食材の知識(その他)

「食材の知識(その他)」の記事一覧

みかんとコーヒーの食べ合わせはダメ?過剰摂取になる量とは

みかんとコーヒーの相性が悪いのをご存じですか?みかんに含まれる成分とコーヒーに含まれる成分が合わさると、相乗効果によって体に悪い影響を与えるようです。今まで何も気にせずみかんとコーヒーを飲んでいた方は多いと思いますが、今回はみかんとコーヒーの食べ合わせが悪い理由や、コーヒー以外にみかんと相性が悪いものを説明しますので参考にしてくださいね。

お腹がならない食べ物・飲み物15選!空腹を紛らわす裏技もご紹介

「ぐぅぅぅ~」仕事の打ち合わせ中に突然お腹がなって恥ずかしい思いをしたことが…。そもそもお腹がなるのは空腹が原因なので、人に会う時はお腹がならない食べ物や腹持ちが良い食べ物を食べようと思ったのですが、いざとなると実際どんな食べ物がお腹がならないのか?わからなかったので調べてみました!お腹がならない食べ物や飲み物を紹介しますので参考にしてくださいね。

メロンを切ったら固かった!甘くする裏ワザや美味しく食べる方法

せっかくのメロン、食べようとして切ったら固かった…甘くなかった…という場合、切ってしまったメロンを甘くすることは可能なのでしょうか。切る前のメロンであれば、常温で置いておくことで追熟が進んで完熟しますが、切ったら固かったメロンを甘くするにはどうしたら良いか、甘くして美味しく食べる裏技について、ご紹介したいと思います。

秋刀魚に赤い虫を見つけた時の対処法!食べても大丈夫?

秋の味覚として愛されている秋刀魚に赤い虫を見つけた時、みなさんはどうしていますか? 日本人は魚を生で食べることが多いのですが、この赤い虫はいったい何なのか!?それを食べても大丈夫なのかをご紹介します。安心して秋刀魚を食べることができるように、赤い虫の正体とその他の寄生虫について、そして秋刀魚の内臓の取り方をお伝えします。

どんぐりに毒性はある?アクの抜き方から美味しく食べる方法まで解説

どんぐりが毒性を持つとされているのは「タンニン」という成分を含んでいるためです。どんぐりで遊んでいた子供が思わず口に入れてしまった時、心配されますよね。万が一、どんぐりから多量のタンニンを摂取した場合には消化管が損傷し、肝臓や腎臓に大きな負担を与えてしまう恐れがあります。しかし、どんぐりにも様々な種類があり、毒性が気になるタンニンをほとんど含まないどんぐりがあります。

冷凍食品だけのお弁当はメリットが沢山!節約・栄養面でおすすめできる理由を徹底解説

冷凍食品だけのお弁当はとっても楽チン!豊富な種類がありおかずとしてサイズ感も良く、彩りよく並べると見た目も綺麗なお弁当が完成!食材を買い過ぎて無駄にしてしまうこともなく何よりも時短になりメリットいっぱいの冷凍食品。でも栄養は?デメリットはないの?そんな疑問にお答えします。

食べれない貝の見分け方!潮干狩りで採れる注意すべき貝の種類

潮干狩りで「食べれる貝」と「食べれない貝」の見分け方を分かりやすく解説します。食べれない貝の種類には十分にご注意ください。猛毒を持つ貝は日本の海岸の浅瀬でも多く目撃されています。潮干狩り中に刺されて死亡した例が日本にもあります。潮干狩りの貝に食べれない貝は含まれていませんが、死んでいる貝は絶対に食べないでください。

梅シロップから濁りと泡が!これって飲める?危険な場合の例まで解説

梅シロップの濁りは発酵によって泡が発生したためです。ほとんどの場合は濁りや泡が発生した梅シロップでも飲むことができますが、飲めないと判断した方が良い場合もあります。梅シロップが発酵した原因、濁りと泡が発生した時の対処法、飲むと危険な場合の見極め方など分かりやすく解説します。

パエリアで米を洗わないのはなぜ?そのままで大丈夫な理由と適した米の種類

パエリアの米を洗わない理由はパラパラに仕上げるためです。米を洗うと水を吸ってしまい、パエリアが本来のパラパラではなくねっとりとしてしまいます。米には水分をたっぷり吸収するという特徴がありますが、パエリアの美味しさの秘訣であるスープをたっぷりしみ込ませるためにも米を洗わないのです

明太子と辛子明太子の違いとは

「明太子」と「辛子明太子」は「たらこ」と違いどちらも辛いイメージがありますよね。ところが、「たらこ」と「明太子」は同じもので、「明太子」と「辛子明太子」が違いと言うことに驚く人は多いのではないでしょうか。だとすると今まで食べていた「辛子明太子」とは何なのでしょうか?そこで今回は、意外と知らない明太子の真実についてご紹介したいと思います!

手羽元から血が出るのはどうして?食べても大丈夫な理由と下処理方法

手羽元から血が出るのはどうしてなのでしょうか?揚げ物や照り焼きなどメニューのバリエーションが豊富な手羽元ですが、焼くと出てくる赤い液体は血ではなく骨の中にある骨髄液なんです。そのまま調理して食べても大丈夫な理由と、食中毒予防や臭みを消すための下処理の方法をご紹介します。

生ひじきは洗うだけではダメ?覚えておくべき正しい下処理方法

海からとりたての「生ひじき」は、洗うだけでなく下処理が必要だと知っていますか?スーパーの鮮魚コーナーで見かける無害な「生ひじき」とは違って、無機ヒ素という毒性のある成分を含んでいるため加熱処理をしないと食べることができません。この記事では、生のままのひじきの洗うなどの下処理方法や保存方法、おすすめの簡単レシピについて紹介します。栄養満点で安全なひじき料理を食卓に並べて健康管理に役立てましょう!

うなぎが嫌いな人は多い?好きじゃない理由は?

高級食材である「うなぎ」が嫌いな人って、皆さんのまわりにも結構いますよね。頻繁に食卓に出てくるわけではありませんが、年に一度、「土用の丑の日」には必ず食べるという人も珍しくありません。日本人には馳走の部類に入るうなぎでも、嫌いな方にとっては「絶対ムリ!」と受けつけないその理由とは何でしょうか?そして食べやすくなる方法についても紹介していきます。

干し芋を食べ過ぎるとどうなる?どれくらい食べても良い?

栄養価がぎゅっと詰まった干し芋ですが、食べ過ぎで起こるデメリットとは何でしょうか?干し芋は適量を食べればダイエットの強い味方になってくるものの、干し芋の食べる量を間違えて食べ過ぎてしまうと逆効果になってしまいます。そこで今回は干し芋の食べ過ぎで起こりえる状態と注意点、そして、干し芋の一日の摂取量はどれくらいまで良いのかについて詳しく見ていきましょう!

柿はジャムに適さない理由!渋みの消し方、黒く変色させない作り方も

柿がジャムに適さないと言う理由はジャムにすると黒くなり見た目がよくないことと、砂糖を入れて煮ているのに渋みが出るからです。どうして黒くなるのか、どうして渋みがでるのか、その原因と対処法や柿ジャムに適した保存方法を紹介いたします。

寒天が固まる時間はどのくらい?固まらない原因は?

寒天が固まる時間はどの位なのでしょうか?昔からさまざまな食品に活用されてきた寒天レシピの和菓子やお好みの飲み物を入れたゼリーなど簡単に作れて楽しめますよね。寒天を上手に固めるコツや固まらなかったときの原因や失敗した時のリメイク方法について紹介します。

ホワイトチョコにもカフェインは含まれる!妊娠中でも食べてOK?

濃厚でクリーミーなホワイトチョコにカフェインは含まれているのでしょうか?通常のチョコレートの色や苦みは茶色いカカオから作られているはずなのに、色が白いチョコって不思議ですよね。そんなホワイトチョコレートにはカフェインは含まれているのか、妊娠中でも食べてOKなのか健康効果は期待できるのかなど紹介します。

ローストビーフから赤い汁が出るけど大丈夫?食べても問題ない?

ローストビーフから赤い汁が出ても焼きなおすのはちょっと待って!ローストビーフから出る赤い汁は生焼けで出てくる血液ではありません。実はローストビーフの赤い汁はタンパク質の一種なんです。タンパク質ですので栄養もあり食べても大丈夫です。今回はローストビーフの赤い汁の原因や赤い汁を出さない方法、焼き加減の見分け方などを紹介します。

ドライイーストって体に悪いの?天然酵母との違いとは?

「ドライイースト」って体に悪いのでは?と不安に感じていませんか?「天然酵母」に対して「人工的に作られたイースト」を食品添加物に勘違いされていることが多いようですが、実はどちらも自然界に存在する酵母なのです。この記事ではドライイーストが体に悪いと言われる理由や「イーストフード」との違いなどを紹介します。

ローストビーフが固い原因4つ!対処法と柔らかく作るコツ

ローストビーフが固い原因について、何か思いつくことはありますか?ホームパーティや誕生日、X’masなどの食事会で高級感を演出できる大人気のローストビーフですが、固い時の対処方法がわかれば、柔らかくするコツも見えてきます。そこで今回は、ご家庭でローストビーフを調理するときに固いなど失敗しないようにポイントをまとめてみましたのでご覧ください!

ページ 112345次ページ