その他の洗濯

「その他の洗濯」の記事一覧

布おむつの正しい洗い方!臭いやシミもとって清潔にするコツ!

赤ちゃんのおむつは、紙おむつと布おむつ、どちらを使っていますか?紙おむつは使い捨てできて、洗濯の必要もないのでとっても楽ちん!ただ毎月の購入額を考えると結構痛手ですよね。その点、布おむつは使いまわしができるし、素材によってはシルクな付け心地の物もあるので、赤ちゃんにとっても嬉しいおむつです。ただし、布おむつは自分で洗わないといけないのがネック。傷みやすいしカビやすい、「どうすれば布おむつをキレイに洗えるのだろうか・・」「使っていい洗剤や道具はどれ・・?」と、そんなお悩みを持つお母さん達に、布おむつを正しく洗う方法や準備するもの、しつこいにおいと黄ばみの対策、布おむつを洗う時の注意点をご紹介します!

保冷バッグの洗濯方法と代用品!

保冷バッグは夏の外出や買い物に大活躍するアイテムですが、使っているうちに汚れてきますよね。汚れた保冷バッグをきれいにしたいと思っても、保冷機能を落とさず洗うにはコツがいりそうです。洗濯機で丸洗いすると、保冷素材が壊れるかもしれません。そこで、保冷バッグの洗濯方法や、保冷バッグの代用品についてご紹介しましょう。

梅雨の洗濯物を早く乾かす方法と裏ワザ!

梅雨の洗濯物ほど難儀な家事はないですよね。外はず~っと雨!仕方なく部屋干ししても、乾きにくいから何回も干すことになるし、乾かないまま、気が付けば生乾きで臭くなっていて、また洗い直し!気持ちも憂鬱になってきます・・。しかし、梅雨の洗濯物もコツや注意点を把握すれば、その悩みも解決できます!今回は、梅雨の洗濯物を早く乾かす基本と、さらに早く乾かす裏ワザ、そして臭くなる原因をご紹介します。

麦わら帽子の正しい洗い方と型崩れしない保管方法!

夏にかぶる帽子といえば麦わら帽子ですよね。夏のファッションにも良いアクセントを出してくれます。夏は汗をかく時期なので、麦わら帽子もしっかり洗わないと、次の年に使うときにカビが生えたり、変な匂いがついたり、黄ばんでしまうこともあります。しかし間違った洗い方をしてしまったら、かぶれなくなってしまったという話もあります。今回は上記のようなことを防ぐために、麦わら帽子の洗い方の基本や乾燥のやり方などご紹介します。ぜひこの記事を参考にして、お気に入りの帽子を清潔に保ってください

加圧シャツの正しい洗濯の方法!劣化させないポイント

加圧シャツの洗濯の注意点を知ってますか?それは生地を伸ばさないことです。加圧シャツの洗濯に失敗して生地が伸びてしまうと着圧が低下して加圧効果も下がってしまいます。加圧効果が下がってしまうと加圧シャツは意味の無いものになってしまいます。今回は加圧シャツの正しい洗濯の方法と長持ちさせるコツをご紹介いたします。

感動パンツは洗濯も簡単!清潔さを保って快適に履こう!

ユニクロで販売している感動パンツの特徴をご存知ですか?超軽量・超伸縮・超速乾が感動パンツの特徴です。他にも吸吸汗速乾性なので汗をかいてもすぐ乾いてさらっとした肌触りで一日過ごせます。また感動パンツの一番嬉しいのは家で洗濯できることです。今回はユニクロの感動パンツの特徴や着こなし方、洗濯方法など色々まとめました。

海外旅行で洗濯する4つの方法と裏ワザ!持って行く衣類選びのコツ

海外旅行先で洗濯する方法をご存知ですか?海外旅行は身軽が一番。荷物をコンパクトにするために一番減らせるのは衣類ですので、持っていく衣類は必要最低限にして海外旅行先で洗濯することをおすすめします。今回は海外旅行先での洗濯の方法や干し方、洗濯するものとしないものなどをまとめましたので参考にしてください。

リュックの洗濯の方法と干し方のコツと注意すること

リュックの洗濯は自宅でできる?リュックは両手が空くので便利で愛用している人も多いと思いますが、使っていると汚れてしまったり、暑い季節になると汗の臭いも気になってしまいます。大切な愛用品は長く使い続けていきたいですよね?今回はリュックを自宅できれいに洗濯する方法と注意点、日々のお手入れの方法を紹介しますので参考にしてください。

アイロンの温度は素材ごとに変えよう!かける注意点からコツまで

オシャレをするのは楽しいものですが、素材が違ってくると、洗濯の仕方やアイロンがけが必要なのかなども違ってきますよね? ここではアイロンがけに適切な温度は何度なのか、素材別にご紹介していきます。

洗濯機をまわす時間はどのくらいかかるの?時短のコツ教えます!

洗濯は洗濯機にいれて終わりではありませんので、干したり、たたんだりなど、全体の時間を考えると、家事の中でも結構、多くの時間を使っています。少しでも、時間を短くできれば嬉しいですよね。そこで、洗うものによっては洗濯機をまわす時間を短くする方法が便利です。短い時間ではよく洗えていないのではと不安を感じる人もいると思いますが、安心して洗濯機の時間を短くできるコツをご紹介します。

タンブラー乾燥の正しい使い方!使う前に確認するべきこと

タンブラー乾燥はなんといっても短時間で乾くのが一番の魅力ですね。私も近所のコインランドリーでちょくちょくお世話になっていますが、以前お気に入りのシャツを縮ませてしまって慌てたことがありまして…タンブラー乾燥のことを調べてみました。タンブラー乾燥の使い方やメリットデメリット、タンブラー乾燥してはいけない衣類などをまとめましたので参考にしてみてくださいね。

制服の洗濯方法!自宅で汚れを落とす洗い方の基本と干し方

最近の制服は形状記憶に優れているものが多く、型くずれの心配も少ないので制服を自宅で洗濯する方が増えているようですね。制服の洗濯で心配なのは縮みや皺ですが、制服の正しい洗濯方法さえおさえておけば大丈夫です。制服はほぼ毎日着用するため埃や皮脂などで驚くほど汚れています…。とはいえ制服の替えを何着もそろえることは現実的には難しいです。今回は制服を自宅で洗う正しい方法や綺麗に仕上げるコツなどのご紹介したいと思います。

コインランドリーの乾燥時間の目安は何分?量や種類で異なる待ち時間

コインランドリーを利用するとき、「乾燥にどれくらいの時間が必要なのだろう?」と悩むことはありませんか?乾燥に時間をかけすぎてしまうと洗濯物が傷んでしまいそうですし、乾燥する時間が短すぎると中途半端に乾いてしまったり、追加で乾燥させたりしなければなりません。中途半端に乾燥させてしまったときの、あの生乾きのニオイは避けたいですよね。コインランドリーの乾燥時間の目安はどれくらいなのか、料金はどれくらいかかるのかなどご紹介します。

お風呂の残り湯で洗濯をする方法!衛生面やニオイ、メリットからデメリットまで

お風呂の残り湯を洗濯で使えば、水道代の節約になります。温かいぬるま湯で洗濯することにより、汚れ落ちもよくなるのはうれしいですね。しかし、残り湯には雑菌が多そうで、身に着ける衣類を洗濯するのは心配という声もあります。実際のところはどうなのでしょうか。残り湯で洗濯する方法、ニオイや雑菌が気にならない洗濯術などを紹介します。

洗濯物を放置するとどうなる?良くない理由から干し忘れた時の対処法まで

あなたは洗い終わった洗濯物を洗濯機の中でどのくらい放置しても大丈夫だと思いますか?洗濯物を干し忘れたことで再度洗い直さなければいけなかったり、最悪の場合廃棄したりしなければならないかもしれません。しかし、これから紹介することを実践することで洗濯物に付着している細菌やカビの繁殖を防げるといわれています。洗濯物を放置してはいけない理由と実際に起きたときの対処法を紹介します。

毛玉取りの方法6選!ごっそり取れるやり方と注意点まで

洋服に毛玉がついているだけでだらしない感じになりますよね。毛玉取りで一番重要なポイントは「生地を傷めない」ことですので、毛玉をむしり取るのではなく切り取るのが毛玉取りのベストです。実は毛玉取りは身近なものを利用して簡単にできるんです。今回は毛玉取りの方法とおすすめの毛玉取り専用グッズ、毛玉ができない方法とやってはいけないことなどをご紹介いたします。

色移りの落とし方!洗濯物が乾く前に対処することが大切

疲れている時や忙しい時に洗濯をして、ついつい色移りさせてしまったという状況にどうすれば対処できるのかご紹介します。色移りしたからといってあきらめず早めの対応で色移りを軽減することができます。もしもの時の対応と、今後色移りさせない技を多数紹介。これで洗濯のストレスもだいぶ楽になっていきます。

洗濯のりの種類別の使い方!効果的にパリッとさせるコツまで

洋服にパリっとした爽快な着心地を与える洗濯のりは、その種類も豊富でご自宅で使われている方はそう多くはありません。ここでは天然のりと合成のりと呼ばれる2種類の洗濯のりの使い方をご紹介します。またどちらの洗濯のりがどの洋服に合っているかも掲載し、家族が喜ぶ洋服の着心地を実現させるアイデアが詰まっています。

スキーウェア・スノボウェアの洗濯方法!自宅で上手にお手入れするには?

ウィンタースポーツに必携のスキーウェアやスノボウェアですが、かさばってなかなか洗濯できないなんてこともありますよね? ここではそんな手間がかかりそうなウェアの選択方法をご紹介します。また自宅で洗う際のポイントなども併せてご紹介していきます。

乾燥機で縮む素材や防止対策、元に戻す方法まで

乾燥機を使って洗濯物を乾かすと縮んでしまうことも多いですよね。乾燥機を使うことで洗濯物を干す手間を省くことができたり、短時間で乾かすことができたりするので助かるのですが、縮んでしまわないためには洗濯物の素材を考えなければなりません。なぜ乾燥機を使うと縮んでしまうのか、どんな素材が縮みやすいのか、縮ませない対策法や縮んだ洗濯物を元に戻す方法などご紹介します。