洗濯

洗濯に関して、お役立ち情報をカテゴライズしました。

「洗濯」の記事一覧

クエン酸を使った洗濯には「2度洗い」がおすすめ!

いつもきちんと洗濯をしていても衣類に付いてしまう黄ばみ。なんとか落とそうと強力な洗剤を使い、手荒れを引き起こしてしまうひとも少なくありません。今回は、家庭にあるもので簡単にできる黄ばみ対策をご紹介します。これでもう黄ばみが出ても楽に対処できるはずです!

お風呂の残り湯で洗濯をする方法!衛生面やニオイ、メリットからデメリットまで

お風呂の残り湯を洗濯で使えば、水道代の節約になります。温かいぬるま湯で洗濯することにより、汚れ落ちもよくなるのはうれしいですね。しかし、残り湯には雑菌が多そうで、身に着ける衣類を洗濯するのは心配という声もあります。実際のところはどうなのでしょうか。残り湯で洗濯する方法、ニオイや雑菌が気にならない洗濯術などを紹介します。

雨の日の洗濯物を早く乾かす方法6選!効果的な干し方から洗濯の仕方まで

雨の日は、外に洗濯物が干せないので、浴室乾燥機や衣類乾燥機がないと、室内で洗濯物を乾かすことになります。部屋干しは、乾くのに時間がかかったり、独特の臭いが気になったりしますね。そんな時、早く乾かす効果的な干し方を覚えておくと、とても便利です。工夫次第では、雨の日でも洗濯物を早目に乾かすことができますよ。

血液の染み抜きのコツ!おすすめの洗濯方法から時間が経った場合の落とし方まで

血液の染みは、洗濯機で洗うだけではきれいに落ちにくいですよね。また、生理の時に椅子や布団など、洗濯しにくいものに血液がついてしまうこともあります。一度ついてしまったら対処が難しい血液の染みですが、コツを覚えればきれいに落とせます。そこで、血液がついた衣類の洗濯方法や、時間が経ち生地の奥までしみ込んだ血液の染みを落とすコツをご紹介しましょう。

パジャマを洗う頻度はどのくらいが適切?毎日洗濯したほうがいいの?

快適な眠りに欠かせないパジャマですが、みなさんのご家庭ではどのくらいの頻度でパジャマの洗濯をしていますか?毎日洗っているという人もいれば、一週間ずっと着続けているという人もいて、どれが正解なのかよくわかりませんよね。そこで今回は、理想のパジャマの洗濯頻度と、その理由について説明していきます。これからは、「いつパジャマを洗えばよいのだろう」と迷うこともなくなりますよ。

つけおき洗いの正しいやり方!期待できる効果や手順、注意点まで

みなさんはつけおき洗いをしたことはありますか?ベテランの主婦の方は活用している方もいるかと思いますが、最近は洗濯機の性能や洗剤に頼ってつけおき洗いをしたことがない人も多いのではないでしょうか?今回はつけおき洗いのやり方、どんな時に使うものなのかご紹介していきます。正しいやり方でつけおき洗いをすると凄い効果を発揮します。やってはいけない方法もあるのでそちらも一緒に覚えてください。

煮洗いで黄ばみや臭いをまとめて解決!究極の洗濯方法

お洗濯ではなかなかスッキリと落ちない汚れやシミ、黄ばみなども、昔ながらの洗濯方法である「煮洗い」方法で洗うと、見違えるほど白くキレイになることがあります。お気に入りのタオルや、汚れや臭いが気になる布巾、黄ばみが気になるTシャツがある、という方は、是非この煮洗い方法を試してみてはいかがでしょうか。

ウールの洗濯まとめ!洗い方と頻度、干し方や縮み伸びを抑えるコツ

ニットやカーディガン、マフラーなどウール製のものを使う機会は冬になると特に多いのではないでしょうか?ウールは温かくて着心地がよく愛用している方も多いかと思いますが、とてもデリケートな素材です。普段通りに洗濯機に入れてしまい縮んで着られなくなってしまった、なんて手痛い経験を持つ方もいるのではないでしょうか?そんな事態を防ぐためにも、今回はウールの縮みや伸びを抑えて洗濯をする方法をご紹介します。

靴を早く乾かす方法!臭くならないコツからおすすめグッズまで

靴は雑菌がたまりやすく、さらに人間の体温や汗により、雑菌が活発化します。洗うこともできますが、きちんと乾かすことが出来なければ雑菌や臭いは落とせません。今回は、どうしたら洗った靴が臭くならないか、早く乾かすために必要なことはあるか、便利なグッズはあるのかなど、靴の乾かし方について気になるポイントを紹介していきます。

洗濯機に柔軟剤を入れる最適なタイミングとは?種類別の使い方と注意点

洗濯物を柔らかく仕上げてくれる役割を持つ柔軟剤ですが、最近では香りにこだわったものが多く市販され、香りで選ぶという人もいるようです。柔軟剤の種類が増えたため、洗濯の時には必ず柔軟剤を使うという人も増えてきましたが、実は、正しい使い方は洗濯機に洗剤と一緒に入れるというわけではありません。洗濯機の種類によって柔軟剤を入れるタイミングが違います。今回は正しい柔軟剤の使い方を紹介します。

洗濯物を放置するとどうなる?良くない理由から干し忘れた時の対処法まで

あなたは洗い終わった洗濯物を洗濯機の中でどのくらい放置しても大丈夫だと思いますか?洗濯物を干し忘れたことで再度洗い直さなければいけなかったり、最悪の場合廃棄したりしなければならないかもしれません。しかし、これから紹介することを実践することで洗濯物に付着している細菌やカビの繁殖を防げるといわれています。洗濯物を放置してはいけない理由と実際に起きたときの対処法を紹介します。

ジージャンはどう洗濯するべき?デニムジャケットの正しい洗い方

普段使いがしやすいジージャンはデニム生地でできているため丈夫で長持ちするのが嬉しいポイントだが、洗い方ひとつで色落ちや黄ばみが出てきます。ここでは色落ちを軽減させる洗い方のほか黄ばみが出てきたときの対処法をご紹介します。特殊な洗剤などが不要なのでどこのご家庭でも実践できます。

オキシクリーンの正しい保存方法!詰め替えに使えるおすすめグッズまで

オキシクリーンは洗濯の漂白剤やフローリングや換気扇の掃除など様々な場面で使える「家庭の万能洗剤」といっても過言ではありません。そんなオキシクリーンですが、別の容器に移したら爆発したと聞いたことはありますでしょうか?今回はオキシクリーンの爆発の真意と、保存方法やおすすめの容器について紹介していきます。

毛玉取りの方法6選!ごっそり取れる仕方と防ぐコツ

洋服に毛玉がついているだけでだらしない感じになりますよね。毛玉取りで一番重要なポイントは「生地を傷めない」ことですので、毛玉をむしり取るのではなく切り取るのが毛玉取りのベストです。実は毛玉取りは身近なものを利用して簡単にできるんです。今回は毛玉取りの方法とおすすめの毛玉取り専用グッズ、毛玉ができない方法とやってはいけないことなどをご紹介いたします。

冬の洗濯物を早く乾かす干し方

冬は他の季節と比べて洗濯物が乾くまでにとても時間がかかりますよね。乾いても衣類が冷たくて本当に乾いたかわからない場合もあります。雨が降ろうものなら部屋干ししてさらに乾きが遅くなり、困っている方も多いのではないでしょうか?今回はそんなお困りの皆さんに冬に洗濯物を早く乾かすコツをご紹介します。

毛布の洗濯!自宅で洗濯する方法からクリーニング店に依頼する場合まで

人によっては通年、少なくとも秋から春までは毎日使う寝具の毛布。特に肌着類と違い、毎日洗濯するものではないですし、シーツや枕カバー程コンパクトではないので、数日~1週間に1回の頻度の洗濯にも無理がある…。サイズも重さもあるため、どのような洗い方をするのがベストなのかは、考えるところです。今回はそんな毛布の洗い方について考えていきたいと思います。

セーターやニットの洗い方!正しい洗濯方法から干し方まで

Tシャツなどと異なり、ただ洗濯機にいれればいいというのではないのがセーターやニットの服。調べてみてもどうやって洗えばいいかわからずにクリーニングに出してしまう方も少なくありません。ここではどうすればセーターやニットが洗えるのかをご紹介。簡単にできるのがミソです。

色移りの落とし方!洗濯物が乾く前に対処することが大切

疲れている時や忙しい時に洗濯をして、ついつい色移りさせてしまったという状況にどうすれば対処できるのかご紹介します。色移りしたからといってあきらめず早めの対応で色移りを軽減することができます。もしもの時の対応と、今後色移りさせない技を多数紹介。これで洗濯のストレスもだいぶ楽になっていきます。

バスタオルの干し方!早く乾かすコツや臭いを無くすおすすめの方法

バスタオルは、お風呂あがりに体を拭き上げるタオルですので、しっかりと乾いたタオルを毎日使いたいですよね。ジメジメした梅雨の時期や雨の時、寒い季節になるとなかなか乾きません。また湿っている状態で取り込んでしまうと臭いの原因になったりもします。ここでは、しっかりと乾く干し方や臭わせないバスタオルの干し方を紹介します。

洗濯のりの種類別の使い方!効果的にパリッとさせるコツまで

洋服にパリっとした爽快な着心地を与える洗濯のりは、その種類も豊富でご自宅で使われている方はそう多くはありません。ここでは天然のりと合成のりと呼ばれる2種類の洗濯のりの使い方をご紹介します。またどちらの洗濯のりがどの洋服に合っているかも掲載し、家族が喜ぶ洋服の着心地を実現させるアイデアが詰まっています。

ページ 112345次ページ