お見舞いのマナー

「お見舞いのマナー」の記事一覧

暑中見舞いの書き方を解説。知っておきたい基礎知識4つと例文5つ

夏の暑い時期に友人や知人から届く暑中見舞い。そのはがきをみると相手の心遣いを嬉しく感じたり、年賀状同様に「くじ」を楽しみにしている人もいるでしょう。今回はそんな暑中見舞いを送る時期や書き方などのマナーや、基礎知識として知っておきたいことを解説していきます。

定番のお見舞い品11選!喜ばれるもの・NGなものの特徴は?

知人や友人が入院して、「お見舞いに行きたいけれど何を持参すればよいのかわからない」と悩んでいる方も多いでしょう。せっかくなら、相手に喜ばれるものを選びたいものです。この記事では喜ばれるお見舞いの品について特集しているので、ぜひご覧ください。

入院お見舞に使うのし袋の種類とマナー!

入院のお見舞いに使うのし袋にはいろんな種類があって迷ってしまいます。お見舞金は相手の病気の回復を願って渡すものなので、それなりのマナーがあります。なので、お見舞いののし袋の選び方や封筒の正しい書き方、入れる金額など、正確に押さえておく必要があります。ここでは新札と旧札のどちらが相応しいのか、お札の入れ方なども含め、わかりやすくお伝えしていきましょう。

お見舞い手土産の選び方とマナー!おすすめのアイテム

誰でも友人や知人が入院してしまった場合は、お見舞いに行きたい気持ちになると思います。病気で入院した場合には無神経に細かいことに気を使わずお見舞いに行ってしまうと迷惑を掛けてしまうこともあります。そこで今回はお見舞いに持参する手土産を選ぶときに気をつけなければいけないマナーと手土産におすすめのアイテムを紹介します。

お見舞い金額の相場、渡すタイミングやマナーとは

病院へお見舞いに訪問する際、本来であれば相手に必要な品物を贈るのが望ましいですが、何が良いかわからないときお見舞金を贈ります。お見舞金の金額は相手との関係性や親交の深さによっても変わってきます。また、マナーや注意点もありますので失礼にあたることが無いようお見舞金の相場や渡し方について確認をしておきましょう。

お見舞いのお返しに贈るべきおすすめ8品!お見舞い返しのNG品は?

入院中にお見舞いを受けたりお見舞いの品をいただいた場合には、退院後にお返しをする必要があります。そこでこの記事では、お見舞いのお返しとしておすすめの品や贈り方のマナーについて解説しているので、お見舞いのお返しをする際にぜひご参考ください。

入院中のお見舞いで気を付けること!守るべきマナーやタイミング

「会社の同僚の○○さんが事故で入院した!」「友達が明日手術を受ける!」ある日突然、そんな連絡があったら、あなたは慌てずに行動できますか?何よりも「すぐにお見舞いに行かなきゃ!」と思ったのではないでしょうか?しかし、早く顔を出すだけが思いやりではありません。まずは、しっかりと準備を整え、守るべきマナーと赴くタイミングなどを、今一度おさらいしましょう!

暑中見舞いの返信の書き方マナー!送る時期や文例、書くコツまで

お中元やお盆に帰省して墓参り、夏は意外とやることがたくさんありますよね。もう一つ忘れてはいけないのが「暑中見舞い」です。最近ではあまり書く人も減ってきたかもしれませんが、突然上司や昔の恩師から暑中見舞いが届いて「はっ!返さなきゃマズイ!」と慌てている人も多いのではないでしょうか?しかし「暑中見舞いは何をどう書けばいいのかわからない…」「そもそも暑中見舞いに返事のルールとかあるの?」という人達のために、暑中見舞いの返信方法・マナー・注意点と例文を紹介します!

見舞金の封筒の選び方とマナー

知り合いや取引先の人などが怪我や病気で入院した際、見舞金を用意しなければならないという時があります。しかし、見舞金を渡す時にどのような封筒を選んだら良いのか、または封筒の書き方などがわからないという人も多いのではないでしょうか。そんな人でも安心な、見舞金の封筒の選び方やマナーなどについて紹介していきます。

入院のお見舞いのマナーとルール!するべき事としてはいけない事

入院された方をお見舞するタイミングがわからず悩んでいませんか?実は入院された方をお見舞いする際に守らなければならないマナーやルールがあります。病気やケガで苦しんでいる方に不快な思いや負担をかけないためにも、入院のお見舞のマナーやルール、お見舞金額、おすすめのお見舞の品などをご紹介したいと思います。