お風呂

「お風呂」の記事一覧

みかん風呂で寒い冬もぽっかぽか!5つの入浴効果と正しい作り方

食べ終わったみかんの皮、どうしているでしょうか。使い道がないように思えるみかんの皮ですが、風呂に入れてみかん風呂とすることで5つの効果を得られると言われています。とくに冬におすすめのみかん風呂について、詳しく見ていきましょう。

お風呂場の窓は開けっ放しが正しい?効率よく換気をする方法

お風呂場の窓は開けっ放しにしていた方がよいと思いますか?もちろん換気扇がない設置されていない場合は、窓を開けっぱなしにして換気を行いますが、換気扇があるお風呂場ではどうしたら効率よく換気できるのでしょうか?その方法によって換気効率は変わってきます。そこで今回は、空気を上手に循環させる仕組みやカビを防ぐための工夫を紹介します。

お風呂に毎日入るメリット10!入らない方がいい理由もあるの?

お風呂に毎日入るメリットを10個ご紹介します。湯船に浸かることは、健康や美容、心にもいいことだらけなのですが、その一方で、入らない方がいい理由もあるようです。世界でも類のない清潔好きの日本人には、毎日寝る前にお風呂に入るという習慣があります。今回はお風呂に毎日入るメリット&デメリットを踏まえたうえで、最適な入浴の頻度や注意点をお知らせしたいと思います。

お風呂のふたの代わりになるものはある?代用品の保温効果とは

お風呂のふたの代わりとして最適なものをご存知ですか?お風呂のふたが劣化や破損で使えなくなった際、買いかえようと思ったら、お風呂のふたの価格が想像より高く、再度購入するのはもったいないと悩んでしまう方も多いと思います。そんな時に、おふろのふたの代わりになるものがあれば節約にもなりますよね。今回はお風呂のふたの代わりになるものを詳しく紹介します。

お風呂にシャンプーを置かないことで得られるメリットとは

お風呂にシャンプーなどを置かないということは、入るときにシャンプーなどを持ち込むという、銭湯に行くときの方法です。お風呂にシャンプーなどを置くとボトルの量が増えるだけではなく、物があると汚れる場所も増えてしまいます。今回はお風呂にシャンプーなどを置かないことで得られるメリットについて紹介します。

お風呂ドアを引き戸にする3つのメリットとキレイを保つコツ!

お風呂のドアには引き戸・折り戸・開き戸といった種類がありますが、今回はお風呂のドアを引き戸にするメリット・デメリットについて詳しく紹介します。お風呂のドアの引き戸は、年配の方がいるご家庭や小さなお子様がいるご家庭で特に注目されています。また普段からできるお風呂の引き戸をきれいに保つ方法も紹介しているので参考にしてください。

お風呂に残った水で洗濯する方法!効率よく使うポイントと注意点!

お風呂に残った水で洗濯をする正しい方法をご存知ですか?ちょっとしたポイントを抑えておくだけでもずいぶん効率よく使うことができます。また、衛生面も含めて注意したい点もありますので、お風呂の残り湯で洗濯している人は確認してみてください。

柚子風呂の作り方と効果効能!

柚子風呂は柚子の香りが楽しめて体もポカポカになるので、冬至の日だけでなく日ごろから楽しみたいものですよね。柚子風呂の作り方はお肌の弱い人や、より香りや効果を高めたい場合によって少し変わってきます。柚子風呂の作り方や効果効能をご紹介します。

ワイン風呂の効果と作り方!ワイン温泉があるおすすめホテル

みなさんは「ワイン風呂」と聞いてどんなイメージを持ちますか? もしかすると大半の人は、海外映画のワンシーンでしか「ワイン風呂」をみたことがないかもしれません。それゆえ、「ワイン風呂」に現実感を抱き辛く、スーパーリッチなセレブにしか縁のない趣味だと考える人もいることでしょう。しかし、そうではないのです。じつは「ワイン風呂」は、けっして大金持ちの道楽ではなく、誰でも気軽に行える美容健康法の一種として知られているのです。そこで今回は、みなさんにこの「ワイン風呂」を紹介していきたいと思います。この記事を読んで参考にしながら、ぜひいちど、「ワイン風呂」の世界を堪能してみてください。

水風呂に期待できる効果5つ!自宅での正しい入り方や注意点まで

温泉やサウナに入った後の水風呂、火照ったカラダに最高に気持ち良いです。みなさんは経験ありますか?せっかく温泉やサウナで温めたカラダをわざわざ水風呂で冷やす意味あるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。実は、水風呂には意外な効果や効能があるのです。温泉やサウナで温めたカラダを水風呂で冷やすことを「温冷交代浴」と言います。温冷交代浴は自宅のお風呂でも可能です。水風呂への正しい入り方、効果や効能、注意点などご紹介します。

朝風呂の効果はあるの?主なメリットとデメリット、健康への悪影響について

朝風呂は、寝ぼけた体をスッキリとさせて活力を与えてくれるものです。思春期など多感な時期を迎えている方はもちろん、仕事前に入るという方も多いです。ただ、朝風呂にはメリットだけでなくデメリットも存在します。そのデメリットは命にも関わってくるので、軽視することはできません。そんな朝風呂をどのように活用するべきか、紹介していきます。

酒風呂の正しい作り方!期待できる効能から効果的な入り方まで

酒風呂に入れる日本酒は血行を良くして冷え性や疲労回復、美肌やデトックスなどさまざまな効果があります。また洗浄力が強く体の汚れや毛穴の奥の汚れまでとってくれるのがとても魅力的です。私は日本酒が苦手なんですが、酒風呂は匂いも気にならず保湿効果を確認できましたので、正しい酒風呂の作り方と10の効果効能をご紹介したいと思います。実際に酒風呂に入ってどんな効果があるか体験してみてくださいね。

半身浴の温度は38~40度が効果的!入浴時間の目安とやってはいけない入り方

自宅のバスルームで手軽にトライできる半身浴は、若い女性の間でも人気の美容法です。半身浴を安全に楽しむためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。ここでは、半身浴に最適なお湯の温度や入浴時間などを解説していきます。避けたほうがよいNGな入浴法もご紹介しますので、半身浴をするときの参考にしてみてください。

足湯に期待できる効果とは?まずは1日10分の温活を続けよう

足湯の効果といえば冷え性の改善が有名ですが他にも多くの効果が足湯にはあります。足は第二の心臓と言われるほど色々な神経が集まっていますので足湯の効果を実感することができます。今回は足湯の効果効能、効果的な足湯の入り方、足湯の注意点などをご紹介いたしますので参考にしてぜひ足湯をしてみてください。

炭酸風呂の作り方と効果効能7選!美肌や疲労回復できる入浴方法

炭酸風呂に入ったことがありますか?炭酸風呂のシュワシュワ泡が気持ち良くて一ヶ月に1回は炭酸風呂を作って入浴しています。私が炭酸風呂で実感するのは身体が温まるスピードと肌の保湿効果です。他にも炭酸風呂には効果効能がありますのでぜひシュワシュワなお風呂に入ってみてください。炭酸風呂の作り方や主な効果効能をまとめましたので参考にしてくださいね。

入浴時間の目安は15分!健康効果と理想的な入り方

入浴には様々な健康効果があります。しかし、その効果を高めるためには適切な入浴時間を守る必要があります。また、正しい温度に設定することも重要です。温度や時間について特別な意識をせずに入浴をしていたという人は多いのではないでしょうか?そこで今回は、理想的な入浴時間やお湯の温度について、またそれらを実践するメリットなどについて解説します。

お風呂で寝てはダメ!ウトウトは失神寸前!命にかかわる3つの理由と危険防止対策

お風呂で寝るのは危険です!入浴中にウトウトしてきて…ハッと気がついたら寝ていた!それは寝ていたのではなく気を失っていた可能性が高いです。起きたから助かったものの失神したままだとどうなっていたか想像すると怖くなりますね。お風呂で寝ることの危険性や死亡事故をおこさないためのお風呂の正しい入り方をお話したいと思います。

クエン酸風呂で肌がツヤツヤ!期待できる驚きの効果

クエン酸をお風呂に用いることで美肌になれる!という情報をみなさんとシェアしたくてこの記事を書きました。クエン酸には肌の古い角質を取り除いてくれる効果があるとされています。年齢を重ねると古い角質が肌に残りやすく、新しい肌へと再生されないまま、くすみなどの原因になってしまうのですよね。クエン酸風呂に期待することができる効果や効能、クエン酸風呂の作り方、クエン酸風呂に入るときの注意点などご紹介します。

重曹風呂でお肌がツルツル!お風呂場もキレイになって一石二鳥!

重曹風呂って知ってますか?その名の通り、重曹を入れたお風呂のことを重曹風呂といいます。重曹と聞くと、お掃除やお料理が頭に浮かぶと思いますが、実はお風呂に入れると入浴剤になるんです。重曹の効果は、油汚れを落とす、消臭する、お肉をやわらかくする、魚のぬめりをとる…などの効果がありますが、その効果がお風呂でも活躍してくれるんです。今回は重曹風呂の効果効能や作り方、残り湯の有効的な使い方、注意点を紹介します。