舞茸は洗う必要はない!抜群の栄養成分と効果!

舞茸を料理で使う時、洗ってから使っていますか?きのこ類は洗うか洗わないか迷う人も多いと思います。もし舞茸を洗って使っているのであれば、洗わずに使うことをおすすめします。洗わずに使うのがよい理由と、舞茸が持つ抜群の栄養成分や健康効果をご紹介します。

舞茸は洗う必要はない

舞茸の束

舞茸は洗わなくてもよいと言われていますが、中には不安に思う人もいるかもしれません。洗う必要がない理由や栽培方法を知ると納得できるでしょう。

洗うと栄養素や香りが抜ける

舞茸は体に必要な栄養成分がたくさん含まれていますが、この栄養成分は水溶性のため、水洗いすることで成分も溶けだし、味や香りなどの風味や旨みも逃げてしまうそうです。そのため舞茸の持つ栄養素を無駄なく取り入れるには、水洗いをせず調理することがおすすめです。

徹底管理された中で栽培されている

舞茸の栽培方法は、おが粉と米ぬかなどを混ぜて成型された人工の培地で栽培する方法が一般的です。この栽培方法は、空調管理が徹底され、栽培に農薬や化学肥料なども一切使われていません。

このようにしっかりと管理されたクリーンな空間の中で栽培された舞茸は、虫やホコリなどは入っていない清潔なもなので洗わずに食べることができます。

気になる時はキッチンペーパーを使う

パックから出した舞茸をそのまま使うことに抵抗がある場合は、水分を軽く含ませかたく絞ったキッチンペーパーや布巾で優しく表面をふいてみて下さい。水洗いをするのであれば、サッと水で潜らせる程度にしておきましょう。

舞茸の栄養成分と効果

舞茸を調理している女性

舞茸は食物繊維が豊富で、その他タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルなどの栄養成分も豊富に含まれています。きのこ類は健康や美容に良い成分が多いと言われていますが、他のきのこ類には無い舞茸特有の優れた成分もあります。

食物繊維

舞茸に含まれる豊富な食物繊維は不溶性食物繊維です。この不溶性食物繊維は体の中に入ると、腸内をきれいにして腸内環境を整える働きがあるため、デトックス効果があり代謝が上がると言われています。

また食物繊維の一種のB‐グルカンは免疫力を活性化する物質で、ウィルスなどの感染症からの予防効果も期待できます。さらに食後の血糖値の上昇をゆるやかにする働きもあると言われています。

ビタミンB群、ビタミンD

ビタミンB1は、エネルギーを得るための糖質の代謝を促進する働きがあり、疲労回復を促す栄養素と言われています。そのため、集中力を高めたりイライラを解消するような効果も期待できます。また舞茸には水溶性ビタミンB群のナイアシンも豊富に含まれています。

ビタミンB2には、タンパク質、炭水化物、脂質の代謝を促す働きがあり、皮膚や粘膜を美しく保ち美肌効果があると言われています。そしてビタミンDは、カルシウムと合わさることで、骨を強く丈夫にする効果や免疫力を高める効果が期待できます。

カリウム

カリウムは、体内にある余分な塩分を尿と一緒に排出する働きがあると言われています。血圧を下げる効果が期待でき、制汗習慣病の予防にも役立ちます。

キノコキトサン

キノコキトサンとは、きのこだけが持つ成分です。中性脂肪を減らす効果のある栄養素で、脂肪の吸収を抑えるため、生活習慣病の予防に効果的と言われています。

MXフラクション

MXフラクションはきのこ類では舞茸だけが持っている成分です。血中の脂肪やコレステロールの分解を促進したり、基礎代謝を上げると言われています。

中性脂肪を減らして悪玉コレステロールを分解する作用も持ち合わせているため、脂肪が付きにくい体に変えたり、生活習慣病の予防も期待できます。

舞茸の特徴

舞茸のかき揚げ

舞茸は生で食べることができないため、必ず調理して食べます。食べ過ぎはお腹を壊すこともあるため、1日30~50gが目安と言われています。なお舞茸には石づきはありませんが、根元にかたい部分があれば切り落としましょう。

舞茸の保存方法

舞茸は乾燥しないように必ず袋に入れて保存します。冷蔵保存の場合は3、4日で使い切ります。すぐに使わない場合は、石づきを落として使う長さに切り冷凍保存をしましょう。

使う時は凍ったままの状態で調理します。冷凍してから加熱することで、細胞膜が壊れ酵素の働きでうまみが増すと言われています。

調理のポイント

舞茸には「マイタケプロテアーゼ」というたんぱく質を分解する酵素が含まれていて、肉を柔らかくしてくれます。高熱に弱く加熱のし過ぎは、独特の食感が損なわれてしまいます。

さらに栄養も焦げてしまうと作用が無くなるため、焦げにくい料理がおすすめです。油との相性が良いため、炒め物や天ぷらで食べるのがおすすめです。

調理の時に気を付けること

風味が強いため、他の食材の風味を損ねてしまわないよう使う量は加減しましょう。生では食べられず加熱してから食べる食材ですが、加熱すると煮汁に舞茸の色が付きやすいという特徴もあります。澄んだ色の料理に仕上げたいときは、舞茸をあらかじめさっと茹でておきましょう。

気を付ける点としては、タンパク質分解酵素のプロテアーゼが含まれているため、卵と一緒に調理すると卵のタンパク質を分解します。茶わん蒸しなどに舞茸を入れると、固まらずどろどろとしたものになりますので茶わん蒸しには使わないようにした方が良いでしょう。

選ぶときは大株がおすすめ

舞茸を購入する時は、できるだけ大株のヒダに厚みがあり、しゃきっとしているものがおすすめです。独特のシコシコとして食感を楽しむためにも、小さな薄いヒダの株より大株が最適です。

洗っていいきのこと洗わないきのこ

きのこ類

舞茸は洗わずに調理すると紹介しましたが、その他のきのこはどうなのでしょうか。洗っていいきのこと洗わないきのこを確認しておきましょう。

洗っていいきのこ

きのこは風味や栄養が落ちやすくなるので基本は洗いませんが、洗ったほうがよいきのこもあります。なめこにはヌメリの中に、おがくずなどが入り込んでいることもあります。あまり新鮮でないと、乳酸菌が繁殖して酸っぱい匂いになることやゆるくなることがあります。

そのまま使うと酸っぱく感じることもあるため、洗ったほうが良いとされていますが、あまりゴシゴシ洗うと、特徴のヌメリや旨みが逃げてしまうため、ザルなどにあけてサッと軽く水で洗い流す程度にしておきましょう。

マッシュルームは石づきに土などが付いているものが多いです。栽培は堆肥を使っていることもあり、洗ったほうが良いとされています。ただしマッシュルームも念入りに洗う必要はなく、調理の直前に流水にくぐらせてさっと洗う程度で充分です。

土がついているからとあまり洗いすぎると、せっかくの風味や旨みも流れてしまうので、洗いすぎには気を付けてましょう。

洗わないきのこ

舞茸と同じく、しめじ・エリンギ・しいたけは、栄養や風味を逃さないためにも洗わないほうがおすすめです。温度や湿度など管理された清潔な空間で栽培されているため、これらのきのこにはホコリや虫が付いていません。

舞茸と同じように、どうしても気になる時はキッチンペーパーなどで軽くふき取る程度にしておきましょう。

まとめ

舞茸

舞茸をはじめ普段の食卓で使うきのこ類は、水洗いする必要がないものが多いのですね。汚れが気になる時は、軽くふき取る程度にしておかないと、栄養成分や旨みもぬけてしまうので覚えておきましょう。体に良い栄養成分も豊富なので、日々の献立に積極的に取り入れましょう。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる