洗濯物は裏返して洗ったほうがいい!効率的に汚れを落とすコツ

普段、なんとなく洗っている洗濯物ですが、「裏返して洗ったほうがいい」というのをご存知ですか?干すときにはまた戻すために面倒に思われるかも知れませんが、汚れの落ちやすさや傷みにくいといったメリットがたくさんあります。この記事では裏返して洗うメリットのほか、裏返しにして洗うべき洗濯物も併せてご紹介します。

裏返して洗濯したほうがいい理由

洗濯 裏返し

洗濯物は裏返してから洗った方が様々なメリットがあることを知っていますか?毎日着る衣類だからこそ、清潔で快適なものを身につけたいですよね。ここでは裏返しにして洗うことでどんな効果があるのかをご紹介します。

皮脂などの汚れが落ちやすくなる

まず、衣類を裏返しにして洗濯するメリットで一番に挙げられるのが「裏側に付いた汚れが落ちる」こと。特に人の体に触れている肌着などは、表よりも皮膚側の裏面に皮脂や汗などの汚れが付着しています。

また、洗濯機で洗うと洗濯物同士が擦れ合うので、「揉み洗い」のような効果を発揮してくれるのは嬉しいポイント。

まれに、「洗濯したのに嫌なニオイがする!」とお困りの方もいらっしゃいます。洗濯槽のカビなども原因として考えられますが、まずは裏返しにしてみて洗濯してみてはいかがでしょう。洗濯槽の掃除よりも手軽で、すぐに実践できるのがありがたいですね。

衣類を長持ちさせられる

「裏返しにしただけで長持ちするの?」と疑問に思われるかも知れませんね。けれど、裏返しで洗濯をすると衣類が長持ちします。その理由は、上でもご紹介した通り「服同士が擦れる」点にあります。

衣服が擦れ合うことによって汚れは落ちますが、それと同ときに衣服にダメージを与えてしまいます。しかし、洗濯ときだけ裏返せばその部分だけ擦れるので、着用しているとき以外は表側が擦れる心配はありません。

毛玉や毛羽立ちができにくい

上の理由と同様ですが、表ではなく裏地が擦れるので「毛玉」や「毛羽立ち」の発生を軽減することができます。これまで毛玉や毛羽立ちを防ぐために「ネット」に入れていた方も、これからは裏返して洗濯してみたはいかがでしょうか?

ネットに入れると、確かに毛羽立ちは防ぎやすいですが、汚れの落ちやすさで気になるところ。汚れが落ちやすく毛羽立ちにくい点で、裏返しての洗濯をオススメします。

色落ちを軽減できる

また表面の摩擦が少ないことで「色落ち」を軽減することも可能。こちらも表面が擦れることが少ないので、ジーンズなどのデニム生地やTシャツなどを長持ちさせられます。

裏返して干すのも効果的

洗濯 裏返し

裏返して洗濯するだけでなく、乾きの早さや色褪せを防ぐなど、裏返して干すのもメリットがあります。それぞれ詳しく解説していきましょう。

裏側のまま干せば乾きが早くなる

洗い方というよりも干し方になりますが、洗った後も裏返したまま干せば早く乾きます。洋服によっては裏側の生地のつなぎ目が分厚くなっています。

そのため、表のまま乾かすと乾くのにとき間がかかることもしばしば。ポケットが付いているズボンのほか、フード付きのパーカーなども裏返して干すことで乾きが早くなります。

また、裏返しで干すと生乾きのような嫌なニオイが防げることもあります。というのも洗濯物の嫌なニオイは、衣類に残った雑菌が水分を使って繁殖することが原因。そのため、早く乾けばその分、洗濯物の嫌なニオイが防げるのです。

裏返して干せば色褪せを防げる

色褪(あ)せの原因は日光の「紫外線」に当たりすぎているため。すでに色褪せた服を裏返してみるとわかりますが、表の色褪せほど裏側は色褪せていません。

なので、洗濯物干す際には裏返しにしておくと、この「色褪せ」が防げます。特に柄物の服は直射日光により、すぐに色褪せしやすいでしょう。裏返して干しておけば表側のダメージは少ないので、ぜひ裏返して干してみてください。

洗濯物を裏返してはダメな場合

洗濯 裏返し

洗濯物を裏返すメリットご紹介しましたが、中には裏返してはいけないものもあります。どんなものが裏返しNGなのか、詳しく見ていきましょう

表に目立った汚れがあるとき

子供のユニフォームや食べこぼしといった表面の汚れになると、裏返さない方が良いでしょう。基本的な選択は裏返した方が良いですが、泥や食べこぼしなどを裏返すと汚れが落ちにくいです。

最近は洗浄力の高い洗剤も出ていますが、確実ではありません。洗濯物の基本は「汚れている面を外側にする」ことを意識して行ってください。

花粉症がひどい方は裏返さずに干す

また、家族の中で「花粉症」の症状がひどい方がいる場合は、裏側で干さない方が無難。というのも、花粉の季節に洗濯物を外に干しておくと、洗濯物に花粉が付着しやすくなります。

花粉が付いた状態で寝巻きにしたり、普段着にしたりすると、肌にアレルギー反応が出ることもあるので、こういう場合は裏返さずに干すことをオススメします。

裏返して洗濯したほうがいい衣類

洗濯 裏返し

洗濯物はタオルやスボン、T シャツなど様々にありますが、どういったものが「裏返しの洗濯」に特に適しているのでしょうか。以下の衣類をご確認ください。

  • ジーパン
  • プリントTシャツ
  • 濃い色のTシャツ
  • ニットやセーター
  • 靴下
  • 装飾が付いているもの

このようにT シャツなどの「色落ち」やセーターなどの「毛玉」が気になる衣類は、裏返して洗濯するのがオススメ。また、表側に装飾が付いている洗濯物は、裏返して洗濯すると良いでしょう。普段はネットに入れて洗濯しているものでも、「裏返しにする」ことで清潔さが段違いです。

また、洗濯物を洗濯機に入れる際は大きいものから入れるのがポイント。バスタオルから靴下まで大→小の順に入れることで洗濯物が綺麗に洗えます。

まとめ

洗濯 裏返し

汚れの落ちやすさや傷みにくさなど、洗濯物は「裏返して洗濯」した方がたくさんのメリットがあります。もし今後、洗濯物を裏返して行う場合は、家族に裏返してもらうように言っておくと良いでしょう。

家事を少しでも楽にすることもそうですが、大事な衣服を清潔にすれば家族もきっと喜んでくれます。ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

洗濯 裏返し