餅に生えたカビの取り方は?食べないほうがいい理由や防止策

餅に生えたカビ

餅にカビが生えてしまったという経験は誰でもあるかと思います。餅にカビが生えた場合は、カビを取り除いたら食べても体に害はないのでしょうか?今回は餅にカビが生えた場合の取り方やカビを取り除けば食べても問題が無いのか、食べない方がいいのか、餅に生えるカビの取り方と種類や正しい餅の保存方法からカビが生えにくくなる裏技を紹介します。

餅のカビの見分け方や種類

餅に生えたカビ

餅に生えてしまったカビの取り方を知る前に、カビの種類を確認しましょう。餅のカビの取り方はカビの種類と特質で決まります。

餅に生えるカビの種類

餅には数種類のカビが生えてしまいます。餅に生えるカビは色によって種類が異なるのでどのようなカビなのかカビの色別に紹介します。

青カビ(青や緑色のカビ)

青カビはぺ二シリウム属のカビで餅以外にもパンや柑橘系の果物にも生えやすいカビになります。青カビの厄介なところは人間の体に対して有害のものと無害のものがあるという点です。

無害のものはブルーチーズなどにも使われているので食べても問題ないのですが、有害のものは「マイコトキシン」と言って強い毒性を持っています。

青カビは呼吸器系のアレルギーの原因になることもあるので「青カビだから取り除けば食べても大丈夫」という判断をしてはいけません。

赤カビ

赤カビはお風呂や洗面所や加湿器などで生えてきやすいカビでロドトルラという酵母菌の一種になります。

根を張って繁殖してしまうカビではありませんが、カビが繁殖するスピードがとても早いという特徴を持っています。赤カビが生えてしまうと黒カビも生えてきやすくなってしまうので注意が必要になります。

赤カビにも黒カビと同じマイコトキシンという毒素を持っているものも多く、その中には猛毒のアフラトキシンも含まれているので赤カビが生えてしまった餅は絶対にたべてはいけません。

白カビ

白カビはコウジカビとも呼ばれ、餅と色が似ているため生えていることが確認しづらいカビですが、よく確認すると白い点々が餅の表面にぽつぽつとしている状態で確認することができます。

コウジカビは乾燥にも強く日常生活の中で見ることができますが、古くから酒造りや醤油の醸造のときに用いられるなど有益なものもありますが、コウジカビのなかには人体に有害な猛毒のアフラトキシンを発生させてしまうものもあるので食べてはいけません。

黒カビ

黒カビはクラドスポリウムというカビで風で飛び散りやすく空気中に漂いやすいカビです。体内に入ってしまうことで喘息やアレルギーの原因になってしまいます。

また黒カビの胞子が体内に入ってしまうと黒色真菌症という病気を発症する原因にもなり、この病気は深刻な状態に陥ってしまうこともあります。

黒カビが生えた場合には根が深く表面のカビを取り除いても奥にまで伸びたカビの根を排除することが難しいので黒カビが生えてしまっていたらすぐ処分するようにしましょう。

《 ポイント 》

  • お餅に生えてしまうカビには様々な種類があり20種類以上あると言われています
  • お餅に生えてしまうカビには、体に悪影響を及ぼしてしまうカビも多く存在していて強い毒性を持っているカビもあるので、カビが生えてしまっていたらカビを取り除けば食べられるとは考えずにすぐ処分するようにしましょう。

餅のカビの取り方

餅に生えたカビ

餅に生えてしまったカビの取り方はたわしで擦って洗ったり、包丁で削って取り除いたり、ピーラーについているジャガイモの芽を取るための突起の部分で餅についたカビを掘り出して削り取るといったカビの取り方が一般的になるのですが、餅にカビが生えてしまった場合、そのカビは餅の中にまで根を生やす菌なので目で見て判断できる部分以外にもカビ菌が残っていると考えましょう。

カビにはブルーチーズのように食べても問題ないカビもありますが、食べても平気なカビかどうかを判断することは専門家でも難しいためカビが生えてしまった餅を食べるのは止めて諦めて処分するようにしましょう。

《 ポイント 》

  • 餅のカビの取り方は、たわしで洗ったり、包丁で削り取ったり、ピーラーについているジャガイモの芽を取る突起の部分で掘って取るといった方法がありますが、カビ菌は根を生やす菌なので全て取り除けるとは限りません。
  • 餅のカビは、目で見て判断できる部分以外にもカビ菌が残ってしまっている可能性は十分考えられるので、カビを取り除いても食べるのはやめましょう。

カビの生えた餅は食べないほうがいい?

焼いている餅

餅に生えてしまったカビの取り方とカビの種類も色という見た目で判断することができましたが、カビは根を張る菌糸なので、表面だけを取り除いても餅の中にもカビの菌糸が入っていることがあります。

また餅に生えるカビの中には毒をを発生さるものもあり、以前のカビの取り方で、青カビの場合はカビを取り除いたり、火を通せば食べられると言われていましたが、これは食べてみても大丈夫だったということになるだけで、絶対に大丈夫という保証があるわけではありません。

カビの種類は数が多く、どのカビが安全で度のカビが危険という判断はできません。従ってカビが生えてしまった餅はもったいないと思うかも知れませんが、食べるのを止めて処分するようにしましょう。

《 ポイント 》

  • おばあちゃん世代では、餅にカビが生えてしまった場合でもカビを取り除けば食べることができるという方も多かったと思いますが、現代の考え方ではカビは実際に見えない部分にも菌糸を張り繁殖しようとしています。
  • 餅の表面のカビを取り除いても目で確認できない部分にはカビが繁殖している恐れがあるので、カビが1度でも繁殖してしまったお餅は食べないようにしましょう。

餅の保存方法

餅と稲

餅に生えてしまったカビの取り方の前に、餅にカビが生えないようにするためには正しい保存方法で保存しましょう。

ここでは各保存方法で餅を保存するときのコツを紹介します。

常温保存

真空パックに入っていて未開封の状態でしたら常温保存をすることができますが、常温でも湿度や温度が高くなるキッチンやリビングの近くに置いて保存するのではなく、湿度が低く乾燥している場所で保存しておくことが餅にカビを生えさせないためのコツになります。

そのような場所で保存していてもカビが生えてくることがあるので、餅を保存していることを忘れて放置してしまわないようにしましょう。

冷凍保存

個別包装になっていない空気に触れる状態の餅の保存方法でおすすめの方法は冷凍保存になります。餅を1つずつラップで包んでから冷凍しましょう。

餅が凍結することによってカビが発生しない温度になるので、カビが発生することが無くなるため保存していても安心できます。

カビ以外にも乾燥を防ぐこともできる上電子レンジで1分弱で解凍することができるので便利です。煮込む場合には冷凍のまま鍋に入れて調理することもできます。

但し、冷蔵庫の冷凍庫のスペースは餅をたくさん入れてしまうと他のものを入れることができなくなってしまうため、大量に保存することはできません。

また冷凍庫の開け閉めを頻繁に行ってしまうと餅に霜がつき劣化してしまうこともあります。餅をおいしく食べるためには保存期間は1カ月程度にしましょう。

《 ポイント 》

  • 餅は個別包装になっている場合は常温で保存することができますが、常温でも温度や湿度が高くなってしまう場所では保存しないようにしましょう
  • 餅が別包装になっていない場合はラップで1つずつ包んでから冷凍庫で冷凍保存しましょう。

餅にカビが生えないようにする裏ワザ

おろしわさび

餅に生えてしまったカビの取り方以外に、インターネット上には餅にカビが生えないようにする裏ワザも存在しているようなので何点か紹介します。

わさび

わさびには殺菌作用がありカビが生えにくくなるので、餅を保存する場合に餅を保存容器に入れたら、お弁当のおかず用のカップにわさびを入れて餅に触れないように注意して餅の保存容器に入れて保存しましょう。

アルコール

餅を保存する前に焼酎などのアルコール度数の高いものを全体にスプレーしておくと餅にカビが生えにくくなります。これはアルコール除菌スプレーと同じ効果でカビ菌を除菌することができるというものです。

消毒用のものですと害はありませんが気分的にあまり良くないので、アルコール度数の高い飲料であるお酒を全体にスプレーするという方法で除菌します。

アルコールは揮発性が高いので保存中に蒸発するためアルコールがダメという方も安心して使用することができます。

使い捨てカイロ

保存容器のふたに使い捨てカイロを貼って保存するとカビが生えにくくなります。

これは使い捨てカイロの中に入っている鉄分が脱酸素剤の役割をしてくれるので、保存容器である密閉容器の中の空気を少なくしてくれる為、カビが生えにくくなります。

《 ポイント 》

  • 餅にカビが生えないようにする裏ワザは、保存容器に入れるときにわさびを一緒に入れたり、アルコール度数の高いお酒をスプレーして除菌したり保存容器のふたに使い捨てカイロを貼って保存すると脱酸素剤の役割をしてくれるので、密閉容器の中の空気を少なくしてくれるのでカビが生えにくくなります。

最後に

2種の餅

今回は餅にカビが生えてしまった場合の取り方とカビを取り除いたら食べることができるのかという観点から、餅に生えてしまうカビに関して詳しく紹介しました。

結論を言えばカビが生えてしまった餅は食べても大丈夫なカビか判断することは専門家でも困難なので食べずに処分しましょう。

餅に生えてしまったカビの取り方や餅にカビを生えにくくするための保存方法やカビが生えにくくするための裏ワザも紹介したので実践して餅にカビが生えないように試してみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
餅に生えたカビ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる