食材のカビ

「食材のカビ」の記事一覧

ピーマンにカビが付いている時の対処法や食べてはいけない状態とは?

ピーマンのヘタに白いふわふわしたものがついていたらそれは白カビです!ヘタについたカビはピーマンの内部まで侵入して繁殖します。また、ピーマンの表面に黒い部分がある場合、黒カビの可能性がありますが、もっと恐い病気かもしれません。ピーマンのカビの特徴や注意点、食べてはいけないピーマンなどを詳しくご紹介します。

オクラのカビの見分け方!食べてはいけない状態とは?

オクラはカビの生えやすい野菜です。オクラに生えている産毛が原因でカビが繁殖しやすいと言われています。白カビと黒カビが生えますが、オクラの表面に黒い斑点やシミも出てカビと見分けづらいことがあります。オクラのカビの特徴やカビと間違えやすい症状と原因、食べてはいけないオクラの見分け方などをご紹介します。

トマトにカビがついた時の正しい対処法!白と黒ではカビの種類が違う

トマトに生えるカビは主に白カビと黒カビです。ふわふわした白カビも汚い黒カビも、気持ち悪くて食べたくなくなりますよね。でも、白カビには毒性はありませんし、黒カビもたいした毒性ではありません。だったら食べてもいいのでしょうか?今回はトマトのカビについて正しい対処法やカビが生えにくい保存方法などを紹介します。

お米のカビは洗えばOK?食べない方が良い理由とカビの見分け方

「お米にカビが生えても洗えば食べることができる」と思っている方はこの記事を読んでください。お米についたカビは綺麗に洗ったつもりでも完全には取ることができません。お米の表面についたカビは取ることはできますが、人間の目には見えないカビの胞子や菌糸、カビが作り出したカビ毒は残っています。それは加熱しても取り除くことはできません。

お米のカビは見た目で分かる?炊く前に見分ける4つのチェックポイント

お米のカビは見た目でも分かります。お米の表面が緑色や黒色、茶色、グレー、ピンクなどに変色しているものはカビですので注意しましょう。お米に生えたカビは見た目だけでなく、ニオイや手触りでも分かります。今回はお米のカビを見分けるために、見た目やニオイや手触りをまとめました。新鮮なお米を美味しく食べるために見分け方を覚えましょう。

ひらたけにカビ?白いフワフワの正体は気中菌糸

ひらたけについた白いフワフワしたものはカビではありません。それは気中菌糸(きちゅうきんし)と呼ばれるものです。ひらたけは衝撃や温度の変化に弱く傷みやすい野菜です。ひらたけのカビの見分け方はいくつかありますが、色は黒や緑やピンクです。この記事ではひらたけにつくカビの特徴やカビないための正しい保存方法もご紹介しています。

琥珀糖の乾燥中にカビが!原因やカビを生えさせない作り方まで

見た目が宝石のように美しい透明感のある砂糖のお菓子が琥珀糖です。液体を乾燥させ結晶化することで完成する琥珀糖ですが、作る工程でどうしても乾かない、気づいたら琥珀糖にカビが生えたといった失敗ケースがあるようです。琥珀糖を上手に乾燥させカビを生やさずに美しく完成させる方法についてご紹介します。

梅干しが腐る原因は?減塩タイプは日持ちしないの?

梅干しには殺菌効果があります。梅干しは食べ物が腐るのを防止してくれますのでお弁当やおにぎりに添えられることが多いですが、実は梅干しも腐ります。殺菌効果のあるはずの梅干しが腐る原因や、梅干しを腐らせないためのポイントについてご紹介します。

ブロッコリースプラウトにカビが生えた?白い毛の正体と水耕栽培時にカビるのを防ぐ育て方

買ったばかりのブロッコリースプラウトに白いカビのようなものを発見してもすぐに捨てないでください。ブロッコリースプラウトに生える白い毛の正体はカビではありません!カビではないことを見分ける方法があります。また、ブロッコリースプラウトにカビが生えることを防ぐためにできることがあります。白い毛の正体・カビを見分ける方法・賞味期限の目安など詳しく解説します。

パイナップルにカビが生えた!皮・根・葉が白い時の見分け方、食べ方や保存方法について

パイナップルにカビが生えることはありますがブルームと間違えやすいです。皮・根・葉など表面にできる白い粉状のブルームという物質はパイナップルを守るために形成されるものです。白カビではなく天然物質です。パイナップルのカビの見分け方、表面にカビが生えても果実を食べることはできるのか、カビてしまわない保存方法など分かりやすく解説します。

ブロッコリーにカビが生えた!白・黒に変色しても食べられる?見分け方や保存方法を紹介

カビが生えたようにブロッコリーが白くなってしまうことがありますが、これはミネラル分であるため問題なく食べることができます。ただし、ブロッコリーは傷みやすく、正しく保存されていなかった場合には、白や黒のカビが生えることがあります。カビの見分け方、ブロッコリーをカビから守る正しい保存方法など詳しく解説します。

生姜に生えたカビは取り除けば食べられる?見分け方から対処方法まで

生姜にカビが生えてしまっていたという経験はありませんか?生姜は1回の料理で少量しか使わないことが多いので、余った部分を保存している内にカビが生えてしまっていたということがあると思います。今回は生姜にカビが生える原因からカビの種類や生姜の正しい保存の方法を詳しく紹介するので、参考にしてください。

餅に生えたカビの取り方は?食べないほうがいい理由や防止策

餅にカビが生えてしまったという経験は誰でもあるかと思います。餅にカビが生えた場合は、カビを取り除いたら食べても体に害はないのでしょうか?今回は餅にカビが生えた場合の取り方やカビを取り除けば食べても問題が無いのか、食べない方がいいのか、餅に生えるカビの取り方と種類や正しい餅の保存方法からカビが生えにくくなる裏技を紹介します。

はちみつにカビが発生する主な理由とは?はちみつのカビを防ぐ4つの方法

はちみつにはカビが生えないと思っていませんか。実は保存の仕方でカビが発生してしまうこともありえます。ここではどのような条件でカビが発生するのか、そしてどんな対策をすればいいのか紹介します。しっかりと対策して、はちみつを美味しく安全にいただきましょう。

にんにくにカビが生えても食べて大丈夫?原因から正しい保存方法まで

ストックしておいた「にんにく」にいつの間にかカビが生えていたていたことはありますか?便利な野菜なのでついつい買いすぎると、使わずにカビてしまい結果的に結果的に処分することに。この記事では、ニンニクにカビが生える原因やニンニクにカビが生えたときの対処法、カビを生えにくくさせる保存方法などについて詳しく解説します。

バナナにカビが生えた!軸(茎)が白いけど食べても大丈夫?

バナナを買ってきて放置していたら軸の部分が白く変色してカビが生えてしまっていたという経験はありませんか?今回はカビが生えてしまったバナナは食べることができるのか?カビが生えないように保存する方法や腐ってしまったバナナや食べ頃バナナの見分け方などバナナに関することを詳しく紹介します。

しいたけにつく白い粉はカビ?美味しいしいたけレシピ3選

さまざまな種類のある「しいたけ」は人気の高い食材のひとつです。しかし、しいたけは「カビ」が発生しやすい食材でもあるため、長く保存するための環境や方法など詳しくご紹介します。しいたけとカビの関係をしっかり理解し、美味しいしいたけを堪能しましょう。

カビ?しめじについた白いふわふわの正体!美味しいしめじレシピ3選

低カロリーで安価なしめじは大人気なきのこです。しかし、正しく保存していてもカビとそっくりな白い物体が付着することがあります。腐ったと思ってしめじを捨ててしまっていませんか。それはただのカビではありません。基本知識を学んで美味しくしめじを食べましょう。

カビの生えたかぼちゃは食べられる?おすすめのかぼちゃレシピ5選!

甘くて美味しいかぼちゃは料理やお菓子などの材料として使われています。そのかぼちゃは保存しているとカビが生えてしまうこともあります。カビが生えても、カビの種類や対処の仕方などで食べられる場合もあるので、すぐに捨ててしまう前に、カビの様子を観察しましょう。