掃除

快適で心地よい暮らしを送るために、掃除は欠かせないものです。無駄なく効率的に家中をキレイにできるよう、場所ごとの掃除方法やコツ、アイテムをご紹介しています。掃除が苦手、洗剤で手肌が荒れてしまう、時間がない、など掃除に関するお悩みを解消できるお役立ち情報がたくさんあります。

「掃除」の記事一覧

カセットコンロの捨て方とカセットボンベに残ったガスの抜き方

カセットコンロの捨て方をご存知でしょうか。あれば何かと便利なカセットコンロは、鍋料理が増える冬にも大活躍してくれます。新しく買い替えたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。その一方で、もう使わなくなってしまったけれど、捨て方がわからず、自宅に眠っているカセットコンロがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ガスボンベに残ったガスはどうしたら良いのかなど、カセットコンロの捨て方について解説します。

余った年賀はがきの交換方法と他の使い道や注意点を知っておこう!

張り切って年賀はがきを買い込んだものの、思いのほか年賀はがきが余ってしまって困った経験、みなさんにもあるのではないでしょうか? なにしろ時期は正月です。年賀はがきが来るたびにわざわざ年賀はがきを買いに出かけるのも億劫ですよね。それに、寒いなか買いに行ったのに年賀はがきが売り切れだと、やりきれません。そういったことから、けっきょく正月前にドバっと年賀はがきを買い込んでしまうんですよね。そこで今回は、書き損じの年賀はがきや、余ってしまった年賀はがきを処理する方法をいくつかご紹介したいと思います。この記事を読んで少しでも役立てていただければ幸いです。

扇風機の掃除手順とホコリを付きにくくするコツ

「あ~そろそろ扇風機ださなきゃ!」久々に押入れから出した扇風機はホコリまみれで掃除が大変ですよね。本格的に暑くなる前に準備しておかなければ、暑い中汗だくで扇風機の用意することになるでしょう。そこで今回は、扇風機の掃除をスマートに終わらせる手順と、来年使う時に掃除が楽になる「ホコリが付きにくくなるコツ」をご紹介します!

ポットはクエン酸でキレイになる!簡単にできるお手入れ方法や注意点

電気ポットは基本的に水しか入れないため汚れがつかないと思われがちです。しかし、使っていると白い斑点や茶色っぽい汚れがついていきます。人体に害はないと言われていますが、汚れていれば気になりますよね。放置しておくと頑固な汚れとなって落ちにくくなります。そんな汚れもクエン酸で簡単にキレイにできますので、お手入れ方法や注意点を確認しておきましょう。

窓の結露の対策対処!できてしまったカビの除去方法

窓の結露をうっかり放置していたら黒いカビが発生!一度カビが繁殖するとどんどん増え続けますので、窓の結露の対策をきちんとする必要があります。窓の結露は室内と室外の温度差と湿気が原因でおきますのでそれを予防できれば結露の被害を防ぐことができます。今回ご紹介する方法で窓の結露でびしょびしょになることを防いでくださいね!

ファンヒーターの掃除!石油もガスも週1でほこりを取って暖房効率を上げよう!

石油ファンヒーターやガスファンヒーターは、ボタン一つですぐに温風が出てくるので、エアコンとは別に一家に一台あると便利な暖房器具です。シーズン中は毎日使うことが多いと思いますが、目に付かない背面のフィルターは、すぐにホコリが溜まってしまいます。定期的にホコリを取り除くことで、暖房の効率も上がり長く使うことができるので、掃除の方法を確認しておきましょう。

冷蔵庫を移動する方法と注意点!業者に依頼した場合の料金

冷蔵庫を移動するためには、必ず事前に準備しておかなければならないことがあります。冷蔵庫の移動には、食材などの中身をどうするのか、移動した後の冷蔵庫にすぐに食材を入れても良いのかなど、注意点も多くあります。また、冷蔵庫などの大型家電の移動を個人で行うことは、なかなか難しいものです。男手や複数人が必要になるでしょう。それでも、素人では移動することができないこともあります。そんなときは、プロの力を借りることをおすすめします。今回は、冷蔵庫の移動について詳しく解説します。

ポットの洗浄方法!クエン酸で簡単にキレイになる

軽にお湯を沸かせるポットは、食器と違い汚れは目立ちませんが、使う頻度が高く本体の外側だけでなく内側の洗浄も必要です。沸かしたお湯は口に入れることが多いため、できたら洗剤などは使いたくないですよね。そこで、体にも安心して使え、ポットの内側もキレイにしてくれるクエン酸を使った洗浄がおすすめです。クエン酸が無い場合や、お手入れの頻度なども合わせてご紹介します。

靴下の収納!見た目もきれいにスッキリ収納する方法とアイデア集

仕事やプライベートで毎日のように履いてる靴下。靴下は人によって畳み方や収納の仕方に、個性やその人の生活性が出ますよね。『急いでる日に限って靴下が見つからない』『どこにしまったかわからない』『片方はあるのにもう片方がない』など履きたい靴下が探せない事が多々あるのではないでしょうか? 今回は、履きたい靴下がすぐに探せる・見つけられる靴下の収納方法やアイディアを皆さんにご紹介していきます。

ドライヤーにほこりが溜まると発火の原因にも!吸込口の掃除方法

毎日使うドライヤーですが、使用中に何だか焦げ臭いと感じたことはありませんか?この焦げ臭いにおいの原因はほこりです。ドライヤーは空気を吸い込み温めて吹き出すという仕組みで温風を出しています。空気を吸い込むときに空気中に舞っているほこりも吸い込んでしまい、ほこりを溜めて焦げたにおいを発します。今回はドライヤーのほこりの取り方と注意点を紹介します。

カビをアルコールで退治する!消毒するメリットと使える場所や注意点

カビが発生してしまったらカビ取り用洗剤でカビ退治!とすぐに思い浮かぶと思いますが、アルコールでもカビ対策が可能です。カビ取り用洗剤は強力な洗剤ですので使用する部分によってはダメージを与えてしまうこともあります。カビはアルコールで消毒することでさまざまなメリットがあります。今回はカビをアルコールで消毒すると何が良いのか詳しく紹介します。

ダンボールの縛り方!簡単に縛れて緩まないコツと方法

普段の買い物やインターネットでの通販でダンボールは知らず知らずの内にたまってしまいます。不要なダンボールをまとめてしっかりきつく縛るのですが、ごみ出しのときに持ち上げると紐が緩んでバラバラになってしまったという経験はありませんか?今回は紐が緩まない基本的なダンボールの縛り方のコツやしっかりきつく縛ってまとめる方法を紹介します。

掃除は毎日するべき?すき間時間にできる掃除のやり方17選を紹介

日々を気持ちよく暮らすためには掃除は欠かせませんが、部屋の掃除は毎日するべきなのでしょうか。ここでは毎日掃除をするメリットや、毎日掃除をすべき場所、すき間時間にできる毎日の掃除のやり方や便利な掃除グッズなどをご紹介します。

プリンターの処分の方法と注意点!無料で処分する方法もあります

最近では、家庭で使われることの多くなったプリンター。しかし、処分の仕方を知らない人も多いかもしれません。粗大ゴミとして処分するべきか、それともリサイクルするべきか、実際のところはどうなのでしょうか。今回は、プリンターの処分方法や処分の際の注意点について、詳しく解説していきます。

炊飯器の掃除の方法!雑菌を防ぐための簡単なお手入れ手順

炊飯器の掃除はどのようにして行っていますか?使用後に内釜や内ぶたを洗うのは当然のことですが、それ以外のところはとくに掃除したことがない、またはいつ掃除したか覚えてない…という方も多いことでしょう。こちらの記事では、炊飯器の掃除はもとより、ついた臭いを取り除く方法や、キレイに保つコツなど紹介しています。定期的に掃除をすることによっていつも衛生的でおいしいご飯を食べられて健康的な食生活を送りましょう。

使い捨てカイロの捨て方と再利用する方法

使い捨てカイロの捨て方は自治体によって燃えるゴミの場合と燃えないゴミの場合があり、分別や捨て方のルールが異なりますので、使い捨てカイロを捨てる前にお住まいの自治体に必ず確認してから捨てるようにしてください。ただし、使い捨てカイロはとても便利な再利用方法があります。再利用の方法を知るときっと捨てるのがもったいない!と捨てられなくなると思いますよ。

冷蔵庫のいやな臭いにおすすめの消臭グッズ12選!消臭剤の手作り方法も

いろいろなものが混在している冷蔵庫は、いやなにおいの温床となりやすく放っておくとほかの食品ににおいが移り、食品の味を損ねる原因にもなってしまいます。この記事では冷蔵庫のいやなにおいの原因や、においを消臭するための消臭グッズなどについてご紹介していきます。

おすすめのキッチンスポンジ9選!自分に合ったスポンジの選び方

普段何気なく使用しているスポンジ。みなさんはどのような基準で選んでいますか?使い勝手の良さやデザインで選んでいるという方もいますよね。実はスポンジにも泡持ちであったり、素材の違いであったりと選び方で普段の食器洗いが楽になります。今回はおすすめのキッチンスポンジや用途別で使えるスポンジ、使い方についてご紹介します。ぜひ参考にして毎日の食器洗いをストレスなく楽ちんにしてしまいましょう。

フローリングを掃除をするときの便利な道具と掃除のコツ

フローリングはきちんと掃除をして手入れをしないとすぐに汚れが目立つ場所です。しかし掃除自体は簡単なので、誰でも気軽に行うことができます。今回は、フローリング掃除にオススメしたい便利なアイテムや掃除の手順などを取り上げていきます。「フローリングワイパー」は、フローリングを傷つけることなく、細かいゴミを集める道具です。ドライタイプとウェットタイプのシートを使い分ければ、皮脂汚れもスッキリ拭き取ることができます。

マフラーの収納アイディア13選!スッキリ簡単に整理するコツ

寒い季節になると大活躍のマフラー。柄や色を変えれば、ファッションのアクセントとしていろいろ楽しめますよね。せっかく使おうとしても、シワになっていたり、どこに収納したか見つからない、なんて経験はありませんか?そんなことにならないよう、マフラーを収納するアイディアをご紹介しますので、使いやすいアイディアをぜひ試してください!