在宅ワークを安心して始めたい!仕事選びのポイントとは

在宅ワーク

安全な在宅ワークを安心して始めたい方必見です!自宅でできる安心で安全な在宅ワークの仕事選びのポイントを厳選してご紹介していきます!インターネットの普及とコロナ禍で増えたリモートワークで、会社勤めが当たり前だった人にとっても、「在宅で働く」という在宅ワークの選択肢が増えています。本記事では、安心で安全な在宅ワークでどのような働き方が出来るか、その魅力をお伝えします!

在宅ワークの仕事とは

女性 ビジネス

在宅ワークとは、オフィスなどに出勤せずに、インターネットなどの情報通信技術を活かして自宅で仕事を行う働き方のことです。

安心な在宅ワークは一般的には、会社や店舗に出社して仕事をするスタイルとは違い、家にいながら安心に仕事をしてお金を稼げる業務全般を指します。

安心な在宅ワークは企業と雇用関係を持たずに、「個人事業主」として企業から業務を請け負い、それを本業としている方だけに限らず、帰宅後や休日に副業として行うサラリーマンや、家事や子育て、介護の合間をぬって収入を得る手段としている方などさまざまです。

安心な在宅ワークはこのように時間や場所が限定されないメリットを活かして、ライフワークバランスを保ちながらの働き方は、働き方改革による人々の意識の変化、新型コロナウィルス感染の拡大などに伴い、注目されています。

安心な在宅ワークは副業か専業かの違いによって収入に個人差が出てきますが、仕事の難易度によっても単価に幅があるので、単価の高い案件を獲得したいのであれば、スキルを磨いておくことをおすすめします。

仕事を始める前に、セミナーに参加したり自分で勉強したりして資格を取得すれば、高単価の仕事を受注できる可能性が高まります。

在宅ワークとはどのような仕事があるか

ライター

依頼内容に応じて文章を作成する仕事で、場合によっては記事に掲載する画像を用意することが求められます。

数百字程度の商品の口コミから、レベルの高い専門的な記事の作成まで、難易度や文章量が案件によって異なり、報酬は案件単位、もしくは文字単位で定められています。

特に、企業が運営するオウンドメディアの記事執筆の仕事が多く、文章を上手に書ける人、特定の分野に精通していて専門的な記事が書ける人などは、未経験者でも受けられる案件が多数あるようです。

ライティングのスピードもが収入に直結し、実績を積んで信頼されれば安定した収入が得られます。

Webエンジニア

Webエンジニアとは、WebサイトやECサイトなどのシステムの設計・開発・運用・保守を行うエンジニアのことです。スキル次第で働く場所や時間なども自分で自由に選択できる、在宅ワークしやすい業種のひとつでしょう。

主な仕事は、Web上で提供されるシステムに特化したプログラミングを行うことです。

例えば、通販サイトの画面に表示される「商品ページの閲覧履歴」や「おすすめ商品」は、Webエンジニアによってプログラミングされたものです。

また、ブログの投稿ページや動画サイトの再生ページなどWebエンジニアの技術はWebサイトのあらゆる分野に活かされています。

ところで、Webサイトの画面を作っているWebエンジニアとしては欠かすことができないマークアップ言語であるHTML/CSSは、最も基本的であり必要なスキルです。

HTML/CSSと並んで、JavaScriptがありますが、どちらも他のプログラミング言語に比べて習得しやすいので、未経験の方はこのスキルから学んでみるとよいでしょう。

システムエンジニア

システムエンジニア(SE)の在宅ワークとは、メールやテキストチャット、テレビ電話などを活用したリモートワークで、ひと言で言えばプログラムやソフトウェアの仕様書を作る仕事です。

SEの仕事には大きく分けて「要件定義」「基本設計」「詳細設計」「テスト」「保守・運用」という5つの段階を、クライアントから要件をヒアリングし、要求に応じてパソコンを使い作成します。

在宅SEは基本的にオフィスに出社しないため、時間や場所の制約が少ない反面、周囲に人がいない環境の中で仕事を進めるため、高いスキルが求められます。ただし、在宅SEだからこその制約もあります。

社外秘のような重要な資料、制作中の設計書などを絶対に外部に流出させてはいけないため、仕事用のパソコンや自宅のネットワークなどのセキュリティに、常時気を使わなければいけません。

文字起こし

録音されたテープや録画された映像データを聞きながら、音声どおりに文字を入力してテキストデータ化することを一般に「文字起こし」と言います。

企業の会議や、インタビューした内容などを文字に起こす案件や、紙に書かれている議事録などを効率よくパソコンに入力する作業もあります。

音声が聞き取りづらく、何度も聞き直して文字に起こしたり、不慣れな専門用語を正確に聞き取れなかったりと、困難な場面にも遭遇しますが、基本的には始めやすい仕事と言えるでしょう。

Webプランナー

Webプランナーとは、Webサイトを作成するにあたり、クライアントから要望やイメージなどをヒアリングして、全体的な企画設計をする仕事です。会社の規模によっては「Webディレクター業務」や「Webデザイナー業務」を兼任することもあり、幅広い経験を積めるのも魅力のひとつといえるでしょう。

Webコンテンツを制作する流れを大きくわけると、「プランニング」「デザイン」「プログラミング」「コーティング」などの作業に分かれますが、Webプランナーは最初の「プランニング」の部分を担当します。Webプランナーの情報収集力と提案力がWebサイトの質を左右すると言われています。

仕様書を作成して、その内容を具体的に制作プロジェクトのメンバーに伝えるなど、スキルの高いコミュニケーション能力も必要になるでしょう。

出版企画・編集

書籍や雑誌などの企画や編集を行う仕事で、ヒット商品やブームを生み出す作品には編集者が大きく関わっていることが多く、いわゆる仕掛け人でもあります。

出版社や編集プロダクションが活躍の場なのですが、最近はフリーランスで在宅ワークをしている編集者も増えています。

雑誌の編集を行う編集者などは、過去の経験や実績を問われるケースが多いので、できれば出版社や編集プロダクションなどに勤務した経験がある方が、独立して在宅ワークする流れだと仕事を受注しやすいでしょう。

好奇心が旺盛で、新しいものやものごとを探すのに興味を持ち、それを人に広めたいと考えているような人が編集者に向いているようです。

在宅ワークのメリット

  • 勤務の開始時刻や終了時刻が自由で、都合の良い時間に働くことができる。
  • 通勤に時間を取られず、家族との時間を確保しやすい。
  • 上司や同僚に合わせる必要がなく、自分のペースで無理なく働ける。
  • 得意なことを活かせる仕事を選べるので効率が良い。
  • 介護や育児など、家庭の事情がある人でも隙間時間を利用して働くことができる。
  • パソコンとインターネット環境が整っていれば始められる職種が多く、初期費用がほとんどかからない。

在宅ワークのデメリット

  • 全て自己責任、守秘義務をはじめとした自己管理能力が求められる。
  • パソコンやインターネット環境を整える必要があり、それらに関する知識が必要。
  • 収入が安定せず、割に合わない場合もある。
  • 希望する仕事を受注できるとは限らない。
  • 税金の申告を自身で行なわなければいけない。

《 ポイント 》

  • 在宅ワークは、家にいながら仕事をしてお金を稼げる業務全般を指す。
  • 在宅ワークは、本業としている方、副業としているサラリーマン、家事や子育て、介護の合間に収入を得る手段としている方などさまざま。

安心してできる在宅ワークを選ぶポイント

在宅ワークの面接

安心で安全な在宅ワークの仕事は、サイトやクライアント選びをきちんと行えば危険でありません。

悪質なサイトやクライアントには仕事の内容や求人の募集方法に特徴があるため、それらをしっかり見極めることができれば、安心で安全な仕事を見つけることができるからです。

大半のサイトやクライアントはきちんとした会社なのでそれほど心配はいりませんが、以下の点を参考にして、安全で安心な在宅ワークを選んでみましょう。

クライアントの「評価」や「発注率」をチェックする

ユーザーの評価や仕事の発注率が低いクライアントを避けて、大手で実績のあるクラウドソーシングサイトや求人サイトを選んでください。

こんな仕事をしてほしいという案件を提示するクライアントと、案件を受注する人が集まる場を取り持つクラウドソーシングサイトでは、仕事を発注したクライアント、仕事を受けたワーカーの両方に評価がつきます。

悪い評価が多いクライアントは、多くの方が不満を感じているということなので、その評価を見れば悪質なクライアントを判別することが可能です。また、仕事が成立した確率を表す「発注率」が低いクライアントも避けた方が無難です。

なぜならば、発注率が低いということは、悪い評価がつく度に「退会」と「再登録」を繰り返している可能性が高いからです。

クラウドソーシングで応募しようと思ったら、その前にクライアントの「評価」と「発注率」を忘れずにチェックするようにしましょう。

報酬が無いトライアルテストを受けさせるクライアントを避ける

トライアルテストとは、ワーカーの適性やスキルを知るために行う採用試験のようなものです。

ライティング(記事作成)の募集ではよくありますが、最初からタダで原稿を手に入れる目的で募集をしている悪質なクライアントも存在するので、無報酬でトライアルテストを課すクライアントとは契約しないように注意しましょう。

例えば、「採用試験として1,000文字以上の文章を作ってください」と課題を与えておきながら、テスト納品した1,000文字の記事をタダで使われるケースが発生しています。

採用された後の報酬より金額が少な目であったとしても、きちんと報酬が発生するクライアントを選ぶようにしましょう。

仕事の内容が具体的にわからない求人には申し込まない

具体的な仕事内容が記載されていない求人は、予想外の仕事や報酬に見合わない仕事をさせられる可能性がありますので注意が必要です。また、違法行為の仕事をさせられるといったリスクも考えられます。

一例として、

  • 「スマホがあれば誰にでも簡単にできるお仕事です」
  • 「詳しいお仕事内容は契約後にご説明します」

など、どのような仕事なのかわからない募集をよく見かけます。

依頼内容や報酬が具体的に記載されてない求人は、トラブルを引き起こす可能性が高いので応募しない方が無難でしょう。

初期費用がかからない仕事を選ぶ。

応募後に、「教材費」「研修費」「機材費」などの名目で初期費用がかるようであれば、仕事を受けないようにしましょう。

中には、「最初に費用はかかるけれど、すぐに元が取れます」といった根拠のない利益保証や、「一ヶ月以内に利益が出なければ費用を全額返金します」などは、だましの手口と思って間違いないでしょう。

大手で実績のある健全で安心な在宅ワークであれば、初期費用は必要ないはずです。もし、悪質なクライアントだった場合には、サイト運営元や消費生活センターに連絡して相談してください。

条件が良すぎる求人は注意する

「誰でもできる簡単な仕事で高収入!」「楽しみながら月に50万円稼げます!」などといった条件の良すぎる求人は、好条件をエサにして応募者を募っている可能性があります。

細かい規定があると面倒に感じますが、報酬を得るための条件が明記されているクライアントの方が信頼に値します。

以上のように、収入を強調している求人には応募しないでください。

ビジネスマナーが備わっていないクライアントは避ける

敬語で話さない、メッセージのやり取りが友だち同士のように馴れ馴れしいクライアントは要注意です。

ビジネスマナーが備わっていないクライアントとのやり取りは、

  • 親近感を持たせて仕事を断りにくくする
  • 指示が分かりにくい
  • 責任を押しつけてくる
  • 問題が起きたとき、高圧的な態度を取る

など、トラブルになりやすかったりストレスが溜まったりするため、安心して仕事ができません。

やり取りしているうちに不信感が募ってきた場合には、はっきりと断り継続して仕事を受けないようにしましょう。

《 ポイント 》

  • 悪質なサイトやクライアントは、仕事の内容や求人の募集方法に特徴がある。
  • サイトやクライアント選びをきちんと行えば危険ではない。

安心安全な在宅ワーク7選

ライター

安心で安全性の高いおすすめ在宅ワーク初心者でも始められるものから、本業として確実に稼ぎたい人向けまで、安心で安全性の高いおすすめの在宅ワークを紹介します。

タスクアンケート

タスクアンケートは単発で、設問に対して回答する単純な仕事で、安心で安全性の高い仕事と言えます。どのサイトでもアンケートの案件は多いので報酬は低めですが、コツコツと継続して仕事がしたい在宅ワーク初心者にうってつけの仕事です。

「スキルや経験がないけど高収入を得たい」という甘い心理につけ込んだ在宅ワーク詐欺に引っかからないように、条件などをしっかり確認してから始めましょう。

ライター

主にインターネットにアップされるブログや、情報サイトの記事をライティングする仕事で、求人サイトや個人のサイト、インスタグラムなどでも募集している人気の安心で安全な在宅ワークです。

ライティングスピードがアップしたり、求められた記事をうまく書けるようになれば高収入が得られるメリットがあるのも魅力です。

Webエンジニア、システムエンジニア

このような専門性が要求されるスキルの高い仕事は、安心で安全な在宅ワークと言えます。

専門性の高い仕事の場合、クラウドソーシングサイトだけでなく、専門職に特化した在宅ワーク用の求人サイトがありますので、在宅ワークだけで生計を立てることも可能でしょう。

データ入力・文字起こし

数ある在宅ワークの中で案件数が最も多いといわれているのがこちらです。

音声データのテキスト化やタイピングができれば誰でもできる案件が多く、未経験者が在宅ワークをスタートさせるきっかけになることが多い安心で安全性の高い業種です。

サイト制作・コーディング

Webサイトの制作業務も安心で安全性の高い在宅ワークの定番です。

HTMLの基本的な知識の他にも、CSSやJavaScriptに関する知識やコーディングのスキルが必要なものが多いので、仕事を継続的に請けられるようになるまで時間がかかります。

Web制作業者が人手不足を補うために、作業の一部を外注するケースもあるようです。

DTP

DTPとは「デスクトップパブリッシング(Desktop Publishing)」を略したもので、パソコンを使って印刷物を作成する仕事です。

業務の一部を在宅ワークとして請け負う場合もあれば、デザイン会社と契約して仕事を受注することもあります。

電話対応・在宅経理業務

オフィスで働くスタッフと同じ業務を、在宅で顧客や取引先からの電話に対応したり、経理業務を行ったりする仕事です。

直接、企業と契約する場合もあれば、クラウドワークスなどの仲介業者を通じて案件を獲得するケースもあります。

近頃では在宅秘書を利用する経営者も増えつつあるようで、これまでオフィスが普通だった業務でも、安心で安全な在宅ワークとして外注されているケースも珍しくありません。

《 ポイント 》

  • 安心な在宅ワークで専門性が要求されるスキルの高い仕事は、安全性が高い。

こんな在宅ワークは安心できない?

商品購入代行イメージ

以下の在宅ワークは安心や安全性に疑問があるため、注意する必要があります。

チャットレディ

チャットレディとは、WEBカメラを使ってTV電話のように画面越しに男性と会話をする仕事です。

「高額報酬」「年齢不問」「在宅でできる」「好きな時間に働ける」「費用は一切かからない」といった募集内容から興味を持つ人も多いようですが、安心安全面では疑問があるためおすすめできません。

何と言ってもチャットレディの最大の不安材料は、「個人情報が守られない」ということに尽きます。ネット上に、一度でも画像や動画を公開すると流出する危険性があり、半永久的にネット上に残ってしまいます。

また、映像に映った背景から自宅を知られ、ストーカー被害に合うなどのリスクもあります。高収入に釣られて安易に始めないようにしてくださいね。

商品購入代行

商品購入代行とは、指定された商品を依頼者に代わって購入するだけの仕事なので、誰でも簡単にできる反面、以下のようなトラブルが多数報告されています。

  • 立て替えた商品代金を支払ってくれない。
  • 商品を購入後、消費者に悟られないように宣伝するステマの仕事だった。
  • 個人情報を悪用して、高額な商品の契約をさせられた。
  • 取り込み詐欺や荷受け詐欺などの仕事だった。

最近は、取り締まりが厳しくなっているので、「商品購入代行」という仕事募集は行われていませんが、応募してみたら商品購入代行だったというケースもあるようなので注意してください。

《 ポイント 》

  • 個人情報が守られないチャットレディ。
  • トラブルが多数報告されている商品購入代行。

最後に

在宅ワーク

安心で安全な在宅ワークを始めたい方に仕事選びのポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

安心で安全な在宅ワークで仕事をするというのは、上司や職場の面倒な人間関係などにわずらわされずに済み、家庭を支える主婦の方であれば、家事や育児との両立もしやすくなるというメリットがあります。

その反面、在宅ワークは、会社に勤めている時と違って、規則的な就業時間がなく、すべて自己管理、自己責任で行わなければならないため、会社員と違ってきちんと自分をタイムマネジメントできる強い精神力が必要になります。

安心で安全な在宅ワークで大半のサイトやクライアントは、きちんとした会社なのでそれほど心配はいりませんが、在宅ワークの中には条件が良すぎる求人や、高額のセミナーや研修を持ちかける悪徳商法が横行しているのも事実です。

そのような詐欺まがいの在宅ワークの会社に釣られないように注意して、引き受ける案件をしっかりと厳しい目で選ぶようにしましょう。

まずは、自分のライフスタイルや能力に照らし合わせて、気軽に始められる安心で安全性の高いお仕事を選んでから、安心で安全な在宅ワークに取り組んでみてはいかがでしょうか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
在宅ワーク

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる