食材の知識(その他)

「食材の知識(その他)」の記事一覧

純ココアをお湯だけで美味しく作るコツ!気になるカロリーはどの位?

カカオ豆の風味がそのまま粉になったような純ココアをお湯だけで美味しく飲むことはできるのでしょうか?牛乳で作るものと思い込んでいる方に、美味しく作るコツを紹介します!さまざまな栄養素が豊富に含まれていてダイエット中や糖質制限中の方におすすめの純ココア。そのカロリーも気になるところです。ひと手間かけてお湯だけでカカオの風味を引き立たせてみましょう!

キウイで舌がピリピリするのはどうして?対処法はある?

キウイを食べると舌がピリピリして痛く感じたことはありませんか?今回はキウイを食べた時に舌がピリピリと痛く感じる理由やアレルギーでは無いのか?という疑問やキウイを食べて舌がピリピリしたときの対処の方法や舌がピリピリしないキウイの選び方や舌がピリピリしてしまうキウイの活用方法について詳しく紹介するので参考にしてください。

ホンビノス貝が開かない時の対処法!加熱時間を長くすると開く?

ホンビノス貝は、はまぐりとよく似た見た目の貝ですが加熱調理をしてもはなかなかホンビノス貝が開かないという声をよく聞きます。ホンビノス貝は、はまぐりと比較すると安価なので料理に取り入れたい食材ですが、ホンビノス貝が開かないとその貝は死んでしまっているのか不安になります。今回はホンビノス貝が開かない時の対処方法や下処理の方法を詳しく紹介します。

マフィンとカップケーキの違いとは?見た目や材料、食感も違う!

見た目が似ているマフィンとカップケーキにはどんな違いがあるのでしょうか?カフェに行くと軽食用として売られているのがマフィン、パン屋さんやスーパーのケーキ売り場に色とりどりに並んでいるのがカップケーキと、そんなイメージですよね?どちらもカップケーキの型に入っていて、味も似ているように思えるのですが・・・今回はそんな二つの見た目や材料、食感の違いについて解説します。

らっきょうで臭いおならが出るのは何故?一日の摂取量の目安

らっきょうを食べると臭いおならが出ます。らっきょうは畑の薬と言われることもあるほど体に良いとされるシャキシャキ食感で美味しいものですが、食べるとおならが出やすくなったり、臭くなってしまいます。今回はらっきょうを食べるとおならが出たり、臭くなる理由やらっきょうの栄養効果についてを詳しく解説します。

松茸の中に虫がいたらどうすればいい?正しい虫出し方法

松茸の中に虫がいたという経験はありませんか?松茸は秋の味覚の王様で高級食材なので虫がついていた場合はショックですが、正しい虫だしをすれば食べることができます。今回は松茸に虫食いができてしまう理由や虫だしの方法や虫だし後のおすすめの食べ方や購入時に虫がついてしまった松茸を見分ける方法を紹介します。

しらたきを食べ過ぎとどうなる?体調不良になる原因や1日の適正量について

しらたきを食べ過ぎると腸に詰まってしまい、腸閉塞になる可能性があります。しらたきはお腹いっぱいになりやすく、グルコマンナンと呼ばれる食物繊維が主成分で食事制限中やダイエット中にも好まれる人気の食材です。しかし、食べ過ぎは体調不良の原因になりやすいです。しらたきを食べ過ぎると起こる体調不良の症状と原因、適切な摂取量についてまとめました。

大寒卵のご利益や食べる理由、購入方法まで解説!

大寒卵を食べるとどんなご利益があるのでしょうか?正月三が日を過ぎると、今度は「寒の入り」という言葉を耳にするようになります。これは一年で最も寒い時期、いわゆる「大寒」の時期にあたり、この日に産まれた大寒卵を食べると金運と健康運が宿ると言われているんです!この記事では、大寒卵を食べる理由や購入する方法まで詳しく解説していきましょう!

うなぎはなぜ高い?天然モノと養殖モノの違い

うなぎがなぜ高いのかその理由をご存じですか?うなぎがなぜ高いかのには明確な理由があります。またうなぎには天然うなぎと養殖うなぎが存在しています。しかし市場に出回っているほとんどが養殖のうなぎです。今回はうなぎがなぜ高いかの理由と天然うなぎと養殖うなぎの違いやうな重がうな丼よりもなぜ高いかの理由も詳しく紹介します。

みかんを甘くする方法6選!酸っぱいみかんの美味しい食べ方まで解説

みかんを甘くする方法6選をご紹介します!秋から冬にかけて旬を迎えるお馴染みの果物ですが、時に酸っぱくて甘くないみかんに当たることがありますよね。今回はそんな酸っぱいみかんを甘くする簡単な方法と美味しい食べ方まで解説します。難しくはありません!手軽で即効性のある方法を試して冬場の健康維持に活かしてみましょう!

夜のアイスは太る?食べるならおすすめのアイスとは

風呂上がりなど夜にアイスを食べたくなったことはありませんか?でも夜にアイスを食べると太ってしまうのでは?とも考えてしまいますよね?今回は夜にアイスを食べると体にどのような影響が出てしまうのかという話と、アイスが食べたい場合のおすすめのアイスの種類やアイスがダイエットに良いという噂に関して紹介します。

シチューの味が薄い時の対処法!味の調整方法やとろみの付け方について

具材から出た水分によってシチューが薄くなってしまうことがあります。ホワイトシチューならホワイトソース、ビーフシチューならカレーのルーがよく合います。しかし、食べたい時に買うことがほとんどですよね。今自宅にある物でも対応することができます。シチューが薄い時の対処法、とろみをつける方法、隠し味におすすめの食材や調味料をご紹介します。

シュトーレンの値段が高い理由!相場や選ぶ時のポイントとは

クリスマスの定番シュトーレンの値段がなぜ高いのか、その理由を調べてみました。本場ドイツでは、一切れずつ食べてクリスマス当日までの4週間を過ごすのが伝統となっています。シュトーレンの値段は材料によっても変わります。この記事ではシュトーレンの値段の相場や選ぶ時のポイントについても紹介しますので、バリエーション豊富なシュトーレンを買う時の参考にしてみましょう!

数の子の塩抜きに失敗した時のリカバリー方法!苦味の消し方とは

おせち料理に欠かせない数の子の塩抜きに失敗した時、どうリカバリーしたら良いのでしょうか。ぷりぷりした食感がたまらない数の子を食べると子沢山になると、古くから愛されてきた食材ですが、塩抜きの方法を失敗すると数の子本来の苦味を強く感じてしまいます。上手に塩抜き出来なかった時の対処方法や、苦味の消し方、失敗しない数の子の塩抜き方法を紹介しますので参考にして美味しく食べてくださいね。

たけのこのあく抜きに失敗!えぐみを消すリカバリー方法5選

たけのこのあく抜きにどうして失敗したのか理由をご存知ですか?たけのこのあく抜きに失敗する理由のほとんどは、茹でる時期、方法の間違いです。この記事では、たけのこのあく抜きの失敗理由、あく抜きを失敗したたけのこのリカバリー、正しいたけのこのあく抜きの方法を説明します。あく抜きに失敗した方もぜひ役立ててくださいね。

お好み焼きを生焼けにしないコツ!焼け具合の見分け方や対処方法について

お好み焼きを焼いて食べようとしたら生焼けだったという経験はありませんか?今回はお好み焼きを生焼けにしないためのコツや焼け具合の見分け方や生焼けだった場合の対処法を紹介します。お好み焼きを生焼けの状態で食べたときに起きる症状についても紹介します。お好み焼きはしっかり火を通して美味しく食べましょう。

スパムってそのまま食べれる?生で食べる際のおすすめの食べ方や簡単な調理方法

スパムはそのまま食べていますか?それとも加熱調理していますか?スパムは豚肉を使って作られたランチョンミートの缶詰で、長期間保存できる便利な食べ物です。ソーセージと同じように、スパムはそのまま食べることもできますので、今回は生でそのまま美味しく食べる方法や加熱調理して美味しく食べる方法、正しい保存の方法を紹介します。

冷凍あさりが開かないのは自然解凍が原因?失敗しない解凍方法とは

冷凍あさりの口が開かない原因は何でしょうか?冷凍あさりが開かないのは、解凍方法に関係があります。解凍方法はいろいろありますが、実はちゃんと開かせるためのコツがあるのです。それを知らずに解凍してしまうと、高い確率で冷凍あさりは開かないことになります。今回は冷凍あさりが開かない時の原因や失敗しない解凍方法について調べてみましたので紹介します。

サバ缶の食べ過ぎによるデメリット7つ!1日の摂取量はどの位?

栄養たっぷりのサバ缶なのに食べ過ぎがNGな理由について説明します。魚の缶詰の年間生産量では一番人気だったツナ缶を差し置いて、サバ缶がトップになったと報じられたほど、サバの缶詰が売れています。だからと言って食べ過ぎてしまうと、健康上のデメリットもあるようです。サバ缶に含まれている栄養素を始め、毎日のように食べ過ぎた時のデメリットや摂取量の目安、サバ缶以外で食べ過ぎに注意する魚について紹介します。

漬物の塩抜き方法6選!やってはいけない方法とアレンジ活用術

漬け過ぎた漬物の簡単にできる塩抜き方法6選を紹介します!辛くて食べられない漬物をどうにかしてリメイク料理にしたい…。そんな時の活用術もあるんですよ。今回は咄嗟にやりがちな水を使って塩抜きをしてはいけない理由を始め、漬物の塩抜き方法、漬物の塩抜きに失敗したときの活用術や塩分を和らげるアレンジの方法をご紹介しましょう。

ページ 11234次ページ