食材の知識(その他)

「食材の知識(その他)」の記事一覧

チョコレートの湯煎が上手に溶けない原因!復活方法や湯煎のコツとは

チョコレートを湯煎して上手に溶けないと、一部分だけが固くなったりぼそぼそになってしまうことがありますね。今回は湯煎でチョコレートが上手に溶けない原因や対処法の他に、湯煎をして溶けないチョコレートの復活方法や再利用の方法も紹介します。よくある失敗や、正しい湯煎のやり方とコツを理解し、この記事を参考にして上手にチョコレートを湯煎しましょう。

【4つの凝固剤別】プリンの粗熱を冷やす時間の目安!冷やす時間を短縮する方法

おいしいプリンを作るためには粗熱をとることが重要ですが、レシピには粗熱をとる方法や冷やす時間についてはあまり詳しく書かれていません。この記事ではプリンの粗熱を冷やす時間の目安や、早く冷やす方法について紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

あさりが臭い!原因や対処法、腐っているかの見分け方とは

あさりが臭い!って感じたことはありませんか?買った直後は気がつかなかったとしても、砂抜きをしている時に、臭いが気になったり、水が白く濁ってきたり…。実は、活き活きしている新鮮なあさりは無臭なんです。なので今回の記事では、臭いの原因や対処法、そして腐っているのか、それとも鮮度の良いあさりなのか、その見分け方や砂抜きの方法などを詳しく解説していきます。

そうめんにつくカビの種類とは?白カビは食べても大丈夫?!

そうめんにつくカビは、白カビと青カビの2種類です。カビがついたそうめんをうっかり食べてしまった場合、健康面でどのような影響があるのか不安ですよね。そこで今回は、そうめんについた白カビと青カビではどのような違いがあるのか、そうめんのカビを食べるとどうなるのか、などを説明し、そうめんの正しい保存方法や賞味期限をご紹介します。

納豆を混ぜないメリット・デメリット!栄養や旨みに違いはある?

納豆を混ぜないで食べる場合のメリットとデメリットをご紹介します。納豆を混ぜてから食べるのと、混ぜないでそのまま食べるのには栄養や旨みに違いはあるのでしょうか?どちらにしても栄養成分的に差はないのですが、旨味を感じるかどうかに違いが出るようです。そして、あのネバネバの正体は一体何なのか?など、あなたの疑問にお答えします。

カビの生えたみかんは食べられる?箱入りみかんの上手な保存手順4つ

箱でみかんを購入すると、食べきるまでに時間がかかったり、底の方のみかんが傷んでカビが発生してしまったりなどすることがあります。しかし、箱入りのみかんは正しく保存することで、カビや傷みを抑えてることができるようになります。

ブリ・ハマチ・カンパチの違いとは?味や見た目から旬の時期まで

みなさんは、ハマチは好きですか? 寿司屋さんでも人気のネタとして知られるハマチには、実は呼び方が違うだけでまったく同じ魚が存在します。それは、「ブリ」です。ハマチとブリがまさか同じ魚だとは知らなかった方もいるのではないでしょうか。さらに厄介なのは、ハマチとブリにそっくりな魚「カンパチ」がいるということ。今回は、ブリ・ハマチ・カンパチそれぞれの違いなどについて取り上げていきます。

白玉粉のカロリーと栄養成分と糖質量!

白玉粉はツルンとしたのど越しの白玉団子の材料でもあります。白玉団子といえばみたらし団子やかき氷のトッピング、お汁粉に入れたりする人気和菓子の1つでもあります。気になるそのカロリーや栄養成分をご存知ですか?またお団子以外にも白玉粉を使ったおすすめレシピなどもありますのであわせてご紹介します。

たこ焼き粉とお好み焼き粉の違いとは?代用して作る方法まで

たこ焼きやお好み焼き専用の粉を使えば、家庭でもとてもおいしくたこ焼きとお好み焼きを作ることができます。では、たこ焼き粉とお好み焼き粉の違いとは何でしょうか?たこ焼きとお好み焼きは、具の差がありますが作って食べると似た味がしますよね。お互い代用することもできそうです。今回は、たこ焼き粉とお好み焼き粉の違いと代用して作る方法を紹介します。

上手な揚げ物のやり方!揚げる前の下準備や美味しくなるポイント

わたしたち日本人の大好きな「揚げ物」。体脂肪が気になったり、胃もたれを起こしたりしまうかもしれないので、さすがに毎日食べるほどではないですが、たまに無性に「揚げ物が食べたい!」と思うときがありますよね。多くの場合、「お店」で揚げ物を食べる人が大半かもしれません。家で作るのはちょっと面倒くさいし、なにより「油」を扱うので調理や処理が大変ですからね。でも、自宅で揚げ物をするのも捨てておけません。好きなものを好きなだけ揚げられるし、我が家でまったり「天ぷら」や「トンカツ」を楽しめるのはお店で食べるときとは違った良さがあります。そんななかで、「そうは言っても、自宅で揚げ物をしたことがないからやり方がわからない」という方もいることでしょう。そこで今回は、自宅で「揚げ物」をするやり方や、美味しく揚げるためのポイントをご紹介していきたいと思います。

餃子に合うおかず!おすすめのもう一品

「餃子を作ったけど、なんだかボリュームが少ないな」「でも他の料理を作る時間は無い…けどやっぱり物足りない!」餃子だけではなかなかお腹を満たせませんよね?特に食べ盛りの子どもや旦那様は餃子一品だけでは物足りません。餃子を作ったはいいけれど、なにかもう一品欲しいなと思うことも多いでしょう!餃子は意外と色んな料理にマッチします。「でも餃子ってどんなおかずとと組み合わせればいいんだろう」と悩む主婦の皆さんのために、あまり手間をかけなくても作れる餃子と相性の良いおかずとスープ、一緒に食べたい主食を紹介します。

ハンバーグのつなぎにおすすめの食材!ごはんを使って美味しくするコツまで

普段何気なく作っているハンバーグですが、つなぎを入れる意味はちゃんと知っているでしょうか?意外と知らない方も多いかもしれませんね。実は、ハンバーグにつなぎを入れる重要な意味があります。そして、つなぎ代わりになるものはパン粉だけではないんです。今回はハンバーグに入れるつなぎの役割やつなぎにおすすめの食材についてご紹介します。是非参考にして美味しいハンバーグを作ってください。

食紅の使い方3選!代用品と選び方

皆さん、食紅をご存じでしょうか。食べ物に色を付けたいときに使用する物ということは、わかっているけど、使い方や、実際にどのような料理で使うものかは、わかっていない人も多いことでしょう。そこで今回は、食紅の使い方から食紅が使われるレシピなどをご紹介していきます。

ドライイーストとは!ドライイーストの特徴や保存方法

自宅でパンを作るのにドライイーストを使う人も多いですが、「このドライイーストっていったいなんなんだろう」と思っている人や購入したけど保存方法などが分からないという人もいますよね。そんな人に向けてドライイーストの特徴や使い方、保存方法などを紹介していきます。便利なドライイーストですが、保存方法を間違えると力を失ってしまうのでしっかり確認しましょう。

パン粉1カップは何ccで何g?1カップを計量スプーンで計る方法

毎日家事をする奥様の中には、計量スプーンを持っていてもカップを持っていない人もいるのではないでしょうか。その場合、クッキング本などで、いきなり1カップと言われても困りますよね?こんな状況はよくパン粉の計量で発生します。今回は、カップがない人のために、計量スプーンにて計量するわざを調べましたので紹介します。

イースト菌とは!特徴と酵母菌の違い

ホームベーカリーが手軽に手に入ることから、ご家庭で焼き立てパンを楽しんでいるという人も多いのではないでしょうか。パン作り経験者にとってはお馴染みかもしれませんが、パンを作るためにはイースト菌が欠かせません。そこで今回は、意外と知らないイースト菌について、その特徴と酵母菌との違いなどをわかりやすくお伝えします。

おからパウダーと大豆粉の違いや特徴を比較

おからパウダーも大豆粉がダイエットの強い味方だということをご存知ですか?低カロリーのスイーツやパン作りにはもちろん、料理にも活用できるので常備している人は多いでしょう。しかし、おからパウダーも大豆粉も原料は大豆なので、どんな違いがあるのか気になりますよね。そこで、おからパウダーと大豆粉の違いや特徴を比較してみました。

ざるそばともりそばの違い4つ!種類別の歴史からせいろそばの特徴まで

蕎麦屋に行くと、「ざるそば」や「もりそば」といったメニューの記載があるのを目にすることが多いのではないでしょうか。これらの違いを理解している人はそれほど多くなく、ざるに盛ってあるのが「ざるそば」で、それ以外が「もりそば」などと誤解している人もいるようです。そこで、以下では両者の違いを見ていくことにします。

紅茶とコーヒーのカフェイン量はどっちが多い?含有量や比較、適切な摂取量まで

覚醒作用や興奮作用をもたらすカフェインは、仕事や勉強などに意欲的に取り組むために役立ってくれます。しかし、利尿作用や依存性などデメリットもあるため、摂取量が気になっている方もいるはずです。こちらでは、日本人にとって身近な紅茶とコーヒーを取り上げて、それぞれに含まれるカフェインの含有量や、適切な1日の摂取量などを紹介します。

焼酎は太る?カロリー比較と実はダイエットに適しているワケ

焼酎は太るのか?それとも太らないか?ダイエット中に気になるものの1つにお酒があげられます。お付き合いでどうしてもお酒の席に行かなければならない場合や、ちょっとだけ今日はお酒を飲みたいけど太るのはイヤ…なんていう時など、ダイエット中のお酒との付合い方、今回は、ウィスキーと並んでダイエット向きのお酒といわれる焼酎について、ご紹介していきます。なぜ、ダイエット向きなのでしょう?

ページ 112次ページ