お金

お金全般に関する記事一覧です。お金全般のお悩みを解消するための情報、お役立ち情報をお届けいたします!|シュフーズ

「お金」の記事一覧

光熱費の節約術15選!今すぐできる簡単な方法やコツ

家計を改善する場合にポイントとなるのはいかにして固定費を抑えるかということです。近年ではオール家電の住宅が普及しており、ガスに代わって電気を使って料理をすることも増えていますので、固定費の中でもいかにして光熱費を押さえるかがコスト削減のコツと言えるでしょう。そこで、以下ではデータを基にして光熱費を削減するための方法を紹介していくこととします。

袋分け家計簿の基本!簡単に続けて節約するためのコツと失敗例

毎月必要最低限でやりくりしているのに、なぜか今月も謎の赤字…。そんな方にお薦めなのは、「袋分け家計簿」です。自分自身で現金に触れて袋分けすることで、お金の出入りが実感でき、一カ月のお金の流れが確認できます。それによって無駄な出費も明確になり、家計を改善することが可能になります。これまで、家計簿をつけることや貯金に失敗した経験のある方は、この機会に是非、メリットの多い「袋分け家計簿」を実践してみましょう。

源泉徴収票をなくしたときの対処法!そんな時は慌てずに再発行を依頼しよう

源泉徴収票をなくした時には再発行してもらう必要がありますが、この再発行の手続きをご存知ですか?源泉徴収票の再発行の手続きはさほど難しいものではありませんので安心してください。今回は源泉徴収票をなくしたときにどうなるか?源泉徴収票が必要なシーンや源泉徴収票をなくしたときの再発行の方法をご紹介したいと思います。

食洗機の電気代は手洗いよりお得!賢く使って節電しよう

毎日の食器洗い、仕事でくたくたの時、冬の寒い時期など「誰か代わりにやってくれないかな…」と思ったことは、1度や2度、または毎日?!頭をよぎったことはあるのではないでしょうか。食器洗いを手洗いから食洗機へ変えてみることをご検討するのも良いかもしれません。食器を自動で楽に洗ってくれるだけではなく、場合によっては、年間の光熱費のコストが節約できて、安くなることも!

家電が安い時期は何月?買い替え時期と種類別の差額

久々に家電量販店に行ったら、「数か月前に買った家電が何万円も安くなっている」なんて経験したことありませんか?なんだか損した気分になりますよね。コスパのいい家電の買い方を知っていただくために、家電製品はいつ買い替えるのが良いのか、また家電別の価格が安くなる時期を紹介していきます!

携帯料金の平均金額はいくら?安くする節約方法から各キャリアで月額を抑えるコツ

携帯電話は現代の生活には欠かせない存在となっていますが、同時に家計を圧迫する存在にもなっています。携帯電話の料金体系は非常に複雑で、家族体系やキャリアなどによっても大きく異なります。そこで、今回は世の中の人の携帯料金は平均でいくらくらいなのかから、どうしたら安く出来るのかの節約法などについてまで紹介していきます。

固定電話の必要性とは?メリットとデメリットについて

固定電話を設置しているといざという時に便利ですが、基本的な連絡はスマートフォンや携帯があれば事足ります。それだけでなく、スマホを活用すればインターネットを介してメッセージアプリやSNSを起動することもでき、電話に頼らないコミュニケーションを行うこともできるでしょう。そうなると固定電話の必要性は一体どのようなところにあるのでしょうか。この記事では、固定電話の必要性やメリット・デメリットなどについて解説します。

家庭用冷凍庫の電気代を計算してみた!メーカー別比較とおすすめ8選

宅配便で、冷凍食品をそのままの温度で届けられるようになったことを受け、通販で冷凍食品を購入する人達が増えています。また、冷凍食品の品質も向上しており、家庭内での冷凍食品の消費も増える一方です。このため、専用の冷凍庫を購入する家庭も増加していますが、気になるのは冷凍庫の電気代です。では電気代の安い冷凍庫とは、どのような冷凍庫なのでしょうか。

主婦の節約術まとめ!毎月の食費や光熱費を抑えて効率よく出費を減らそう

主婦の皆さんは、毎月どれだけ節約して出費を抑えているのでしょうか?節約しなければと思ってはいるものの上手くできなかったり、そもそもやり方が分からなかったりする方もいらっしゃると思います。今回は、日常生活での出費を効率的に減らす節約術を紹介します。ぜひ参考にしてください。

床暖房の毎月の電気代いくらかかる?エアコンとの比較から節約法まで。

寒い冬を快適に過ごす上で欠かせないのが暖房器具ですが、中でも床暖房は特に冷えがちな足元を暖めてくれるため、設置を検討している方も少なくないでしょう。しかし、気になるのは電気代やメンテナンス費用などのランニングコストではないでしょうか。ここでは、床暖房の電気代をはじめ、エアコンとの比較や節約方法について紹介します。

部屋が寒いときの対策15選!電気代を抑えて効率良く暖めるコツ

部屋が寒いと感じる場所の1位は足元です。そして足元を寒くしている一番の原因は窓です。部屋の暖かい空気の約50%が窓から逃げていますが、逆に外からの冷たい空気が窓の隙間から入り込んできます。今回は寒い部屋を暖かくする方法、部屋の暖かさを保つ方法、体を温める方法など部屋が寒い時の効果的な15の対処方をご紹介致します。

小豆(あずき)カイロは手作りできる!作り方・効果や寿命、使用時の注意点まで

小豆カイロを知っている人は案外多いことでしょう。カイロの製造販売に関わる業界の大手メーカーからも、小豆カイロ関連の商品がいくつも発売されています。商品をよく見かけることからもニーズは高いと言えるでしょう。実は小豆カイロは材料も少なく、その作りはいたってシンプルで簡単に手作りできます。作り方や効果、使用についての注意点や寿命などを紹介します。

暖房は扇風機が効果あり!併用して使う活用術

あなたは暖房だけで室内を暖めようとしていませんか?暖まらないからといって設定温度を高くしたり風力を強くしたりすると、電気代を高くしているかもしれません。実は、扇風機と併用するだけで効果的に室内を暖めることができるそうなのです。暖房と扇風機の併用方法やメリット、用途などを紹介していきます。室内の空気を循環させる参考にしてください。

窓にプチプチで断熱・防寒対策!5つの効果と上手な貼り方

節約アイテムとして注目されているプチプチシート。窓に貼ると断熱や防寒対策として役立ち、手軽に貼れるというメリットがあります。外からの空気を遮断したり、室内の空気が外へ逃げるのを防ぐ役割があるので、冬だけでなく夏も使える優れものです。梱包の緩衝剤のプチプチシートのほか、窓専用の断熱・防寒プチプチシートもありますので、ぜひ試してみてください!

オイルヒーターの正しい使い方!メリットやデメリットから注意点まで

あなたはオイルヒーターを持っているでしょうか?そもそもオイルヒーターの使い方を知らないがゆえに持っている家庭は少ないかもしれませんが、使い方によっては暖房やこたつよりも便利になることを知っていますでしょうか?今回はオイルヒーターの使い方やメリット、デメリット、注意点について紹介していきます。

持つべきポイントカードは貯まる・使える「共通ポイントカード」です

持っておくべきポイントカードはどれかご存知ですか?色々なお店で買い物をするときに必ずと言えるくらい「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれますよね?気がつくと財布の中はポイントカードでいっぱいで、いざ使うときもお店のカードを探すのも大変になってしまいます。そこで今回は本当にお得な持っておくべきポイントカードは何か紹介しますので参考にしてください。

つもり貯金のやり方!ポイントと成功させるコツ

つもり貯金とは、何かをしたつもりでお金を貯める方法ですが、具体的にはどんなやり方で貯めたらいいのでしょうか。また、成功させるための秘訣はどんなところにあるでしょうか。平均的にどれくらい貯めているかを理解し、参考にすることも重要です。わかりやすいやり方で、ストレスを溜めずに貯蓄できる方法を探しましょう。

専業主婦が貯金するための方法5つ!毎月いくら貯蓄できる?

専業主婦は決まった中でやりくりしなくてはならないので、それだけでも大変ですが、貯金をしっかりとしている人と、貯金ができない人の差は何なのでしょうか。専業主婦で貯金をしたいけれど、なかなか出来ないという場合、働くこと以外で貯金額を増やす方法はあるのでしょうか。専業主婦が貯金するための方法をご紹介します。

固定費の見直しで節約するコツ!自分の生活を分析することから始めよう

固定費の削減を見直してみませんか?毎日の食費を切り詰めたり電気や水道をできるだけ使わないようにしたり…こんなに節約しているはずなのに貯金が貯まらない!そのイライラは固定費を削減することで解決するかもしれませんよ。今回は固定費の見直し方法や固定費の削減の仕方とコツ、節約の裏技などをまとめましたので参考にしてください。

ハロゲンヒーターの電気代比較!節約しながら効率よく暖めるコツ

ハロゲンヒーターの一番の魅力はスイッチを入れるとすぐ暖かくなることですね。でもすぐ暖まるというメリットがハロゲンヒーターの電気代を高くしているという話もききますが、本当にハロゲンヒーターの電気代は高いのでしょうか?ハロゲンヒーターの電気代を詳しく知りたい方のために、ハロゲンヒーターの電気代を1時間、1日、1ヶ月で具体的な電気代を出しました。また、ハロゲンヒーターと他の暖房器具との電気代比較やハロゲンヒーターの電気代を節約しなが効率よく使用するコツも一緒にご紹介したいと思います。

ページ 112次ページ