加圧シャツの正しい洗濯の方法!劣化させないポイント

加圧シャツの洗濯の注意点を知ってますか?それは生地を伸ばさないことです。加圧シャツの洗濯に失敗して生地が伸びてしまうと着圧が低下して加圧効果も下がってしまいます。加圧効果が下がってしまうと加圧シャツは意味の無いものになってしまいます。今回は加圧シャツの正しい洗濯の方法と長持ちさせるコツをご紹介いたします。

加圧シャツの正しい洗濯の方法

加圧下着

加圧シャツは伸縮性に優れている生地を使用しており、着るだけで加圧してウエストなどを引き締める効果のあるシャツです。

加圧シャツは正しい洗濯の方法をしないで生地が伸びてしまうと着圧が低下してしまい加圧効果も落ちるので普通のシャツと変わらないものになってしまいます。加圧シャツを洗濯をする前には必ず加圧シャツについている洗濯表示を確認しましょう。

加圧シャツによって洗濯の方法や乾かし方も変わるので、洗濯表示を確認してそれに対応した洗濯の方法で洗濯しましょう。

加圧シャツは手洗いがベスト

手洗い

加圧シャツは基本的に丈夫に作られているので、傷んでしまったり破けてしまう事はありませんが、加圧シャツの洗濯は手洗いがおすすめです。手洗いは力を加減しながら優しく洗うことができますので、加圧シャツの生地を痛めにくく加圧シャツの耐久性や機能を落とさずに洗濯することができます。

手洗いをするときのコツ

手洗いの方法は、デリケートな素材のものや洗濯機がNGのものを洗濯するときの要領で洗いましょう。

加圧シャツを傷めずに手洗いするポイント

  • 30度以下の水を使用する
  • 洗剤は中性洗剤か重曹を使用する
  • 塩素系漂白剤は使用しない
  • つけ置きしてから洗う
  • ごしごし洗わず優しく洗う
  • 脱水は強く絞らずにタオルドライする
  • 乾燥機は使用しない
  • 直射日光を避け陰干しまたは部屋干しする

加圧シャツの素材は身体に密着しているため汗をかいて染み込みやすいシャツなので、臭いも気になることが多いものです。臭いを取り除くためにはつけ置きしてから手洗いをするのがおすすめです。

つけ置きの際には汚れの目立つ部分に直接中性洗剤をつけて30分ほどつけ置きする方法と加圧シャツ全体の染み抜き、除菌、消臭を目的とした場合、水2Lに対し15gの酸素系漂白剤を溶かして30分ほどつけ置きする方法があります。

どちらの場合も30分ほどでつけ置きはやめて洗濯しましょう。それ以上のつけ置きは生地を傷めてしまう原因になります。塩素系漂白剤は成分がより強く生地を傷めてしまう原因になるので絶対に使用しないでください。

加圧シャツの脱水の方法

手洗いをして脱水するときは絞るのはNGです。絞ってしまうと生地の中のゴムにダメージを与えてしまうので、着圧が弱くなってしまいます。強く絞ってしまうと最悪の場合は破れてしまう事もあります。

手洗いをした後の脱水はバスタオルで挟んで加圧シャツに含んだ水分を吸収させます。速乾性のある生地でもあるので脱水はこの方法で十分です。

加圧シャツを洗濯機で洗う場合

洗濯機

手洗いをする時間が無い場合や面倒なので手洗いはできないという場合には、洗濯機でも洗うことができます。

加圧シャツを洗濯機で洗うポイント

  • 洗濯ネットに入れて洗う
  • 中性洗剤を使用する
  • 塩素系漂白剤は使用しない
  • おしゃれ着用洗剤につけ置きしてから洗う
  • 他の洗濯物と一緒に洗わない
  • 洗濯機は手洗いコースを使用する
  • 柔軟剤は使用しない

上記の中でも特に注意してほしいポイントは「塩素漂白剤を使用しない」です。

加圧シャツは商品によっては白色のシャツも販売されています。白色のシャツが汚れてしまった場合は漂白剤を使用してよりきれいに洗濯したくなると思いますが、漂白剤は酸素系のものを使用してつけ置きは30分ほどでやめましょう。塩素系の漂白剤は成分が強すぎるので、生地を傷めてしまいます。

「柔軟剤は使用しない」というポイントも注意しましょう。加圧シャツは着圧が重要なので柔軟剤でやわらかくすると着圧が弱くなります。加圧シャツは伸縮性に優れているので、柔軟剤を使用しないでも問題なく着ることができます。

加圧シャツの洗濯後の正しい乾かし方

シャツを干す

加圧シャツは伸縮性に優れた特殊な生地でできているデリケートなシャツですので、加圧シャツを洗濯したあとは正しい乾かし方をしましょう。

脱水後、紫外線を避けるため陰干しをします。直射日光があたる場所で干すと紫外線で生地を傷めてしまいます。室内干しで扇風機で風を送りながら乾かしても早く乾かすことができます。また、十分乾いているのに干し続けてしまうことも加圧シャツに良くありません。乾いたなと思ったらたたんで収納しましょう。

乾かして加圧シャツがシワだらけになった場合にもアイロンがけをするのは基本的にNGです。熱で生地の中のゴムにダメージを与えてしまいます。あまりにもシワが多くなんとかしたいという場合のみアイロンを80℃から120℃以下の温度に設定してさっと短時間でアイロンがけするようにしてください。

加圧シャツは伸縮性に優れた特殊な生地でゴムを使用しているので熱に強くはありません。乾燥機に入れて乾かしたり、ドライヤーの温風で乾かすことはやめましょう。

加圧シャツは複数枚用意して着まわそう

加圧下着

加圧シャツは毎日着続けていることで効果を発揮するシャツですので、1枚の加圧シャツだけを毎日着て洗濯するとなると頻繁に擦ることになり劣化を早める原因になります。

少しでも劣化してしまうと着圧の低下から加圧効果が落ちてしまいます。加圧シャツを劣化させないように複数枚用意して上手にローテーションさせ、1枚1枚の洗濯の回数を減らして加圧シャツの劣化を防止しましょう。

加圧シャツの選び方

消臭・防菌加工が施されている加圧シャツを選んで着用しましょう。

加圧シャツは1日中着用するのが基本で、身体に密着している分多くの汗をかきます。その分臭いが気になることがあり、洗濯しても臭いが取れないのでは?と思ってしまうことがあります。

加圧シャツが臭くなってしまう要因は汗だけではなく、雑菌が繁殖してしまうことが悪臭の原因になっています。消臭・防菌加工されている加圧シャツの場合、洗濯後の臭い残りも軽減してくれますのでおすすめです。

加圧シャツを着用して効果が得られるまでの期間

加圧下着 メタボ

加圧シャツを着用するだけでは贅肉を押さえ込んでスリムに見せるだけなので、本来の効果とは違います。

加圧シャツの本来の効果とは筋肉に負荷をかけ続けて筋トレと同じ効果を得られるので、筋肉の量を増やすことです。筋肉の量が増えれば基礎代謝もあがり大きなダイエット効果を得ることにつながります。

ダイエットの効果は1日2日加圧シャツを着ただけで得られることはありません。加圧シャツの本来の筋肉増量の効果を得るためには3ヶ月以上毎日使い続ける必要があります。着ているだけで普通の生活をするだけで効果は現れます。

身体に密着していますので多くの汗をかいてしまうので、臭いも気になると思います。そのため正しい洗濯の方法を理解しておくのは重要になります。安いものではないのですが、複数枚用意して洗濯をローテーションして着まわして加圧シャツを劣化させないように注意しましょう。

クリーニング店への依頼はNG

クリーニング店

加圧シャツは特殊な素材を使用しているためドライクリーニング、ウエットクリーニングがNGになっています。よってクリーニング店に加圧シャツの洗濯を依頼するのはやめましょう。加圧シャツの洗濯は自宅で手洗いがもっともおすすめな方法になります。

まとめ

加圧シャツで走る女性

加圧シャツは伸縮性に優れた特殊な生地でできているので洗濯するときに注意すべきことや劣化させないためのコツを今回ご紹介しました。加圧シャツの性質上1日2日で効果が得られるものではありません。毎日着続けることで効果を得ることができる物なので傷めたり劣化させない正しい洗濯をしましょう。