掃除

快適で心地よい暮らしを送るために、掃除は欠かせないものです。無駄なく効率的に家中をキレイにできるよう、場所ごとの掃除方法やコツ、アイテムをご紹介しています。掃除が苦手、洗剤で手肌が荒れてしまう、時間がない、など掃除に関するお悩みを解消できるお役立ち情報がたくさんあります。

「掃除」の記事一覧

カルキ汚れを掃除する方法!ポットや加湿器、蛇口から風呂まで

厄介なカルキ汚れの掃除、上手くできていますか?ゴシゴシ擦って洗っても落ちないですよね。カルキ汚れはアルカリ性なので、中性洗剤で洗っても落ちませんし、どんなに力いっぱい擦って洗っても落ちなくて当然です。カルキ汚れを掃除する方法をポット・加湿器・蛇口・風呂・シャワーヘッドなどのカルキ汚れがつきやすいもの別にご紹介します。

押入れのカビ対策!除去方法から再発防止まで

押入れのカビや臭い、気になりますよね。湿気や結露などによってカビが生えやすく、押入れの床や壁に黒い斑点のようなカビを見つけたことがあるのではないでしょうか。カビの臭いも気になりますが、押入れの中に入れているものにまでカビが生えてしまうのではないかと心配ですよね。カビによる健康被害も気になるところです。押入れのカビを除去する方法と押入れのカビ対策についてご紹介します。

ダニは洗濯機にうつる?!対処法や増やさないためのポイント

衣類についたダニは洗濯機にうつるのでしょうか?水や洗剤を使って洗濯することで、ダニを排除できると思っている方もいらっしゃることでしょう。ところがダニはしぶとく、60℃以上の高温で対処しなければ死滅させることはできません。この記事では、洗濯機や衣類にうつるダニの対処法や増やさないためのポイントをまとめてあります。

人形の捨て方!後悔しない処分方法

「捨てたいのに捨てにくいもの」の一つに人形がありますが、人形の正し捨て方が分からないために、不要な人形がたまっている方も多いと思います。人形の捨て方として一番簡単な方法は、自治体の家庭ゴミに出す方法ですが、それ以外にも多くの捨て方がありますので、今回は、人形の捨て方を5つ厳選してご紹介したいと思います。

乾物の収納方法!注意点やおすすめグッズまで

乾物の収納って意外とかさばってしまいますよね。収納のしやすさはもちろんですが、使いやすさも重視したいですし、見せる収納にしたいのであればデザイン性も考えたいですよね。乾物は湿気にも注意しなければならないので、密閉性に優れた容器を使った収納を考える必要もあります。棚や引き出しに収納する場合も見せる収納にする場合もスッキリ美しく収納できる方法をご紹介します。

ウォシュレットの掃除方法!ノズル洗浄から便座の隙間まで

ウォシュレットの掃除の頻度はどのくらいですか?ウォシュレットの掃除をうっかり忘れていると細菌やカビが繁殖して衛生上かなり問題です。ウォシュレットの水は直接肌に触れるものですので常に清潔に保ちたいですね。そこで今回はウォシュレットの掃除の方法を各部位ごとにご説明し、きれに保つための方法なども合わせてご紹介したいと思います。

年賀状の捨て方!安全に処分する5つの方法

年賀状の捨て方が分からず、年々たまっていく状況にどうしようか悩んだことないですか?新年に届く年賀状は、普段会えない友人知人の近況を知ることができるので楽しみですが、その反面、捨てたいのにそのままにしている方も多いと思います。今回は年賀状の正しい捨て方や捨てるタイミングなどを風水の話も交えてご紹介したいと思います。

アルミサッシを掃除する方法!カビ対策からサビの落とし方まで

アルミサッシの掃除をしないでいるとカビが生えてしまったりサビができてしまったりしますよね。砂・ホコリ・髪の毛・ゴミなどによって汚れてしまい、隅の方には黒いかたまりになった汚れが詰まってしまったりもします。アルミサッシのかるい汚れの掃除方法とひどい汚れの掃除方法、カビが生えてしまうことやサビができてしまうことを予防するための対策についてご紹介します。

電池の正しい捨て方!種類別の処分の仕方と地域別の回収方法

使用済みの乾電池やボタン電池の捨て方が分からなくて、ついつい後まわしにしていませんか?実は電池の捨て方には色々と決まりやルールがあり、電池の種類別に回収する場所や捨て方が違うんです。また、電池は捨て方を間違えると発火して火災の原因になることもあります。この記事では「電池の種類別の正しい捨て方」をご説明します。電池の捨て方がわからない、どこに捨てればいいかわからないといった方はぜひ参考にしてください。

空き箱を使った収納術!簡単リメイクでおしゃれに活用しよう

お菓子の空き箱や贈り物の空き箱など、キレイでオシャレなものが多いですよね。何かに使おうと思い、捨てずに残しておくことがあるかと思います。でも、いざ使おうと思うと、何に使ったら良いのかわからず、空き箱がたくさんたまってしまっているのではないでしょうか。そんな空き箱を使った収納術をご紹介したいと思います。また、空き箱を収納道具として使える用にするためのリメイクについてもご紹介します。

石鹸カスの掃除方法!場所別の落とし方やおすすめグッズ

お風呂場や洗面台の石鹸カスはキレイに掃除できていますか?なかなか落とせない汚れなので厄介ですよね。これまでにもいろんなアイテムを使って石鹸カスの掃除を試されてきたのではないでしょうか。石鹸カスって何であんなにも落ちないのかと掃除の度にイライラしてしまいますよね。お風呂場の石鹸カスと洗面台の石鹸カス、それぞれの落とし方、それぞれの予防する方法、おすすめの掃除グッズをご紹介します。

卒業アルバムの捨て方!注意点や後悔しない処分方法とは

卒業アルバムの正しい捨て方をご存知でしょうか?卒業アルバムには名前だけでなく顔までのっていますよね。個人情報がぎっしり詰まっている卒業アルバムの捨て方を間違えると、個人情報の漏洩につながります。今回は、卒業アルバムを捨てる前にすること、卒業アルバムの正しい捨て方や注意点、後悔しない捨て方などをご説明します。

カビキラーは何分置くのが効果的?何時間も放置したらどうなる?

カビキラーは何分置いて流すと効果的なのか明確な分数がパッケージに表記されていません。数分と書かれているのでわかりづらく、長時間置いてしまった場合のことも記載されていません。今回はカビキラーを使用したときの放置時間が何分が適切なのかや、や何時間も放置してしまった場合にどうなるか、またカビキラーを使うときの注意点を詳しく紹介します。

ドライアイスの安全な捨て方!知っておきべき危険性や注意点とは

ドライアイスの安全な捨て方をご存知ですか?アイスやケーキなどを購入した時に持ち歩く際に入れてくれるドライアイスは実はとても危険なものなのです。今回はドライアイスの知っておくべき危険性や安全な捨て方や捨てる時の注意点を詳しく紹介します。また捨てる前の活用法を合わせて紹介するので参考にしてください。

畳の掃除の仕方まとめ!正しい方法からカビ・ダニの対処法まで

畳の掃除の正しい仕方をご存知でしょうか?畳の部屋でごろんと寝転がったりすると何だかとても落ち着きますよね?そんな畳も汚れてカビ臭くなってしまっていたり、ダニがいたりすると気分が台無しになってしまいます。今回は正しい畳の掃除の仕方、色々な汚れの落とし方やカビ、ダニ対策の方法までしっかりと紹介します。

洗面所の収納をオシャレにするアイディア!収納場所・物の置き方、おすすめグッズの紹介

洗面所は収納スペースが限られている場所ですが、便利に使うために色々な物を置いてしまうことが多く、ごちゃごちゃと物があふれてしまいます。今回は洗面所をオシャレにすっきり使いやすくするアイデアを紹介します。ちょっとしたアイデアで洗面所の収納はオシャレですっきりさせることができるので参考にしてください。

アイロンの収納アイデア!邪魔にならない場所からおすすめグッズまで

アイロンがけって家事の中でも面倒な部類に入りますよね。いちいちアイロンを出してきて、また元の場所にしまって、ほんの少しの動きなのに面倒に感じてしまうものです。そんな面倒なアイロンがけを少しでも楽にするためには家事の動線が大事なのではないかと思います。どこでアイロンがけをするのか、アイロンがけをした衣類はどこにしまうのか、アイロンはどこにしまっておいたら出し入れがしやすいのかなど。収納する場所と方法を考えてみましょう。

フローリングのベタつきの落とし方!汚れ別の掃除方法と防止対策

フローリングがべたつく原因は様々です。料理中に油が飛び跳ねてしまったり、食事中に食べ物を落としてしまったり、足やスリッパの裏の汚れがついてしまったりなど。また、フローリングのワックスが劣化したり、剥がれてしまったりしていることもフローリングのベタつきの原因になります。原因に合わせたフローリングのベタつきの落とし方をご紹介しましょう。

生ゴミの処理方法7選!消臭対策や意外なモノを使った捨て方

毎日出る生ゴミの処理方法どうしていますか?ただゴミ箱に捨てるだけなら楽なのですが生ゴミはニオイの問題もありますよね。とくに暑い日には生ゴミのニオイが発生しやすく、きついニオイがしますよね。毎日のことなので正しい生ゴミを処理方法を知って、ニオイやコバエなどが発生することを予防しましょう。生ゴミの正しい処理方法と消臭方法を合わせてご紹介します。

教科書の捨て方!処分する前にチェックすることやタイミングについて

教科書の捨て方で困っていませんか?学年末になると、1年間お世話になった教科書はお別れとなりますが、またいつか必要になるかも…この科目のこのページはもう一度勉強したほうがよさそう…なんて思って、実際には二度と開かない教科書を捨てずに取っておき、結局は置き場に困ってどうにかしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、今回は古い教科書の正しい捨て方と捨てるタイミングをご紹介したいと思います。

ページ 11234次ページ>>