生活の知恵

毎日の暮らしが豊かになる、ちょっとした工夫やアイディ。そんな「生活の知恵」を取り入れるだけで、家事が楽しくなったり便利になるでしょう。日常のなかで、すぐに実践できるおすすめの裏ワザをご紹介しています。

「生活の知恵」の記事一覧

加湿器をつけっぱなしにしても大丈夫?デメリットや注意点、正しい使い方を解説

冬の乾燥を撃退してくれる加湿器。感染症なども流行りやすい時期だからこそ、手放せませんよね。加湿器と一口に言っても、いくつかの種類が販売されています。今回は、加湿器の特徴をそれぞれのタイプ別に解説。加湿器を使うメリットやデメリットと併せて、正しい使い方も紹介しています。部屋にあった加湿器を使い、上手に湿度を保ちましょう。

夜に靴をおろすのがいけないと言われている理由とは?

夜に靴をおろすのはいけないと親から子へ昔から言われているのですが、なぜそう言われているのか理由までご存じですか?今回は夜に靴をおろすということの意味と夜に靴をおろすのがいけないと言われている理由や現代では夜に靴をおろすのが良い場合もあるということと、夜に靴をおろすときのおまじないを紹介します。

ハンバーグのタネがゆるい!失敗の原因は?対処法や上手に作るコツを解説

タネがゆるいハンバーグになって困ったことはありませんか?人気定番メニューのハンバーグを美味しく作るにはちょっとした「コツ」があるんです。タネのゆるいハンバーグをこのまま焼いていいものかどうか悩む前に、まずは失敗の原因は何か?タネがゆるいハンバーグを防ぐ、対処法や上手に作るコツをわかりやすく解説してありますので、ふっくらジューシーに仕上げるタネ作りに挑戦してみましょう!

ゴキブリが出やすくなる『NGな生活習慣』6選

なぜかわからないけれど、頻繁に家の中でゴキブリを目にする…とお悩みの方はいませんか。居心地まで悪くなってしまうゴキブリの影ですが、もしかすると、普段の生活習慣に原因があるのかもしれません。今回は、ゴキブリが出やすくなるNGな生活習慣を解説します!

年越しそばはいつ食べるのが正しい?時間や食べ方に決まりはある?

年越しそばは一年最後の大事な風習のひとつですが、いつ食べるのが正しいのでしょうか? 日本では大晦日に年越しそばを食べるという、歴史のある文化が受け継がれていますが、改めて聞かれると的確に答えられない方が多いのではないでしょうか。今回は、1年を締めくくる年越しそばの由来、そして言い伝えられているご利益、年越しそばは、いつ食べるのが正しい時間なのかについてお答えします。

クッションファンデーションがよれる理由と崩れないコツ!

ツヤ肌メイクに欠かせないクッションファンデーションですが、よれるのにはいくつかの理由があります。クッションファンデーションとは、リキッドファンデーションをスポンジ状のクッションにコンパクトに収められたものですが、崩れやすいという声があるようです。この記事を参考に崩れないコツを把握して、よれるのを防止すれば1日中、きれいなつや肌をキープしてみませんか!

ベーキングパウダーを入れすぎた時の対処法!お菓子が不味くなる理由と防ぎ方を解説

ベーキングパウダーをうっかり入れすぎてしまった時、みなさんはどうしていますか?ケーキを膨らませる時など、お菓子作りには欠かせないベーキングパウダーですが、入れすぎると膨らまないどころか独特の苦みで味まで不味くなってしまいます。今回はなぜそうなってしまうのか、その理由と防ぎ方などの対処法について解説してみました。

泡風呂の作り方3選!自宅でも簡単に楽しむコツやメリットとは

リッチな気分が楽しめる泡風呂の作り方を3つ紹介します!特別な準備をする必要はありません。家にあるもので簡単にふわふわの泡が作れるんです。保湿効果のあるきめ細かい泡に包まれる気持ちよい泡風呂は、疲労回復やリラックス効果も期待できる・・・視覚的な楽しさだけではない泡風呂の作り方やメリットと、自宅で簡単に泡風呂を楽しむコツを調べてみました。

ゆず湯がピリピリする原因と対処法!ピリピリしないためのコツとは

冬至の日にゆず湯に入るご家庭は多いと思いますが、ゆず湯に入っていると身体がピリピリしてきて痛かゆくなるといった経験をしたことはありませんか?今回はゆず湯に入って体がピリピリしてしまう原因とピリピリしないようにする方法やピリピリしたときの対処方法やゆず湯の効果や注意点について詳しく紹介します。

口閉じテープの代用にマスキングテープが使える?口呼吸を改善する方法

口閉じテープの代用にはマスキングテープがお得です。口閉じテープは口呼吸を改善して自然に鼻呼吸ができるようにするためのテープですが、市販品を購入すると費用面の負担が大きくなってしまいます。マスキングテープなら100均でも購入できます。今回は口呼吸の影響と口閉じテープの効果やマスキングテープの代用について紹介します。

汗が目立たない色と素材の服を選ぶコツ!避けたい目立つ色も紹介

季節に関係なく気になる脇汗も目立たない色の服の選び方があります。スポーツや運動をするときにも汗が目立たない色の服を着ていれば、たっぷり汗をかいてしまっても周りに不快感を与えることなく安心して過ごせます。また、汗を目立たないようにしたいときは、汗が目立たない色だけではなく、素材にも注目してみましょう。また、汗が目立ってしまいやすい服の色についてもご紹介しますので、ぜひ汗が目立たない色の服の選び方と合わせてご参考ください。

感熱紙の文字が消える理由と対策!消えた文字は復活できる?

感熱紙の文字が消えるという経験をしたことがある方はいませんか?感熱紙とは主にレシートで使用されている紙で、レシートは所得税法で定められている経費の支出を証明する大切な書類となります。今回は感熱紙の文字が消える理由から消えた文字を復活させることはできるのか、文字が消えないようにする対策を紹介します。

ホテルの乾燥対策8選!置いてある物や持ち物で湿度を上げる方法

ホテルの部屋は乾燥しやすく対策が必要です。加湿器を置いてあるホテルもありますが、ないことも多いですよね。ホテルにある物を使って部屋の湿度を上げる方法、ご自身の持ち物を使って部屋の湿度を上げる方法をご紹介します。乾燥しやすいホテルの部屋では乾燥対策をせずに眠ってしまうと、翌朝に鼻や喉の粘膜が乾燥して痛んだり、風邪をひきやすくなります。乾燥は感染症にもかかりやすくしてしまいますので、乾燥対策をしっかりと行って休むようにしましょう。

レアチーズケーキが固まらない!原因と対処法からアレンジする方法まで

レシピ通りに作ってもレアチーズケーキが固まらないことがあります。原因と対処法、固まらなかったレアチーズケーキをアレンジして食べる方法をご紹介します。また、失敗しにくい簡単レアチーズケーキの作り方もご紹介しますので、ぜひご参考ください。レアチーズケーキが固まらない原因のほとんどは、ゼラチンの使い方にあります。ゼラチンを正しく溶かして使えば、もう二度と失敗しないはずです。

保冷剤の売り場は?すぐ買える場所と凍った状態で売ってる店を紹介

保冷剤の売り場はどこ!?今すぐ保冷剤がほしいときに買える身近なお店はどこなのか、身近にあるのに保冷剤の取り扱いがない意外なお店の存在、どんな種類の保冷剤が売られているのか、必要に応じてどんな保冷剤を選んだら良いのか、欲しい種類の保冷剤が置いてある売り場はどこなのか、今すぐに保冷剤が必要なとき凍った保冷剤は売られているのか、ということについて詳しく解説します。

リビングの目隠しアイデア3選!DIYで安くオシャレに!

リビングが道路沿いにある、隣の家の窓と近距離など、何だか誰かに見られているようで、目隠しをしなければ落ち着いて寛げないですよね。100均やホームセンターで安く手に入れられるアイテムを使って、リビングの目隠しをオシャレにDIYできるアイデアをご提案します。特別な工具は必要ありません。初心者にも簡単です。リビングの室内にも室外にも目隠しを作ることができます。

展示品の冷蔵庫は買っても大丈夫?メリット・デメリットや購入前の注意点を解説

展示品の冷蔵庫は基本的には買って大丈夫です。展示品の冷蔵庫を買うときのメリットとデメリットについて詳しく解説します。デメリットの中には“私は全く気にならないけどな…”というものもあります。展示品の冷蔵庫を買う前に注意してチェックしたい項目についてもご紹介しますのでぜひお役立てください。

冷蔵庫の選び方!容量やサイズ・使用用途などの選定条件やおすすめ機種の紹介まで

冷蔵庫の選び方は、人数に合った容量で選ぶ、ライフスタイルに合ったデザインで選ぶ、機能性で選ぶ、メーカーで選ぶなどの方法があります。冷蔵庫を設置するためのスペース、主に使用する人の身長や使いやすさ、放熱スペースを確保できるかなども選び方の重要なポイントです。各メーカーの冷蔵庫の特徴や機能性など解説しますので、選び方に迷ったらぜひご参考ください。

湯たんぽの効果と使い方!温めるべき体の部位・おすすめ商品

小さい頃に湯たんぽを使ったことがあるけど、今はもう使っていない...という方は多いのではないでしょうか。夜眠るときだけでなく、日中も湯たんぽを使うことで、肩こりや冷え性の改善など体にうれしい効果がたくさんあります。この記事では、湯たんぽの効果や体の不調に対する使い方などについて、詳しく解説します。おすすめの湯たんぽも紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

身長を低くする方法はある?実際より低く見せるコツとは

身長を低くする方法はある?身長を高くする方法を調べるということは見かけることがありますが、その逆の身長を低くする方法はあまり見かけませんよね?平均身長よりも高い場合、目立ってしまうことがつらいと感じている人も存在しています。今回は身長を低くする方法と実際より低く見せるコツを紹介します。