節約(電気代)

「節約(電気代)」の記事一覧

ドライヤーの電気代ってどの位?節約しながら乾かすコツもご紹介

髪を乾かすために必需品のドライヤーは家族の人数が多ければその分使う時間も増えます。温風の風量はある程度あるため、短い時間の使用でも電気代はそこそこかかる気がしますよね。ドライヤーの電気代がどの位なのか、また、節約しながら髪を乾かすコツなどをご紹介します。

アイロンの電気代はどのくらい?節約できるアイロンがけの順番4ステップ

アイロンは高温に熱して使うため、家電の中でも消費電力の大きいものの一つです。アイロンの電気代はどのくらいかかるのか、電気代を節約するための時間短縮術やアイロンの選びかたをご紹介します。おすすめのアイロン3機種もご紹介するのでアイロン選びの参考にしてください。

サーキュレーターと扇風機の電気代に差はない?!節約する方法は?

サーキュレーターと扇風機は同じような見た目をしていますが、はっきりとした違いをご存じでしょうか?また、電気代にも違いがあるのか気になりますよね。サーキュレーターと扇風機の違いや電気代、節約する使い方などご紹介します。

ウォシュレットの電気代を節約する方法は?買い替えにおすすめの機種5選

ウォシュレットは暖房便座と洗浄機能がついていますが、電気代がけっこうかかるということをご存知でしょうか。ウォシュレットの電気代は節電機能の有無や、使用の仕方によっても変わってきます。ここではウォシュレットの節電方法とおすすめの商品についてご紹介します。

LED照明は電気代がお得!LED電球の特徴や他の電球との比較

電球が切れたタイミングでLED電球に交換してみようかな...と考える方も多いのではないでしょうか。しかしLEDを使った商品は値段が高いので、少し躊躇してしまいますよね。LED電球は寿命が長く消費電力が少ないので、総合的にみるとかなりお得です。LEDの照明に換えるメリットについて、ほかの電球との比較を交えてじっくり解説していきたいと思います。

石油ファンヒーターの電気代は月々何円?エアコンなどの暖房器具との比較から節約方法まで

暖房器具の中でも、灯油を使う石油ファンヒーターは短い時間ですぐに暖められるので人気があります。石油を使いますが安全性も高く、他の暖房器具と比べて暖めるのが早いことが魅力です。石油ファンヒーターは灯油のほかに電気も使うため電気代が別にかかりますが、月々の電気代はいくら位なのでしょうか。他の暖房器具との比較や、節約方法までをご紹介します。

電気代の一般家庭の平均はいくら?節約するポイントとは?

「我が家は他の家庭と比べて電気代は高いのだろうか?」と気になることはありませんか。本記事では、総務省統計局のデータから、世帯人数別に電気代の平均を算出しました。また、電気代の節約方法についても解説しています。電気代の平均を学んで、ご家庭の電気使用状況や電気代節約の可否などについて考えてみましょう。

電気代の節約!すぐ実践できる効果のある節約の方法

電気代を節約しよう!とはりきってみたものの、いざとなるとどうやって電気代を節約すればいいのか悩んでしまいますよね。そこで日々の暮らしになくてはならない電気製品を上手に使って、電気料金を節約することから実践してみましょう。毎月の電気代を節約するための方法をこれからお知らせしていきますので、身近で気軽にできることから始めてみませんか。

電気ケトルの電気代は月いくら?ポットとの比較と安くする節約術

一人暮らしにお湯ポッドは手持ちぶさた。しかし、コンロでお湯を沸かすのは面倒くさい…。そんな時に便利なのが「電気ケトル」です!でも、本当に何千円もする電気ケトルを買うメリットがあるのでしょうか?できることはお湯を沸かす事だけ。それなら保温ができる電気ポットか火力の強いコンロかIHの方が性能はいいんじゃないんでしょうか?しかし、電気ケトルならではのメリットもあります。その理由は「電気代」です。そこで今回は、メーカー別電気ケトルと他の湯沸かし器を使った月々の電気代を紹介します。すでに電気ケトルを持っている人のために、電気ケトルでさらに節約する方法も見ていきましょう!

電気代が高い原因6つ!家電別の料金から安くする節約対策まで

毎月なんとなく電気代をチェックしていると、「あれ...電気代ってこんなに高かったっけ?」と思う時ってありますよね。心当たりがない場合は、ちょっと不安になるかと思います。しかし、電気代についての基礎知識があれば、急に電気代が高くなったとしても、そこまであせらずに済むでしょう。今回は、電気代が高くなる原因と家電別の電気代の相場、電気代の節約術について、詳しく解説します。

光熱費の平均はどの位?世帯別相場と節約方法

主婦であれば少しでも無駄のない家計を実現したいものですよね。自分の家の光熱費が平均的であるかどうかも気になるところです。電気、ガス、水道の光熱費は季節や地域によっても差は出ますが、おおよその平均相場を覚えておきましょう。効果的な節約方法もご紹介しますので参考にしてみて下さい。

エアコンの冷房の電気代とつけっぱなしで節電する使い方

暑い夏にかかせないものと言えばエアコンの冷房です。猛暑の日には一日中つけっぱなしにする人もいるのではないでしょうか?そんなエアコンの冷房ですが気になるのはやはりその電気代でしょう。実は、エアコンはつけっぱなしの方が、電気代が安くなることがあると言われています。ここではエアコンをつけっぱなしにして節電をすることができる方法を紹介します。

効果的な節電方法と節約術!電気代をおさえる家電の使い方

季節によって変動しますが月々の電気代は、快適に過ごしながら少しでも節約をしたいものですよね。少し設定を変えるだけで、電気代が抑えられることもあります。効果的な切電方法や、電気代をおさえるための家電の設定、使い方などをご紹介します。

浴室乾燥機の電気代が高い理由と効果的な節約方法!

梅雨の時期、曇りや雨の日が続くと、なかなか洗濯物が乾かず苦労しますよね。そんなときに便利な浴室乾燥機は、実際どれくらいの電気代がかかっているのでしょうか?実は浴室乾燥機は、洗濯乾燥機と比較しても電気代が高くなります。高くなる理由と、電気代をできるだけ抑えるにはどうすれば良いか、具体的な方法を紹介します。

蛍光灯の電気代はつけっぱなしがお得!LEDと料金の比較

「アッ!外に出るときに家の電気をつけっぱなしだ!」そんな事ってよくありませんか?家の電気をつけっぱなしにしたせいで、電気代が沢山かかったらどうしよう…。まだ家の電球はLEDじゃなくて蛍光灯だし…。そもそも蛍光灯とLEDってどっちが電気代がお得なの?今回は蛍光灯とLEDの違い、蛍光灯のつけっぱなしは果たして得なのか?についてお話しします。

IHクッキングヒーターの電気代は月いくらかかる?ガスコンロとの比較と節約方法

オール電化の人気に伴い、IHクッキングヒーターに注目する人も多くなりました。ガスコンロを使うのに比べて光熱費がどれだけ負担になるのかが気にかかってしまい、IHクッキングヒーターを使うのをためらってしまう人も多いでしょう。IHクッキングヒーターの電気代はどのくらいになるのでしょうか。節約の仕方も含めて詳しく理解しておきましょう。

光熱費の節約術15選!今すぐできる簡単な方法や大きく削減するコツ

家計を改善する場合にポイントとなるのはいかにして固定費を抑えるかということです。近年ではオール家電の住宅が普及しており、ガスに代わって電気を使って料理をすることも増えていますので、固定費の中でもいかにして光熱費を押さえるかがコスト削減のコツと言えるでしょう。そこで、以下ではデータを基にして光熱費を削減するための方法を紹介していくこととします。

食洗機の電気代はいくらかかる?手洗いとの比較から節約方法まで

食洗機で食器を洗う際の電気代、気になりますよね。いくら便利で楽でも、後から光熱費や水道代の請求額をチェックしてみて愕然…なんてことになると、食洗機の導入を躊躇してしまいます。ですが、場合によっては、年間の光熱費のコストが節約できて、安くなることもあるんです!この記事を読んで食器洗いを手洗いから食洗機へ変えてみることをご検討するのも良いかもしれません。

家庭用冷凍庫の電気代を計算してみた!メーカー別比較とおすすめ8選

宅配便で、冷凍食品をそのままの温度で届けられるようになったことを受け、通販で冷凍食品を購入する人達が増えています。また、冷凍食品の品質も向上しており、家庭内での冷凍食品の消費も増える一方です。このため、専用の冷凍庫を購入する家庭も増加していますが、気になるのは冷凍庫の電気代です。では電気代の安い冷凍庫とは、どのような冷凍庫なのでしょうか。

床暖房の電気代はいくらかかる?エアコンとの比較から節約法まで

寒い冬を快適に過ごす上で欠かせないのが暖房器具ですが、中でも床暖房は特に冷えがちな足元を暖めてくれるため、設置を検討している方も少なくないでしょう。しかし、気になるのは電気代やメンテナンス費用などのランニングコストではないでしょうか。ここでは、床暖房の電気代をはじめ、エアコンとの比較や節約方法について紹介します。

ページ 112次ページ