洗濯

洗濯全般に関する記事一覧です。洗濯全般のお悩みを解消するための情報、お役立ち情報をお届けいたします!|シュフーズ

「洗濯」の記事一覧

正しい筆の洗い方と長持ちさせるお手入れ方法!

冠婚葬祭に欠かせない「筆」。今では筆ペンという便利な道具がありますが、やはり毛筆は、一味違ったニュアンスや深い思いを文字に乗せることができます。ちなみに、習字経験者から見れば、毛筆と筆ペンの違いは一発でわかるそうです。日本人にとって、キレイな字を書けることは一種のステータス、尊敬さえされるでしょう。しかし、「毛筆の扱い方やお手入れの仕方なんてわからない!」最近ではそういう人も増えつつあります。そこで今回は、大筆と小筆の洗い方や、お手入れの仕方、注意点、そして筆のメンテナンスの方法をご紹介します。

喪服の洗濯方法と自宅で洗える喪服の種類

喪服は自宅で洗濯できる? 喪服をケアする方法は主に2種類です。 自宅で洗濯 クリーニングに出す 自宅で洗濯す...

着物の洗濯方法と注意点!お手入れと保管の重要ポイント

皆さんは着物を着た後どうしていますか?クリーニングに出している方がほとんどでは無いでしょうか?実は、着物はお家でも洗濯できるものもあります。洗濯できる着物の見分け方や、洗濯方法、お手入れと保管の方法まで細かくご紹介します。ぜひ参考にしてお気に入りの着物をキレイに保てるようにしましょう。

靴下の汚れを簡単に落とす方法!

「子ども達の履いた靴下の汚れが落ちない!」「すぐに臭くなってしまう!」衣類の中でも特に洗濯に困るのが汚れだらけの靴下ですよね。黒ずんだ汚れや泥汚れがついているのですぐに洗濯機へ入れられません。仕方なく手洗いしても靴下の汚れは非常にガンコで落としにくい・・。靴下の洗濯に時間をとられてしまっては他の家事が進みませんよね。しかし、子どものいる家庭では、子どもが遊びや部活で頻繁に靴下を汚してしまいます。どうすれば靴下の汚れを落とせるのでしょうか?また、汚れを予防する対策はあるのでしょうか?そこで今回は、靴下についたガンコな汚れや泥汚れの落とし方、汚れの予防策とおすすめの洗剤をご紹介します!

リヨセルのしわや縮みの原因を知って失敗しない洗濯をしよう!

上品な光沢と柔らかさでおしゃれ着には欠かせないリヨセル。この季節、至る所の店先で目につくようになりましたね。美しいシルエットを作り出すアイテムでありながら、縮みやシワがつきやすいという一面も。ご家庭での洗濯後の簡単なケアをすることで、シルクのような風合いと着心地のよさを、季節を問わず思いっきり楽しみましょう!

浴衣のクリーニングの料金相場やかかる日数、頻度とは

夏になると、花火大会や夏祭り、納涼船など、夏ならではのイベントがたくさんありますね。夏しか着られない浴衣、せっかくの機会ですからたくさん着たいですよね!でも、「暑くて帯を締めてた部分が汗でびっしょり!」「食べ物を落としてうっかり汚しちゃった!」自分を始め、家族でもそんな経験はありませんか?今回は浴衣のクリーニングについて見ていきましょう。

毛布を洗濯機で洗う方法と注意点!きれいに長持ちさせるコツ

毛布は直に肌に触れて使う物なので、なるべく綺麗な状態でより睡眠の質が上がるようにしたいものです。けれども、大きいものだからといって毎回クリーニングに持っていくのも大変だし、お金もかかりすぎてしまいますよね。もしこれが家の洗濯機でできるなら、持ち運びの手間もコストも大幅に減らすことができます。そこで、今回は家の洗濯機で毛布を洗う方法をご紹介したいと思います。

ラグマットの洗濯は自宅でできる!キレイに洗う正しい方法とコツ

ラグマットの上に飲み物や食べ物をこぼして汚してしまうときれいに洗濯したくなってしまいますよね?でもラグマットのような大きな物は洗濯できるのかどうやって洗濯すれば良いのか迷ってしまいますよね?そこで今回はラグマットを自宅で洗濯する正しい方法とそのコツについて紹介します。洗濯表示を確認して洗濯が可能であれば洗濯することは可能です。汚れたラグマットはきれいに洗濯してみましょう!

レーヨンの正しい洗濯方法!干し方と保管の注意点

レーヨン素材の洋服は取り扱いに気を付けなければなりません。中には洗濯に失敗したことがあるという人も多くいるのではないでしょうか。しかし、取り扱いの注意点さえ押さえていれば洗濯する際も失敗に遭遇することはありません。ここでは失敗しないレーヨンの洗濯方法を詳しく解説していきます。興味がある方は是非参考にしてみてください。

家庭での洗濯禁止の衣類を洗う方法と素材別の注意点!

家庭での洗濯禁止の衣類を汚してしまった場合、皆さんはどうしていますか?普通にクリーニングに出してしまっている方もいるのではないでしょうか。実は、家庭での洗濯禁止の衣類でも洗うことができるものもあるんです。今回は、家庭での洗濯禁止の衣類を洗う方法や素材と特徴、注意点までご紹介します。ぜひ参考にして大切なお洋服をお手入れしてあげてください。

洗濯槽のワカメがなくならない時の対処法とかんたんな掃除方法

皆さんは洗濯機のお掃除は普段どのくらいやっていますか?「月に1回」という方や、「1度も洗ってない…」といった方もいるのではないでしょうか。あまり洗濯機を洗っていないと洗濯機にワカメみたいなものがつきますよね。それ、しっかり掃除したほうが良いですよ。今回は、洗濯槽のワカメの掃除の仕方や正体、予防法まで詳しくお伝えします。ぜひ参考にして洗濯槽を清潔に保ちましょう。

テンセルのしわの取り方や洗濯方法と干し方

着やすくて風合いも素敵なテンセル素材の洋服に注目が集まっています。しかし、テンセルは正しい方法で洗濯してあげないと、すぐにしわが出来てしまうんですよね。ここでは、万が一しわが出来てしまった時の適切な対処方法と、正しい洗濯の手順をわかりやすく説明していきます。テンセル素材の洋服に関心がある方はぜひチェックしていってくださいね。

子ども服の処分とリサイクル方法や捨てるタイミング

子供服はオシャレなものも多く、我が子のために可愛いデザインのものを一生懸命選んでいる親御さんも多いでしょう。しかし、子供は成長が早いため、サイズアウトしてすぐに着られなくなってしまいます。また、子供服に思い入れを持ちすぎると捨てるのが困難になり、子供服がたまっていってしまうでしょう。今回は、子供服を処分する方法やタイミングについて紹介します。

ヘルメットの洗い方!バイク・現場用のヘルメットの臭いも落とす方法

ヘルメットの洗い方は種類によって異なります。バイクや現場用のヘルメットは頭を事故から頭を守ってくれるとても重要なプロテクターです。そんな大切なヘルメットも汗など内部に汚れや臭いが溜まっています。ヘルメットもご家庭にある中性洗剤を使って意外と簡単に洗濯できます。また、消臭スプレーをかけて風通しの良い場所に置いておくだけでも効果はあります。今回はそんなヘルメットの洗い方をご紹介します。

洗濯機の蛇口を開けっ放しはNG!思わぬ大惨事を招く恐れがあります!

洗濯機の蛇口を開けっ放しにしていませんか?洗濯機の蛇口は開けておくとボタン操作のみで洗濯できるので、蛇口を閉めずに使用を続けている人もいると思いますが、実はコレ大きな危険が潜んでいます。取扱説明書を読むと使う時に開けて使わない時は閉めると書いてあります。今回は洗濯機の蛇口の開けっ放しで何が起こるか紹介するので、毎回閉める習慣をつけましょう。

洗濯物が乾くまでの時間はどのくらい?季節と天候と干し方で変わります

洗い終わった洗濯物ってどのくらいの時間で乾くのでしょうか?普段のお洗濯にだけに限らず、着る予定でいた服なのに、洗濯するのをうっかり忘れていたり、子供の体操着や給食袋を後になって出されたりすると早く乾かさなくてはと焦ってしまいますよね。洗濯物を気持ちよく乾かすための温度と湿度。風通しを利用した干し方など、ちょっとした工夫で効率よく洗濯物を乾かすことができますよ。忙しい方必見です!

服のカビを洗濯する方法!白カビと黒カビの落とし方

押入れに仕舞っておいた洋服を久しぶりに出した際に、黒いものがついていたという経験をしたことはありませんか?これは、カビが繁殖してしまった可能性が高いです。カビが洋服に付着していると気が滅入ってしまうものですよね。そこで、ここからはカビが付いた洋服のクリーニング方法、予防方法などを詳細に説明していきます。

羊毛布団を自宅で洗濯する方法と注意点!

他の繊維に比べて保温性や湿気の吸放湿性が優れている羊毛布団。長期間使用することで、羊毛の独特の臭いや汗や体臭によって丸洗いしたい!という方も多いのではないでしょうか。クリーニングに出す方も多いと思いますが、自宅でも洗濯できるかどうか気になりますよね。結論から申し上げると、自宅でも洗うことはできます。しかし、素材の特性上、羊毛は水と摩擦に弱いため様々な注意点があります。洗濯の仕方を誤ると、縮んでしまったりゴワゴワになってしまう恐れもありますので、洗濯する前には必ず洗濯表示を確認するようにしてくださいね。自宅で洗濯する方法と、その注意点について、紹介します。

靴を早く乾かす方法!身近なもので乾かすコツ

靴は常に清潔に保っておきたいですが、その構造上、一度濡れるとなかなか乾かないという難点があります。また、うまく乾燥できないままの状態で履いてしまうと、水虫などの悪影響を及ぼすことになるので、乾燥はしっかり行なっておかなければなりません。ここでは、靴を早く乾かすための効率的な方法をいくつか紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

布ナプキンの洗い方!効果的な浸け置き方法と清潔に仕上げるコツ!

布ナプキンは使い捨てのナプキンと違い、滑らかな肌触りと心がホッとする様な着け心地を実感できます。お肌が敏感な人にとっても快適に過ごせるアイテムです。毎月の生理期間、ただでさえブルーになるのだからお肌への負担だけでも少なく済ましたいですよね。しかし、布ナプキンは何度も使用するため、当然自分で毎回洗わなければなりません。「布ナプキンって洗うの面倒くさそう・・」「そもそも、使った後はすぐ洗濯機にいれていいの?」布ナプキンって汚れの他に血液も付着するので洗い方に困りますよね。手洗いも面倒だし、使わない人の方が圧倒的に多いんじゃないでしょうか?しかし、布ナプキンの洗い方はコツさえつかめば実はとっても簡単!生活の一部となればそんなに苦でもありません。そこで今回は、布ナプキンを洗う準備から洗い方や干し方、注意点や気になるにおいの対策までご紹介します。

ページ 11234次ページ>>