食材の洗い方

「食材の洗い方」の記事一覧

しいたけの洗い方には塩水を使う?基本は洗わなくても大丈夫!

しいたけの洗い方をご存知ですか?そもそもしいたけは洗うべきでしょうか?しいたけに限らずきのこ類は基本的には洗う必要がありません。しいたけの洗い方によっては風味や栄養素が損なわれてしまいます。しかし汚れが気になるという方もいます。今回はしいたけを洗う際に、栄養素を逃さない洗い方と、しいたけの保存の方法を紹介します。

もやしの洗い方!シャキシャキ感を残す茹で方・保存方法

もやしの洗い方をご存知ですか?もやしは洗う派と洗わない派で意見が分かれている野菜です。実際にはどちらが正しいのか?今回はもやしを洗うことで得られるメリットとデメリットを解説しつつ、もやしの洗い方とシャキシャキの食感を残す茹で方や保存の方法からもやしの栄養に関して紹介します。参考にしてください。

水菜の洗い方!虫や汚れをしっかり落とす方法とは

皆さんは水菜を調理する前はしっかり洗っていますか?実は、水菜は丁寧に洗わないとゴミや虫をキレイに洗い流すことができません。そこで、この記事では水菜の洗い方や保存方法、下ごしらえまで徹底的に解説します。ぜひ参考にして、家族においしい水菜を食べさせてあげましょう。

小松菜を洗い方とは?選ぶコツと保存方法なども解説!

小松菜は手軽に購入できて、いろいろな料理に使える便利な食材です。その小松菜を美味しく食べるためには、選び方や洗い方、保存の仕方などいろいろなコツがあります。これらのコツを把握して、美味しい小松菜料理をたくさん作りましょう。

レモンの皮の洗い方!防カビ剤もちゃんと落とせる方法

レモンの皮の洗い方をご存じですか?レモンの表面の皮はテカっとしたツヤがあり、触るとベトっとしていることがあります。レモンを食べる時には表面に付いているものを洗い流してから使います。国産か外国産で皮についているものが異なります。レモンの表面についているものが何かを知ってきれいに洗って食べるようにしましょう。

ネギの洗い方!旨味成分を逃さないよう正しく洗おう

ネギは一年中スーパーなどで購入でき、日本人にとって馴染みの深い野菜です。泥付きネギ以外はきれいな状態でパックされ店頭に並んでいますが、調理の際に洗うべきか洗わずに使うべきか、ちょっと迷いますよね。そこで今回は、ネギの正しい洗い方と切り方、保存方法などについて詳しく紹介したいと思います。

じゃがいもの洗い方と下ごしらえのポイント!

じゃがいもは比較的長持ちする野菜なので、常備菜としてストックしている、という方も多いはず。なにかと出番の多い野菜ですが、正しい洗い方や下処理のやり方を知らない方も多いのではないでしょうか。そこで、じゃがいもの洗い方や皮のむき方、食べるときの注意点などについて、じっくり解説します。

ブロッコリーの洗い方!気になる中の汚れや農薬も落とせる方法

ブロッコリーの正しい洗い方をご存知ですか?ブロッコリーは流水で外側を洗っただけでは、密集した蕾の中まできれいに洗うことができません。密集した蕾の中には汚れの他にも虫が潜んでいる場合があります。万が一虫に気づかずに食べてしまったなんてことが無いようにブロッコリーはすみずみまでしっかり洗いましょう。今回はブロッコリーの洗い方を詳しく紹介します。

【形状別】キャベツの上手な洗い方5選|洗わなくても大丈夫?

サラダやロールキャベツ、野菜炒めなどさまざまな料理に活躍するキャベツは食卓にかかせない野菜のひとつです。キャベツは洗うの?洗わないの?という素朴な疑問から、洗う時のおすすめの方法まで細かく紹介します。流水以外での野菜を洗う方法もまとめてみました。

さつまいもの洗い方!正しい水洗い方法と洗うタイミングとは

寒くなってくると食べたくなるさつまいもですが、さつまいもを食べるときや、料理に使う際の正しい洗い方を知らない方も多いです。今回は、さつまいもの洗い方から保存方法まで解説します。

いちごの洗い方と注意点!美味しいいちごの見分け方と保存方法

いちごはどのような洗い方をされていますか?なぜ洗ってから食べるのか考えたことはあるでしょうか。店頭に並べられている間、ホコリがついてしまっているかもしれません。一般的には農薬を使用して栽培されているため、残留農薬が気になり、洗ってから食べるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。その洗い方、本当に正しいでしょうか。いちごの正しい洗い方、注意点、美味しいいちごの選び方、保存方法をご紹介します。

きのこは洗うべき?正しい下処理の方法

きのこを洗うべきかどうか分からずに「念のため洗ってから調理している」という方も多いのではないでしょうか。実は、スーパーで販売されているきのこの多くは室内で栽培されているので、洗う必要がありません。調理前に洗うことで思わぬデメリットもあります。とはいえ、洗わなければいけないきのこもあります。そこで今回は、きのこの種類別に正しい下処理の方法を紹介していきたいと思います。

肉を洗う方法!50℃洗いで美味しくするコツ

野菜を50℃洗いすれば、美味しく食べられると聞いたことがありませんか?50℃洗いは野菜だけでなく肉にも効果がある下ごしらえの方法です。調理前の肉を洗って使えば、食感や風味が良くなるほか、健康にも良い影響を与えるとされています。ここでは、肉料理に役立つ50℃洗いの方法や洗うのに適した肉の種類などを分かりやすく紹介します。

刺身を水洗いする理由と効率よく水洗いする方法

刺身はお寿司屋さんだけでなく家庭でも食べる機会が多い事から、日本人には馴染み深い食材と言えるでしょう。しかし、扱い方を間違えてしまうと鮮度が落ちてしまったり、きちんと洗わなかったりすると食中毒を引き起こすリスクもあります。そこで今回は、安心かつ美味しく食べてもらえるよう、正しい刺身の洗い方や保存方法などを紹介します。

大葉(青しそ)は洗ったほうが良い?洗う理由と切り方、保存方法まで。

料理のアクセントとして大変役に立つのが、大葉ですよね。大葉は洗ったほうが良いことを皆さんは知っていますか?実は、大葉は洗ったほうが安全に美味しく食べることができます。今回は、大葉を洗ったほうが良い理由や正しい洗い方、保存方法をご紹介します。是非参考にして、美味しく大葉を楽しみましょう。

舞茸は洗う必要はない!抜群の栄養成分と効果!

舞茸を料理で使う時、洗ってから使っていますか?きのこ類は洗うか洗わないか迷う人も多いと思います。もし舞茸を洗って使っているのであれば、洗わずに使うことをおすすめします。洗わずに使うのがよい理由と、舞茸が持つ抜群の栄養成分や健康効果をご紹介します。

奈良漬を洗うメリットと洗わないメリット!正しい保存方法と賞味期限

「奈良漬を人からいただいたけど、家族があまり食べたがらない・・」でもそのまま賞味期限が過ぎて捨てる、というのはもったいない!奈良漬はそのまま食べるのが一番とよくいわれますが、あの独特な香りが苦手という人はついつい水で洗ってしまいがちですよね?しかし水で流すと奈良漬の良いポイントは全て無駄になります。ちょっとした方法で、奈良漬が苦手な人でもおいしく食べることができます。今回は、奈良漬を洗うメリットとデメリット、正しい保存方法と賞味期限、そして奈良漬が苦手な人のために、奈良漬アレンジ料理をいくつかご紹介します!

牡蠣の正しい洗い方3選!調理の方法で洗い方を変えてみましょう

海のミルクとも呼ばれる程の栄養豊富な美味しい牡蠣(カキ)。積極的に摂りたい食品のひとつですね。そんな「生牡蠣むき身」を、いつもより美味しく楽しむための下処理として、3種類の簡単な方法があります。調理の仕方によって洗い方を選んで、牡蠣(かき)の旨味を逃がすことなく、安心して食べられるように洗い方をマスターしてみましょう。

豆腐は洗うべき?豆腐パッケージの水の役割

晩酌のつまみやお鍋の具材に無くてはならない豆腐ですが、皆さんは豆腐を食べる前に水で洗いますか?「洗った方が清潔」「洗わない方が美味しい」と様々な意見がありますが、実は食品メーカーによると豆腐は洗うべきではないそうです。洗うべきではないのは、パックに入った水に栄養が含まれているからなのだろうか?と思われがちですが、パックの水は栄養とは関係ありません。豆腐の栄養素は種類によって大きく変わり、味や調理法にも違いがあります。今回は豆腐を洗うべきではない理由と、木綿豆腐と絹ごし豆腐それぞれの特徴や栄養素、パックに入った水の意外な役割についてご紹介します!

ぬか漬けは洗う必要あるの?美味しい食べ方と栄養の効果

ぬか漬けにはぬか床のぬかがまわりについています。ぬか漬けについているぬか床のぬかは洗い流してから食べるのか、洗わずにぬか床のぬかがついたまま食べるのかふと疑問に思ったことはありませんか?今回は、ぬか漬けは食べるときに洗うのか?洗わないのか?という疑問にお答えすると共にぬか漬の栄養、食べることによるメリットとデメリットを紹介します。

ページ 112次ページ