保存方法(その他)

「保存方法(その他)」の記事一覧

刺身は常温で置いても大丈夫?食中毒の危険性と消費期限

刺身を常温で放置していると食中毒の原因となる細菌が繁殖してとても危険です。刺身を買って家に着くまでの時間、刺身を常温の食卓に置いておく時間、刺身は常温で何時間までなら置きっぱなしにしても安心して食べることができるのでしょうか?今回は刺身を常温で放置する危険性や、魚別の消費期限の目安なども調べてみました。

酢の物の日持ちはどれくらい?長持ちさせる方法と保存のコツ

味の濃い料理の箸休めとして人気の酢の物ですが、どれくらい日持ちするかご存知でしょうか?酢の物が余ったときや作り置きをしたいとき、どのように保存すれば日持ちがするのでしょうか。今回は、酢の物の日持ち、日持ちさせるための作り方や保存方法、賞味期限切れの酢の物についてご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

マドレーヌは冷凍すると美味しさも長持ち!保存方法と解凍方法

マドレーヌの保存方法としては、冷凍保存が最適です。冷凍することで、マドレーヌの賞味期限を延ばし、風味を保つことができます。ただし、冷凍の仕方を間違えると、マドレーヌの風味が損なわれることがあるので注意が必要です。今回は、マドレーヌの正しい冷凍方法と、冷凍したマドレーヌのおいしい食べ方をご紹介します。

ういろうは冷凍できる?美味しく食べる解凍方法とは

米粉などの穀粉と砂糖を練り合わせて蒸かしたもちもち感たっぷりのういろうは、冷蔵庫に入れると硬くなってしまいます。そこでおすすめなのが「冷凍保存」です!この記事では、冷凍後に美味しく食べるための解凍方法や、一味違ったアレンジレシピを紹介します。

食パンの冷凍保存を袋ごとするコツ!専用の冷凍保存袋もおすすめ?

6~8枚入りの食パンが多すぎるという方に朗報です!実は正しい保存方法として常温や冷蔵で保存するより「冷凍保存がおすすめ」なんです!その際に袋ごと冷凍してよいのか、それともラップで1枚ずつ包んだほうがよいのか気になりますよね?一方では、「専用の冷凍保存袋がおすすめ」というサイトもあるようです。そこで今回は、 食パンの冷凍保存を袋ごとするコツについて紹介します!

芋ようかんの冷凍保存方法!美味しい食べ方まで解説

賞味期限が短い芋ようかんを冷凍保存できれば、食べたい時にいつでも取り出して味わえますよね。実は凍らせた芋ようかん、ひと手間かけると驚くほど美味しくなるんです!そこで今回の記事では、芋ようかんの冷凍保存法と解凍法、そして美味しい食べ方まで解説しています。いろんなアレンジで一味も二味も違う美味しさを発見できるので、ぜひ一度試してみてくださいね!

クッキーは冷蔵庫に入れるべき?湿気らない保存方法は?

冷蔵庫で冷やしたクッキーも美味しいですが、冷蔵庫に長時間クッキーをいれたままにしておくと湿気てしまいます。夏場など気温が高い時は冷蔵保存がおすすめですが、湿気らないためのコツがあります。今回はクッキーを冷蔵庫に入れて保存すると湿気る理由やクッキーの正しい冷蔵保存方法などを説明します。

ちらし寿司は保存できる?常温・冷蔵・冷凍のやり方と注意点

お祝いのときによく作るちらし寿司は、とても人気があるメニューの1つですが、ちらし寿司の保存方法に悩む方は多いのではないでしょうか。ちらし寿司の具材にはお刺身などの生ものが入っていますので、日持ちさせるのは難しい…と考えてしまいますが、ちらし寿司を日持ちさせる保存方法はあるようです。今回はちらし寿司の保存方法や賞味期限などについてご紹介いたします。

冷凍エビの賞味期限!日持ちさせるコツと下処理方法

冷凍エビの賞味期限は2週間~4週間が目安ですが、数ヶ月ほど持つ場合もあります。生のエビ・加熱したエビ・殻付きのエビ・むきエビなど、冷凍する前の状態によって賞味期限は異なります。冷凍された状態のエビを買うこともありますね。状態別の冷凍エビの賞味期限の目安、解凍後の賞味期限、正しい下処理方法、冷凍焼け対策、賞味期限を過ぎた冷凍エビが食べられるかどうか判断する方法など解説します。

さつまいもご飯は冷凍保存がおすすめ!解凍方法のコツもご紹介

さつまいもご飯は傷みやすいため冷凍保存がおすすめです。炊飯器で長く保温しておくと、さつまいもが変色しやすいです。冷蔵保存では、さつまいももご飯もパサパサになりやすいです。さつまいもご飯の冷凍方法、賞味期限、解凍方法、生のさつまいもを冷凍して保存する方法など解説します。

お寿司を冷蔵庫で保存するときのコツ!硬くならない方法とは

お寿司を冷蔵庫に入れておくとシャリ(ご飯)がかたくなってマズくなるのはどうしてなでしょうか?水分がなくなったシャリはかたくなりパサパサして美味しくなくなります。今回は冷蔵庫でお寿司を美味しく保存する方法をご紹介します。

ミネストローネの保存方法!冷蔵・冷凍どれがいい?

野菜をたっぷり使ったミネストローネを常温保存した時の日持ちはどれくらいなのでしょうか?ミネストローネは栄養満点で食べ応えがあり作り置きしておくと朝ご飯や忙しい時に食べるのにぴったりですよね。ミネストローネを多く作った時に味を損ねずに保存するにはどの方法がいいのか、どれくらいもつのかなど紹介します。

赤飯を保存するなら常温・冷蔵・冷凍どれがいい?保存方法と賞味期限

余ってしまった赤飯を上手に保存する時のポイントは温度です。赤飯に含まれるデンプンは0℃~3℃が最も劣化します。赤飯の保存方法で一番適しているのは冷凍保存なのか、常温や冷蔵だとどうなるのか、赤飯の保存方法を紹介します。

酢飯の保存は冷凍保存がおすすめ!美味しく解凍するコツとは?

酢飯の保存方法って知ってますか?酢飯は食べきれず残すとお米が固くなってしまうので、酢飯は作ったら食べきるようにするのが良いのですが、酢飯を大量に作ってしまったときには酢飯が食べきれずに残ってしまうことがあります。お酢には殺菌効果があるので、酢飯は常温でも保存できるのでは?と考えてしまうかも知れませんが実際には酢飯の保存には注意が必要です。

おにぎりは前日に作り置きして大丈夫?お弁当でも美味しく・腐らない作り方

おにぎりは前日に作り置きしても大丈夫です。傷んで腐らないための方法があります。分かりやすく詳しく解説しましょう。おにぎりを前日に作り置きするためのポイントは「衛生」です。手を洗わずにおにぎりを前日に作ってしまえば、雑菌が繁殖してしまうことはお分かりいただけていると思います。腐らないおにぎりを前日に作る方法や保存方法など、ぜひお役立てください。

ちくわぶは冷凍できる?保存方法や賞味期限、おでん・煮物などでの使い方や解凍方法

ちくわぶは冷凍で保存することができます。品質や美味しさを保ちながら保存する方法、賞味期限、常温または冷蔵で保存しても良いのか、冷凍しておいたちくわぶをおでんや煮物などに調理する時の使い方、解凍方法など分かりやすく詳しく解説します。冷凍したちくわぶを使ったおすすめレシピもぜひお役立てください。

ポテチの保存方法!常温・冷蔵・冷凍した場合の違いや保存期間、湿気った際の対処法まで

開封後のポテチの保存方法、保存期間、湿気ったポテチをパリパリにする対処法を詳しく解説します。ポテチは常温・冷蔵・冷凍で保存することができますが、しっかりと密封することが重要です。湿気ったポテチは自宅で簡単に元のパリパリの状態に復活させることができます。食べきれなかった時、大袋のポテチを買った時などぜひお役立てください。

雑炊の保存方法!冷蔵・冷凍の手順、日持ちする期間や注意点について

余った雑炊は翌日に食べるのであれば冷蔵保存で十分です。水炊き・もつ鍋・キムチ鍋などの残りで作る雑炊ですが大量に余るわけではないので翌日には食べきれることがほとんどです。正しく冷蔵保存する方法、保存できる期間、冷凍保存する時の注意点、常温で保存できるのか?など詳しく解説します。

マグロ漬けの日持ちは何日くらい?保存方法や作り方まで解説

マグロ漬けの日持ちはどのくらいかわかりますか?マグロの刺身を買ってきて食べきれないときには日持ちさせつつ美味しく食べようとマグロ漬けにすることがあると思います。でもマグロ漬けにした場合どのくらい日持ちするものなのか正確にはわかりませんよね?今回はマグロ漬けの日持ちや保存方法や作り方を詳しく紹介します。

豚汁の保存方法!日持ちする作り方と温める時のコツもご紹介

豚汁は保存方法や作り方、保存場所によって美味しく食べられる期間が異なります。傷みやすいメニューなので、気を付けて保存していても傷むこと。傷んだ豚汁に見られる特徴も併せてチェックしてみましょう。温めるときのコツについても紹介しているので、最後まで美味しく豚汁を食べたい人必見です。

ページ 11234次ページ