お風呂掃除の頻度はどのくらい?効果的な掃除方法から予防対策まで

毎日使うお風呂場は汚れやすい箇所の1つです。しかし共働き家庭などでは家事にあまり時間を割けず、毎日お風呂掃除をするのは難しい場合もあるでしょう。掃除の頻度を週一程度に減らす方法はあるのでしょうか?そこでこの記事では便利な道具などを使った、効果的なお風呂掃除の方法や汚れがたまる予防対策などを紹介します。

お風呂掃除の適切な頻度とは?

風呂掃除の道具

お風呂の汚れの原因は、水アカ・石鹸カス・シャンプーカス・皮脂汚れなどです、これらの汚れは1回お風呂場を使っただけでも付着します。つまり、常に汚れのないきれいなお風呂場を目指すなら、お風呂掃除は毎日行うことになります。

ただし、実際各家庭がどのような頻度でお風呂掃除をしているかはまちまちです。毎日お風呂掃除をしている家庭は決して多くはありません。週一や月数回などの頻度も珍しくはないようです。

実際夫婦で共働きをしているなど忙しい家庭は、家事に割ける時間を考えると、毎日お風呂掃除をするのは厳しいものがあるでしょう。できるだけ少ない頻度の掃除で、お風呂場をきれいな状態に保つことができれば理想的ということでしょう。

なぜお風呂掃除を頻繁にする必要があるの?

汚れた風呂

お風呂場は温度が高くて湿気も多く、細菌が非常に繁殖しやすい環境です。そしてお風呂を使うごとに付着する汚れは、細菌たちのエサにぴったりなのです。

お風呂掃除の頻度が低いと汚れがたまるため、細菌もどんどん増えます。体の汚れを落とすためのお風呂場が、細菌の温床になっている状態は衛生的とは言えません。

特に赤ちゃんがいる家庭では、大人が使う以上に清潔なお風呂が必要です。また、汚れをエサに繁殖した黒カビなどは、掃除をしないと頑固にこびりつき、普通にこすっただけでは落とせなくなってしまいます。

お風呂場を清潔に保つため、また、簡単な掃除で汚れが落ちる状態を保つために、お風呂の掃除は頻繁に行う必要があるのです。

効果的なお風呂の掃除方法

風呂掃除に勤しむ女性

ポイントに分けて掃除方法をご紹介します。ご自宅でぜひ実践してみてください。

浴槽

まずシャワーで浴槽全体にざっと水をかけます。浴室用洗剤を吹きかけ、スポンジなどでこすります。細かい部分はブラシなども使うと良いでしょう。こすり終わったらシャワーで水をかけ、汚れと洗剤を洗い流します。

排水口

まず、排水口にたまった髪の毛などのゴミを取り除きます。手に使い捨てのビニール手袋などを装着してゴミを集めてつかみ、そのまま手袋を外して裏返しくるむと楽です。

フタや封水筒などのパーツを外し、カビ用洗剤をまんべんなく吹きかけて時間をおきます。汚れがひどい部分はブラシなどでこすりましょう。最後にシャワーで汚れや洗剤をしっかり洗い流します。

なお、洗剤の代わりに体にやさしい重曹やクエン酸を使って汚れを落とすこともできます。パーツを外したら、重曹100gとクエン酸50gを排水口にふりかけ、コップ1杯分のお湯を注ぎます。

泡が発生している間に、パーツに重曹をかけて汚れをこすります。パーツの汚れと重曹を洗い流し、元の場所に戻して終わりです。

壁・床

壁は浴室用洗剤を吹きかけて、スポンジやブラシでこすりましょう。こすり終えたら水でよく洗い流します。床は浴室用洗剤をかけた後、ブラシでごしごしこすり、水で洗い流します。

鏡に水をかけた後、重曹とお湯を混ぜた重曹スプレーを鏡全体にまんべんなくふりかけます。上からキッチンペーパーをかぶせます。さらにその上からラップをかぶせれば、より汚れが落ちやすくなります。数時間ほど時間をおいたらラップやキッチンペーパーを外し、スポンジなどでこすります。水でよく洗い流せば終わりです。

換気扇

換気扇のカバーを外し、フィルターも外します。フィルターについたホコリなどのゴミを掃除機で丁寧に吸い取ります。カバーもきれいに拭きます。フィルターとカバーを元通りにセットします。

浴槽のふた

全体に水をかけた後、浴室用洗剤を吹きかけ、スポンジなどでこすります。細かいみぞの部分もブラシなどを使って丁寧にこすりましょう。こすり終わったら汚れと洗剤をよく洗い流します。

お風呂グッズなど

浴槽に300g弱の重曹を入れ、お湯を溜めます。入浴剤が入っていなければ、残り湯を使うと良いでしょう。重曹がしっかり溶けたら、洗面器や手桶、イスなどお風呂グッズを入れ、全体がお湯につかるよう沈めます。半日以上時間をおいたらお風呂グッズを取り出して、汚れをこすりながら水で洗い流します。

お風呂掃除の頻度を少なくする対策

ポイントを紹介する主婦

できるだけ床に直に物を置かない

シャンプーやリンスといったボトル類、洗面器、手桶など、お風呂場にはつい多くの小物や道具を揃えてしまいがちですが、床にそのまま置いたりしていないでしょうか?

床に置くと細菌やカビの繁殖のもとになります。ボトルの下が気付いたら黒ずんでいた…ということにもなりかねません。小物を置くためのラックをしたり、使うごとにお風呂場に持ち込むなどの対策をとりましょう。

浴槽はお湯を抜いたらすぐ洗う

浴槽はお風呂場の中でも面積が広い部分なので、汚れをごしごしこすりながら掃除をするのは一苦労です。そこで、お風呂を使ってお湯を抜いた後にすぐ掃除してしまいましょう。

お湯を抜いた直後であれば、まだ汚れは浴槽に軽く付着しているだけなので、シャワーで洗い流したり、少しこするだけで楽に落とせます。お風呂から出るついでにひと手間かけるだけで、汚れのこびにつきが減り、掃除の頻度を少なくすることができます。

お風呂場を使ったら全体に冷水をかける

細菌は温かい環境を好みます。お湯を使った後の温まったお風呂場は細菌の格好の棲み処になってしまいます。そこで、お風呂場を使ったら、お湯でお風呂場全体の汚れを流し、最後に冷水をお風呂場全体にかけましょう。お風呂場の温度を冷水で下げることによって、細菌の増えにくい環境をつくることができます。

浴室に水気を残さない

浴室に水気があると、細菌が繁殖する原因になります。これを防ぐためには、できるだけお風呂場に水気を残さないことがポイントです。

お風呂場に浴室乾燥機が付いている場合は、お風呂場を使った後で数時間稼働し、水気をとばして乾燥させましょう。換気扇のみの場合は、お風呂場を使い終わった後もすぐオフにせず、お風呂場が乾くまで稼働させておきましょう。

扉はできるだけ開けたままにし、窓が付いている場合は適度に開けるなど、積極的に空気の入れ替えを意識してみてください。また、タオルなどでお風呂場の中の水気をぬぐうのもおすすめです。

まとめ

清潔なお風呂

お風呂は掃除が面倒な場所ですが、浴室用洗剤や、重曹など家庭にある消耗品、スポンジ、ブラシなどのグッズを使えば、簡単にピカピカにすることができます。

また、日頃からお風呂を使うついでに、汚れが付着しないよう対策しておけば、掃除をするときも大きな手間をかけずにすみます。いつもきれいなお風呂場を保ち、気持ちよくバスタイムを楽しみましょう。