のし袋のマナー

「のし袋のマナー」の記事一覧

熨斗袋の種類と選び方!正しい書き方とマナー!

熨斗袋には種類がありますので、使う時には正しい書き方や使い方をするのがマナーです。選ぶ熨斗袋にもマナーがあり中袋の書き方にも正しい書き方があります。知っているようで曖昧な人も多いと思いますので、熨斗袋の正しい書き方とマナーを確認しておきましょう。

水引の正しい向きとマナー!知らないと失礼になる注意点

冠婚葬祭やあらゆる行事で使用される、「水引のついた祝儀袋・不祝儀袋」。水引の向きによって意味が異なるということはご存知ですか?下に向かっているタイプの水引、上を向いているタイプの水引、また色の組み合わせもあって、どんな場面に使うのが良いのか迷ってしまいます。もし間違えてミスマッチな水引を選んでしまってマナー違反をしてしまったら大変です。そこで今回は、知らないと損する水引の向きの意味や基本マナー、種類や色による用途の違いをご紹介します。

袱紗(ふくさ)の包み方と渡し方まとめ!結婚式と葬儀のマナー

慶弔行事において金品を贈る際に祝儀袋あるいは不祝儀袋に入っているとはいえ、そのまま渡すというのはマナー違反とされています。それらを包むために袱紗が存在します。そして、袱紗は慶弔によって包み方が異なります。では、袱紗の正しい使用方法やマナーについてはご存知でしょうか。この記事では、包み方と渡し方を慶弔それぞれに分けてご紹介します。

寸志の書き方や相場、渡し方と知っておきたい大人のマナー

お世話になった方への御礼や感謝の気持ちを、金銭や品物でお返しする寸志。今回は、この寸時をお渡しする際の、封筒への書き方や、渡し方、金額などの相場、マナーについて改めて考えていきたいと思います。イザというときに、恥ずかしい思いをしないよう、基本的なことを確認していきたいと思います。

餞別を贈るときののし選びと書き方!知っておきたい大人のマナー

餞別を贈る際のマナーをご存知でしょうか?餞別は現金を贈ることが一般的ですが、餞別をのし袋に入れて贈る場合は、紅白の蝶結びの水引きがついたのし袋を使用します。もしのし袋なければ、餞別の場合は白い封筒でも大丈夫です。のし袋の書き方や金額は、贈る目的や贈る方との関係などで異なります。今回は餞別ののしや餞別を贈るときのマナーなどをご紹介したいと思います。

のし袋の種類と用途!いまさら聞けない使い分け

のし袋は種類によって何に使うか違いがあるのを知っていますか?のし袋の使い分けは社会人の基本的なマナーと言えますが、実際は誰かに教わるという話ではありません。購入しにお店に行ってもたくさんの種類があるので「どれを買えば良かったのかな?」と迷ってしまうかもしれません。そこで今回は今さら人には聞けない、たくさんあるのし袋の種類と用途をわかりやすく紹介します。