学習机の処分方法、段取りから費用と手間をご案内

お子さんが勉強をするために利用してきた学習机が、成長によって使われなくなっているご家庭も多いのではないでしょうか。思い入れがあって手放しにくいものではありますが、場所をとるために処分する必要が出てきます。大きい物なので処分も大変で放置してしまいがちですが、必要なければ手放して生活スペースを確保しましょう。そのための方法についてチェックしていきます。

学習机の処分方法

粗大ごみと机

粗大ごみとして処分する

長期間利用してきていて、傷みや汚れが激しいものについては引き取り手もなく、ゴミとして処分せざるを得ないということが多いものです。そのような場合には自治体などのごみ回収を利用する必要があります。

ごみ回収をうたって訪問する業者も出てきていますが、無料と言っていたのにあとから処分費用を請求されたり、不法投棄に繋がったりというトラブルも多いので利用しないほうが無難です。どうしても業者に依頼したいという場合には、近隣での評判などを聞いたうえで信頼できるところにお願いしましょう。

また自治体によって回収方法は異なりますが、多くは予約が必須となっています。無料で回収できるところもありますし、数千円程度の費用が必要なところもあります。決まった場所まで運搬する必要が出てくることもあるので、人手が必要になる点に注意しておきましょう。

リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップ

学習机はニーズもある物ですから、綺麗な状態の物ならリサイクルショップで買取してもらうという事も可能になります。基本的に処分するとなると費用が掛かってしまうことになりますが、買取してもらうことが出来れば収入が得られることになるのです。

もちろん長期間使っていて劣化していることも多いですし、形も古いタイプになってしまうのでそれほど高額にはなりません。しかし、処分費用が掛からないという事を考えると大きなプラスとなると考えられます。

見た目などに問題があると買取されないこともあります。そうならないよう査定される前にメンテナンスをしておくのが良いでしょう。落とせる汚れはきれいにしておき、シールなどが貼ってあったらはがしておくなどするのがおすすめです。

また、学習机は大きいので、大きなものを運べるトラックなどを持っていないと運ぶことが難しくなります。そのような場合は出張買い取りに対応しているリサイクルショップを選びましょう。運搬もお任せできるので、手軽に済ませることが出来るようになります。

欲しい人に譲る、フリマやオークションに出す

勉強机を使う子ども

近くに学習机を買い取ってくれるところがないという場合には、欲しい人に譲るという方法があります。近所や親類の方で学習机を必要としているところがあればお譲りするのも良いでしょう。

最近はネットを利用したオークションやフリーマーケットなども多く利用されています。取りに来てもらうことが出来れば気軽に処分できるのでぜひこうした方法も検討してみましょう。

しかし、無料とは言え余りにも状態が悪いものではなかなか引き取り手も見つかりにくいものです。汚れをきちんと落としておくなど、気持ちよく使ってもらえるような配慮はしておきましょう。

また、学習机は特に大きな家具となりますので、遠方に配送するとなるとかなりの運送費用が掛かることがあります。近所であっても運送方法を確保することは意外と大変です。その点を意識したうえでどのような渡し方をするか打ち合わせることが必要になります。

学習机の処分は計画的に進めることが大事

学習机のおもちゃ

ついつい使わなくてもそのままにしてしまいがちな学習机ですが、古くなり汚くなるほど処分の方法も少なくなってしまいます。できるだけ負担を少なくするために、計画的に処分を進めていきましょう。

高齢になってからの処分は運搬なども大変な苦労となりますから、なんとなく保管しておくのではなく使わなくなったらどうするかという事を考えておくことも必要となるでしょう。