ユニットバスの掃除の方法と簡単にできるキレイに保つ予防法

ユニットバスの掃除をちゃんとできていますか?ユニットバスは防水性や機密性が高いので油断をするとカビが発生してしまいます。お風呂は疲れを取って癒してくれるリラックス空間なのでいつでも清潔でキレイにしておきたいですよね?今回はユニットバスの掃除方法と注意点、キレイに保つためのコツを紹介します

ユニットバスの掃除の方法

風呂掃除 道具

ユニットバスは掃除する場所によって掃除の方法が変わります。ユニットバスの場所ごとに汚れのタイプと掃除の方法を紹介します。

ユニットバスの掃除で準備する物

  • お風呂用の中性洗剤
  • スポンジ
  • ブラシ
  • 乾いている雑巾
  • 重曹
  • クエン酸
  • ゴム手袋

換気とゴム手袋をはめて準備ができたらユニットバスの掃除を開始します。

浴槽

ユニットバスの浴槽は皮脂汚れや水垢汚れが一番付きやすい場所になります。毎日お風呂にお湯を溜める前にユニットバスの掃除をしているならば、お風呂用の中性洗剤をスポンジに含ませてこすり洗いをするだけで十分に汚れを落とすことができます。

但し、浴槽内の水面付近は皮脂汚れが付着しやすい場所になるので念入りにこすり洗いをして汚れを落としましょう。キレイになったらシャワーで浴槽内の泡をしっかり流せば完了です。毎日掃除をしていない場合は何度か繰り返してキレイにしましょう。

床は浴槽に続いて汚れが付きやすい場所です。放置してしまうと黄ばみやぬめりのほか、カビが発生する原因になってしまいます。浴槽の皮脂汚れや水垢汚れの他に石鹸カスの汚れも加わります。

浴槽の掃除と併せてこまめに掃除をしていればお風呂用の中性洗剤をスポンジに含ませてこすり洗いをするだけで十分に汚れを落とすことができます。こまめに掃除をしないで汚れが溜まってしまった場合にはそれぞれの汚れに対して適切な掃除をしないといけません。

お風呂用の中性洗剤で落とせない汚れは重曹とクエン酸を使用して掃除をします。「重曹2:クエン酸1」の割合で混ぜます。重曹とクエン酸を混ぜた作用で炭酸ガスが発生し汚れを浮かせるので、汚れ落ちがよくなります。

1回で落とせなくても何度か繰り返せばキレイにする事ができます。水はけ加工が施されている床の表面には細かい凹凸があるのでブラシを使って凹凸に合わせ動かしてキレイにしましょう。

壁・天井

壁や天井には水垢汚れや石鹸カスが付きやすい場所です。浴槽や床の掃除と同じようにお風呂用の中性洗剤を使用してこすり洗いをすれば汚れを落とすことができます。掃除をした後は乾いた雑巾で乾拭きをして水滴を拭き取りします。水滴が残っている状態のまま放置をしてしまうとカビが発生する原因になってしまいます。

蛇口

蛇口にうっすらと付いているうろこ状の汚れは水垢が原因の汚れです。水垢はアルカリ性の汚れですので、酸性のクエン酸水を作って掃除します。クエン酸水は水1/2カップにクエン酸小さじ1を混ぜるだけで簡単に作ることができ、酸性の洗剤を使用するよりも安全です。お酢を使用して掃除をしてもキレイにする事ができます。お風呂の鏡も同じ方法でキレイにできます。

排水口

排水口は石鹸カスや皮脂汚れ全て流れ込んでいく場所になるのでとても汚れやすい場所です。風呂上りに髪の毛などのごみを取り除いてお風呂用の中性洗剤を含ませたスポンジで洗うとキレイに保つことができます。排水口周辺はぬめりやカビが発生しやすい場所になるので毎日掃除をするように心掛けましょう。

上記以外に一人暮らし用のワンルームの住居のユニットバスの場合はシャワーカーテンとトイレが掃除をする場所に加わります。

ユニットバス トイレ側

シャワーカーテン

シャワーカーテンは残った水滴がカビを発生させる原因になってしまうので入浴後に、シャワーカーテンについた泡や汚れをシャワーで洗い流してタオルで水滴を拭き取りましょう。シャワーカーテンは素材によって洗濯機で洗濯できるものとできないものがあります。

洗濯機で洗濯できるものは洗濯表示に従って洗濯をします。洗濯できないものはお風呂用の中性洗剤をスポンジに含ませてこすり洗いをします。洗濯やこすり洗いで掃除をした後は、陰干しをしてしっかりに乾燥させましょう。

トイレ

トイレ一体型のユニットバスの掃除をする時はトイレも併せて掃除をしましょう。便器のフタ、便座、便器の中と外側をしっかりトイレ用の洗剤を使用して掃除をして通常のトイレでは使用ができないシャワーを使ってまとめて掃除のときの泡を流すことができるので簡単にトイレを掃除することができます。

トイレ一体型のユニットバスは、お風呂側からの湿気でトイレにもカビが発生しやすい状況になりますので、汚れが溜まりやすい細かい部分の便器と便座のつなぎ目や便器と床のつなぎ目などはしっかり掃除をして乾いた雑巾で水滴を拭き取りましょう。

ユニットバスの掃除で注意する点

ユニットバス 掃除

強くこすり過ぎない

ユニットバスは掃除がしやすいのですが、強くこすり過ぎてしまうと表面に傷が付いてしまい、汚れの原因になってしまうことがあります。力を入れすぎないように注意して掃除をしましょう。

高所部分の掃除の時

ユニットバスの掃除で天井や壁の天井付近は場所が高いので手を伸ばしても届かない場所も出てきてしまいます。椅子などを足場にして不安定な状態で無理な体勢をしてしまうと転倒の恐れがあり大変危険です。伸縮可能な柄のついたスポンジがある安全に掃除ができて便利なので利用しましょう。

エプロン部分の内側も忘れず掃除する

エプロン部分とは浴槽の側面に付いているフタのようなパネル状の部分です。ユニットバスの掃除の時はエプロン部分の表側は毎回の掃除でキレイにすると思いますが、内側の掃除はエプロン部分を外して掃除をする必要があり大変なので数ヶ月に1度の頻度で構わないので忘れずに掃除をしましょう。

エプロン部分の内側は湿気がこもってしまう場所でもあるのでカビが非常に繁殖しやすい環境になってしまいます。あまり汚れていない場合はお風呂用の中性洗剤でこすり洗いをすればキレイにできますが、カビが酷く繁殖している場合は塩素系の漂白剤を使用して掃除をしましょう。

カウンターの裏面も忘れずに掃除する

カウンターの表面は目に付く部分ですので忘れずに掃除はできていると思いますが、裏面の掃除は目に付かない場所なので忘れがちになってしまいます。裏面にはカウンターを固定するボルトがあったり、目が届きにくいので掃除がしっかりできていないことが多いので注意して掃除をしましょう。

ユニットバス

ユニットバスは少しの手間を掛けるだけで汚れを防止してキレイに保ち、掃除の手間も格段に減らすことができます。

ユニットバス全体に熱いお湯をかける

ユニットバスの入浴後は目で見てもわからない石鹸カスや皮脂汚れがユニットバス内に散乱しています。この汚れがだんだん蓄積されるとカビや水垢の原因となってしまいます。入浴後にシャワーで熱いお湯を浴室全体をかけることで石鹸カスや皮脂汚れを効果的に流すことができてカビの発生を抑えることができます。

ユニットバスの換気をし乾燥させる

ユニットバスの入浴後は窓を開け換気扇を回し換気をしてユニットバス内を乾燥させます。しっかり乾燥させることでカビの発生を抑えることができます。

排水口にゴミ取りネットを設置する

排水口にゴミ取りネットを設置すると溜まった髪の毛などのゴミの除去もネットを外して捨てるだけなので、排水口の網の部分にごみが絡まらずに済みユニットバスの掃除を簡単にすることができます。

物を床に触れないようにする

シャンプー、リンス、ボディーソープなどのボトルや洗顔料などの小物は、ユニットバスの床に直接置くのではなくシャワーラックなどを使って床に接地しないようにしましょう。床に直接置いてしまうと底の面に水滴が残りカビが発生しやすくなってしまいます。

出典:amazon.co.jp
山崎産業(Yamazaki Sangyo)
山崎産業 お風呂掃除 ブラシ 伸縮 ユニットバスボンくん 抗菌 ホワイト 174966
¥ 921(税込)
Amazonで見る
出典:amazon.co.jp
スリーエム(3M)
3M お風呂掃除 スポンジ 伸縮ロング スコッチブライト バスシャイン B-549
¥ 654(税込)
Amazonで見る

ユニットバスの掃除を業者に依頼する

ハウスクリーニング業者

ご自宅で誰でもできるユニットバスの掃除の方法と汚さないようにする方法を紹介してきましたが、仕事や他の家事が忙しくて手がまわらない、汚れが溜まってしまってユニットバスの掃除も大がかりになってしまう場合、高い天井の掃除が届かないので無理という場合は、ハウスクリーニング業者に依頼しましょう。

費用は掛かってしまいますが、汚れの種類や場所に合わせて機材や洗剤を使い分けて、汚れを徹底的に洗浄しユニットバス内をキレイにしてくれます。業者に依頼をするときはWEBサイトで口コミや料金を調べて納得ができる業者を選んで依頼しましょう。

まとめ

キレイなユニットバス

ユニットバスの掃除の方法と簡単にできる浴室内をキレイに保つ予防の方法を紹介しました。お風呂は日々の疲れを癒してくれるリラックスできる場所なので、汚れやカビを溜め込まずに清潔に保ってキレイに使いましょう!

ユニットバス