ブロッコリーにカビが生えた!白・黒に変色しても食べられる?見分け方や保存方法を紹介

マヨネーズ、茹でたブロッコリー、木製のフォーク

カビが生えたようにブロッコリーが白くなってしまうことがありますが、これはミネラル分であるため問題なく食べることができます。ただし、ブロッコリーは傷みやすく、正しく保存されていなかった場合には、白や黒のカビが生えることがあります。カビの見分け方、ブロッコリーをカビから守る正しい保存方法など詳しく解説します。

ブロッコリーにカビが生えた!白または黒に変色する正体は?

葉のついた一株のブロッコリー

ブロッコリーが白や黒に変色していると、カビが生えているように見えます。

しかし、ブロッコリーの表面が白や黒に変色することはよく起こることであり、カビではありません。

では、どのような理由でブロッコリーが白や黒に変色するのか、食べても良いのか、詳しく解説しましょう。

ブロッコリーが白く変色している時

ブロッコリーが白く変色していても問題なく食べることができます。「白カビが生えてる!」と勘違いしてしまうことがありますが、これはカビではありません。

ブロッコリーの表面には天然のワックスが付着しており、出荷時に使用される氷に含まれているミネラル分と合わさり、固形化したものです。

この白い付着物はカビではありませんが、ブロッコリーの出荷時にはどうしても氷が必要となり、防ぐことは難しいようです。

しかし、食べてしまっても人の体に悪影響を及ぼすことはありません。お腹を壊すなどの心配もありませんので、安心して食べることができます。

ブロッコリーが黒く変色している時

ブロッコリーが黒く変色していても問題なく食べることができます。「黒カビが生えてる!」と勘違いしてしまうことがありますが、これはカビではありません。

ブロッコリーの表面(花蕾)の一部が黒や紫に変色することがありますが、これはブロッコリーに含まれているアントシアニンという成分によるものです。

急激に気温が下がり、冷たい空気に触れたことで黒く変色してしまったのです。この黒い付着物はカビではありませんし、品質や味にも大きな影響を及ぼすことはありません。

食べてしまっても人の体に悪影響を及ぼすことはありません。お腹を壊すなどの心配もありませんので、安心して食べることができます。

カビの生えたブロッコリーの見分け方

グリーンの背景に4つのブロッコリー

ブロッコリーに白いカビが生えると?

ブロッコリーに生える白カビは、綿毛のようなふわふわとした見た目をしています。先にご紹介した白い付着物であるミネラル分とは見た目が全く違います。

ミネラル分であるなら白い粉っぽい付着物、白カビなら綿毛のようなふわふわとした付着物、というように見分けると良いです。

見た目にはカビが生えているように見えないことも

白カビが生えていることに気づかず食べてしまった場合、酸っぱい味がすることがあります。

ブロッコリーは酸味を感じる野菜ではないですよね。少しでも酸っぱい味がするなと感じたら食べるのをやめましょう。

一部分にでもカビが生えていたら食べないで!

ブロッコリーの表面のほんの一部分にのみ白い綿毛のようなカビが生えていることがあります。その部分だけを取り除けば食べられるかもと思われるかもしれませんが、食べない方が良いです。

ブロッコリーの表面や茎の部分に触れてみると、何となくぬめりを感じることがあります。鮮やかな緑色ではなく、茶色く変色していることもあります。

カビが生えているのはほんの一部分かもしれませんが、ブロッコリーが全体的に傷んでいるという証拠です。

ブロッコリーに黒カビが生えた状態

ブロッコリーに黒カビが生えると明らかにカビ臭いニオイがします。

見た目にも黒カビが生えている部分のブロッコリーの表面が傷んでいることがわかります。ニオイも見た目もとても食べられる状態ではありません。

もし、黒カビが生えているのがほんの一部分であったとしてもブロッコリー全体にカビの菌が付着しています。加熱したとしても食べない方が良いです。

ブロッコリーが茶色くなるのはカビ

ブロッコリーは鮮やかな緑色をしていますが、時間が経つと緑・黄色・茶色という順番で変色します。

全体的に満遍なく変色するのではなく、一部分だけが変色してしまうことがよくあります。これはカビではありません。変色した部分を取り除いて食べて良いです。

もし、ブロッコリーの表面が全体的に茶色くなってしまった場合には、栄養価や品質や味が落ちてしまっているため、美味しく食べることは難しいです。茹でてみて、味見をすると良いでしょう。

ブロッコリーをカビから防ぐ保存方法

黒い容器にブロッコリーとカリフラワー

カビは空気中にも存在します。ブロッコリーの表面に付着し、そのまま成長します。白カビや黒カビが生えていることに気づいた時には、すでに大きく成長した状態です。

ブロッコリーにカビが生えやすい温度は20℃~30℃くらいです。最もカビが繁殖しやすい温度は25℃くらいです。

私たちにとっても過ごしやすい温度ですので、室内ではカビが発生しやすく繁殖しやすい状況であることがほとんどです。

そのような環境でブロッコリーを無造作に置いていたらカビが生えるのも傷むのも当然ですよね。

生のブロッコリーの適切な保存期間(2~3日)

ブロッコリーを生のまま保存する時は、冷蔵庫に入れます。キッチンペーパーで全体を包み、保存袋に入れると良いです。そして、適切な保存期間は2~3日くらいです。

ブロッコリーの房の部分を上向きにし、立てた状態で保存すると傷みにくく日持ちしやすいです。すぐに調理することがないのであれば、まとめ買いには向かない食品です。

ブロッコリーは調理して保存する

生のブロッコリーは冷蔵庫で保存しても2日~3日ほどで賞味期限を迎えてしまいます。

冷蔵庫で保存すれば安全な気持ちになりますが、時間が経てば経つほどに冷蔵庫の中でもカビが発生しやすくなります。冷蔵庫を開け閉めする時に空気中のカビの菌が入り込み、ブロッコリーの表面に付着するからです。

ブロッコリーをまとめ買いした時、使いきれなかった時は、生のままではなく調理して保存すると良いです。

ブロッコリーを茹でて保存する

ブロッコリーを茹でて保存する場合、冷蔵保存と冷凍保存の両方が可能です。

茹でたブロッコリーを冷蔵庫で保存することができる期間は2~3日くらいです。あまり長く保存していると、容器の中で白カビや黒カビが発生してしまうことがあります。

カビの繁殖は早く、あっという間にブロッコリーの表面を覆ってしまいます。茹でたブロッコリーを冷凍庫で保存することができる期間は30日くらいです。

もっと長く保存することも不可能ではありませんが、冷凍焼けをしてしまったり、品質や味も確実に落ちてしまいます。早めに食べ終えるようにしましょう。

最後に

白い容器、ブロッコリーとペンネ

ブロッコリーが白くなっている時、ミネラル分なのか白カビなのか、しっかりと見分けることができます。

ミネラル分であれば白く粉っぽい付着物です。白カビであれば綿毛のようなふわふわとした付着物です。見た目にも明らかに違うため、白カビであれば絶対に食べないでください。

もし、ブロッコリーの表面に白や黒のカビが生えている時は、そのブロッコリーは食べない方が良いです。カビが生えているのは一部分かもしれませんが、ブロッコリー全体にカビの菌が付着しています。

  • カビ臭いニオイや異臭はないか?
  • ブロッコリーの表面や茎にぬめりはないか?
  • 茹でて味見をしてみた酸味などの変な味はないか?

少しでも異変を感じたら、たとえ加熱調理したブロッコリーであっても食べない方が良いです。

生のブロッコリーを買ったら冷蔵庫で保存します。2~3日以内に食べきってください。過ぎると傷みやすくなり、冷蔵庫の中や容器の中でもブロッコリーにカビが生えてしまいます。

茹でたブロッコリーは冷蔵庫で保存し3日以内に、冷凍庫で保存する場合は30日以内に食べきってください。

マヨネーズ、茹でたブロッコリー、木製のフォーク

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる