エアコン

「エアコン」の記事一覧

エアコンの水漏れが雨の日だけする場合の理由とは?対処法はある?

雨の日にエアコンを使用していると水漏れしているという経験はありませんか?これは雨の日は湿度が高いため、エアコンの内部の空気が急激に冷やされて結露も発生しやすくなり、天気の良い日より多くの水が発生します。その水を上手に排出することができないことが原因になっています。対処して水漏れを防ぎましょう!

冷房が30度弱でも涼しい理由!つけっぱなしの電気代はどの位?

屋外で温度が30度あるとすごく暑いのに、冷房で30度弱に設定しても涼しく感じるのは何故だかわかりますか?今回は30度弱の設定の冷房でも涼しく感じる理由と冷房の30度と暖房の30度の違い、冷房を30度弱でつけっぱなしにしたときの電気代や冷房を使う時の電気代の節約術を紹介します。参考にしてください。

賃貸のエアコン掃除は要注意!自分で出来るお手入れ・依頼した場合の費用について

エアコンの汚れが気になっても、賃貸物件の場合は勝手に掃除をしていいものか悩みますよね。本格的な夏が始まる前に、エアコンの中の汚れをすっきり落としておきたいもの。そこで今回は、賃貸物件のエアコンの掃除の仕方や業者に洗浄を依頼するときの注意点などについて、詳しく解説していきます。

冷房(エアコン)が効かない!原因と対策方法、メーカー別対応方法まとめ

「暑い中やっとの思いで家に帰ってきて、エアコンをつけたのに何分経っても涼しくならない…!」そんな体験はありませんか?エアコンの故障かなと思う方もいるかもしれませんが、それ以外にも理由があって、きちんと確認すれば直る場合もあります。そこでこの記事では、エアコンが効かない原因からよくある質問まで丁寧に解説していきます。是非参考にして、涼しい部屋を取り戻しましょう!

除湿と冷房の違い!電気代が安い順番やメーカーや機種別の機能について

冷房をつけるほど暑くないときに、湿気が気になり除湿をしたら部屋が涼しく感じた、という経験はありませんか? 除湿しただけなのに、なぜ体感温度が低くなるのか不思議ですよね。もしかすると、冷房より除湿のほうが電気代がお得なのではないか...と疑問に思う方もいるでしょう。 除湿と冷房の使い分けがいまいちわからない、という方のために、除湿と冷房の違いについて解説します。電気代の違いや、エアコンのメーカー・機種別の機能についても紹介するので、参考にしてみてください。

エアコンの選び方のポイントと各メーカーの特徴

みなさんはエアコンを選ぶときに何を基準に選んでいますか?「特に気にしていない…」「家電販売員さんに全部おまかせしている…」という方も実は多いのではないでしょうか。エアコンは買う前にきちんと知識を持っておかないと、購入してから不都合が生じる場合もあります。今回はエアコンの選び方や設置する部屋、エアコンメーカーごとの特徴を解説します。ぜひ参考にしてエアコンを買い換えてみてください。

エアコンの寿命は13.6年!買い替えのサインと長持ちさせる使い方!

エアコンは身近になくてはならない機械ですよね。何気なくいつも使っているけれど、あなたのお家のエアコン、いつ頃寿命を迎えるかご存知ですか?実は、エアコンの寿命は平均して13.6年!「なんだ、それだけあれば十分長持ちじゃないか!」と油断してはいけません。あくまで平均であって、使用頻度や環境によってはより早く故障に繋がることもあります。また、メーカー側が想定している寿命はもっと短いです。その期間を過ぎるとパーツの交換ができなくなってしまいます。賃貸のエアコンだと、いつから稼働しているのかも気になりますよね?故障した場合は誰の負担になるのかも気になるポイントです。そこで今回は、エアコンの平均寿命と買い替えのタイミング、賃貸に設置されたエアコンが故障した場合にどうすれば良いのかをご紹介します。暑い夏を迎える前に、セルフメンテナンスでエアコンを長持ちさせるコツもご覧ください。

エアコンが冷えない原因と正しい対処方法!

一般にエアコンの寿命は10年とされていますが、数年で冷えにくくなる物もあれば、10年を過ぎても順調に冷える物もあります。もしエアコンを使用しても室内が冷えなければ、故障や寿命を考えて修理や買い替えを検討することも必要ですが、日頃の使い方やメンテナンスについて再考することも重要です。業者を呼ばずに解決できる場合もあるので、家庭でもできる対処法を紹介します。

エアコンの冷房と除湿の違い!状況に適した使い分け方法

エアコンについている「冷房」と「除湿」の機能。似た感じがするためにその違いがわからないという方もいるのではないでしょうか?これらの機能は場面や目的に合わせて使うことで、グッと快適度を向上させることができます。正しい使い方を学んで暑い季節をより快適に過ごすためにも、これらの機能ついて詳しく解説しますので一緒に学んでいきましょう。

エアコンが結露する原因と防止する対策3選!おすすめグッズまで

夏場のエアコンが知らないうちに結露している!なんてこともありますよね。エアコンの結露は雑菌の繁殖やカビ発生の原因にも繋がる恐れがあるんです。今回はエアコンに結露ができてしまう原因から対策方法ほか、結露対策のおすすめグッズも併せてご紹介します。一人でもできる方法なのでぜひご自宅で実践してみてください。

エアコンの効きが悪い3つの原因とすぐにやるべき対処法

私生活のなかで、ある日突然あるいは久々にエアコンのスイッチを入れてみると「効きかがわるいな」と感じることはありませんか?ここではそんな時に対処する方法をわかりやすくご紹介します。

エアコンの室外機がうるさい時の対策!故障が原因の場合は要注意

快適な環境を生み出すためのエアコンですが、室外機がうるさいとせっかくのくつろぎの時間が台無しになってしまいかねません。そこでここでは室外機がうるさいときにどうすればより快適な状態になるのか、その原因と対策方法を大きくの4つにわけでご紹介します。

エアコンのリモコンをなくした時の対処方法4選!

エアコンのリモコンをなくした方に一言「慌てて買わないで!」実は私がエアコンのリモコンをなくした時、慌ててメーカーに問合せてなくしたエアコンのリモコンを買ったんですがこれが結構高いっ!後で知ったんですが、エアコンのリモコンは純正でなくても「汎用のリモコン」というもので良かったそうで、価格を比較したらナント純正は汎用の3倍も高い!それを知ってショックだったんですが汎用のリモコンはデメリットもありました。今エアコンのリモコンをなくして困っている方のために、エアコンのリモコンをなくした時の対処方法をご紹介しますので読んで参考にしてくださいね。

エアコンの異音の種類で原因と対処方法が分かる!

エアコンから異音がしていませんか?「ポコポコ」「ピシッ」「カタカタ」「キーン」「キュルキュル」…などエアコンの異音はいろいろありますが、音の種類によって原因が分かります。故障ではないので気にしなくて良い異音、自分で対処できる異音、危険な異音、それがすぐ分かるように異音の種類べつに原因と対処方法をまとめましたのでご自宅のエアコンの異音でチェックしてみてください。

エアコンの暖房が効かない原因と効果的な対処法

近年、異常な寒気などにより生活に欠かせなくなったエアコン。使用中に突然ランプが点滅したことはありませんか?そしてその結果、暖房の効きが悪くなった、もしくは全く効かなくなった経験はありませんか?実はガスで動くものにせよ、電気で動くものにせよ、その原因はエアコン本体もしくは室外機に異常がある場合がほとんどです。

暖房は扇風機が効果あり!併用して使う活用術

あなたは暖房だけで室内を暖めようとしていませんか?暖まらないからといって設定温度を高くしたり風力を強くしたりすると、電気代を高くしているかもしれません。実は、扇風機と併用するだけで効果的に室内を暖めることができるそうなのです。暖房と扇風機の併用方法やメリット、用途などを紹介していきます。室内の空気を循環させる参考にしてください。

暖房はいつから?つける時期と目安の気温

みなさんは、暖房はいつからつけ始めますか?地域によって気温や室温が違うので、南国地方に住んでいる私は、「北海道の人は、暖房はいつからつけるのだろう?」なんて考えたりします。秋になると気温と室温の差があったり、日によって寒暖の差も激しかったりしますよね。朝晩につけて、昼間はつけないという時期かもしれません。暖房はいつからつけるのか、暖房をつける気温や室温の目安はどれくらいなのか、何月までつけるのかなどご紹介します。

暖房の適温!エコなエアコンの使用方法で節電しよう

環境省によると暖房の適温の目安は20℃だそうです。暖房の20℃が適温だと感じるか、それとも寒いと感じるか、人によって体感温度は異なりますが、寒いと感じる方もひと工夫すれば暖かく快適にすごせる方法があります。20℃が暖房の適温だとされる理由はいくつかありますが、エアコンの暖房の温度設定を1℃下げるだけで電気代は10%も節約できるようです。今回は暖房の適温や、適温の暖房で快適に過ごす方法と工夫、そして節約についてまとめました。

エアコンはつけっぱなしでも壊れない!電気代の比較と節約ポイント

「エアコンのつけっぱなしは壊れない」「エアコンのつけっぱなしは電気代がお得」といわれています。この記事ではエアコンのつけっぱなしに関わることを調べました。また、エアコンのつけっぱなしが本当にお得なのか?をダイキンが実験した結果が興味あるものでしたのでご紹介したいと思います。