その他の知恵

傘の撥水効果を復活させる方法や、縮んだセーターを戻す方法など、いつかは役に立つかもしれないという情報も、覚えておくといざという時に便利ですね。困った時の対処法など、生活の中で活かせる便利な知恵をご紹介しています。

「その他の知恵」の記事一覧

水筒に牛乳を入れてはダメな理由!持ち運びたい時の対処法はある?

水筒に牛乳を入れてはいけないと言われています。水筒メーカーの取扱説明書にもそのように記載されているのですが、では水筒に牛乳を入れてはダメな理由とはいったい何でしょうか?どうしても牛乳を持ち運びたい場合は、どうしたら良いのかその対処法についても調べてみました。水筒に牛乳を入れて職場や出先で飲みたいのであれば、この記事を参考に注意点を守りながら自己責任でおこないましょう。

電話帳検索で個人宅の番号を調べられない時の3つの対処法とは

電話帳検索で個人宅の番号を調べたいと考えた場合には、どうするのが良いかわかりますか?昔は電話帳やハローページを見れば個人宅まで電話番号が掲載されていましたが、現在では個人宅の電話番号は掲載されていないので確認できません。今回は電話番号が知りたい個人宅の電話番号を調べる方法を詳しく紹介します。

冷凍庫で氷ができる時間の目安!早く作る裏ワザやコツはあるの?

冷蔵庫の冷凍庫内で氷を作る時にどれくらいの時間が必要なのかわかりますか?夏の暑い時期などでは急な来客時で氷が無いという経験がある方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は冷蔵庫で氷をつくるときに必要な時間と氷がなかなかできない場合の原因や対処方法や自宅の冷蔵庫の冷凍庫内で早い時間で氷を作る裏ワザを紹介します。

ココアをお湯だけで美味しく飲む方法とおすすめココア5選!

ココアをお湯だけで美味しく飲むことはできるのでしょうか?ココアは牛乳で作るものと思い込んでいる方の固定観念が覆ってしまいますが、お湯だけの方がカカオの風味がいっそう引き立つんです。濃厚な甘さや牛乳が苦手な方、忙しい人におすすめの「お湯だけココア」を美味しく飲む方法と牛乳以外で飲む場合につて、そしておすすめのココアを紹介しますので、今の季節、体を中から温めてみませんか!

スライムの保存方法!使用期限はどの位?固まった時の対処法と捨て方

プニョプニョ感が気持ちいいスライムの保存方法や使用期限について知っていますか?自由研究や子ども向けの理科実験としておすすめのスライムですが、今回はスライムの作り方だけでなく、長持ちさせる保存方法や小さく縮んで固くなってしまった時の対処法、そして遊び終わったスライムがいらなくなった時の処分方法も紹介しますのでぜひ、参考にしてみてくださいね。

スーパーが混む時間帯は平日と休日で違う!便利なアプリも活用しよう

スーパーが混む時間帯は何時くらいから何時くらいまでかわかりますか?このご時世人混みを避けて生活するためには日々のスーパーでの買い物の混む時間帯も考慮してできる限り密を避けなければなりません。今回は人混みを避けるためにスーパーが混む時間帯やスーパーが混む時間帯を調べる方法や混雑を避けるための対策について紹介します。

保険証のコピーはなぜ必要?必要になる場面や悪用のリスク、コピーのやり方などを紹介

保険証のコピーは本人確認書類として必要になることがあります。顔写真付きの運転免許証やマイナンバーカードを所持していない場合には、保険証のコピーを本人確認書類として提出することを求められることがあります。医療機関を受診する時など、保険証のコピーを保有することを拒否することができる場面もあります。どのような場面で必要になるのか、悪用されるリスク、コピーする方法など詳しく解説します。

クローゼットは開けっ放しにした方が良い?メリット・デメリット、注意点について

クローゼットを開けっ放しにすることにも閉めっぱなしにすることにもメリットがあり、暮らす環境やお部屋の状態によってはデメリットになることもあります。最近ではクローゼットもインテリアの一部として考え、扉を外して開けっ放しにする人が増えています。また、開ける・閉める・時々開けるなど様々なパターンで使用するようです。ご家庭の環境や状態に合わせて判断するのがベストです。

足が小さいと合う靴がない?!小さ目のサイズが見つかるショップ10選

足が小さいと合う靴が少なくて、靴選びがかなり大変ではないでしょうか?中敷きや詰め物などを試したところでフィット感は得られません。ですが、大人の女性であれば、ファッションに合わせて多くの靴を持っていたいもの。今回は足が小さい方の靴の選び方など基本的な知識から、小さ目のサイズが見つかるショップ10選を紹介しましょう!

豆まきの正しいやり方!後片付けをラクにするコツや注意点

豆まきの正しいやり方をご存じですか?豆まきは節分に昔から毎年行われている行事ですが、なぜ節分に豆まきをするのでしょう?今回は豆まきの正しいやり方や後片付けをラクにするコツや注意点から豆まきの由来に関して詳しく紹介します。次回の節分の豆まきをするときには参考にして正しい豆まきをして運気をあげましょう!

知らない番号からの着信はかけ直すべき?発信相手の調べ方、着信例とかけ直すリスク

知らない番号からの着信があった時、かけ直すべきかどうかは発信元を調べてから判断すると良いです。発信元によっては知らない番号からの着信でもかけ直すべき時があります。また、かけ直す必要がない時もありますし、決してかけ直すべきではない時もあります。発信元を調べる方法、かけ直すべきがを判断する方法などご参考いただけます。

松ぼっくりは正しい処理で虫対策が必要!やり方と注意点

拾ってきた松ぼっくりはそのまま使うのではなく下処理をする必要があることをご存知ですか?松ぼっくりには雑菌や虫がついている可能性があります。見た目は何も無いように見えても、卵がついていたために虫が発生することがありますので注意が必要です。松ぼっくりを工作で使う前にする下処理の方法を4つ紹介しますので参考にしてくださいね。

爪きりの研ぎ方!切れ味が落ちた時に復活させる方法

爪切りの研ぎ方を知っていますか?爪切りの切れ味が悪くなってしまったときは、もう寿命かと考えてしまうこともあるかも知れませんが、爪切りの刃は身近なもので研ぐことができます。寿命かな?と思って爪切りを処分してしまう前にちょっと試してみてください。今回は身近なものでできる爪切りの研ぎ方を詳しく紹介します。

香水の匂いを消す方法!こぼした時や拭いても取れない時の対処法

香水の匂いを早急に消したいと思ったことはありませんか?自分らしさを表現するのに欠かせないアイテムのひとつである香水ですが、誤ってこぼしてしまったり、つけすぎてしまった時の強烈な香りに焦った経験は何度かあるものです。今回は香水の匂いを消す方法、そしてこぼした時や拭いても取れない時の対処法について詳しく解説していきます。

加湿器をつけっぱなしにしても大丈夫?デメリットや注意点、正しい使い方を解説

冬の乾燥を撃退してくれる加湿器。感染症なども流行りやすい時期だからこそ、手放せませんよね。加湿器と一口に言っても、いくつかの種類が販売されています。今回は、加湿器の特徴をそれぞれのタイプ別に解説。加湿器を使うメリットやデメリットと併せて、正しい使い方も紹介しています。部屋にあった加湿器を使い、上手に湿度を保ちましょう。

夜に靴をおろすのがいけないと言われている理由とは?

夜に靴をおろすのはいけないと親から子へ昔から言われているのですが、なぜそう言われているのか理由までご存じですか?今回は夜に靴をおろすということの意味と夜に靴をおろすのがいけないと言われている理由や現代では夜に靴をおろすのが良い場合もあるということと、夜に靴をおろすときのおまじないを紹介します。

年越しそばはいつ食べるのが正しい?時間や食べ方に決まりはある?

年越しそばは一年最後の大事な風習のひとつですが、いつ食べるのが正しいのでしょうか? 日本では大晦日に年越しそばを食べるという、歴史のある文化が受け継がれていますが、改めて聞かれると的確に答えられない方が多いのではないでしょうか。今回は、1年を締めくくる年越しそばの由来、そして言い伝えられているご利益、年越しそばは、いつ食べるのが正しい時間なのかについてお答えします。

クッションファンデーションがよれる理由と崩れないコツ!

ツヤ肌メイクに欠かせないクッションファンデーションですが、よれるのにはいくつかの理由があります。クッションファンデーションとは、リキッドファンデーションをスポンジ状のクッションにコンパクトに収められたものですが、崩れやすいという声があるようです。この記事を参考に崩れないコツを把握して、よれるのを防止すれば1日中、きれいなつや肌をキープしてみませんか!

感熱紙の文字が消える理由と対策!消えた文字は復活できる?

感熱紙の文字が消えるという経験をしたことがある方はいませんか?感熱紙とは主にレシートで使用されている紙で、レシートは所得税法で定められている経費の支出を証明する大切な書類となります。今回は感熱紙の文字が消える理由から消えた文字を復活させることはできるのか、文字が消えないようにする対策を紹介します。

ホテルの乾燥対策8選!置いてある物や持ち物で湿度を上げる方法

ホテルの部屋は乾燥しやすく対策が必要です。加湿器を置いてあるホテルもありますが、ないことも多いですよね。ホテルにある物を使って部屋の湿度を上げる方法、ご自身の持ち物を使って部屋の湿度を上げる方法をご紹介します。乾燥しやすいホテルの部屋では乾燥対策をせずに眠ってしまうと、翌朝に鼻や喉の粘膜が乾燥して痛んだり、風邪をひきやすくなります。乾燥は感染症にもかかりやすくしてしまいますので、乾燥対策をしっかりと行って休むようにしましょう。

ページ 11234次ページ>>