ダンボールの処分方法は?処分前に確認・ダンボールの活用法5選

ダンボールとガムテープ

大きくて邪魔なダンボールはゴミ袋に入らない場合や、どのようにして処分良いかなど、その処分方法に困ってしまう人もいます。ダンボールの処分方法や再利用するアイディアをチェックしましょう。

ダンボールの処分方法

古紙のリサイクル

宅配便で物が届いたり、家電などのちょっと大きめの物を購入したりしたときには、ダンボールで物が梱包されていることが多いです。ダンボールは意外と大きくて、場所を取ってしまうため、早く処分してしまいたいものです。

しかし、大きくて邪魔なダンボールはゴミ袋に入らなかったり、どのようにして処分良いか分からなかったりといった理由で、処分方法に困ってしまう人もいることでしょう。

ダンボールはいろいろな処分方法があるので、、自分に適した処分方法を見つけましょう。

資源ごみに出す

ダンボールは古紙と同様に再生可能なリサイクル製品です。そのため、多くの場合は資源ごみとして処分しても問題ありません。

ただし、汚れが酷くてリサイクルに使えない状態であったり、自治体によっては燃えるごみとして扱われたりすることもあるので、必ず役所などお住まいのゴミ回収を管轄する機関に確認しましょう。

回収業者に引き取ってもらう

引っ越しなどで大量のダンボールを使ったりすると、あまりのダンボールの多さに処分方法に困るということもあります。また、そのような場合にはダンボール以外にも大量のごみが出るということもあり、一刻も早くまとめて処分したいものです。

すぐにダンボールや他のごみを処分したいのであれば、回収業者に引き取ってもらうという方法もあります。早ければ当日に引き取ってもらうことも可能です。ただし、費用が発生することや高額な料金を請求する悪徳業者にかからないよう注意しましょう。

小売店で引き取ってもらう

スーパーなどの小売店では、古紙やトレー、牛乳パックなどを回収しているところもあります。また、場所によってはダンボールの回収を行っているところもあります。

さらに、回収場所によっては、それら処分するものを持っていくと商品購入などに使えるポイントが溜まるというところもあるので、近所で引き取りをしていないか確認してみましょう。

引越し業者に引き取ってもらう

引っ越しでは大量のダンボールがごみとなり、処分に困ってしまいがちです。ですが、引っ越し業者を利用しているのであれば、引っ越しが済んだ時点で不要なダンボールは引き取ってもらうようにお願いしましょう。

また、荷物整理が済んだ後日に回収してくれる業者もあります。ただし、ダンボールの引き取りに別費用がかかったり、引っ越し費用にすでに含まれていたり、引っ越し業者によって取り扱いはことなるので、見積もりを出すときに確認しておきましょう。

ダンボール処分時の注意

資源ゴミ ダンボール リサイクル

ダンボールの処分方法を紹介してきましたが、実際に捨てるときにはダンボールの状態にも注意が必要です。ごみ回収に出すのなら処分ルールを守ることももちろん、マナーや個人情報を守るための対策も必要になります。

処分当日になって困らないように、今のうちに注意点を確認しておきましょう。

伝票などはしっかり剥がす

宅配便で届いた荷物には伝票が貼り付けられていることが多いです。

その伝票には、受取人の名前や差出人の名前、荷物の内容などが記載されています。そのため、ダンボールに貼ってある伝票を剥がさずに、ごみとして処分してしまうと個人情報の流出に繋がってしまう危険性があります。

防犯のためにも、必ず伝票は剥がしてから処分しましょう。剥がした伝票も個人情報にかかわる箇所は塗りつぶすか、細かくカットして捨てれば安全です。

紐などでまとめる

多くのダンボールを処分する場合にはバラバラにならないように紐などでまとめるようにしましょう。また、1つのダンボールでも広がったりしないように紐などで縛って形を固定しましょう。

資源ごみや燃えるごみとしてダンボールを処分する際には、紐などでまとめることが自治体のルールで決められていることもあります。

自治体の処分ルールを確認する

上記で述べた通り、ダンボールを処分する際には紐などでまとめることが自治体のルールとして決められていることがあります。

また、自治体によって資源ごみで扱われることもあれば、燃えるごみで扱われることもあります。他にも、伝票などのシールを剥がす、留め金は取り除くなどの細かいルールも決められていることもあります。

「回収してくれなかった」とならないために、必ず自治体の処分ルールを確認するようにしましょう。

処分する前に確認!ダンボールの活用法5選

ダンボールの穴から手を出すネコ

ダンボールは大きくて重かったり、すぐに数が増えたり、タイミングによっては回収日まで期間があいてしまったりと、すぐには処分できないこともあります。

しかし、そんな邪魔になりがちなダンボールですが、丈夫にできているので不要品をまとめて整理するなど再利用してしまう活用法もあります。

一時的な用途だとしても、何かに活用できないか処分する前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

除湿グッズ

ダンボールは丈夫にできていますが、素材は紙でつくられています。紙の持つ吸湿作用があるため、実はダンボールにも除湿効果があります。

ダンボールの表面をめくると、波打った紙が張り付いているのを目にしたこともあるでしょう。これをハニカム構造といい、この構造がダンボールに高い除湿効果を与えています。

そのため、押入れの整理にダンボールを使ったり、タンスの引き出しの底にダンボール敷いたり、額の隙間にダンボールを差し込んだりなどすることで、除湿グッズとして再利用できます。

収納ボックス

ダンボールは丈夫につくられているため、他の物を入れて整理する収納ボックスとして再利用するという人も多くいます。

もともと捨てるはずのダンボールのため、使っていて汚れたり、破れたりしても気にする必要なく、気軽に扱えるのがメリットです。

また、ダンボールは簡単に切ったり、テープや糊でくっつけたり加工も容易なので、見た目が気になるという人は形をリメイクしたり、包装紙を貼ったりするのも良いでしょう。

お子さんの工作

簡単に加工できるダンボールは、お子さんの工作にも最適です。また、いくらでも手に入るため、ダンボールは子供の工作に適した材料でもあります。

ただし、子供がダンボールで工作をする際には、ハサミやカッターナイフなどの危険な道具を使うこともあります。ダンボールの素材で怪我をすることはあまりまりませんが、刃物を使うときは大人の目が届く範囲で作業させるようにしましょう。

家具の下に敷く

「フローリングに重い家具を直接置いたら傷がついてしまった」という経験がある方も多いのではないでしょうか。少し見栄えが悪くなってしまいますが、重い家具の下にダンボールを敷いておけば傷や凹みを防止できます。

家具の下に敷くというアイデアは、家具を移動させるときにも有効です。滑りやすくなるので、傷を防止しながら模様替えも楽にできるようになります。

ペットのお家・トイレ

ペットを飼っている人の中には、ダンボールをペットハウスやトイレとして活用する人もいます。

ダンボールなので、汚れたり破れたりなどしたときには簡単に処分できます。そのうえ、ペットが汚したり破ったりしても気にならず、躊躇なく取り替えも可能です。

また、ダンボールはボロボロになっても気にならないことから、ペットの爪とぎやおもちゃとして与えるのにも適しています。

ダンボール保管時の注意点

ダンボール

ダンボールは処分できるタイミングがくるまでは、家で保管しておく必要があります。

ダンボールは紙で作られていて、食べ物のように傷んだりするようなものはないため、問題となるのは大きくて邪魔になるくらいと思いがちです。

しかし、ダンボールを保管する際には、意外なことに注意をしないと思わぬ事態を招きかねません。

ダニが繁殖しやすい

ダンボールに除湿効果があることは、除湿グッズとして使えることでも紹介しました。そのため、ダンボールは湿気を吸って適度な湿度を持っています。また、ダンボールには保温性もあります。

適度な湿度と温度によって、ダンボールはダニが繁殖しやすい環境が整ってしまっています。特にジメジメとした梅雨の時期にはダニが発生してしまいやすいので、保管するときも状態に気を配りましょう。

ダニが繁殖するとゴキブリもやってくる!

ダンボールでダニが大量発生すると、その増えたダニをエサにしているゴキブリまでも寄ってきてしまう可能性があります。

また、ゴキブリはダンボールのダニを食べることだけでなく、暖かいダンボールを住処にしたり、ダンボールの隙間に卵を生んでしまったりすることもあります。さらに、ゴキブリがいることで、そのゴキブリを食べる大きなクモまで寄ってきてしまう可能性もあります。

湿気の多い場所で保管しない

上記で述べた通り、ダンボールは害虫にとって過ごしやすい環境が整っています。

また、ダンボールが害虫にとって過ごしやすい環境となるのは、除湿効果によって湿気を吸収してしまうことが原因の1つにあります。

そのため、ダンボールを処分するめでに保管する場所として、あまり湿気の多い場所を選ばずに、できるだけ乾燥した場所で保管するようにしましょう。

再利用する際の注意点

ダンボールは丈夫なため、物をしまったり、整理したりするときに再利用するという人もいます。

ですが梱包や一時保管の用途を主目的としてつくられたダンボールは、酸性紙で作られていることがあります。そのため、ダンボールのによっては長期保管することに適していないこともあります。

保管する物に寄っては酸性劣化を起こしてしまって、色褪せることや黄ばんでしまうこともあります。ただし、あらかじめ物を収納するために作られているダンボールもあるので、保管用にダンボールを使う場合には、紙質に注意しましょう。

濡れたダンボールの再利用は諦める

ダンボールは紙で作られているため、水に弱いのはイメージどおりだと思います。濡れたダンボールは著しく強度が落ちるため、工作などで再利用することは諦めましょう。また、濡れたままのダンボールを放置するとカビが発生してしまう可能性があるため、注意しましょう。

濡れたダンボールは回収してもらえないと思っている人もいますが、ダンボールはリサイクルの過程で溶かすことになるので濡れていても問題はありません。

言うまでもありませんが、ゴミ捨てのマナーや、自治体のルールはあるので注意しましょう。

自治体回収だけじゃない!ダンボールの賢く処分しよう

ダンボールを持つ女性

ダンボールは資源ごみや燃えるごみなどとして自治体が回収をしているので、自治体のルールに従って、ダンボールは処分するようにしましょう。

また、自治体の回収以外にもダンボールを処分する方法はあります。賢くダンボールを処分して、家に不要なダンボールを溜め込まないようにしましょう。

ダンボールとガムテープ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる