掃除

掃除全般に関する記事一覧です。掃除全般のお悩みを解消するための情報、お役立ち情報をお届けいたします!|シュフーズ

「掃除」の記事一覧

トイレが詰まった時の対処法!専用道具が無くても解決できます

トイレが詰まった時の対処法を知っていますか?トイレを使用してレバーで水を流したら水がどんどん増えてきたら詰まっているサインです。慌てずに対処しましょう。慌てて何度も流してしまうと汚水が便器からあふれて大変なことになってしまいます。今回はトイレが詰まった時に業者を呼ぶ前に試してみると良い対処法を紹介します。

トイレタンクの掃除!中のカビや黒ずみ、水垢の汚れを簡単に落とす方法

トイレのタンクの中の掃除はいつが最後かおぼえていますか?毎日何回も入るトイレで目に見える便器は汚れていれば気づいた時に掃除しますが、汚れがわからないトイレのタンクの中までは面倒なこともあってなかなか掃除をしないですよね?タンクの掃除をいつまでもサボっていると便器まで汚す原因になってしまいます。今回はトイレのタンクの中の掃除方法を紹介します。

風呂釜の掃除方法!細菌が恐い!溜めたお湯が臭ったらすぐ洗おう

風呂釜の掃除はどのくらいの頻度でされていますか?気持ちよく入浴していたらお湯に白い垢のようなモノがプカプカ浮いてきたり、いつの間にかお湯が白く濁ってきたり、お湯から変な臭いがする時はすぐに風呂釜を掃除する必要があります。今回は風呂釜の掃除の方法を風呂釜のタイプ別にご説明し、掃除しない風呂釜から出る汚れの種類や恐さをご紹介したいと思います。

オキシクリーンでお風呂の床を簡単掃除!床の黒ずみを一気に解消!

オキシクリーンでお風呂の床をぴかぴかにする「オキシ漬け」って聞いたことありますか?お風呂の床にこびり付いた石鹸カスや汚れを、いままでゴシゴシ苦労して落としていたのが、オキシクリーンをお風呂の床に漬けておくだけで綺麗になるなんて感動です。どれだけ楽にお風呂の床をオキシクリーンで綺麗にできるかを知っていただきたいと思い、オキシクリーンでお風呂の床を洗う方法や手順を分かりやすくご説明いたします。

マットレスのカビの落し方!お手入れ方法から防止対策まで

マットレスにカビが繁殖すると、寝ている間中カビを吸い込んでいることになります。それだけでもぞっとしますが、マットレスのカビが引き起こす恐い病気があることをご存知でしょうか?アレルギー、喘息、喀痰、胸痛、呼吸困難…肺炎を起こすこともめずらしくありません。マットレスの恐ろしいカビを吸い込まないために、今回はマットレスのカビの落し方と殺菌、マットレスのカビの予防などをご紹介したいと思います。

排水溝のイヤな臭いの原因と悪臭を元から消す掃除方法!

排水溝のイヤな臭いが!キッチン、お風呂、洗面台などのシンクはこまめにお掃除しているのに、どうしても不快な臭いがあがってくる…特に、天気の悪い日は、排水溝からの臭いが上がってきて、なんとなく家中に臭いが染みつきそうな気がする…排水溝の臭いをどうにかしなきゃ!と悩んでる方の為に、今回は排水溝の臭いの原因とお掃除方法や臭いを消すコツ、排水溝の臭い予防などご紹介いたします。

日用品ストック収納術!管理のコツと役立つおすすめグッズ

日用品は、ストックがありすぎると保管場所に苦労しますが、無いと困るものです。上手に収納できれば、特価日にまとめて購入もでき助かりますよね。日用品の中でも消費が多いペーパー類は、軽いのですがどうしても収納スペースの確保が必要になります。そんな日用品のストック収納術についてご紹介します。

冷蔵庫が臭い!その原因と取り方や消臭対策におすすめのグッズまで

冷蔵庫を開けた時に臭いが気になる!という人は多いと思います。冷蔵庫は基本、ドアを閉めっぱなしにしているので、喚起ができず臭いがこもりがちです。食材や保存している食品、調味料などで様々な臭いが混じるので、正しい脱臭対策をして快適に使いたいですよね。臭いの原因ととる方法、消臭グッズをご紹介します!

洗剤の捨て方!柔軟剤や漂白剤、塩素系の正しい処分方法

使わずに残ってしまった洗剤の正しい捨て方をご存知でしょうか。洗面台などの排水溝にそのまま流して捨てることは環境汚染になるのかな?と、少し不安に思いつつ捨てている方もいらっしゃるかもしれません。贈り物としていただく機会の多い洗剤ですが、香りや使い心地が気に入らず、処分してしまうこともあります。何となく捨て方に困ってしまう洗剤ですが、塩素系洗剤・漂白剤・洗剤・柔軟剤の正しい捨て方についてご紹介します。

シンクの下が臭い!6つの解消法と正しい掃除の仕方

シンクの下がカビ臭い!そんな時どうしていますか?シンクの下には調味料や乾麺や乾物を入れている方は多いと思います。口に入れるものが臭い場所にあるのは不潔で調理するのが嫌になってきますよね。すぐ掃除しなきゃと思いながらもシンクの下にあるものを全部だすことを考えると、つい後回しにしてしまう…今回はシンクの臭いの原因や臭いを取る方法、臭いの予防などをご紹介したいと思います。

ガスコンロの掃除方法!頑固な焦げや油汚れの落とし方

ガスコンロの焦げはすぐに取らないと、さらに焦げついて取れなくなってしまいますよね。みなさんはガスコンロの掃除って、どれくらいの頻度でされていますか?私は一応毎日やっているのですが、終末に一気に掃除するという方も多いかもしれません。でも、焦げだけは厄介な頑固汚れになってしまう前に、すぐに掃除しておいた方が良いです。ガスコンロの掃除について、焦げの落とし方や油汚れの落とし方についてご紹介します。こびりついてしまった焦げにもぜひ試してみてください。

壁の落書きの消し方!汚れをきれいに落とす裏ワザ

小さな子供さんがいらっしゃるご家庭なら一度は経験されたことがあろう壁の落書き。うちはやんちゃ盛りの男の子ふたりなので、壁どころか家中のあちこちに落書きがされているくらいです。落書きを見つける度に消しているのですが、壁の落書きって意外と落ちにくかったりしますよね。汚れの種類や道具によって消し方を変えると楽にキレイに消すことができます。壁の落書きをスッキリ落とす裏ワザをご紹介しましょう。

まぜるな危険!知らないと怖い警告の理由

使おうと思った洗剤に「混ぜるな危険」の文字があるとなんとなく不安になりますよね。事実「混ぜるな危険」の警告を守らないと命に関わることがあるほど危険なんです!何と何を混ぜると危険なのか?混ぜたらどうなるのか?今回は「混ぜるな危険」の理由や恐さ、注意することや間違って混ぜてしまった時の対処方法などをご紹介したいと思います。

部屋の除湿方法!除湿機を使わない裏ワザ10選!

湿気でじめじめした部屋をスッキリ除湿する方法をいくつご存知ですか?湿気というと「カビ」が一番に浮かびますが、湿気の方法を間違えると壁や家の土台を湿気が腐らせることもあるんです。また、高い湿度の部屋に長時間いることで病気になることもあります。そんなことにならないために、今回は効果的な除湿の方法やコツ、身近にあるもので除湿する10の方法をご紹介したいと思います。

雑誌の縛り方!知ってると便利な簡単で絶対ほどけないコツ

雑誌の縛り方を知ってますか?読み終わった週刊誌などの雑誌はゴミ捨て場などでまとめて縛って出してあるのを見かけますよね?単純にぐるぐると縛っただけでは、運ぶ時に緩んでしまいバラバラになってしまい手間が余計に増えてしまう事があります。今回は簡単で緩まない雑誌の縛り方を紹介します。雑誌を処分するときに役立ててください。

冷凍庫を整理するたった3つのコツ!便利な100均収納グッズでスッキリ整頓

冷凍庫の整理を最近しましたか?冷凍庫の奥から出てきた食品を見て「コレいつのだろう?冷凍だから腐らないし大丈夫だよね」で、解凍したら冷凍庫臭くてとてもじゃないけど食べられない!そんな経験をされた方の為に今回は、冷凍庫の正しい整理の方法や、効率よく冷凍庫を整理するコツとルールなどをご紹介したいと思います。とても簡単ですのでみなさんもやってみてください。

コンクリートの掃除方法!油や黒ずみ汚れの落とし方

コンクリートには、おうとつがたくさんあります。表面だけではなく、凹凸も意識して汚れをかき出すようにするとキレイに掃除することができます。私も利用していて最もおすすめできるのは高圧洗浄機です。しかし、そう簡単に購入しようと思えるものではないと思います。できれば身近な安価なもので掃除したいですよね。コンクリートには、黒ずみ汚れ・油汚れ・鳥のフン・カビなどいろんな汚れがついています。掃除方法と汚れの防止方法などご紹介します。

木材のカビの取り方!窓枠を傷めない落とし方と防止方法

窓枠の木の部分にはカビが発生しやすいですよね。湿気が原因であることもありますし、窓や周りに発生した結露をそのままにしていたことが原因になることもあります。できることならばカビが発生してしまう前に対策しておきたいですよね。しかし、いつの間にか窓枠の木にカビが発生していた、なんてこともありますし、引っ越し先の家の窓枠の木がカビだらけだった、なんて話も聞いたことがあります。窓枠の木にすでに発生してしまったカビの取り方についてご紹介します。

鏡の捨て方について。タイプ別処分方法や気になる風水の取り入れ方まで

鏡の捨て方が分からなくて、うっかり落としてヒビが入ってしまった鏡や、もういらなくなった不要な鏡を捨てずにしまい込んでいませんか?たとえ小さなヒビでも強度が低下していますので、亀裂部分が崩れて鏡の破片で怪我をする恐れがあります。今回は安全に鏡を捨てるための処置や正しい鏡の捨て方などをご紹介したいと思います。

チャイルドシートの処分の仕方!損しないお得な方法を教えます

小さなお子さんを車に乗せる時に法律上でも絶対に必要なチャイルドシートですが、成長に合わせてジュニアシートへの変更する事を考えると使用期間は3年~4年くらいです。弟や妹がいない場合はもう使わなくなるので処分をしないとなりません。今回はチャイルドシートの処分方法について調べましたのでご紹介します。