞味期限というのは「未開封の状態でおいしく食べられる期限」のことであって一旦開けてしまえば、賞味期限の日付は意味がありません。

加熱して料理に使ったとしても開封後の豆乳の賞味期限を引き延ばすことはできませんので腐る前に早めに飲んでしまいましょう。

未開封の豆乳の場合は多少賞味期限を過ぎていてもすぐに腐るわけではありませんが、適切な温度や環境での保存方法を守った場合に限られることです。

このように豆乳は開封前と開封後でその保存期限や賞味期限が大きく変わるので要注意です。

《 ポイント 》

  • 開封した豆乳の賞味期限は2~3日
  • 賞味期限は未開封の状態でおいしく食べられる期限のこと

豆乳が腐るとどうなる?

豆乳を飲んで鼻を摘む女性

豆乳が腐るとどうなるのでしょうか?ここでは見た目や臭い、味などに分けて腐ってしまった豆乳の見分け方について紹介します。

見た目で見分ける

豆乳の底にヨーグルトのような沈殿物があったり、カッテージチーズのような固まりができていたら腐っていると判断して間違いないでしょう。

これは空気中にある目に見えない雑菌が豆乳の中で増殖したことにより、タンパク質が固まったものなのでお腹を下すなど健康上に被害が現れてしまいます。

また、表面に膜が張ったようになっているのも腐っている可能性が高いので安全のため飲まずに捨ててしまいましょう。豆乳の色が黄色っぽく変色し濁っている場合も注意が必要です。

臭いで見分ける

豆乳を飲む前に、臭いを嗅いで確認してみましょう。ツーンと酸っぱい臭いがしたら腐っている可能性が非常に高いので飲まない方が良いでしょう。腐敗が進んで完全に腐ってしまっている場合は誰でも気づく耐えられない程の異臭を発します。

味で見分ける

見た目と臭いで判断できなかった場合には、少量を口に含んで味を確かめる方法がありますが、これには勇気が必要ですよね。いつもと違った酸っぱい味がしたり味が薄く感じるなどちょっとでもいつもと違う味がしたら飲み込まずにすぐに吐き出してしまいましょう。

《 ポイント 》

  • 腐ると固まったり膜がはる
  • 腐るとツーンと酸っぱい臭いがする
  • 腐るといつもと違う味がする

豆乳の保存方法

紙パックの豆乳イラスト

こでは豆乳が腐るのを防ぐ最適な保存方法を紹介します。

常温保存する場合

豆乳の紙パックは牛乳パックとは違い内側をアルミコーティングした素材で作られています。滅菌したものを特殊なパックに入れることでアルミの層が菌や空気をシャットアウトし、常温でも保存ができるようにしてあるのです。

ただし、直射日光が当たらない涼しい場所で保管することです。保管状態がよくないとパッケージが劣化して密封状態が維持できなくなり、中の豆乳が変質してしまう恐れがあります。

冷蔵保存する場合

【未開封】
未開封の豆乳は滅菌・密封された状態なので腐る心配はありませんが、賞味期限内であっても長期間保存していると少しずつ風味が落ちてしまいます。おいしく飲むためにもできるだけ早めに消費したほうがよいでしょう。

【開封後】
豆乳は劣化しやすい飲み物なので開封してしまうと日持ちは極端に短くなります。冷蔵庫で保存していても約2〜3日程度でしょう。開封後はしっかりと口を閉じて雑菌が入らないように気を配りながら早めに飲み切るようにしましょう。

夏場など気温の高い時期は冷蔵庫のドアを頻繁に開け閉めすることより庫内の温度が上がってしまうので注意してください。

《 ポイント 》

  • 豆乳の開封後は冷蔵保存で2~3日
  • 未開封であっても直射日光が当たらない涼しい場所で保管する

豆乳の冷凍保存方法と注意点

製氷皿に入れてある豆乳イメージ

2~3日中に豆乳を使い切れなかった時には、冷凍保存しておく方法もあります。そうすることにより保存期間は約10日〜2週間に延ばすことができます。

ただし、一度凍らせた豆乳を解凍すると成分が分離してドロドロになって品質が落ちてしまいますので飲むのには適していません。

また、冷凍した場合であっても一度封を切った豆乳は無菌状態ではなくなるので、菌が繁殖したり変質したり豆乳が腐る恐れが出てきます。解凍せずにそのままシチューやホワイトソース、ポタージュなどの料理に使うとよいでしょう。

豆乳を冷凍するときは、製氷皿に入れて凍らせてから保存用の袋に入れ替えておくと料理に使う時に使いたい分だけ取り出せるのでとても便利です。

甘めの豆乳飲料なら解凍せずにそのまま豆乳アイスとして食べたり、凍ったままの状態でヨーグルトやフルーツと混ぜてスムージーにすると美味しいデザートやおやつに早変わりしてくれます。

《 ポイント 》

  • 冷凍した時の保存期間は約10日〜2週間
  • 解凍すると品質が落ちるので冷凍のまま使う

豆乳が腐る前に大量消費できる使い方

クリームシチュー

開封後、豆乳が腐る前の2~3日で飲み切れなかった際に役に立つ方法をご紹介します。普段、牛乳を使っている料理を豆乳でアレンジするだけで大量消費することができます。

クリームシチュー

ジャガイモ、玉ねぎ、にんじん、ブロッコリー、ベーコンなどの具材を小麦粉とバターで炒め、最後に残っている豆乳を加えると濃厚なクリームシチューの出来上りです。牛乳を使うよりも味にコクも出て美味しくなりヘルシーです。

他にもホワイトソース、クラムチャウダー、グラタン、ポタージュスープにも同じ要領で使ってみて下さい。

豆乳リゾット

豆乳、水、ごはん、野菜類、きのこ類、玉ねぎ、コンソメを鍋に入れて沸騰させます。5分程度煮込んだ後に焼いた鮭を加えると、栄養とボリューム感のある豆乳リゾットが完成します。

味噌汁

豆乳で作った味噌汁は、いつもの味と違いってまろやかになり変化を楽しめます。いつも通りの要領で味噌汁を作り、最後に豆乳を加えるだけでいつもと違う風味になります。

担々麺

にんにくと豆板醤を炒めた中にひき肉を入れます。豆乳、水、中華スープの素を入れ、味噌とゴマを加えるとスープが出来上がります。茹でた麺と野菜を入れたらコクとまろやかさが程よく絡み合った坦々麺になるので試してみてはいかがでしょうか。

豆乳プリン

鍋に豆乳と砂糖を入れて沸騰させた中に、水でもどしておいたゼラチンを入れます。器に入れて冷蔵庫で冷やすと美味しい豆乳プリンが出来上がります。

《 ポイント 》

  • 牛乳の代わりに豆乳を入れてアレンジする
  • ホワイトソース、クラムチャウダー、グラタン、ポタージュスープ、豆乳リゾット、味噌汁、坦々麺、豆乳プリンなどがおすすめ

最後に

豆乳とバナナ

豆乳は腐るとどうなるのかについてと開封後の保存期間について解説しました。

冷凍保存も可能ですが、質が落ちてしまいますのでそのまま飲用するには向かないという欠点もあります。凍らした豆乳はそのまま牛乳を使っているいろいろな料理に入れてアレンジすると美味しくいただけます。

未開封なら記載されている賞味期限まで常温保存できるので買い置きに向いている食品です。健康と美容のためにも豆乳が腐ることがないように無駄なく使いきるようにしてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
豆乳とバナナといちご

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる